読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

サッカー

ブンデスリーガ第21節 ケルン対シャルケ

このところシャルケのゲームを続けて観ている。たまたま日本人選手がいるチームとの対戦が続いたためだが、肝心の内田はまだベンチ入りもしない。じっくりと治して復帰してほしい。このゲームの期待はケルンの大迫の活躍だ。このところトップ下での起用が続…

ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン対バイエルン・ミュンヘン

2位ライプチヒが停滞する中、順調に勝ち点を積み上げているバイエルン。CLではアーセナル相手に大勝し、中2日でヘルタのホームへ乗り込んできた。メンバーはレバンドフスキやシャビ・アロンソ、マルティネスらをベンチに温存し、ミュラーのワントップ。キミ…

フジゼロックス・スーパーカップ 鹿島アントラーズ対浦和レッズ

昨季、J1リーグと天皇杯の2冠を達成したアントラーズ。対するレッズはJリーグ2位が出場資格だが、昨季のJリーグの年間勝ち点1位はレッズ。実質、天皇杯王者対Jリーグ王者の対戦と言える。柴崎が抜けたアントラーズは代わってレオ・シルバ、ペドロ・ジュニオ…

プレミアリーグ第25節 リバプール対トッテナム

チェルシーから勝ち点差9と離されつつも2位を行くトッテナム。優勝のためにはぎりぎりの状況。対するリバプールは年明け後、5戦未勝利。トッテナムとの勝ち点差4の5位に留まっているものの、こちらもホーム・アンフィールドでこれ以上の敗戦は許されない。ト…

ブンデスリーガ第20節 シャルケ対ヘルタ・ベルリン

結局、内田はまだベンチ入りはできなかった。一方の原口は先発出場。すっかりスタメンに定着した感じだ。シャルケは前節バイエルン相手に1-1のドロー。勝ち星は上がらないが、チームとしてはだいぶ上向いてきた印象。対するヘルタは前節、インゴルシュタット…

ブンデスリーガ第20節 マインツ対アウクスブルグ

10位アウクスブルグを勝ち点差2で追うマインツ。でも宇佐美も武藤もベンチ・スタート。それでも録画の終わりを見たら武藤と宇佐美がピッチで会話を交わしていた。途中ながら出場したんだ。特に宇佐美のプレーを見たかった。マインツはコルドバをワントップに…

セリエA第23節 ユベントス対インテル

前節行われたイタリア・ダービー。ミッドウィークに行われたミランのゲームとどちらを観ようかと迷ったけど、長友も本田も出場しなかったのであれば、やはりイタリア・ダービーを選択。今季、ユベントスのゲームは初観戦だ。ユベントスは4-2-3-1の布陣。イグ…

ブンデスリーガ第19節 ドルトムント対ライプチヒ

年末のゲームで首位バイエルンに破れたライプチヒだが、年が明けてからはまた2連勝と勢いが止まらないライプチヒに対して、ドルトムントはなかなか調子が上がらない。前節はマインツに終了間際に追い付かれてドロー。4位に付けるものの2位ライプチヒとの勝ち…

ブンデスリーガ第19節 バイエルン・ミュンヘン対シャルケ

内田はまだ復帰してこない。シャルケは冬の移籍で加入したブルクシュタラーをワントップに、カリジュリがトップ下。バイエルンから移籍してきたバトシュトゥバーが左CBを務める3-6-1の布陣。左IHベンタレブがやや下がり目でアンカーのスランブリと並ぶことも…

プレミアリーグ第24節 トッテナム対ミドルズブラ

前節、最下位サンダーランドにスコアレスドローで首位チェルシーとの勝ち点差を縮めることができなかったトッテナム。今節は15位のミドルズブラ相手に、今度こそ勝利がほしいところ。だが守備の堅い相手になかなかゴールが挙げられなかった。 序盤、ミドルズ…

プレミアリーグ第24節 チェルシー対アーセナル

前節リバプールと引き分けたチェルシーは中3日の今節、ホーム・スタンフォードブリッジで3位アーセナルを迎えた。アーセナルは前節ワトフォードに苦杯を喫して勝ち点差を広げられ、3位に後退。優勝のためには絶対に負けられないゲーム。だが前節ジャカが退場…

プレミアリーグ第23節 リバプール対チェルシー

ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第23節。4位リバプールが首位チェルシーをホーム・アンフィールドに迎える負けられないゲーム。アフリカ選手権から帰ってきたばかりのマネはベンチに置いたものの、両チームほぼベストメンバーの布陣。キックオフ直後…

セリエA第22節 インテル・ミラノ対ペスカーラ

久し振りに長友が出場したというのでゲームを観戦した。相手は最下位に沈むペスカーラ。先月末に入籍した長友の結婚祝いでピオーリ監督が配慮したのではないかとも思わないではないが、長友自身はいきいきとプレーをしていた。ポジションはいつもの左SB。CH…

