とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

近頃の「緊急通報」ってどうかしてる?

TVを見ていると突然「ピロピロピロン!」と音が鳴って、画面上部に「緊急通報」の文字が現れる。この夏、突然の雨が多く、先日はわが家の隣の町内に「避難勧告」が発令された。この程度の雨なら経験的に大丈夫。隣の町内はあそこに斜面地があるからだろうと…

プレミアリーグ第2節 レスター対ブライトン

レスターの岡崎が2試合連続ゴールを決めた。しかも勝利。これは観なくては。相手は今シーズン35年ぶりに昇格のブライトン。GKにはオーストラリア代表のライアンがいる。レスターは前節アーセナル戦と同じ先発。岡崎もバーディーとともにFWに入った。 開始1分…

J2リーグ第29節 名古屋グランパス対アビスパ福岡

シャビエルの加入以降、圧倒的な攻撃力で4連勝のグランパス。前節、Vファーレンに敗戦した2位アビスパとは勝ち点6の差になった。そのアビスパを迎えてのホームゲーム。6月の対戦はグランパスが先制するも後半怒涛の3失点で敗れている。借りを返したいところ…

J1リーグ第23節 ガンバ大阪対柏レイソル

セレッソに勝利してから1分2敗。3戦勝利のないガンバ。一方のレイソルはアントラーズ、セレッソに連敗して首位からは滑り落ちたが、その後は2勝2敗。首位から勝ち点差4の5位に付ける。ガンバはホームで絶対に負けられない一戦。ファンウィジョンとアデミウソ…

ブランケット・ブルームの星型乗車券

雑誌「パピルス」は今も発行されているが、本書は2005年から6年まで、創刊号から第8号までに連載されたものを加筆・修正したもの。<ブランケット・シティ>で発行されている<デイリー・ブランケット>紙の専属記者であるブランケット・ブルーム氏の連載コラム…

J2リーグ第28節 町田ゼルビア対名古屋グランパス

ロアッソ戦から3連勝。ここ2試合は5点以上を取って、攻撃陣は絶好調。だが守備は。ゼルビア戦もアディショナルタイムのゴールでかろうじて勝利したが、後半はヒヤヒヤする展開が続いた。結局、こういうサッカーになってしまうのか。たくさん点の入るゲームは…

プレミアリーグ第1節 アーセナル対レスター

プレミアリーグが始まった。レスターは開幕戦からアーセナルとの対戦。岡崎はバーディーとともに2トップで先発出場。他もCHジェームズとCBマグワイア以外は昨シーズンからのメンバーが先発に名を連ねている。フートとドリンクウォーターはケガで欠場。対する…

J1リーグ第22節 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ

前節、セレッソが敗戦して単独首位に立ったアントラーズ。大岩監督就任以来、9試合負けなし。現在3連勝中。フロンターレはジュビロに完敗、FC東京にはドローとイマイチながら、前節はアルビレックスに勝利。4位に付けるが、アントラーズとの勝ち点差は7。絶…

J2リーグ第27節 名古屋グランパス対松本山雅

J2は11日(金)にゲームがあって、土曜日にこのゲームが1試合。他チームのゲームを終えて5位グランパスと13位松本山雅。グランパスは3位まで勝ち点差1。2位アビスパまでは12なので、勝って3位進出。そして少しでも2位との勝ち点差を詰めておきたいところ。前…

遠くの街に犬の吠える

久しぶりに吉田篤弘の小説を読んだ。相変わらずのファンタジーな世界。冒頭に伏せ字を表わすバッテンの多く付けられた文章が載っているので、これをテンプレートとして同じ文章が繰り返されるのかと思ったが、それは最初の文章だけ。バッテン以外の部分が重…

仕事は嫌いです。

仕事は嫌いです。だから勤務時間中ももっぱら遊んでました。 いかに自分が仕事をせずに、成果を上げるか。そのことを考えてました。 それで、昨年までは、そんなふうに仕事をして、無事、定年を迎えることができました。 それなりに出世もできたのは、成果が…

J1リーグ第21節 サンフレッチェ広島対ガンバ大阪

今シーズンの成績不振を受けて、サンフレッチェの森保監督がついに交代した。後任はスウェーデンのヤン・ヨンソン監督。93年にサンフレッチェでプレーしたというが、正直、あまり覚えていない。それよりもペドロビッチ監督以来続けてきた3バックをやめて、4…

記録的短時間大雨情報っていったい?

