読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

退職して3週間。明日から東北旅行に出かけます。

退職して3週間が経った。最初の1週間は家の整理等でがんばったが、やり過ぎたか、環境の変化に戸惑ったのか、2週目の最初に首を痛めて、しばらく静養を余儀なくされた。しかし2週目も終わる頃には次第に首痛も減ってきて、また失業生活も慣れてきたのか、3週…

プレミアリーグ第33節 マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー

首位チェルシーが敗れた。マンチェスター・ユナイテッドは首位チェルシーに対して、ELから中2日となるイブラヒモビッチを温存してリンガードとラッシュフォードを2トップで起用。右SHエレーラを左FWアザールのマンマークにつけて、徹底的に守る作戦。ラッキ…

J1リーグ第7節 セレッソ大阪対ガンバ大阪

3連勝で6位まで順位を上げてきたセレッソに対して、ガンバは前節サンフレッチェに負けて3勝2敗1分。勝ち点は同じ11だが、得失点差で4位。だが、今野が代表戦で負傷したのに続いて、アデミウソンも練習中の肉離れで欠場。代わりにFW赤崎が先発した。一方のセ…

たとえ世界が終わっても

橋本治って、小説「桃尻娘」でブレークして、その後はもっぱら文芸評論の分野で活躍している。という認識だが、これまで一作も読んだことがなかった。それで本書から読み始めるのは、橋本治ファンからは噴飯ものかもしれないが、言ってることは意外にまとも…

J1リーグ第7節 FC東京対浦和レッズ

大久保、ピーター・ウタカを加え、大型補強で今季は優勝争いに加わるかと思われたFC東京だが、ここに来て途端に勝ち星が伸ばせなくなった。前節は昇格組のコンサドーレに敗戦。いったいどうなっているのか。対するレッズは初戦こそマリノス相手に星を落とし…

J2リーグ第8節 徳島ヴォルティス対名古屋グランパス

4連勝で首位に立ったグランパス。対するヴォルティスもここまで4勝2敗1分で5位といい順位につける。ここはヴォルティスにも勝利して5連勝を狙いたいところ。先発は前節に続いて杉本竜士が左WBに入る。 開始4分、左WB杉本竜士のクロスにFWフェリペ・ガルシア…

首が痛くなって

首の右側が痛い。発端は先週の日曜日。その日は夕方に来客があり、その後はDAZNでサッカーを観たりしていたが、夜、パソコンに向かってサッカーの観戦ブログを書いていたら、次第に右の首から肩にかけて辛くなってきた。風呂に入って肩を温めてマッサージを…

プレミアリーグ第32節 ボーンマス対チェルシー

前節、敗戦後のマンC戦に勝利して、また首位街道を走り始めたチェルシー。第32節の相手はボーンマス。下位に沈む相手ながら、最近5試合は2勝3分と負けなし。後半戦は強豪相手に健闘するゲームも多い。今節、先にゲームを終えた2位トッテナムが勝利しているこ…

世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカ 日本人へ贈る言葉

わずか110ページ。しかも1ページにムヒカ氏の言葉が枠に囲まれて大々的に書かれたページが数十ページも掲載され、それを解説するように1~3ページの文章が添えられている。ムヒカ氏の言葉はさまざまな機会・媒体から引用されている。日本のTV番組での発言や…

J1リーグ第6節 横浜Fマリノス対ジュビロ磐田

中村俊輔がジュビロへ移籍後、初めてマリノスと対戦する。今季のマリノスは新たに背番号10を付けた齋藤がキャプテンとなって意欲的にチームを引っ張っている。もっとも開幕戦こそレッズ相手に劇的な勝利を挙げたものの、第3節以降は失速。3試合勝利から遠ざ…

キリンチャレンジカップ2017 日本対コスタリカ

アルガルベ杯では2勝2敗で6位という結果だったなでしこジャパン。その大会では長谷川唯や横山など新戦力の台頭が見られたが、このコスタリカ戦では、若手選手のさらなる掘り起こしが期待される。先発はGK池田。CBには熊谷と並んで市瀬が抜擢された。そして中…

プレミアリーグ第31節 チェルシー対マンチェスター・シティ

ミッドウィークに行われた上位対決。前節、クリスタルパレスに苦杯を喫したチェルシーだが、依然首位。一方、4位マンチェスター・シティは首位との勝点差は11。しかも5位マンUとは勝点差5とは言え、ユナイテッドの方が消化試合は1ゲーム少ない。シティにとっ…