ブンデスリーガ第18節 シャルケ対フランクフルト

復帰なった内田対長谷部の対決かと期待したが、内田は、今度は内転筋を痛めて欠場。長谷部は故障者続出のフランクフルトにあって、CBで出場した。布陣は3-4-1-2。対するシャルケはブルクシュタラーとシュポモティングを2トップに据える3-5-2。シャルケもケガ…

ブンデスリーガ第17節 マインツ対ケルン

武藤が久しぶりに復帰した。しかも先発出場。すっかりケルンでレギュラーを確保している大迫に対して、武藤がどんなプレーを見せるのか。とにかくケガなくプレーしてくれればいい。そんな思いで観始めた。 ケルンはモデストをワントップに大迫はクレメンスと…

プレミアリーグ第22節 サウサンプトン対レスター

サウサンプトンの吉田麻耶とレスターの岡崎、ともに先発出場して両者の対決が見られた。特に吉田はこれまでサウサンプトンのTV中継がなかったので、今季初めてサウサンプトンでのプレーを見る。リーグ序盤は出場できないことが多かったが、このところは7試合…

プレミアリーグ第21節 レスター対チェルシー

マレズ、スリマニ、アマーティと主力3人がアフリカ選手権でチームを離脱したレスターが首位を独走するチェルシー相手に勝利できるとはもともと考えてもいなかった。それにしても酷い内容と結果。ラニエリ監督が2016年のFIFA最優秀監督に選ばれたが、その価値…

高校サッカー決勝 青森山田対前橋育英

東海大仰星をゲーム内容では圧倒して決勝に勝ち上がった青森山田。対する前橋育英は一昨年に続いての決勝戦。今度こその初優勝を狙う。青森山田のキックオフでスタートしたが、GKを残して全員がハーフライン上に並び、GKへバックパス。ところがGK廣末の蹴っ…

高校女子サッカー決勝 大商学園対十文字

昨年、決勝を戦った藤枝順心と神村学園を破って初めて決勝まで進出した大商学園。対する十文字も何と初めての決勝進出だそう。こちらはちょっと意外だったが、どちらが勝利しても初優勝となるゲーム。だがチームの特徴はかなり違う。大商学園はベレーザ加入…

高校サッカー準決勝 東海大仰星対青森山田

昨年の優勝校・東福岡を破った東海大仰星が今度は今大会最大の優勝候補、青森山田に挑戦するゲーム。東福岡に対して堅い守備でノーゴールに抑えた東海大仰星が青森山田の攻撃をいかに抑えるか。青森山田のサッカーも楽しみに観戦を始めた。 しかし両チーム、…

高校サッカー準々決勝 東福岡対東海大仰星

今日は午後から準決勝。その前に準々決勝で観た東福岡対東海大仰星について書いておこう。ちなみに高校ラグビーの決勝も同じ両校の対戦となった。両校ともスポーツが盛んな高校なんだ。勉強はどうなっているんだろう。それはさておき、東福岡は昨年も優勝し…

プレミアリーグ第19節 リバプール対マンチェスター・シティ

年末年始のプレミアリーグは過密日程。既に第20節が終わり、チェルシーがテッテナムに敗れる一戦もあったが、中継もないので、まずは第19節の上位対決、リバプール対マンチェスター・シティのゲームを観戦した。リバプールはヘンダーソンをアンカーに、ワイ…

天皇杯決勝 鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ

悲願の初タイトル、天皇杯優勝を目指したフロンターレだったが、またも夢はかなえられなかった。風間監督へ、大久保へ、タイトルを贈っての送り出しはかなわなかった。何が足りないのだろう。アントラーズとの違いは何だろう。伝統の力とマスコミは言うけれ…

天皇杯準決勝 大宮アルディージャ対川崎フロンターレ

風間監督のためにも初タイトル天皇杯を獲りたいフロンターレ。だがアルディージャだってまだ天皇杯の決勝へ進出したことはない。ちなみにフロンターレも。お互い初の天皇杯決勝進出を狙うゲームとなった。準々決勝と同じメンバーが先発したフロンターレ。一…

ブンデスリーガ第16節 バイエルン・ミュンヘン対ライプチヒ

初昇格ながら今季ブンデスリーガに旋風を巻き起こしているライプチヒ。リーグ4連覇を達成し、今季も首位を行く王者バイエルン。お互い11勝3分1敗と同じ勝ち点で並ぶ首位決戦だ。前節のヘルタ戦でも相手にまったくサッカーをさせずに勝利した勢いのあるライプ…

