とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

ネットは基本、クソメディア

「ネットのバカ」は楽しく読んだ。中日新聞に連載されている「ネットで何が・・・」も毎回楽しく読んでいる。本書も、タイトルにはちょっとエッ?と思ったが、期待して購入した。もちろん面白かった。 インターネットの世界はどんどんと変化していく。Window…

ACL準決勝第2レグ 浦和レッズ対上海上港

今季のACLに日本勢ではレッズが唯一準決勝に進出した。フロンターレとの準々決勝ではフロンターレを応援していた、どちらかと言えばアンチ・レッズだが、やはりここはレッズを応援しながら観戦した。第1レグでは1-1のドロー。ホームのさいたまスタジアムはレ…

プレミアリーグ第8節 リバプール対マンチェスター・ユナイテッド

代表に召集されなかった岡崎だが、代表明けの第8節にも出場はせず、結局レスターはドロー。代わりにリバプール対マンチェスター・ユナイテッド。ノースウェストダービーを観ることにした。マンUはここまで6勝1分。首位マンCとは得失点差の2位。だが、ここに…

セリエA第8節 インテル・ミラノ対ACミラン

ミラノ・ダービーに今季も長友が先発出場をした。日本の強化試合2試合に先発した長友だが、すぐに戻って先発で起用された。長友に対するスパレッティ監督の信頼感が窺える。もちろん、ハリルホジッチ監督の信頼感はそれ以上だろうが。インテルは4-2-3-1の布…

J2リーグ第37節 名古屋グランパス対湘南ベルマーレ

ついに正念場。首位ベルマーレとの対戦がやってきた。その差は15ポイント。とても首位を狙える勝ち点差ではないが、2位アビスパとの差は5ポイント。自動昇格のためには絶対勝利が欲しい。しかしベルマーレには2015年から5連敗中。J2降格が決まった昨季最終戦…

ブンデスリーガ第8節 シュツットガルト対ケルン

ケルンは第7節まで終えて勝ち点わずか1。1分6敗とひどい不調に陥っている。代表戦ではさすがの動きを見せた大迫だが、ケルンでは前節ライプチヒ戦でようやく初ゴール。もっともこの間のチーム得点もわずか2点。モデスト移籍の穴が埋められない。一方、失点は…

ヘンリ・ライクロフトの私記

私と同じく、この3月で定年を迎えた友人が、愛読書として紹介してくれた。彼は定年後、同じ会社に再雇用者として働いているが、責任から解放され、自由な趣味の時間を満喫している、と言う。私の父も退職後は趣味の写真に没頭し、幸せな人生を生きているよう…

キリンチャレンジ杯 日本対ハイチ

最初、この組合せを見たときは、「ハイチなんて弱小国とやって意味あるの?」と思ったけど、FIFAランキングは第48位。過去4年ほどは70位前後を彷徨っていたが、今年になって急上昇。北中米予選は惜しくも4次予選で敗退したものの、伸び盛りのチームだ。その…

W杯南米予選最終戦 エクアドル対アルゼンチン

W杯予選が最終局面を迎えている。ヨーロッパではイングランドやスペイン、ドイツなどがW杯出場を決める一方、オランダはW杯出場がならなかった。そして南米予選はブラジルが早々にW杯出場を決めたが、残りはほぼ横一線。中でも、崖っぷちに立たされているの…

びっくりしてはいけない

いつだったか、トイレのドアを開けたら、妻が入っていてびっくりした。思わず「あ!びっくりした!」と声に出したら、その後の妻の機嫌が悪い。だって、照明は点いていないし、鍵もかかっていないし、てっきり空いていると思ってもしょうがない。「ノックを…

アジア辺境論

タイトルに惹かれて思わず買ってしまったが、かつての内田樹の名著「日本辺境論」ほどに独自の内容があるわけではない。内田樹と姜尚中の対談集。日韓が政治・経済・文化など様々な局面で連携することで、新しいパワーが生まれる。さらに台湾や香港も加えた…

J2リーグ第36節 レノファ山口対名古屋グランパス

2連勝して4位のグランパス。だがJ1自動昇格の2位まで勝ち点差5。3位のV・ファーレンとの勝ち点差も4あって、逆に6位との勝ち点差はわずか2。J1昇格のためには勝ち続けねばならない。対するレノファはJ3降格圏内の21位。第9節では0-2で敗戦しているだけに、必…

キリンチャレンジ杯 日本対ニュージーランド

W杯出場が決まった。代表強化試合の1試合目はニュージーランド。相手が物足りない気もするが、ほとんどの強豪国が各大陸のW杯予選真っ只中というのでは仕方がない。でも、もっと楽に勝利してくれるかと思っていた。意外に苦戦。6人交代制でなければ負けてい…

カズオ・イシグロ、ノーベル賞受賞!

カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞したという速報を聞いて、まるで自分のことのようにうれしかった。村上春樹を中心に追っていた日本のマスコミは、カズオ・イシグロの名前を聞いて、「予想外」なんて書いていたが、私の中では十分予想されていた。む…

ブンデスリーガ第7節 アウクスブルク対ドルトムント

香川がシーズン3ゴール目を挙げた。首位を独走するドルトムントだが、今季はまだそのゲームを観ていない。どんなサッカーをしているんだろうか。香川はどんな役割を? その活躍ともども興味を持って観始めた。相手は5位、こちらも好調のアウクスブルクだ。ド…

プレミアリーグ第7節 チェルシー対マンチェスター・シティ

5勝1分。無敗で首位を走るマンC。CLなど公式戦を含めて7連勝中だ。対するチェルシーは4勝1敗1分。3位に付ける。こちらも公式戦は8戦負けなし。リーグ序盤の好ゲームだ。マンCは、アグエロが交通事故で負傷し、急きょ欠場。代わりにジェズスがワントップに入…

「移行期的混乱」以降

「移行期的混乱」で「問題なのは成長戦略がないことではない。成長しなくてもやっていけるための戦略がないことが問題なのだ」と指摘した筆者。その続編にあたる本書では、その原因である人口減少の、さらに先の原因としての、家族構造の変化について説明し…

ブンデスリーガ第7節 ヘルタ・ベルリン対バイエルン・ミュンヘン

昨季はあれだけ活躍したのに、今シーズンはこれまで先発の機会に恵まれなかった原口。その原口がなんとバイエルン戦で、メッシに喩えられるドリブルを披露してアシストを決めた。さっそくDAZNで観戦した。ヘルタは前節のゲームでCFイビシェビッチがレッドカ…

J2リーグ第35節 FC岐阜対名古屋グランパス

前節久しぶりに4ゴールを挙げてヴェルディに勝利したグランパス。だが順位は5位。自動昇格にはもうこれ以上負けられない状況は変わらない。相手のFC岐阜とは開幕早々の第2節で対戦した。パスサッカーの先輩格であるFC岐阜にペースを握られ、終了間際ギリギリ…

J1リーグ第28節 川崎フロンターレ対セレッソ大阪

前節ヴィッセルに引き分けて、終了間際のゴールで劇的な勝利を挙げた首位アントラーズとの勝ち点差が8に広がった2位フロンターレ。だが今節、昼間のゲームでアントラーズがサガンに敗戦。優勝を狙うためにも絶対勝利が欲しいところだ。対するセレッソは、サ…

ウォーキングも秋日和

昨日あたりから季節はすっかり秋になった。朝の最低気温は15度を切り、ウォーキング時の服装に迷う。それまではTシャツ1枚だったが、今週からはポロシャツにした。歩き終わる頃にはじわっと汗も滲んでくるが、歩き始めはまだ半袖の腕回りが寒い。長袖シャツ…

60歳を過ぎてからの保険ってどうよ?

定年退職し、それなりの退職金ももらった。20代の時に加入した終身保険は60歳で満期を迎え、これ以上、保険料を収めることなく、死亡時には保険金がもらえることになった。もっとも自分が死んだ後に保険金が支払われても自分がもらえるわけではない。死亡時…

ブンデスリーガ第6節 マインツ対ヘルタ・ベルリン

3勝2敗で7位のヘルタに対して、マインツは1勝4敗の15位。ここまで10失点と守備が安定せず、厳しい戦いが強いられている。その中でも武藤は2ゴール。敗れたとは言え、前節ホッフェンハイム戦でのDF二人を抜き去ってのゴールは圧巻だった。マインツのワントッ…

路地裏の民主主義

平川克美がいくつかのメディアで執筆掲載してきたコラムに加筆修正をしたもの。具体にどの記事がどのメディアで何時、といったことは記載されていないから、かなり修正したのだろうか。第1章は民主主義、第2章はメディア論。平川氏らしい、路地裏からの、庶…

プレミアリーグ第6節 レスター対リバプール

第4節でマンC相手に5失点と大敗したリバプール。そのゲームでマネが3試合の出場停止処分となり、前節はバーンリー相手にドロー。さらにミッドウィークのリーグ杯ではレスターに0-2で敗戦した。2点のうちの1点を奪ったのが岡崎。岡崎は後半8分からの出場で、2…

J2リーグ第34節 名古屋グランパス対東京ヴェルディ

5連勝の後の1分3敗。ツエーゲンにまで負けて6位まで落ちたグランパス。絶体絶命。今節の相手は3戦勝ちなし。調子を落としているヴェルディだ。グランパスは久しぶりに4-4-2の布陣。ワシントンと櫛引のCB。シモビッチが累積出場停止で、FWは玉田と佐藤のベテ…

J1リーグ第27節 アントラーズ対ガンバ

いよいよJリーグも残り8試合となってきた4連勝で首位を走るアントラーズだが、前節アルビレックス戦では前半2点を先行されて、後半で4ゴール逆転しての勝利。ミッドウィークに行われた天皇杯も先制はしものの、いったんは逆転されて、再逆転しての勝利。いず…

ブンデスリーガ第5節 ケルン対フランクフルト

ここまで4連敗。12失点。ゴールはわずか1と最下位に落ち込んでいるケルンがホームにフランクフルトを迎えたゲーム。フランクフルトも1勝2敗1分で13位とけっして好調とは言えないが、ここまでの失点は3。ケルンは大迫が2トップの一角。フランクフルトは長谷場…

安全基準はどのようにできてきたか

建築物の耐震基準も次々に改正を重ね、木造住宅の耐震性も今や平成12年度以前の建物は安全ではないと言われる状況。だが、そもそも安全とは何なのか。毎回のように想定外の災害が言われる昨今、我々は様々な安全基準に対してどこまでの信頼を寄せればいいの…

プレミアリーグ第5節 マンチェスター・ユナイテッド対エバートン

開幕3連勝と好調なスタートを切ったマンUも第4節はストーク・シティに対してドロー。そして第5節はルーニーが移籍したエバートンとの対戦。代わりにエバートンからはルカクが移籍してきた。エバートンは開幕戦ストークに勝利し、第2節はマンC相手にドローと…