読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

たとえ世界が終わっても

 橋本治って、小説「桃尻娘」でブレークして、その後はもっぱら文芸評論の分野で活躍している。という認識だが、これまで一作も読んだことがなかった。それで本書から読み始めるのは、橋本治ファンからは噴飯ものかもしれないが、言ってることは意外にまとも。でも年代を感じずにはいられない。そもそも本書は、橋本治集英社の50代と若手の編集者相手に、日本の現在と未来を語るという内容だが、話はいきなりヨーロッパの歴史からスタートする。

 「大きいものを求める時代は終わった」という時代認識を説明するものだが、そこから「昭和」の終わりと「社会」の終焉について語り、「心のない論理」が蔓延する現在を嘆く。貧しさのない時代に生まれ、「社会」が既に成立していた中で育った若者に対して、今さら「昭和」の時代にあったものを語ってもなかなか伝わらないだろうなとは思うが、若手代表の「ホズミ君」が次第に言葉数も少なく、最後まで納得できない感じが表されている点が面白い。「こんなおじさん話、よく聞くけど、結局全然実感できない」というのは、たぶんそうだろうなあって思う。

 でもおじさんとしては語らざるを得ない。いやおじさんではなく、あと何年生きているかわからないおじいさん話。だから一応、耳を傾けるし、いつか言わんとすることがわかる時もあるだろう。「たとえ世界が終わっても」って、いったいどんな世界が終わるんだろう。次の世界はまたきっと「こんな世界ってあったよね」と言われるんだろう。でもその時には、そんな世界のことなんて、誰も実際には知らないはず。ホズミ君がけっして橋本さんの話が理解できないように。だからこれはおじさん以上が読む本なのだと思う。「その先の日本を生きる者たちへ」という副題がついているが、その「者たち」は、今これを読んでもさっぱり理解できないのではないか。

 

 

神聖ローマ帝国・・・内にいろんな王国や侯国や商業都市が混在してたけど、たいして力のない皇帝に代わってやろうって考える人間がいなかったから、「帝国」という枠組みが崩れずにそのまんまでいた。・・・つまりEUってのは、800年続いた神聖ローマ帝国みたいなゆるい枠組みなんですよ。・・・ヨーロッパには、やっぱりヨーロッパとして一つにまとまりたいっていう願望はあるんだと思うんですよね。でも、強い力で一つになるっていうのは、だめなんですね。(P68)

〇ジャガイモもトマトも新大陸から来たもので、そう考えると、実はヨーロッパって意外とモノがなかったんですよ。西洋人って実は貧しい人たちなの。・・・だから、贅沢をするには貿易をするしかないんです。西洋人の欲とアドベンチャー精神っていうのは、ある種、ないものねだりが生み出したエネルギーかもしれないという気はするよね。(P89)

〇投資って、「産業をおこすため」にみんなで金を出し合うっていう、ある種の「助け合い」だったりしたのが本来でしょう。/縁もゆかりもない人に金を借りて、「見返りとしてこういう利益を保証したいんですが」というだけの話で合って、別に金融をやっていれば金持ちになれるわけじゃない。ところが、今の金融とか投資って言われているものは・・・ほとんど隙を狙うゲームか軽業みたいなことをやっているだけだからね。/そういう風に実体経済を無視して「金融経済だけあればいい」っていう考え方自体が、実は、経済を自滅させる考え方なんですよ。(P120)

〇日本から貧乏がなくなって、「常に貧乏と立ち向かうように生きる」という、日本人最大のモチベーションがなくなっちゃった。・・・「貧乏に立ち向かうための真面目な考え方」・・・に対して、「バカじゃねェの」っていう攻撃が始まるの。・・・80年代のバカというのは、「からかう」という形の批評なのよ。・・・そのバカが批評として機能したのは、そこに硬直化した「昔の真面目」があったからね。・・・でも・・・「からかわれる」という攻撃にあった「真面目」は、いつの間にかなくなっちゃった。・・・「社会建設」も、そうやって埋められちゃったんだ。(P138)

〇自分が社会の小さなひとコマで、社会の上に乗っかって生きているんだという「地動説」ではなくて、自分の頭の中で社会が回っている「天動説」の中で生きていて、社会と切り離された「根拠のない自我」だけが勝手に膨らんでしまった人たちのことを、私は「バカじゃないの?」と思うわけです。/人が地動説から天動説に変わって、社会建設という意識が消えて、社会と切り離された「心のない論理」と、きれい事でしかない「心の論地」に埋め尽くされちゃった。(P215)

 

