読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

U-20ワールドカップ グループD第2戦 ウルグアイ対日本

逆転で南アフリカに勝利した日本。グループリーグ第2戦の相手は初戦でイタリアを1-0で退けたウルグアイ。南米予選1位通過の優勝候補だ。日本は初戦から両ボランチを交代して、原と市丸が先発。右SBには藤谷を起用した。対するウルグアイは4-3-3。スキアッパ…

ブンデスリーガ第34節 ケルン対マインツ

ブンデスリーガは早々とバイエルンが優勝を決めて、興味はCL、EL出場権や降格を巡る順位争いになった。この間、香川が順調にドルトムントで活躍をしていたが、ゴールはなく、それよりも大迫や武藤の活躍が見たいと思いつつ、ゲームを選んでいたら最終節にな…

ぼくの死体をよろしくたのむ

2013年9月から2017年1月まで、雑誌「クウネル」や「つるとはな」、「きらら」の掲載した短編を集めたもの。全部で18編。川上弘美らしく読み易く、そして少し突飛だけど、普通の心に根差している。 川上弘美も59歳。ご主人はもう定年になったのだろうか。川上…

U-20ワールドカップ グループD第1戦 南アフリカ対日本

U-20ワールドカップが始まった。10年ぶりの出場となった日本だが、魅力ある選手が大勢いる。ジュビロのFW小川航基、フロンターレの左SH三好とCH板倉、ガンバの右SH堂安と右SB初瀬、レイソルのCB中山。J2でグランパスと対戦し記憶に残っている選手もいる。サ…

J1リーグ第15節 愛媛FC対名古屋グランパス

前節は終了間際のゴールで何とか町田ゼルビアを振り切ったグランパス。順位は5位だが、第15節の相手は3連勝中、勝ち点差1で6位につける愛媛FC。しかも愛媛FCはホームで5連勝中。初めて戦う相手だけに嫌な感じだ。メンバーで知っているのは中盤の小島と左FW河…

J1リーグ第12節 鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ

来週火曜日からACLベスト16のアウェイ&ホーム戦があることから、金曜日に開催された一戦。アントラーズは前々節、首位に立ちながら、前節ヴィッセルに敗れて4位に転落。とは言っても首位レッズとの勝ち点差はわずか1。ここはどうしても勝利しておきたいとこ…

J2リーグ第14節 名古屋グランパス対町田ゼルビア

前節はトリニータに大半。これで3試合勝ちなし。順位も6位に落としたグランパス。未だに攻撃がなかなか形にならない。今節の相手は相馬監督率いる町田ゼルビア。ここまで4勝4敗5分と5分の成績だが、こうしたチームにはしっかり勝利しておきたい。グランパス…

退職記念旅行は、東北でよかった(その4)

「退職記念旅行は、東北でよかった(その3)」から続く。 首もスッキリして、さあ次に目指すは秋田だ。村上を出て日本海に沿って北上する。「笹川流れ」は村上市から北へ延びる奇岩などが続く海岸線だが、車を停めるところが少なくあっという間に通り過ぎる…

フットボール批評 issue16

久しぶりに「フットボール批評」を買った。昨年8月に第12号から1冊1620円にアップ。さすがにそこまでの価値はないだろうと購読を止めたが、3月に定期購読の案内メールがあった。初回半額。しかも隔月だった発行が、昔の季刊に戻っている。季刊で1620円なら許…

プレミアリーグ第37節 ウェストブロムウィッチ対チェルシー

前節、トッテナムがウェストハムに敗れ、2位との勝ち点差が7と開いたチェルシー。勝てば優勝というゲームの相手は8位、ウェストブロムウィッチ。カンテがケガで代わりにフセスク・ファビレガスを起用した他は、いつものメンバー。序盤からいつものサッカーを…

J1リーグ第11節 コンサドーレ札幌対ガンバ大阪

「全日程の1/3となる第11節」というコメントに「えっ、もうそんな?」と思った。確かに。でもJ1は大混戦。3位ガンバは前節エスパルスと引き分けて首位になる機会を逃した。今節は先に行われたゲームで首位のアントラーズが敗戦。レッズが勝利して、また首位…

退職記念旅行は、東北でよかった(その3)

「退職記念旅行は、東北でよかった(その2)」から続く。 首の痛みが再発。ロキソニンを飲んで、湿布を貼って、首が傾いたままの悲惨な格好でクルマを発進させる。右を向くのが辛い。安全第一で高速もゆっくりと走る。魚津ICから北陸自動車道を西山ICまで。…

