とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

サッカー

プレミアリーグ第29節 ウェストハム対レスター

シェークスピア監督に代わってリーグ戦は2連勝。ミッドウィークのCLセビリア戦も勝利してベスト8進出を決めて、中3日のゲーム。リーグの順位は1ゲーム少なく、降格圏から勝ち点差3の15位。対するウェストハムは11位だが2連敗中。今季アウェイでの初勝利を期…

J1リーグ第4節 FC東京対川崎フロンターレ

アントラーズ、アルディージャと開幕から連勝し、今季はやるかと思われたFC東京だが、前節のガンバ戦で0-3と完敗。今節の多摩川クラシコは負けるわけにいかない。一方のフロンターレはここまで2勝1分。黒星なし。FC東京はこれまでトップ下を務めた東に代わり…

J2リーグ第4節 名古屋グランパス対水戸ホーリーホック

前節はジェフに完敗したグランパス。FC岐阜戦も内容的にはイマイチ。風間監督のサッカーが浸透するには時間がかかるということかもしれないが、ホーリーホック相手には確実に勝利しておきたいところ。FWシモビッチが今季初先発。CBシャルレスも初出場で櫛引…

J2リーグ第3節 FC岐阜対松本山雅

前節グランパス戦ではグランパスを圧倒するパスサッカーを魅せたFC岐阜。第3節松本山雅との対戦では、ゲーム内容よりもユニフォームの色が酷似して後半からユニフォームを着替えたことが話題となった。どちらにも興味があったので、DAZNで観ることにした。ホ…

ブンデスリーガ第24節 ヘルタ・ベルリン対ドルトムント

久し振りに香川が先発し、フル出場した。ヘルタの原口も先発。やはり二人の活躍が最大の楽しみだ。ヘルタはダリダがトップ下に定着して、最近はほぼこのメンバー。対するドルトムントはミッドウィークにCLベンフィカ戦を戦って、かなりメンバーを替えてきた…

J1リーグ第3節 ガンバ大阪対FC東京

2連勝と快調なスタートを切ったFC東京。ガンバはACLと並行した戦いで今年もやや苦戦。それでも先週はACLのゲームがなかったので、前節から中5日のゲーム。前節から採用した3-5-2がいい感じ。長沢とアデミウソンの2トップも絶好調だ。中盤は遠藤をアンカーに…

J2リーグ第3節 ジェフユナイテッド千葉対名古屋グランパス

グランパスがJ2に落ちて、TV放送がめっきり減りそう。でもDAZNの月1750円は高いなあと思っていたら、「DAZN for docomo」なら月980円(税抜)で観られると知り、思わず加入してしまった。最初の1月は無料なので、価値がないと思えば解約すればいいと思いつつ…

アルガルベ杯順位決定戦 日本対オランダ

5位・6位を決める順位決定戦。日本はノルウェイに勝利しグループBを2勝1敗。一方、オランダも中国、スウェーデン、オーストラリアという難しいグループを2勝1敗で通過してきた。一昨年12月にオランダで行われた親善試合以来の対戦だが、日本のメンバーは大き…

J1リーグ第2節 横浜F.マリノス対北海道コンサドーレ札幌

昨季までベテランが多く、守備は強いが速さのない重い感じのサッカーをしていたマリノスだが、中村俊輔が移籍して開幕戦ではレッズ相手に勝利した。絶対戦力ダウン、J2降格必至と思っていたので、いったいどんなチームになったんだと興味を持って第2節のゲー…

プレミアリーグ第27節 リバプール対アーセナル

前節、レスター相手に不甲斐ない戦いで敗戦したリバプール。対するアーセナルもCLでバイエルンに1-5と大敗。第2戦が残っているとはいうもののショックは大きい。4位アーセナル、5位リバプール。来季のCLを考えても負けられないゲームだ。リバプールはヘンダ…

アルガルベ杯グループB第2戦 日本対アイスランド

アルガルベ杯、日本の第2戦はアイスランド。世界ランキング20位。先日のスペインが14位、次のノルウェイが11位だから、グループ内で最弱の相手。とは言え、アイスランドは初戦、ノルウェイと引き分けている。ちなみに、今年のアルガルベ杯にはアメリカもフラ…

J2リーグ第2節 名古屋グランパス対FC岐阜

グランパスがJ2に降格して、今年はTVでの放送も少ないだろうし、今の会社を退職すれば多少は暇もできるだろうから、スタジアムへ多く足を運びたいと思っているが、FC岐阜との名岐ダービーはNHK地元局で放送をしてくれた。新生グランパスのゲームを初観戦した…

