とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

キリンチャレンジカップ 日本対ベネズエラ

森保監督就任以来3連勝と快調なスタートを切った日本代表。ウルグアイ戦の勝利はその内容ともども本当に感動した。ただし所詮親善試合。引き続き様々なチームとの対戦経験を重ね、強化を進めていくしかない。ベネズエラはFIFAランク29位。W杯出場はないが、…

外国人労働者と単純労働

先週、いつもの床屋へ行って、主人といつもながらの話をした。先日は最初、格安理髪店について、主人が暴走。主人曰く「10分1000円の理髪ではまともな散髪はできない。10分1000円ということは時間6000円。これはうちよりも高い。だいたいそんな店でどれだけ…

異端の時代☆

筆者は神学者・宗教学者であって、宗教としての異端を論じている。しかしそれは同時に現代社会における危機を論じることでもある。現代はまさに異端の時代であり、正統が消失してしまった(しつつある)時代だからだ。 「みんな違ってみんないい」。そんな多…

政治の哲学

タイトルを見て、政治とは何かについて、考察する本だと思っていた。しかし冒頭の第1章で、政治の定義が披露されている。 ○[定義]政治とは、人びとを拘束するようなことがらを、決めることである。(P016) さらに、続く文章の中で、本書の目的が書かれている。…

プレミアリーグ第12節 マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッド

ミッドウィークのCLでユベントス相手に劇的な逆転勝利を挙げたマンU。その勢いをマンチェスター・ダービーに持ち込むことができるか。だがマンCもCLではシャフタール・ドネツク相手に6-0と大勝。プレミアリーグ第8節でリバプールと引き分けて以降、公式戦は6…

女子国際強化試合 日本対ノルウェイ

久しぶりに女子サッカーを観る。ノルウェイとの国際強化試合。阪口夢穂など負傷中の選手も多い日本だが、代わりに若手が多く選考された。CHには三浦成美が宇津木とコンビを組んでダブルボランチ。CBは熊谷と市瀬。なでしこ常連となった左SH長谷川と右SB清水…

J1リーグ第32節 清水エスパルス対名古屋グランパス

Jリーグも残り2試合。火曜日のゲームでセレッソに勝利して何とか降格圏外の15位になったグランパス。とは言え、16位サガンとの勝ち点差はわずか1。前節はドローだったもののその前には3連勝、7位と好調のエスパルスを相手に何とか勝利がほしいところ。グラン…

天上の葦☆

この本を私は「決意をもって書かれた作品 太田愛著 『天上の葦』(KADOKAWA) ネタバレ注意:街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋」を読んで知った。上下800ページ近い大部だ。内容は、公安により一人のジャーナリストが社会的に抹殺されようとするのを阻止する3…

UEFAチャンピオンズリーグ グループH第4節 ユベントス対マンチェスター・ユナイテッド

公式戦いまだ無敗のユベントスはこのゲーム引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。一方、マンUはCLここまで1勝1分1敗。先に行われたゲームでバレンシアが勝利しており、何としても勝利。最低でも引き分けておきたいところ。ルカクがケガで出場できず…

UEFAチャンピオンズリーググループC第4節 ナポリ対パリ・サンジェルマン

リーグアンでは12連勝と首位を独走するパリ・サンジェルマンだが、CLでは初戦のリバプール戦を落とし、前節ではナポリとドロー。ここまで勝ち点4のグループ3位となっている。一方のナポリは勝ち点5。グループ首位を走っていたリバプールが先に行われたゲーム…

J1リーグ第28節 セレッソ大阪対名古屋グランパス

2連敗でまた降格圏内に落ち込んでしまったグランパス。台風で延期の第28節セレッソ戦。中2日ながら絶対負けられないゲームだ。櫛引が出場停止の中、前節から先発を4人代えて、3-4-3の布陣を組んできた。CBは中谷、丸山に加え、左CBに和泉。青木と秋山が両WB…

間違った情報があるのではなく、情報の正誤を判断するのはあくまで受け手

フェイクニュースが叫ばれ、情報には正しい情報だけではなく、間違った情報もあるので注意しなさいと言われる。でもよく考えてみると、情報自体には正誤はない。発信者から受信者へ伝えるもの。それが情報であって、文字や映像、音声などの形をしているが、…

プレミアリーグ第11節 アーセナル対リバプール

第6節エバートン戦以来、アーセナルのゲームを観る。かなり可能性を感じたゲームだったが、その後も連勝は続き、第9節まで7連勝。前節はクリスタルパレスに引き分けたものの、順位も4位まで上げてきた。対するリバプールも首位を争うチェルシーとマンCには引…

J1リーグ第31節 名古屋グランパス対ヴィッセル神戸

先週は台風で延期となったコンサドーレとのゲームで不安定な立ち上がりに失点。いったんは追い付いたものの、前半終了間際に勝ち越された上、直後に八反田が退場となり、一人少ない状況で戦った後半に追い付くことができず敗戦。痛いゲームを落とした。そし…

これが答えだ!少子化問題

○筆者は少なくとも現状のような少子化対策の傾向が継続するならば、出生率の十全な回復は難しいという見込みをもっている。多少の出生率向上があったとしても「焼け石に水」であり、少子高齢化や人口減少がもたらす弊害とされる経済成長の鈍化や、年金・医療…