今年は頻繁に「記録的短時間大雨情報」って言葉を聞く。長すぎて何を意味しているかよくわからない。ただ、大変だ!と叫んでいるように聞こえる。でも本当のところどういう意味だ? また同時に、「50年に一度の大雨」という言葉も聞く。両者は同じ意味なんだ…

鳥肌が

「PHPスペシャル」って雑誌かな? 検索すると「PHPの月刊女性誌」とある。あえて女性誌としなくてもいいと思うけど、そんな男女区別をするところがPHPらしいのかも。僕は嫌いだけど。それはさておき、その雑誌に「鳥肌と涙目」として連載していたエッセイを…

J2リーグ第26節 名古屋グランパス対愛媛FC

前半を観終えて「こんなゲームを観たかった」と思った。後半まで観終えて「なんてゲームをしてるんだ」と思った。ワシントンが累積欠場で、新加入のイムスンギョムがCB。左右のCBに和泉と宮原。WBには右に青木、左には初出場の現役大学生、秋山が入った。新…

J1リーグ第20節 柏レイソル対ヴィッセル神戸

Jリーグ後半戦の最大の話題はポドルスキの加入だ。前節アルディージャ戦では2ゴールを挙げてヴィッセルの2連勝に貢献した。初めてアウェイでのゲームを戦う。迎え撃つのはレイソル。一時は首位に立ったが、アントラーズとセレッソに連敗。前節は先制するも追…

トーナメント・オブ・ネーションズ第3戦 アメリカ対日本

オーストラリアに完敗して1敗1分。アメリカ遠征の最後は世界最強アメリカとの対戦。もっとも今大会、アメリカはオーストラリアに敗戦。ブラジル戦も1-3とリードされた状況から逆転して何とか勝利と、アメリカも世代交代の最中でけっして盤石ではない。左SHラ…

日本の近代とは何であったか

私は筆者の三谷太一郎氏を知らなかったが、日本を代表する政治・歴史学者ということらしい。バジェットの紹介から始まった序章は難解で、これは最後まで行き着けないだろうと覚悟をしたが、第1章から「なぜ日本に政党政治が成立したのか」「なぜ日本に資本主…

トーナメント・オブ・ネーションズ第2戦 日本対オーストラリア

なでしこアメリカ遠征第2戦はオーストラリア戦。これまでも決して楽に勝てる相手ではなかったが、ここまで完敗したのは少しショック。しかしこれも経験だ。特に若い選手にはこれを糧にさらに成長してほしい。 日本の先発はGKが池田。CBには市瀬と並んで、代…

J2リーグ第25節 ロアッソ熊本対名古屋グランパス

前節、先制しながらもサンガに逆転負けしたグランパス。いよいよこれ以上負けられない正念場に立たされた。迎え撃つロアッソは最近4試合で2勝2敗と好調だ。ワントップにはグランパスから移籍したグスタボが先発する。前節同様、嫌な感じがしないでもない。グ…

雨の日はスポーツクラブでウォーキング

会社が近所のスポーツクラブの法人会員となっていて、社員全員で100枚のチケットが配布されている。雨で朝のウォーキングができなかった日には、夕方、このスポーツクラブで汗を流すことにした。と思いつつも、朝、歩けなかった日には夕方から用事が入ったり…

J1リーグ第19節 川崎フロンターレ対ジュビロ磐田

5連勝で7位まで順位を上げてきたジュビロ。迎え撃つフロンターレも3連勝と好調だ。結果5-2とジュビロが快勝したゲームだが、結果を知ればこそ、その内容を観たくなった。観終わった感想を先に言えば、得点で考えるよりはずっと好ゲーム。後半10分からの6分間…

J1リーグ第19節 ガンバ大阪対セレッソ大阪

先週の前倒しで行われたレッズ戦に勝利して4連勝。首位の座を着実に固めているセレッソ。対するガンバは連敗して6位に後退。セレッソとの勝ち点差も9に広がり、これ以上の敗戦は許されない。吹田スタジアム最高の観客を集めて、大阪ダービーは大きく燃え上が…

女子サッカーアメリカ遠征 日本対ブラジル

今季、大きな大会のない女子サッカーは国際試合を重ねて強化に努めている。アメリカ遠征第1戦はブラジル。実力的にはほぼ互角、いい対戦相手だ。日本の先発はGK山下の前に4-4-2。鮫島をCBで起用し、代表初召集の万屋を左SB、右SB大矢、CB市瀬と鮫島以外は若…

ウォーキング

再就職してから、会社が近く、朝、余裕があるので、出勤前にウォーキングをしている。娘を7時過ぎに駅まで送って、戻ってきてから凡そ40分。自宅近くに愛知用水が0.65km、地上に顔を出している区間があり、その両サイドに管理用の通路が並んで整備されている…

社長はアスペルガー?