アルガルベ杯グループB第1戦 日本対スペイン

今年もアルガルベ杯が始まった。高倉監督になって初めての国際大会。昨季はアメリカ、スウェーデンと海外遠征して2敗1分だったが、そろそろ勝利が欲しい。スペインだったら十分勝てると思っていたが、予想以上にスペインが強い。若手を多く起用した日本は、…

プレミアリーグ第26節 レスター対リバプール

ついにラニエリ監督が解任された。遅すぎる位だと思うが、サポーターたちの賛否は半々らしい。代わって指揮を執ったシェークスピア・コーチは移籍したカンテのポジションにヌディディを起用した以外、昨季結果を出したメンバーを先発で起用した。そして早々…

ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン対フランクフルト

5位フランクフルト、6位ヘルタ。その差は勝ち点差1。CL出場権の4位には勝ち点差2。お互い負けられない状況だが、フランクフルトは連敗中。ヘルタもここ5試合1勝3敗1分と調子を落としている。それでも前節のバイエルン戦は後半アディショナルタイムでの失点で…

J1リーグ第1節 清水エスパルス対ヴィッセル神戸

1年ぶりにJ2から昇格してきたエスパルスだが、昇格の最大功労者の一人である大前が移籍してしまった。チョンテセは残ったものの新たなメンバーはCHフレイルとGK六反くらい。野津田も加入したが、彼も含めて若い選手が多い。対するヴィッセルは昨季第2ステー…

J1リーグ第1節 鹿島アントラーズ対FC東京

いよいよJ1リーグが始まった。今季はグランパスがJ2に落ちて、個人的にはやや寂しいが、J1チームの戦力を見るとどこも楽しい。ジュビロの俊輔、セレッソの清武、そしてCF大久保、左SH永井、CH高萩、左SB太田、GK林と加わったFC東京が、開幕戦でCHレオ・シル…

ブンデスリーガ第21節 ケルン対シャルケ

このところシャルケのゲームを続けて観ている。たまたま日本人選手がいるチームとの対戦が続いたためだが、肝心の内田はまだベンチ入りもしない。じっくりと治して復帰してほしい。このゲームの期待はケルンの大迫の活躍だ。このところトップ下での起用が続…

ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン対バイエルン・ミュンヘン

2位ライプチヒが停滞する中、順調に勝ち点を積み上げているバイエルン。CLではアーセナル相手に大勝し、中2日でヘルタのホームへ乗り込んできた。メンバーはレバンドフスキやシャビ・アロンソ、マルティネスらをベンチに温存し、ミュラーのワントップ。キミ…

フジゼロックス・スーパーカップ 鹿島アントラーズ対浦和レッズ

昨季、J1リーグと天皇杯の2冠を達成したアントラーズ。対するレッズはJリーグ2位が出場資格だが、昨季のJリーグの年間勝ち点1位はレッズ。実質、天皇杯王者対Jリーグ王者の対戦と言える。柴崎が抜けたアントラーズは代わってレオ・シルバ、ペドロ・ジュニオ…

プレミアリーグ第25節 リバプール対トッテナム

チェルシーから勝ち点差9と離されつつも2位を行くトッテナム。優勝のためにはぎりぎりの状況。対するリバプールは年明け後、5戦未勝利。トッテナムとの勝ち点差4の5位に留まっているものの、こちらもホーム・アンフィールドでこれ以上の敗戦は許されない。ト…

ブンデスリーガ第20節 シャルケ対ヘルタ・ベルリン

結局、内田はまだベンチ入りはできなかった。一方の原口は先発出場。すっかりスタメンに定着した感じだ。シャルケは前節バイエルン相手に1-1のドロー。勝ち星は上がらないが、チームとしてはだいぶ上向いてきた印象。対するヘルタは前節、インゴルシュタット…

ブンデスリーガ第20節 マインツ対アウクスブルグ

10位アウクスブルグを勝ち点差2で追うマインツ。でも宇佐美も武藤もベンチ・スタート。それでも録画の終わりを見たら武藤と宇佐美がピッチで会話を交わしていた。途中ながら出場したんだ。特に宇佐美のプレーを見たかった。マインツはコルドバをワントップに…

セリエA第23節 ユベントス対インテル

前節行われたイタリア・ダービー。ミッドウィークに行われたミランのゲームとどちらを観ようかと迷ったけど、長友も本田も出場しなかったのであれば、やはりイタリア・ダービーを選択。今季、ユベントスのゲームは初観戦だ。ユベントスは4-2-3-1の布陣。イグ…

ブンデスリーガ第19節 ドルトムント対ライプチヒ

年末のゲームで首位バイエルンに破れたライプチヒだが、年が明けてからはまた2連勝と勢いが止まらないライプチヒに対して、ドルトムントはなかなか調子が上がらない。前節はマインツに終了間際に追い付かれてドロー。4位に付けるものの2位ライプチヒとの勝ち…