J1リーグ第7節 FC東京対浦和レッズ

 大久保、ピーター・ウタカを加え、大型補強で今季は優勝争いに加わるかと思われたFC東京だが、ここに来て途端に勝ち星が伸ばせなくなった。前節は昇格組のコンサドーレに敗戦。いったいどうなっているのか。対するレッズは初戦こそマリノス相手に星を落としたものの、このところ絶好調。前節はベガルタ相手に7-0と圧勝した。その攻撃陣にも興味があった。ところが、FC東京は大久保とウタカが共にケガで欠場。太田や中島もベンチに置いて、CH梶山、右SB徳永のベテラン勢が先発した。FWはこれまた経験豊富な前田に阿部拓馬。対するレッズは右WBに今季初先発の菊池大介を起用した他はいつものメンバーだ。

 開始1分、右SH永井の落としからFW阿部拓馬がシュート。GK西川が正面でキャッチしたが、FC東京が序盤から積極的にプレスをかける。3分にはFW阿部のクロスのこぼれを右SH永井がシュート。DFがブロックする。序盤は受けに回ったレッズ。だが14分、CH梶山が前に上がっていったところをCB遠藤が止めると、こぼれ球をCH柏木がつなぎ、CFラファエルシルバがドリブル。スルーパスにFW興梠が抜け出して、飛び出したGK林の脇を抜けるシュート。これがコロコロとゴールに吸い込まれて、初シュートでレッズが先制点を挙げた。

 反撃するFC東京は19分、左SH東のFKからCH梶山がヘディングシュート。しかし枠は捉えられない。その後は両者互角の戦いが続く。39分、右CB森脇の長いサイドチェンジのパスを左WB宇賀神が落とし、FW興梠がミドルシュート。レッズは守る時はしっかりと守って、攻めるべき時には一気呵成に攻める。攻守のメリハリがしっかり効いて、FC東京のがむしゃらぶりとはサッカーの質が違う。アディショナルタイムには右WB菊池のパスからFW武藤がミドルシュート。前半は1-0。レッズのリードで折り返した。

 後半に入ってもFC東京のがむしゃらな攻めは続く。5分、FW阿部がつないで、FW前田のポストプレーからCH橋本がミドルシュート。ポストを叩く。レッズは6分、右WB菊池に代えて関根を投入。仕掛けるタイムの関根とクロスを入れる菊池とではタイプが違う。菊池は左WBとして宇賀神と競う方がいいと思った。10分には左SH東のFKがポストを叩いた。ゴールに嫌われるFC東京

 15分、FW前田がポストプレーでがんばり、これを生かしたCH橋本が縦パス。右SH永井が走り込んでクロスを入れるが、DFに当たり、こぼれ球をCH橋本がミドルシュート。枠を捉えられない。FC東京は18分、右SH永井に代えて左SH中島を投入した。永井もイマイチ、チームになじんでいない。自分の長所を生かし切れていない。

 20分、柏木のCKからCB遠藤が乗れーシュート。CH梶山が身体を張る。25分、FW阿部拓馬のドリブルが止められたこぼれから左SH中島がミドルシュート。枠を捉えられない。しかし阿部に対するプレーがファールを取られ、右SH東がFKを狙うが、バーの上を越えていく。攻めるが、レッズの守りの前でゴールが遠いFC東京。逆に29分にはCFラファエルシルバのドリブルからスルーパスにFW興梠が抜け出し、ターンをしてシュート。GK林がセーブした。

 レッズは31分、CH青木を入れて守りを固める。さらに35分にはFW興梠に代えて李忠成を投入。FC東京もFW阿部に代えてユインスを投入する。すると36分、右SH東のクロスをFWユインスがヘディングで落として、左SH中島がミドルシュート。しかしこれも枠を捉えきれない。大きく外した。39分、右SB徳永に代えて左SB太田宏介を投入。しかしレッズのペースは変わらない。40分、OH柏木がミドルシュートアディショナルタイムにはDFのフィードにFW李忠成が走り込み、クロスからCH青木がミドルシュート。GK林が抑えたが、最後までレッズがゲームをコントロール。そのままタイムアップ。1-0。レッズの勝利で終わった。

 レッズは守るべき時にはしっかりと守り、攻めるべき時には攻める。全員が(いや菊池大介をの除いては)そのイメージがしっかりとできていて、終始ゲームをコントロールしていた。一方のFC東京は選手の能力がまだチームとして消化しきれていない印象。永井にしろ、中島にしろ、阿部にしろ、みんな一生懸命やっているが、それが連携になっていない。さらに大久保やピーター・ウタカが入ったとしても、たぶんその印象は変わらない。チーム熟成にはまだまだ時間がかかる。そんな気がした。