J2リーグ第13節 大分トリニータ対名古屋グランパス

ザスパクサツには勝利したものの、その後、サンガ、モンテディオとドローが続き、3位ながら勝ち点を伸ばせずにいるグランパス。この間の内容もけっしていいとは言えない。対するトリニータは前節FC岐阜に勝利して8位。しかしグランパスとの勝ち点差は2。首位…

退職記念旅行は、東北でよかった(その2)

「退職記念旅行は、東北でよかった(その1)」から続く。 翌朝のタケノコの刺身もおいしかった。4月23日(日)は予定通り、でもなく、集合場所を間違えてバタバタしたが、無事友人に会えて、一緒に食事。金沢と言えば魚がおいしい、とは思ったが、それは夕食…

アメリカ帝国の終焉

面白い! タイトルからは単に昨今のアメリカの退潮、衰退を指摘する本かと思い、大して期待せずに読み始めた。そして、アメリカの経済的衰退と覇権の喪失を説明する序章、第一章、第二章まではほぼ予想した内容が綴られていた。ただ興味深いのは、今次のグロ…

白内障手術から無事帰還

白内障の手術は無事終わり、退院してきた。退院時の説明では、読書やパソコン、入浴などの日常生活はOK。クルマの運転も現在使用しているメガネが合えばOKとのことで、私の場合は運転できそうだ。ただし明日、これまで通院していた眼科へ行くので、そこで詳…

白内障手術で入院中

昨日から白内障手術で入院しています。手術は昨日の午後、無事終わり、今日は1日、様子を見て、明日、退院の予定。手術自体は5分位で終わったけど、明るい方(正面)を見続けるのは、なかなか努力がいった。 今朝になってガーゼを外したら、よく見えるので、…

退職記念旅行は、東北でよかった(その1)

「東北でよかった」と言って、辞任した大臣がいた。その後、「#東北でよかった」がSNSでブームになった。ちょうどその頃、定年退職して、記念の旅に出た。大臣の発言は予想もしていなかったが、桜を追いかけて北上する旅は、本当に「東北でよかった」。 4月2…

J2リーグ第12節 モンテディオ山形対名古屋グランパス

前節、終了間際にかろうじて追い付いてのドロー。勝ち点差2の3位に後退し、アウェイとは言ってもこのゲームは勝ちたいグランパス。一方のモンテディオも3ゲーム勝利がなく、ホームでそろそろ勝利が欲しいところ。CHに風間監督の長男、風間宏希がすわり、左CB…

J1リーグ第10節 柏レイソル対セレッソ大阪

第7節の大阪ダービーではセレッソの復活を印象付けた。前節ではフロンターレに勝利し、これで7試合負けなし。5位まで躍進してきた。清武が完全復活し、躍動するセレッソ・サッカーを観たいと思った。相手はレイソル。レイソルも第7節でヴィッセルに勝利した…

J1リーグ第10節 浦和レッズ対鹿島アントラーズ

昨季、チャンピオンズリーグを争った因縁の戦い。昨年はレッズ・ホームの埼玉スタジアムでアントラーズが2-1と勝利し、逆転で年間チャンピオンになっただけにレッズにとっては絶対に負けられない。雪辱を期す戦いとなる。ところが柏木と遠藤航が欠場。CBに那…

夢はみるものではなく、かなえるもの

2016年6月25日に放送された「100年インタビュー/澤穂希」は録画して見たし、ひょっとしたらそのまま保存してあるかもしれない。やはり澤の引退はサッカー界にとって大きな出来事だったし、女子サッカーを現在の地位まで引き上げた最大の功労者と言えば、や…

J2リーグ第11節 名古屋グランパス対京都サンガ

闘莉王、小屋松、石櫃、本多。グランパスから移籍した選手のうち、実に4人が先発に名を連ねるサンガ。闘莉王はFW起用で3試合連続得点中だ。そしてその間、2勝1分け。順位は17位ながら上昇機運にあって怖い相手。左SH岩崎はU20代表に選出されたばかりだ。対す…

プレミアリーグ第35節 トッテナム対アーセナル

残り5試合となって首位チェルシーとの勝ち点差は4。先にゲームのあったチェルシーが勝利したこともあって、トッテナムにとっては絶対に負けられないゲーム。しかも相手は宿敵アーセナル。リーグ終了後に改修工事に入るということで、現在のホワイトハートレ…

J2リーグ第10節 ザスパクサツ群馬対名古屋グランパス

旅行から帰って久しぶりにサッカーを観た。旅行中のホーム、レノファ戦には0-2で完敗したグランパス。ザスパクサツ戦はどうなるかと心配したが、さすが最下位チーム相手には強かった。とは言っても、後半に追いつくまでは押される展開で、連敗しないかと危惧…