ブンデスリーガ第19節 バイエルン・ミュンヘン対シャルケ

内田はまだ復帰してこない。シャルケは冬の移籍で加入したブルクシュタラーをワントップに、カリジュリがトップ下。バイエルンから移籍してきたバトシュトゥバーが左CBを務める3-6-1の布陣。左IHベンタレブがやや下がり目でアンカーのスランブリと並ぶことも…

プレミアリーグ第24節 トッテナム対ミドルズブラ

前節、最下位サンダーランドにスコアレスドローで首位チェルシーとの勝ち点差を縮めることができなかったトッテナム。今節は15位のミドルズブラ相手に、今度こそ勝利がほしいところ。だが守備の堅い相手になかなかゴールが挙げられなかった。 序盤、ミドルズ…

プレミアリーグ第24節 チェルシー対アーセナル

前節リバプールと引き分けたチェルシーは中3日の今節、ホーム・スタンフォードブリッジで3位アーセナルを迎えた。アーセナルは前節ワトフォードに苦杯を喫して勝ち点差を広げられ、3位に後退。優勝のためには絶対に負けられないゲーム。だが前節ジャカが退場…

プレミアリーグ第23節 リバプール対チェルシー

ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第23節。4位リバプールが首位チェルシーをホーム・アンフィールドに迎える負けられないゲーム。アフリカ選手権から帰ってきたばかりのマネはベンチに置いたものの、両チームほぼベストメンバーの布陣。キックオフ直後…

セリエA第22節 インテル・ミラノ対ペスカーラ

久し振りに長友が出場したというのでゲームを観戦した。相手は最下位に沈むペスカーラ。先月末に入籍した長友の結婚祝いでピオーリ監督が配慮したのではないかとも思わないではないが、長友自身はいきいきとプレーをしていた。ポジションはいつもの左SB。CH…

ブンデスリーガ第18節 シャルケ対フランクフルト

復帰なった内田対長谷部の対決かと期待したが、内田は、今度は内転筋を痛めて欠場。長谷部は故障者続出のフランクフルトにあって、CBで出場した。布陣は3-4-1-2。対するシャルケはブルクシュタラーとシュポモティングを2トップに据える3-5-2。シャルケもケガ…

ブンデスリーガ第17節 マインツ対ケルン

武藤が久しぶりに復帰した。しかも先発出場。すっかりケルンでレギュラーを確保している大迫に対して、武藤がどんなプレーを見せるのか。とにかくケガなくプレーしてくれればいい。そんな思いで観始めた。 ケルンはモデストをワントップに大迫はクレメンスと…

プレミアリーグ第22節 サウサンプトン対レスター

サウサンプトンの吉田麻耶とレスターの岡崎、ともに先発出場して両者の対決が見られた。特に吉田はこれまでサウサンプトンのTV中継がなかったので、今季初めてサウサンプトンでのプレーを見る。リーグ序盤は出場できないことが多かったが、このところは7試合…

プレミアリーグ第21節 レスター対チェルシー

マレズ、スリマニ、アマーティと主力3人がアフリカ選手権でチームを離脱したレスターが首位を独走するチェルシー相手に勝利できるとはもともと考えてもいなかった。それにしても酷い内容と結果。ラニエリ監督が2016年のFIFA最優秀監督に選ばれたが、その価値…

高校サッカー決勝 青森山田対前橋育英

東海大仰星をゲーム内容では圧倒して決勝に勝ち上がった青森山田。対する前橋育英は一昨年に続いての決勝戦。今度こその初優勝を狙う。青森山田のキックオフでスタートしたが、GKを残して全員がハーフライン上に並び、GKへバックパス。ところがGK廣末の蹴っ…

高校女子サッカー決勝 大商学園対十文字

昨年、決勝を戦った藤枝順心と神村学園を破って初めて決勝まで進出した大商学園。対する十文字も何と初めての決勝進出だそう。こちらはちょっと意外だったが、どちらが勝利しても初優勝となるゲーム。だがチームの特徴はかなり違う。大商学園はベレーザ加入…

高校サッカー準決勝 東海大仰星対青森山田

昨年の優勝校・東福岡を破った東海大仰星が今度は今大会最大の優勝候補、青森山田に挑戦するゲーム。東福岡に対して堅い守備でノーゴールに抑えた東海大仰星が青森山田の攻撃をいかに抑えるか。青森山田のサッカーも楽しみに観戦を始めた。 しかし両チーム、…

高校サッカー準々決勝 東福岡対東海大仰星

今日は午後から準決勝。その前に準々決勝で観た東福岡対東海大仰星について書いておこう。ちなみに高校ラグビーの決勝も同じ両校の対戦となった。両校ともスポーツが盛んな高校なんだ。勉強はどうなっているんだろう。それはさておき、東福岡は昨年も優勝し…