皇后杯決勝 アルビレックス新潟レディース対INAC神戸レオネッサ

昨年に続いて4度目の挑戦。今度こそ皇后杯を手にしたいアルビレックスの前に昨年女王のレオネッサが立ちはだかる。昨年は引退を決めていた澤の劇的な決勝ゴールでレオネッサが優勝を決めた。アルビレックスは今季引退を決めたCH山田選手が先発。ベンチのGK小…

天皇杯準々決勝 FC東京対川崎フロンターレ

今年も正月に決勝が争われる天皇杯は昨日が準々決勝。風間監督最後の年に最後のタイトルを狙うフロンターレはFC東京との対戦。ちなみにFC東京の平山とフロンターレの大久保が来季、それぞれ相手チームに移籍する予定。終わってみればお互い来季お世話になる…

皇后杯準決勝 日テレ・ベレーザ対新潟アルビレックスレディース

今季公式戦でわずか2敗しかしていないベレーザは、リーグ、リーグ杯に続いての3冠を狙う。対するアルビレックスは2年連続の決勝進出、そして今季で引退する山田のためにも初優勝を狙いたい。アルビレックスは準々決勝と同じ先発。ベレーザは中里を右SHに出し…

ブンデスリーガ第15節 ライプチヒ対ヘルタ・ベルリン

ブンデスリーガはウィンターブレイク前最後のゲームが行われ、リーグ前半の目玉となったライプチヒはバイエルンと対戦して敗戦。結局、勝ち点差3の2位で折り返すことになった。そのゲームはまた来週、放送があるようだが、その前の第15節、3位ヘルタ・ベルリ…

クラブワールドカップ決勝 レアル・マドリード対鹿島アントラーズ

あわやアントラーズがクラブ世界一か? 一大会での結果とは言え、すごい事態になりそうになった。もし後半、セルヒオ・ラモスへ2枚目のイエローカードが提示され、退場処分となっていたら結果はわからなかった。レアル・マドリードもリードされてからは本気…

皇后杯準々決勝 新潟アルビレックスレディース対AC長野パルセイロレディース

久しぶりに女子サッカーを観る。NHKで中継したのはアルビレックスレディース対パルセイロとベガルタレディース対ノジマステラの2ゲーム。ベレーザとレオネッサのゲームは準決勝で観ることにして、まずはアルビレックスのゲームを観ることにした。でもレッズ…

クラブワールドカップ準決勝 レアル・マドリード対クラブ・アメリカ

いよいよクリスティアーノ・ロナウドが登場した。その割に日産スタジアムは空席が目立つ。それでも5万人は越えていたようだから、仕方ないのかもしれないが。レアル・マドリードの布陣は4-3-3。バランとナチョのCBに右SBカルバハル、左SBマルセロ。セルヒオ…

クラブワールドカップ準決勝 アトレティコ・ナシオナル対アントラーズ

アントラーズが日本のチームとして初めてクラブワールドカップの決勝に進出することになった。開催国枠としての出場だし、他のチームは長期の移動の末の時差ぼけ等もあるだろうから、そのままアントラーズの実力というわけにはいかないが、これまでの2ゲーム…

ブンデスリーガ第14節 ケルン対ドルトムント

日本でクラブワールドカップが開催されている間にもヨーロッパの各リーグは平常どおり開催されている。彼らからすれば、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードだけのことだから、当然リーグは継続して開催する。それでも先週末はレスターの岡崎もミラ…

クラブワールドカップ準々決勝 マメロディ・サンダウンズ対アントラーズ

オークランドシティ戦では勝負にこだわったゲーム運びで勝ち上がったアントラーズ。このゲームでも前半は金崎を温存して、FW赤崎が先発。柴崎をボランチで起用し、左SHに中村を起用したのもやはり守備を重視した結果か。植田をCBで先発させたのもアフリカの…

クラブワールドカップ開幕戦 オークランドシティ対アントラーズ

J1チャンピオンになったアントラーズが中4日でクラブワールドカップ開幕戦に出場した。足に不安が残る金崎をベンチに置き、代わってファブリシオがFWで先発。永木と小笠原のダブルボランチに柴崎が左SHで先発した。対するオセアニア代表のオークランドシティ…

プレミアリーグ第14節 サンダーランド対レスター

このところ先発出場を続けてきた岡崎が先発から外れ、代わりにスリマニが先発。その理由を、ミッドウィークのCLに備えてとか、最下位のサンダーランドだからメンバーを落としたとか、いろいろと言われていたが、やはり岡崎がいる・いないでレスターのサッカ…

J1昇格プレーオフ セレッソ対ファジアーノ

J2のチームのゲームを観ることは、天皇杯で勝ち上がったりした場合を除いてはほとんどない。特にファジアーノは、岩政や矢島、豊川は知っているが、他は全く知らない選手ばかり。あ、赤嶺は知っていた。今はファジアーノにいたんだ。ベンチには加地もいた。…