日常復帰。でも世の中はGW。

7泊8日の長旅から帰ってきた。昨日は1日、土産物の仕分けや画像の取り込みなどを行っていたが、疲れた。今日も洗車や給油等をしたいし、明日には眼科の手術前検診もあって、帰ってきて早々忙しい。この間にグランパスはレノファに負けて、ザスパクサツに勝利…

退職して3週間。明日から東北旅行に出かけます。

退職して3週間が経った。最初の1週間は家の整理等でがんばったが、やり過ぎたか、環境の変化に戸惑ったのか、2週目の最初に首を痛めて、しばらく静養を余儀なくされた。しかし2週目も終わる頃には次第に首痛も減ってきて、また失業生活も慣れてきたのか、3週…

プレミアリーグ第33節 マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー

首位チェルシーが敗れた。マンチェスター・ユナイテッドは首位チェルシーに対して、ELから中2日となるイブラヒモビッチを温存してリンガードとラッシュフォードを2トップで起用。右SHエレーラを左FWアザールのマンマークにつけて、徹底的に守る作戦。ラッキ…

J1リーグ第7節 セレッソ大阪対ガンバ大阪

3連勝で6位まで順位を上げてきたセレッソに対して、ガンバは前節サンフレッチェに負けて3勝2敗1分。勝ち点は同じ11だが、得失点差で4位。だが、今野が代表戦で負傷したのに続いて、アデミウソンも練習中の肉離れで欠場。代わりにFW赤崎が先発した。一方のセ…

たとえ世界が終わっても

橋本治って、小説「桃尻娘」でブレークして、その後はもっぱら文芸評論の分野で活躍している。という認識だが、これまで一作も読んだことがなかった。それで本書から読み始めるのは、橋本治ファンからは噴飯ものかもしれないが、言ってることは意外にまとも…

J1リーグ第7節 FC東京対浦和レッズ

大久保、ピーター・ウタカを加え、大型補強で今季は優勝争いに加わるかと思われたFC東京だが、ここに来て途端に勝ち星が伸ばせなくなった。前節は昇格組のコンサドーレに敗戦。いったいどうなっているのか。対するレッズは初戦こそマリノス相手に星を落とし…

J2リーグ第8節 徳島ヴォルティス対名古屋グランパス

4連勝で首位に立ったグランパス。対するヴォルティスもここまで4勝2敗1分で5位といい順位につける。ここはヴォルティスにも勝利して5連勝を狙いたいところ。先発は前節に続いて杉本竜士が左WBに入る。 開始4分、左WB杉本竜士のクロスにFWフェリペ・ガルシア…

首が痛くなって

首の右側が痛い。発端は先週の日曜日。その日は夕方に来客があり、その後はDAZNでサッカーを観たりしていたが、夜、パソコンに向かってサッカーの観戦ブログを書いていたら、次第に右の首から肩にかけて辛くなってきた。風呂に入って肩を温めてマッサージを…

プレミアリーグ第32節 ボーンマス対チェルシー

前節、敗戦後のマンC戦に勝利して、また首位街道を走り始めたチェルシー。第32節の相手はボーンマス。下位に沈む相手ながら、最近5試合は2勝3分と負けなし。後半戦は強豪相手に健闘するゲームも多い。今節、先にゲームを終えた2位トッテナムが勝利しているこ…

世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカ 日本人へ贈る言葉

わずか110ページ。しかも1ページにムヒカ氏の言葉が枠に囲まれて大々的に書かれたページが数十ページも掲載され、それを解説するように1~3ページの文章が添えられている。ムヒカ氏の言葉はさまざまな機会・媒体から引用されている。日本のTV番組での発言や…

J1リーグ第6節 横浜Fマリノス対ジュビロ磐田

中村俊輔がジュビロへ移籍後、初めてマリノスと対戦する。今季のマリノスは新たに背番号10を付けた齋藤がキャプテンとなって意欲的にチームを引っ張っている。もっとも開幕戦こそレッズ相手に劇的な勝利を挙げたものの、第3節以降は失速。3試合勝利から遠ざ…

キリンチャレンジカップ2017 日本対コスタリカ

アルガルベ杯では2勝2敗で6位という結果だったなでしこジャパン。その大会では長谷川唯や横山など新戦力の台頭が見られたが、このコスタリカ戦では、若手選手のさらなる掘り起こしが期待される。先発はGK池田。CBには熊谷と並んで市瀬が抜擢された。そして中…