J2リーグ第7節 名古屋グランパス対カマタラーレ讃岐

3連勝で2位に進出したグランパス。前節ロアッソ戦でようやく気持ちのいいパスサッカーが披露できた。カマタラーレ相手にもその再現を期待した。一方、カマタマーレは5試合勝利がないスタートだったが、前節、ベルマーレを相手に3-0と快勝、初勝利を挙げ、勢…

家事手伝い

退職して1週間。これまでこの「無職」の生活を「失業生活」と思ってきたけれど、1週間を振り返ると、これは「家事手伝い」が正しいみたいだ。これまでも簡単な調理や掃除・洗濯は、私ができる時はしてきたけれど、平日日中の時間を利用して、家の物資の整理…

ブンデスリーガ第27節 ドルトムント対ハンブルガーSV

香川が今季リーグ初ゴールを挙げたミッドウィークの第27節。DAZNがあるとこんなゲームも観ることができる。香川の活躍振りに酔いしれた。ドルトムントは久しぶりに4-2-3-1の布陣。累積出場停止のパパスタソプロスに代わってギンターがバルトラと共にCBに入り…

ザ、コラム

小田嶋氏のパソコンに退蔵されていた既発表のコラムから、書籍化の予定のないもののうち筆者が自選するコラムを集めたもの。いつかどこかで読んだことがある内容のものも多いが、小田嶋隆のコラムは心地よい。これまでも何度か書いたが、小田嶋氏とは同年代…

ブンデスリーガ第26節 シャルケ対ドルトムント

今朝未明に行われたハンブルガー戦では今季初ゴールを挙げて好調ぶりをアピールした香川。そのゲームはまた後日観るとして、まずはシャルケとのルールダービーを観戦した。香川は3-4-3の右のFWとして先発。オバメヤン、デンベレやCHカストロらと頻繁にポジシ…

失業生活も4日目

4月1日には「無職」と書いたけど、言い換えてみれば「失業者」だ。もっとも求職活動はしていない。会社から次の職を紹介されたけど、株主総会のある6月まではしばし休養。でも株主総会で否決されたらどうなるんだ? なんてことも思わないでもないけど、先日…

J1リーグ第5節 アルビレックス新潟対ガンバ大阪

レオシルバにラファエルシルバとアルビレックスを支えてきた外国人選手二人が移籍したアルビレックス。代わりにホニとチアゴガリャルドと二人の新外国人選手が加入したものの、ここまで2分2敗と勝利を挙げられずにいる。対するガンバは2勝2分。前節は終盤で…

J2リーグ第6節 名古屋グランパス対ロアッソ熊本

前節、山雅戦ではオウンゴール2発で逆転勝利したグランパス。前半は山雅に押される展開も見えたが、後半はかなりゲームを支配して、いい兆候が見えだした。そして今節は今季未勝利、2連敗中のロアッソが相手。今度こそグランパスの圧勝が期待された。そして…

無職

38年間勤めた会社を定年退職した。昨日は午前中、式典の後、午後はお世話になった方々に挨拶をして回り、退社時には花束を受け取り送っていただいた。だからと言って、まだそれほど実感はない。今日・明日と週末で、普通に休みになった気分。月曜日になって…

W杯最終予選第7戦 日本対タイ

サッカージャーナリストの後藤健生氏がタイ戦を批判的に書いていた。4-0で勝利したのにナゼ? このところ飲み会が続いてゲームが見られなかったが、ようやく昨日、録画を観た。後藤氏の批評がよくわかった。日本はケガの大迫、今野に代えて、CF岡崎とCH酒井…

カラスと亀と死刑囚

「パラドックスから始める哲学」という副題が付いている。哲学に関する本である。タイトルがかわいくて読み始めたが、内容はしっかり哲学していて、どこまで頭に入ったか自信がない。いやほとんど頭に残っていないことに自信がある。何度も睡魔に襲われたが…

グローバリズム以降

1998年から2016年まで、朝日新聞に掲載されたエマニュエル・トッドに対するインタビュー記事を集めたもの。ただし、第1章「夢の時代の終わり」は2016年8月にトッド氏の自宅で行われたインタビューを初掲載。また第2章も新聞掲載されたのはその要旨だけなので…

あと4日

ついに最後の1週間が始まった。先週末には部局退職者の送別会があった。挨拶の機会があったので、在職者送る言葉として、「責任感を持って、かつ楽観的に、そして謙虚に仕事に向かってほしい」と挨拶した。 精一杯、仕事の取り組んだ結果は、得てして当初思…