J2リーグ第8節 徳島ヴォルティス対名古屋グランパス

 4連勝で首位に立ったグランパス。対するヴォルティスもここまで4勝2敗1分で5位といい順位につける。ここはヴォルティスにも勝利して5連勝を狙いたいところ。先発は前節に続いて杉本竜士が左WBに入る。

 開始4分、左WB杉本竜士のクロスにFWフェリペ・ガルシアがミドルシュートを放つ。ヴォルティスも10分、CHカルリーニョスのFKにCB藤原が飛び込むが触れず。14分、CHカルリーニョスのクロスからOH杉本太郎、右SH島屋、杉本とつなぐが、最後、島屋に合わずシュートは打てない。しかしヴォルティスがCHカルリーニョスを中心によく攻めていく。16分にはカルリーニョスのCKにCBヴァシリェヴィッチがヘディングシュート。わずかにポスト左に外れるが、ヴォルティスの方が押している。

 25分には左SH前川の縦パスから右SB広瀬のクロスをOH杉本太郎がつないで、右SH島屋がフリー。だがシュートはふかしてしまう。さらに26分、OH杉本太郎の縦パスからFW渡がシュート。GK楢崎がファインセーブ。27分にはOH杉本の横パスから左SH前川がミドルシュート。29分、右SH島屋のクロスを左SH前川が落とし、左SB馬渡がミドルシュート。またもGK楢崎がファインセーブ。グランパスはGK楢崎の再三のファインセーブに救われる。

 パスをつないでも最後はパスミスとなってシュートまでつながらないグランパス。43分、ワシントンのミドルシュートは前半2本目のシュート。前半はヴォルティスが圧倒的に攻めたが、最後のところで決定力がイマイチ。これがJ2の実力か。前半はスコアレスで折り返した。

 するとグランパスは後半頭から右CB宮原に代えて古林を今季初起用する。しかしヴォルティスの勢いは止まらない。2分、左SB馬渡がミドルシュート。GK楢崎がナイスセーブ。4分、右SB広瀬のクロスにCF渡のシュートは枠を外す。グランパスも9分、OH玉田から左に流して、FWフェリペ・ガルシアがシュート。GK梶川がはね返す。11分にはヴォルティスの右SH島屋がドリブルからスルーパス。左SH前川が走り込みシュートを放つが、これもGK楢崎がナイスセーブ。お互いなかなかゴールにつながらない。直後、グランパスは左WB杉本竜士に代えて八反田を投入する。

 そして14分、右SB広瀬がドリブルで駆け上がると、ゴール前にいいクロス。ファーサイドに上がっていった左WB馬渡がシュート。ついにヴォルティスが先制点を挙げた。しかし直後の15分、左SH八反田が右サイドまで上がって入れたクロスをFWシモビッチが落とし、FWフェリペ・ガルシアがシュート。すぐにグランパスが同点に追い付く。その後、しばらくはグランパス・ペース。ヴォルティスは28分、左SH前川に代えて右SH山崎を投入する。

 そして33分、FWシモビッチから左に展開。FWフェリペ・ガルシアのクロスに右WB永井がダイビングヘッド。勝ち越し点をゴールに叩き込んだ。35分には右CB古林のクロスのこぼれを左SH八反田がミドルシュート。しかし枠を捉えられない。ヴォルティスも37分、CHカルリーニョスのクロスに右SH山崎がヘディングシュート。そして39分、左サイドで右WB永井から左SB馬渡がボールを奪うと、斜めのパスにCF渡が縦パス。OH杉本が落として渡がシュート。これが決まり、今度はヴォルティスが同点に追い付いた。

 その後は41分、グランパスが右WB永井に代えて杉森。ヴォルティスもCF渡に代えてアシチェリッチ、OH杉本に代えて松村を投入するが、お互いシュートまでには至らない。そのままタイムアップ。2-2のドローに終わった。

 お互い決定的なチャンスは少なかった印象。特にグランパスは前半、ほとんどいいところがなく、後半は個人能力もあっていったんは逆転したが、守り切れず。せっかく前節まで4連勝で臨んだが、リーグ上位チームにはまだ勝ち切れない。ベルマーレもドローだったため、依然首位は変わらないが、パスサッカーの熟成にはまだまだ時間がかかりそうだ。次はレノファ山口が相手。お互いパスサッカーを標榜するチーム同士。どんなゲームになるか、次のゲームも楽しみだ。