プレミアリーグ第19節 リバプール対マンチェスター・シティ

年末年始のプレミアリーグは過密日程。既に第20節が終わり、チェルシーがテッテナムに敗れる一戦もあったが、中継もないので、まずは第19節の上位対決、リバプール対マンチェスター・シティのゲームを観戦した。リバプールはヘンダーソンをアンカーに、ワイ…

天皇杯決勝 鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ

悲願の初タイトル、天皇杯優勝を目指したフロンターレだったが、またも夢はかなえられなかった。風間監督へ、大久保へ、タイトルを贈っての送り出しはかなわなかった。何が足りないのだろう。アントラーズとの違いは何だろう。伝統の力とマスコミは言うけれ…

天皇杯準決勝 大宮アルディージャ対川崎フロンターレ

風間監督のためにも初タイトル天皇杯を獲りたいフロンターレ。だがアルディージャだってまだ天皇杯の決勝へ進出したことはない。ちなみにフロンターレも。お互い初の天皇杯決勝進出を狙うゲームとなった。準々決勝と同じメンバーが先発したフロンターレ。一…

ブンデスリーガ第16節 バイエルン・ミュンヘン対ライプチヒ

初昇格ながら今季ブンデスリーガに旋風を巻き起こしているライプチヒ。リーグ4連覇を達成し、今季も首位を行く王者バイエルン。お互い11勝3分1敗と同じ勝ち点で並ぶ首位決戦だ。前節のヘルタ戦でも相手にまったくサッカーをさせずに勝利した勢いのあるライプ…

皇后杯決勝 アルビレックス新潟レディース対INAC神戸レオネッサ

昨年に続いて4度目の挑戦。今度こそ皇后杯を手にしたいアルビレックスの前に昨年女王のレオネッサが立ちはだかる。昨年は引退を決めていた澤の劇的な決勝ゴールでレオネッサが優勝を決めた。アルビレックスは今季引退を決めたCH山田選手が先発。ベンチのGK小…

天皇杯準々決勝 FC東京対川崎フロンターレ

今年も正月に決勝が争われる天皇杯は昨日が準々決勝。風間監督最後の年に最後のタイトルを狙うフロンターレはFC東京との対戦。ちなみにFC東京の平山とフロンターレの大久保が来季、それぞれ相手チームに移籍する予定。終わってみればお互い来季お世話になる…

皇后杯準決勝 日テレ・ベレーザ対新潟アルビレックスレディース

今季公式戦でわずか2敗しかしていないベレーザは、リーグ、リーグ杯に続いての3冠を狙う。対するアルビレックスは2年連続の決勝進出、そして今季で引退する山田のためにも初優勝を狙いたい。アルビレックスは準々決勝と同じ先発。ベレーザは中里を右SHに出し…

ブンデスリーガ第15節 ライプチヒ対ヘルタ・ベルリン

ブンデスリーガはウィンターブレイク前最後のゲームが行われ、リーグ前半の目玉となったライプチヒはバイエルンと対戦して敗戦。結局、勝ち点差3の2位で折り返すことになった。そのゲームはまた来週、放送があるようだが、その前の第15節、3位ヘルタ・ベルリ…

クラブワールドカップ決勝 レアル・マドリード対鹿島アントラーズ

あわやアントラーズがクラブ世界一か? 一大会での結果とは言え、すごい事態になりそうになった。もし後半、セルヒオ・ラモスへ2枚目のイエローカードが提示され、退場処分となっていたら結果はわからなかった。レアル・マドリードもリードされてからは本気…

皇后杯準々決勝 新潟アルビレックスレディース対AC長野パルセイロレディース

久しぶりに女子サッカーを観る。NHKで中継したのはアルビレックスレディース対パルセイロとベガルタレディース対ノジマステラの2ゲーム。ベレーザとレオネッサのゲームは準決勝で観ることにして、まずはアルビレックスのゲームを観ることにした。でもレッズ…

クラブワールドカップ準決勝 レアル・マドリード対クラブ・アメリカ

いよいよクリスティアーノ・ロナウドが登場した。その割に日産スタジアムは空席が目立つ。それでも5万人は越えていたようだから、仕方ないのかもしれないが。レアル・マドリードの布陣は4-3-3。バランとナチョのCBに右SBカルバハル、左SBマルセロ。セルヒオ…

クラブワールドカップ準決勝 アトレティコ・ナシオナル対アントラーズ

アントラーズが日本のチームとして初めてクラブワールドカップの決勝に進出することになった。開催国枠としての出場だし、他のチームは長期の移動の末の時差ぼけ等もあるだろうから、そのままアントラーズの実力というわけにはいかないが、これまでの2ゲーム…