プレミアリーグ第31節 チェルシー対マンチェスター・シティ

ミッドウィークに行われた上位対決。前節、クリスタルパレスに苦杯を喫したチェルシーだが、依然首位。一方、4位マンチェスター・シティは首位との勝点差は11。しかも5位マンUとは勝点差5とは言え、ユナイテッドの方が消化試合は1ゲーム少ない。シティにとっ…

J2リーグ第7節 名古屋グランパス対カマタラーレ讃岐

3連勝で2位に進出したグランパス。前節ロアッソ戦でようやく気持ちのいいパスサッカーが披露できた。カマタラーレ相手にもその再現を期待した。一方、カマタマーレは5試合勝利がないスタートだったが、前節、ベルマーレを相手に3-0と快勝、初勝利を挙げ、勢…

家事手伝い

退職して1週間。これまでこの「無職」の生活を「失業生活」と思ってきたけれど、1週間を振り返ると、これは「家事手伝い」が正しいみたいだ。これまでも簡単な調理や掃除・洗濯は、私ができる時はしてきたけれど、平日日中の時間を利用して、家の物資の整理…

ブンデスリーガ第27節 ドルトムント対ハンブルガーSV

香川が今季リーグ初ゴールを挙げたミッドウィークの第27節。DAZNがあるとこんなゲームも観ることができる。香川の活躍振りに酔いしれた。ドルトムントは久しぶりに4-2-3-1の布陣。累積出場停止のパパスタソプロスに代わってギンターがバルトラと共にCBに入り…

ザ、コラム

小田嶋氏のパソコンに退蔵されていた既発表のコラムから、書籍化の予定のないもののうち筆者が自選するコラムを集めたもの。いつかどこかで読んだことがある内容のものも多いが、小田嶋隆のコラムは心地よい。これまでも何度か書いたが、小田嶋氏とは同年代…

ブンデスリーガ第26節 シャルケ対ドルトムント

今朝未明に行われたハンブルガー戦では今季初ゴールを挙げて好調ぶりをアピールした香川。そのゲームはまた後日観るとして、まずはシャルケとのルールダービーを観戦した。香川は3-4-3の右のFWとして先発。オバメヤン、デンベレやCHカストロらと頻繁にポジシ…

失業生活も4日目

4月1日には「無職」と書いたけど、言い換えてみれば「失業者」だ。もっとも求職活動はしていない。会社から次の職を紹介されたけど、株主総会のある6月まではしばし休養。でも株主総会で否決されたらどうなるんだ? なんてことも思わないでもないけど、先日…

J1リーグ第5節 アルビレックス新潟対ガンバ大阪

レオシルバにラファエルシルバとアルビレックスを支えてきた外国人選手二人が移籍したアルビレックス。代わりにホニとチアゴガリャルドと二人の新外国人選手が加入したものの、ここまで2分2敗と勝利を挙げられずにいる。対するガンバは2勝2分。前節は終盤で…

J2リーグ第6節 名古屋グランパス対ロアッソ熊本

前節、山雅戦ではオウンゴール2発で逆転勝利したグランパス。前半は山雅に押される展開も見えたが、後半はかなりゲームを支配して、いい兆候が見えだした。そして今節は今季未勝利、2連敗中のロアッソが相手。今度こそグランパスの圧勝が期待された。そして…

無職

38年間勤めた会社を定年退職した。昨日は午前中、式典の後、午後はお世話になった方々に挨拶をして回り、退社時には花束を受け取り送っていただいた。だからと言って、まだそれほど実感はない。今日・明日と週末で、普通に休みになった気分。月曜日になって…

W杯最終予選第7戦 日本対タイ

サッカージャーナリストの後藤健生氏がタイ戦を批判的に書いていた。4-0で勝利したのにナゼ? このところ飲み会が続いてゲームが見られなかったが、ようやく昨日、録画を観た。後藤氏の批評がよくわかった。日本はケガの大迫、今野に代えて、CF岡崎とCH酒井…

カラスと亀と死刑囚

「パラドックスから始める哲学」という副題が付いている。哲学に関する本である。タイトルがかわいくて読み始めたが、内容はしっかり哲学していて、どこまで頭に入ったか自信がない。いやほとんど頭に残っていないことに自信がある。何度も睡魔に襲われたが…

グローバリズム以降

1998年から2016年まで、朝日新聞に掲載されたエマニュエル・トッドに対するインタビュー記事を集めたもの。ただし、第1章「夢の時代の終わり」は2016年8月にトッド氏の自宅で行われたインタビューを初掲載。また第2章も新聞掲載されたのはその要旨だけなので…