プレミアリーグ第10節 トッテナム対マンチェスター・シティ

相変わらず首位を走り続けるマンC。対してトッテナムはCLで2敗1分。早くもグループリーグ突破には黄色信号が灯る状況だが、リーグを見ればこのところ4連勝。順位も5位に上げてきた。ホームで迎えるゲームだが、ホワイトハートレーンは依然改修中で使えず、ウ…

ネットの時代のリアルショップ

妻の退院に備えて、折り畳みベッドをニトリへ買いに行った。商品を選定し、カードを持ってカウンターへ行くと、「取り寄せになります」と言う。カードの枚数だけは現品があるのだと思っていたので、思わず「えっ!」。念のため、「ひょっとしてニトリのネッ…

ラ・リーガ第10節 バルセロナ対レアル・マドリード

レアル・マドリードのロペテギ監督が解任された。直前のクラシコでバルセロナに1-5と惨敗したことが決断の理由らしい。今節、ラ・リーガではクラシコがあったのか。まずはそのゲームを観戦することにした。レアル・マドリードのゲームは第7節アトレティコ・…

戦国日本と大航海時代☆

正直、期待していなかったので、読むのが遅くなってしまった。非常に面白い。なぜ秀吉は朝鮮に出兵したのか? それは、世界征服を狙い、ポルトガルとスペインが東アジアへ進出してきており、それに対抗するためだった。ポルトガルとスペインは当初、南米等と…

J1リーグ第18節 名古屋グランパス対コンサドーレ札幌

今週はルヴァン杯決勝があったため、J1リーグのゲームは台風で延期になったグランパス対コンサドーレ戦のみ。グランパスは前節勝利して何とか降格圏内は抜け出したもののまだ14位。降格圏16位サガンとの勝ち点差はわずか1。どうしても勝利が欲しいところ。対…

ルヴァン杯決勝 湘南ベルマーレ対横浜F.マリノス

昨年のルヴァン杯はセレッソが開始早々のフロンターレのミスから先制点を挙げ、最後まで守り切って初優勝を飾った。今年の決勝はベルマーレ対マリノス。若手を中心に起用するルヴァン杯は意外なチーム同士と決勝となることも多い。それでも11位のマリノスと1…

現代社会はどこに向かうか

久しぶりに見田宗介の最新刊を読んだ。見田宗介も既に80歳を超えた。さすがに長文の論文ではなく、わずか162ページほどのコンパクトな新書本。内容としては既に広井良典氏などが書いてきた「グローバル定常型社会」を見田氏なりの書きぶりで書いているという…

ACL準決勝第2レグ 水原三星ブルーウィングス対鹿島アントラーズ

第1レグを2点ビハインドからの逆転3ゴールで勝利したアントラーズ。第2レグは水原のホームに乗り込んで、引き分け以上で決勝進出が決まる。アントラーズの先発は遠藤がケガで右SHに土居を起用し、左SHには安西。レオシルバがボランチに戻ってきて、三竿健斗…

UCLグループH第3節 マンチェスター・ユナイテッド対ユベントス

プレミアリーグでは10位ながら、ニューカッスル戦の逆転勝利、前節のチェルシー戦も土壇場で引き分けに持ち込まれたが、次第に調子を上げている様子がわかる。UCLで迎え撃つのはユベントス。ユベントスは今季、クリスティアーノ・ロナウドを迎えて絶好調。前…

手数料ビジネスは規模拡大でガッチリ!?

先日、初めて「チケットぴあ」でチケットを購入した。地元で開催されたイベントだが、一部で窓口販売は行われたもののわざわざ出向くのも大変なので「チケットぴあ」に加入し、ネットで購入した。そうしたところが、入場料は3000円だが、他にシステム利用料…

終わりと始まり 2.0

池澤夏樹が朝日新聞夕刊に連載を続けているコラム「終わりと始まり」の2013年4月から2017年12月までの分を掲載したもの。コラムは2009年にスタートしており、本書に掲載以前のものは、「2.0」のない「終わりと始まり」として既に出版されているとのこと。そ…

プレミアリーグ第9節 チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド

マンC、チェルシー、リバプールと6勝2分で並び、得失点差で2位につけるチェルシー。第9節は前節ニューカッスル相手に3-2と逆転勝利を挙げたマンU。前半はともかく、後半の攻撃力はすごかった。今節はマティッチとポグバをボランチで並べる4-2-3-1の布陣。マ…

J1リーグ第30節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸

2連敗と首位陥落以降も凋落が止まらないサンフレッチェに対してフロンターレは5戦負けなし。着実に勝ち点を積み重ねている。今節の相手はヴィッセル神戸。イニエスタ見たさに完売の超満員だ。フロンターレはCH守田に左SB車屋もケガ。さらに阿部も前節イエロ…

J1リーグ第30節 柏レイソル対名古屋グランパス

3連敗で再び降格圏16位まで下がったグランパス。金曜日に行われた第30節の相手は14位のレイソル。勝ち点差は2。グランパスにとってはどうしても勝利が欲しい。レイソルにとっても絶対に負けられない。いわゆるウラ天王山だ。グランパスは久しぶりにシャビエ…

劇場

又吉直樹の小説2作目。芥川賞を受賞した「火花」と同様、破滅型の青年を描く。Wikiで又吉の経歴を見ると、舞台の脚本なども書いているようだから、まったくの想像というわけではないだろうが、私自身、演劇の世界にはトンと縁がないので、よくわからない。「…