J2リーグ第5節 松本山雅対名古屋グランパス

うーん? 勝ちはしたけれど、何とも言えないゲーム。特に前半。グランパスはまだまだ。それでもこの勝利を糧に次節以降もがんばってほしい。先発は佐藤、シモビッチ、玉田の3トップに内田を左WBに上げ、右WBには永井を置いた。また磯村が今季、左CBで初先発…

不時着する流星たち

グレン・グールド、エリザベス・テーラー、牧野富太郎・・・。10の人物・事物などにインスピレーションを受けた10の短編小説が収められている。10の内訳は、名も知らぬ作家もいれば、バルセロナ五輪男子アメリカバレーボールチーム、さらには「世界最長のホ…

W杯アジア最終予選第6戦 UAE対日本

実にすばらしいゲームだった。これまでの代表のゲームを振り返っても、最高に近い内容だった。最後まで戦う姿勢。思い切ったプレー。見事なシュート。キックオフからタイムアップまで、全ての選手が一時も緩むことのないすばらしいサッカーを展開してくれた…

ブンデスリーガ第25節 ケルン対ヘルタ・ベルリン

今日未明に行われたW杯最終予選UAE戦は無事勝利してよかった。まだ前半途中までしか観ていないが、みんな気持ちが入り、動きがよかった。その観戦記はまた書くとして、その前に先週末に行われた大迫対原口の日本人対決を書いておく。 前節ドルトムントに勝利…

J1リーグ第4節 ガンバ大阪対浦和レッズ

第4節屈指の好カードはガンバ対レッズ。DAZNのトップページにもお勧め動画で掲載されていた。DAZNに入ってよかった。ガンバは左WBオジェソクを入れた3-5-2。GKはケガの東口に代わり、藤ヶ谷が入った。対するレッズはラファエル・シルバと興梠の2トップ。トッ…

石原元都知事の言ってることももっともだと思ってしまうんだけど・・・。

週末に都議会の百条委員会が開かれ、石原元都知事が答弁をしていた。その前の記者会見の際に、石原氏の足取りがあまりにヨボヨボでびっくりした。84歳だそうだが、脳梗塞の後遺症なんだろうか。だからというわけではないが、百条委員会や記者会見で石原氏が…

プレミアリーグ第29節 ウェストハム対レスター

シェークスピア監督に代わってリーグ戦は2連勝。ミッドウィークのCLセビリア戦も勝利してベスト8進出を決めて、中3日のゲーム。リーグの順位は1ゲーム少なく、降格圏から勝ち点差3の15位。対するウェストハムは11位だが2連敗中。今季アウェイでの初勝利を期…

J1リーグ第4節 FC東京対川崎フロンターレ

アントラーズ、アルディージャと開幕から連勝し、今季はやるかと思われたFC東京だが、前節のガンバ戦で0-3と完敗。今節の多摩川クラシコは負けるわけにいかない。一方のフロンターレはここまで2勝1分。黒星なし。FC東京はこれまでトップ下を務めた東に代わり…

J2リーグ第4節 名古屋グランパス対水戸ホーリーホック

前節はジェフに完敗したグランパス。FC岐阜戦も内容的にはイマイチ。風間監督のサッカーが浸透するには時間がかかるということかもしれないが、ホーリーホック相手には確実に勝利しておきたいところ。FWシモビッチが今季初先発。CBシャルレスも初出場で櫛引…

J2リーグ第3節 FC岐阜対松本山雅

前節グランパス戦ではグランパスを圧倒するパスサッカーを魅せたFC岐阜。第3節松本山雅との対戦では、ゲーム内容よりもユニフォームの色が酷似して後半からユニフォームを着替えたことが話題となった。どちらにも興味があったので、DAZNで観ることにした。ホ…

あと15日

退職までいよいよ秒読みに入った。先週に大きな行事も終わり、今週はそろそろ退職準備と思っていたら、月曜日、出張中の携帯に職場から電話が入り、緊急事態発生。結局、その対応もあり、今週はバタバタと過ぎた。そして今夜、その最終対応がある。無事終わ…

ブンデスリーガ第24節 ヘルタ・ベルリン対ドルトムント

久し振りに香川が先発し、フル出場した。ヘルタの原口も先発。やはり二人の活躍が最大の楽しみだ。ヘルタはダリダがトップ下に定着して、最近はほぼこのメンバー。対するドルトムントはミッドウィークにCLベンフィカ戦を戦って、かなりメンバーを替えてきた…

毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代

タイトルでは何を言いたいのかわからない。これは「消費行動の変化」という章の中にある節の見出しだけど、目次を開けば、もっと魅力的な見出しが多く載っている。「自己関与性」とか、「おあさがりからおあがりへ」とか、「派・族・系」とか、「3人の高齢者…

砂漠の影絵

「蛍の森」に続く石井光太2作目の小説。前作はハンセン病患者の隔離と苦しみを描いた秀作だったが、今度の作品は、中東の武装集団による人質事件を描く。そこに描かれているのは、人質の命よりもアメリカのご機嫌を伺い、自己責任の言葉で被害者を批判する日…

J1リーグ第3節 ガンバ大阪対FC東京

2連勝と快調なスタートを切ったFC東京。ガンバはACLと並行した戦いで今年もやや苦戦。それでも先週はACLのゲームがなかったので、前節から中5日のゲーム。前節から採用した3-5-2がいい感じ。長沢とアデミウソンの2トップも絶好調だ。中盤は遠藤をアンカーに…

J2リーグ第3節 ジェフユナイテッド千葉対名古屋グランパス

グランパスがJ2に落ちて、TV放送がめっきり減りそう。でもDAZNの月1750円は高いなあと思っていたら、「DAZN for docomo」なら月980円(税抜)で観られると知り、思わず加入してしまった。最初の1月は無料なので、価値がないと思えば解約すればいいと思いつつ…

アルガルベ杯順位決定戦 日本対オランダ

5位・6位を決める順位決定戦。日本はノルウェイに勝利しグループBを2勝1敗。一方、オランダも中国、スウェーデン、オーストラリアという難しいグループを2勝1敗で通過してきた。一昨年12月にオランダで行われた親善試合以来の対戦だが、日本のメンバーは大き…

統治新論

本書が発行されたのは2015年1月。この対談で大竹弘二に触発されて、國分功一郎は「近代政治哲学」を執筆したのか。もちろんそれ以前から政治哲学に対する関心はあったのだろうが・・・。 最初は特定秘密保護法を巡る議論から。そして「解釈改憲」や「集団的…

J1リーグ第2節 横浜F.マリノス対北海道コンサドーレ札幌

昨季までベテランが多く、守備は強いが速さのない重い感じのサッカーをしていたマリノスだが、中村俊輔が移籍して開幕戦ではレッズ相手に勝利した。絶対戦力ダウン、J2降格必至と思っていたので、いったいどんなチームになったんだと興味を持って第2節のゲー…

プレミアリーグ第27節 リバプール対アーセナル

前節、レスター相手に不甲斐ない戦いで敗戦したリバプール。対するアーセナルもCLでバイエルンに1-5と大敗。第2戦が残っているとはいうもののショックは大きい。4位アーセナル、5位リバプール。来季のCLを考えても負けられないゲームだ。リバプールはヘンダ…

アルガルベ杯グループB第2戦 日本対アイスランド

アルガルベ杯、日本の第2戦はアイスランド。世界ランキング20位。先日のスペインが14位、次のノルウェイが11位だから、グループ内で最弱の相手。とは言え、アイスランドは初戦、ノルウェイと引き分けている。ちなみに、今年のアルガルベ杯にはアメリカもフラ…

J2リーグ第2節 名古屋グランパス対FC岐阜

グランパスがJ2に降格して、今年はTVでの放送も少ないだろうし、今の会社を退職すれば多少は暇もできるだろうから、スタジアムへ多く足を運びたいと思っているが、FC岐阜との名岐ダービーはNHK地元局で放送をしてくれた。新生グランパスのゲームを初観戦した…

アルガルベ杯グループB第1戦 日本対スペイン

今年もアルガルベ杯が始まった。高倉監督になって初めての国際大会。昨季はアメリカ、スウェーデンと海外遠征して2敗1分だったが、そろそろ勝利が欲しい。スペインだったら十分勝てると思っていたが、予想以上にスペインが強い。若手を多く起用した日本は、…

プレミアリーグ第26節 レスター対リバプール

ついにラニエリ監督が解任された。遅すぎる位だと思うが、サポーターたちの賛否は半々らしい。代わって指揮を執ったシェークスピア・コーチは移籍したカンテのポジションにヌディディを起用した以外、昨季結果を出したメンバーを先発で起用した。そして早々…

あと29日

定年退職までとうとう残り1ヶ月を切った。でも今は忙しく、感慨に浸っている暇は残念ながらあまりない。先日、同僚と話をしていたら、彼がこのブログを閲覧していることがわかった。え、どうして。TさんとYさん以外には教えていないはずだったのに。これは迂…