社長が突然、「先日、社内で計算ミスがあった。根絶するための方策について検討する会議を後日開催する」と言い出した。担当課長に「何があったの?」と聞くと、彼の部下の女性社員が請求金額の計算をミスして、それが社長に上がるまで見つからなかったこと…

J1リーグ第22節 セレッソ大阪対浦和レッズ

J1リーグは先週・今週と中休みの中、レッズのスルガ杯出場のため、前倒しで行われたJ1リーグの一戦。セレッソがまさかの首位を走っていて、絶好の組合せとなった。セレッソは清武欠場中の最近のベストメンバー。対するレッズも武藤に代えてズラタンを先発さ…

野良猫を尊敬した日

穂村弘が講談社エッセイ賞を受賞したというニュースが先日流れた。最もニュースの中心は同時に受賞した小泉今日子の方だったとは思うが。受賞した「鳥肌が」は昨年7月の発行だが、本書は今年の1月発行。穂村弘の最新刊ということになるのかな? 主に北海道新…

J2リーグ第24節 京都サンガ対名古屋グランパス

前節モンテディオに勝利して5位に浮上したグランパス。しかし自動昇格への勝ち点差は9と大きい。アウェイとは言え、16位サンガには絶対勝利が欲しいところ。磯村と高橋が移籍し、シャビエルとイムスンギョムの加入が決まった。さっそくシャビエルが先発。布…

「いいよ」と「いいと思うよ」の違い?

夕食の調理をしていた妻が、料理の乗った皿を食卓へ運ぼうとしていた私に「これでいいかな」と言った。それで「いいと思うよ」と言ったら、なぜか突然怒り出した。 妻が言うには「『いいと思うよ』の『思うよ』が余分。それを聞くと、上から目線、判断されて…

Jリーグワールドチャンレンジ 浦和レッズ対ドルトムント

上西議員の炎上ツイッターで有名になってしまったレッズ対ドルトムントの親善試合。先週はJ1のゲームがなく、一応、録画はしてあったが、上西議員の投稿があまりに酷いので、いったいどんなゲーム内容だったかと観戦した。レッズの先発は興梠のワントップに…

TV三昧

失業中は時間を持て余して、TVばかり見ていた。それ以前もNHK-BSで放送されるJリーグのゲームや海外サッカー、「Jリーグタイム」(NHK-BS1)や「やべっちFC」(TV朝日)などを録画して観ていた。また昨年あたりから、「美の巨人」(TV東京)や「ららら♪クラ…

下呂へ温泉旅行。萩原ヤナがおいしい!

「金曜日の午前中に出張しての研修がある。午後に帰社して仕事するのもしんどいから、休みを取って温泉旅行に行きたい」という娘の提案に乗って、下呂温泉に行ってきた。13時過ぎに最寄り駅で待ち合わせ。宿での夜の食事に備えて昼食は軽めにガスト。小牧東I…

J2リーグ第23節 名古屋グランパス対モンテディオ山形

前日のゲーム結果を反映しての暫定順位で8位に下がったグランパス。そして磯村のグランパス・ラストゲーム。アルビレックスへの移籍が決まった。ミッドウィークでのゲーム、厳しい暑さ。グランパスは大きくメンバーを変えてきた。佐藤寿人のワントップに押谷…

天皇杯3回戦 名古屋グランパス対ヴァンラーレ八戸

水曜日の雨はすごかった。7時のキックオフ頃には雨の気配もなかったのに、8時頃からわが家でも雷が鳴り始め、そしてすごい雨。TVの中でもすごい雨。そしてゲームが中断。やれやれどうなるんだとTVを見ていると、娘から「電車が止まっている」と電話が入る。…

赤いゾンビ、青いゾンビ

川上弘美がウェブ平凡に連載している「東京日記」からの単行本化5作目。2013年2月から16年3月まで。「あとがき」に「半分くらいは、つくりごとなのですよね?」という質問に対して、たいがい、ほんとうのことなのです」と書かれている。いや、ホント、たいが…

J1リーグ第18節 セレッソ大阪対柏レイソル

前節、アントラーズに敗戦して首位から滑り落ちたレイソル。ミッドウィークには1ゲーム消化が少なかったACL参加チーム同士のゲームが行われ、アントラーズが勝利して3位に転落。しかしアントラーズとの勝ち点差はわずか2。2位セレッソとの上位対決に臨んだ。…

経済は地理から学べ!