プレミアリーグ第14節 マンチェスター・シティ対チェルシー

首位チェルシー対3位マンチェスター・シティ。いやそれよりも、コンテ監督対グアルディオラ監督と言った方が適切か。今シーズン、プレミアリーグを楽しませている名監督同士の対戦だ。3バックにしてから完璧な7連勝。それでも前節トッテナム戦は7試合ぶりに…

J1チャンピオンシップ第2戦 レッズ対アントラーズ

昨日は夜、予定があり、生では観られなかった。ビデオをチラッと見た時にはレッズが先制。これはこのままレッズが優勝しただろう。それで続きを観る気がしなかった。疲れていたのでそのまま睡眠。今朝になって新聞を見て驚いた。アントラーズ優勝?! 何があ…

ブンデスリーガ第12節 ヘルタ・ベルリン対マインツ

昇格組のライプチヒが首位に立ち、バイエルンが2位に付ける。さらに3位から7位まで5チームが勝ち点差3の同じ勝ち点で並ぶという大混戦のブンデスリーガ。原口が先発に戻った6位ヘルタ・ベルリンが8位マインツを迎えるゲーム。カルーが復帰して左SHに入り、原…

J1チャンピオンシップ決勝第1戦 アントラーズ対レッズ

ホーム&アウェイで決するトーナメントの第1戦はどこもこんな感じだろうか。FA杯などは決勝戦もホーム&アウェイで戦われるが、第2戦があると思うと、初戦は先を見て、慎重な戦い方に終始してしまう。ましてやホームチームがどちらかと言えば守備的なチーム…

プレミアリーグ第13節 チェルシー対トッテナム

3バックに変更後6連勝。首位に立つチェルシーに、ここまで無敗ながら引き分けが多く5位のトッテナムのゲーム。チェルシーはここ数試合不動の先発メンバー。対するトッテナムはアリが復帰してトップ下に入るいつもの布陣ながら、ローズが出場停止で左SBにはビ…

セリエA第13節 ACミラン対インテル

本田と長友が対戦するミラノ・ダービー。のはずだが、二人ともベンチスタート。モンテッラ監督の下でここまで3位とこれまでになく好調なミラン。GKドンナルマが17歳、アンカーにすわるロカテッリが18歳と若い選手が躍動する。対するインテルはここまで9位。…

ブンデスリーガ第11節 ドルトムント対バイエルンミュンヘン

5位ドルトムントがバイエルンをホームに迎えるゲーム。勝ち点差は6。もうこれ以上離されるわけにはいかない。バイグルをアンカーに置く3-1-4-2の布陣にして序盤から厳しくプレスをかけていった。オバメヤンと並んでアドリアン・ラモスをFWに起用して、シュル…

J1リーグチャンピオンシップ準決勝 フロンターレ対アントラーズ

今季限りで退任する風間監督に何としてもタイトルを取らせてあげたいフロンターレ。一方、アントラーズは第2ステージでは11位に沈んだが、それでも年間勝ち点では3位。チャンピオンシップに出場する資格は十分にある。もっとも直近4試合は4連敗。12日の天皇…

J2リーグ最終節 松本山雅対横浜FC

グランパスが来シーズンから参戦するJ2リーグ。J2は最終節までJ1自動昇格チームの決定が持ち越された。できればエスパルスのゲームが見たかったが、残念ながら無料での放送はなく、BS1で放送した松本山雅対横浜FCのゲームを観戦した。山雅はシュミット・ダニ…

W杯アジア最終予選グループB 日本対サウジアラビア

日本がすばらしいゲームを展開したと思う。しかし結果は2-1。失点したことは不満に思うが、可能性は感じた。久保や大迫のさらなる成長を期待したい。先発はCF大迫、左SH原口。左SB長友の先発はあれと思ったが、それよりも驚いたのは右SH久保だ。オマール戦で…

プレミアリーグ第11節 アーセナル対トッテナム

今シーズン初めてアーセナルのゲームを観る。左SHにイウォービ、CHにジャカ。新加入の選手が先発している。サンチェスがワントップに入り、右WHにはウォルコット。対するトッテナムは久しぶりにケインが先発出場した。代わりにアリがケガで欠場。このため、…

天皇杯4回戦 フロンターレ対レッズ

天皇杯4回戦屈指の好カード、フロンターレ対レッズ。今シーズンのJリーグを争った2チームが4回戦で顔を合わせることとなった。レッズにとってはルヴァン杯に続いて3冠を目指す戦い。そして月末にはチャンピオンシップが待っている。リーグ戦では1勝1敗だった…