筆者の宮路秀作氏は代々木ゼミナールの地理学のカリスマ講師。地理学に関する豊富な知識が参考書のようなわかりやすいまとめ方で整理されている。 序章で、地理は「自然」「スケール」「資源」「距離」の4つの視点で捉えよと、それぞれの視点を説明する。そ…

ES

社長が突然、「CSとESが大事だ」と言う。CSは「顧客満足」(customer satisfaction)ということで知っていたが、ESって何だ? 聞けば、「Employee Satisfaction」の略で、従業員満足のことだと言う。従業員の会社に対する満足度を高めることが会社の業績向上…

J2リーグ第22節 名古屋グランパス対徳島ヴォルティス

V・ファーレンに勝利して3連敗から抜けたもののまたベルマーレに敗戦。首位との勝ち点差は9。順位も昇格プレーオフぎりぎりの6位に落ちて、もうこれ以上は負けられないグランパス。今節の相手はヴォルティス。前半戦での対戦は2-2のドロー。ヴォルティスの積…

J1リーグ第13節 川崎フロンターレ対浦和レッズ

水曜日にACL出場で1ゲーム消化が少なかった4チーム同士の対戦があった。アントラーズがガンバに勝利して首位に浮上。一方、このところ不調のレッズはフロンターレに1-4で完敗した。このゲームをDAZNで観戦した。フロンターレはいつものベストメンバー。阿部…

社長に振り回されて

再就職して1ヶ月が経とうとしている。あいさつ回りもひと段落して、いよいよ仕事と思うが、親会社からやってきた定年退職者の仕事といっても大した業務があるわけではない。それでも就職して長くこの会社で働いているベテラン社員などに話を聞いて、自分の役…

世界文学を読みほどく

池澤夏樹が世界文学と日本文学の全集編さんを行なっていることは知っていた。しかし世界文学を大して知っているわけでもない私が読むような本ではないと、これまで敬遠してきた。でも、ひょっとして池澤夏樹なら、わかりやすい文章で世界文学を解説してくれ…

コンフェデレーション杯決勝 チリ対ドイツ

いよいよコンフェデ杯も決勝戦。ドイツが決勝まで残ることを予想した人は多くなかったかもしれないが、ドイツの層の厚さを改めて感じた大会だった。これは単にドイツの育成の確かさだけでなく、ブンデスリーガの充実も要因の一つではないか。この大会でもビ…

J1リーグ第17節 柏レイソル対鹿島アントラーズ

前々節のヴァンフォーレ戦で引き分けるまで8連勝。前節もコンサドーレに勝利して10戦負けなしを続ける首位レイソル。アントラーズも大岩新監督が就任して以来、3連勝。レイソルとの勝ち点差は1ゲーム消化が少ない中での4。CB植田が欠場で三竿健斗が出場。FW…

自動車事故

まだ出勤して間もないが、会社まで歩いていく途中(なんと会社は徒歩10分以内の近距離にある)の交差点で、バスと軽バンが衝突して、軽バンが横転していた。まだ事故は起きたばかりで、ちょうど信号が変わり、横断歩道を渡っているところで救急車が到着した…

J2リーグ第21節 湘南ベルマーレ対名古屋グランパス

前節ようやくV・ファーレンに勝利し3連敗から脱出したグランパス。前半戦折り返しの今節は2位ベルマーレとの対戦。5位ながら勝ち点差6。もう絶対に負けられない状況。一緒に降格してきたベルマーレだが、曺貴裁体制になって早や6年目。J2での戦い方もよく知…

コンフェデレーション杯準決勝 ドイツ対メキシコ

コンフェデ杯、もう一つの準決勝はドイツ対メキシコ。若手中心でメンバーを組んだドイツがここまでやるというのはどの程度予想されたのだろうか。このゲームでもその溌剌ぶりを発揮してメキシコに快勝。決勝進出を決めた。ラーム監督の確かさがまた高まった…

コンフェデレーション杯準決勝 ポルトガル対チリ

グループA、1位のポルトガルとグループB、2位のチリの対戦。ポルトガルはCBペペが累積出場停止でフォンテとブルーノ・アウベスが先発。左SBはエリゼウ。あとはナニやクアレスマらのベテランをベンチに置いて、FWアンドレ・シウバや右SHベルナルド・シウバの…

J1リーグ第16節 ガンバ大阪対川崎フロンターレ

ACLに出場して1ゲーム消化が少ない両チームだが、ガンバは首位との勝ち点差3で3位につける。フロンターレも6位。お互いこのまま上位に付いていきたいところ。ガンバはこのゲームを最後にフローニンゲンへ移籍する堂安がFWで先発。遠藤をアンカーに倉田をトッ…