読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

食品偽装事件は日本特有の問題?

大阪のホテルでレストランのメニューと違う食材が使われていたと問題になっている。昨日には阪急阪神ホテルの社長が辞任会見を行ったようだが、リッツカールトン大阪の方は開き直ったままになっている。 たぶん想像するに、訴訟対応に過敏なリッツカールトン…

被害妄想の国・ニッポン

今年から柔道の国際ルールが変わったそうで、「また日本に不利になった」と先週のサンデーモーニングで騒いでいた。これまでもスキージャンプのスキーの長さやスキー複合のポイント計算が変更され、途端に日本勢が金メダルを取れなくなったなんていう報道も…

クールビズよりシーズンビズ

今月初めからクールビズが始まっている。とは言っても5月1日は3月並みの寒さでマスメディアでもコートや上着を着込んだクールビズを報道していた。確か福島第一原発事故以前の2010年まではクールビズは6月からだったはず。それが原発事故に伴う電力不足対策…

厚生政策は出生と死亡に最も金と力を注ぐべきである。

先日「あなたならどうする孤立死」という本を読んだ。この中で最も心に残ったのは、「人間は自分の死後、自分で歩いて棺桶の中に入ることはできない。誰かの手を煩わせてしまうのである」(p41)という文章。「いかに死ぬか」という死生観を国民一人ひとりが持…

地方公務員の退職金問題は政府による国民分断作戦か?

埼玉県を始めいくつかの県で、1月末又は2月末までに退職しなければ退職金が150万円程度減額するということで多くの職員が早期退職を希望し、問題になっている。マスコミは表面の出来事だけを伝え、特に教職員については、卒業式や成績評価などを放棄して退職…

先食いの景気対策よりも消費増税後の景気落ち込みの予感に気が滅入る。

先週土曜日の中日新聞にエッセイスト内藤洋子の「安倍総理の国防軍の言動を聞いて、今年の正月は例年の1/10ほどのめでたさ」という趣旨のコラムが掲載されていたが、私も新年が明けて以降、全く同じ気持ちでいる。私の場合は特に経済政策に対して気が滅入っ…

日本、京都議定書達成見込みという事実。

日頃愛読している「霞が関公務員の日常」というブログに「2011年の温室効果ガス排出量発表。京都議定書達成はとりあえず確実」という記事が出ていたのは先月9日のこと。その時はえっ!と思ったけど、この時の記事は環境省から公表された速報値をベースに国の…

国が所有することと個人所有とは根本的に違う。

尖閣諸島は石原都知事の都購入宣言から始まって、最終的に国が購入したことが中国の逆鱗に触れ、現在の状況に至っているわけだが、日本人としては、それ以前は国が借地していたものを買い上げただけなのにどうしてそこまで怒るのかとよくわからないでいた。 …

放射能の影響は知らないうちにやってくる?

facebookで再会した高校時代の同級生たちと久し振りに集まった。別れるときにその一人から「DAYS JAPAN」という雑誌を渡された。facebookでフクシマ原発事故の放射線問題について積極的に発言をしていた彼女からのプレゼント。せっかくなのでじっくりと読ま…

放射線量の公表とがれき処分

中日新聞朝刊2面に毎日東海地域の放射線量が掲載されている。東海各県の放射線量が表になっており、その脇の記事には前日との比較増減などが記載されている。表の中にはないが、その脇の記事中に数ヶ月前までは福島県の放射線量が記載されていた。それがいつ…

春とともに放射能前線が日本列島に拡散する

今年の春は遅い。4月になったというのに、季節外れの冬の嵐が日本列島を襲い、去った後に来るかと思った春の暖かさも一向に来る気配がない。それでも桜は待ちきれず一輪、一輪と花をつけ、寒風にふるえている。 桜とともに、山菜などの春を感じさせるニュー…

宝くじの最高当選額を引き上げる愚

総務省が宝くじの最高当選額を引き上げる方針を決定したというニュースがあった。ネット販売解禁も検討しているそうで、その背景には宝くじの売上げが2005年度をピークに2割近く減少していることがある。 一昨年の「Chikirinの日記:人生の一発逆転という悲…

「食べログ」のやらせが批判されて、TVのグルメ番組や旅行ガイドブックが批判されないのはナゼ?

「食べログ」のやらせ代行業者の存在が批判されている。私も「食べログ」を利用したことはあるが、評価をどこまで信用するかは自己責任の範疇ではないのか。 かつて市内でそば屋を探したときには、「食べログ」を参考にして上位4店ほどを順に食べて巡った。…

政治の責任 科学の責任

大塚耕平議員は地元愛知県選出の参議院議員で、もう数年も前にたまたまあるイベントに突然来場され名刺交換をしたことがある。こちらはただの下っ端担当者だったが、議員というのは機があれば誰にでも握手を求め名刺交換をするんだなあと思った。それ以来、…

自民党は福祉施策がお好き

ある会合で自民党所属の議員OBの方と隣席になった。70歳も半ば過ぎの方で、だいぶ前に議員を引退し、悠々自適の生活をしている。この日は昼間、ホームヘルパー研修を受講してきたと言う。70を過ぎても介護を受けるのではなく、介護をする立場だから元気だ。 …

新公益法人法は、合法的な公金マネーロンダリングだ。

新公益法人法は2008年12月に施行され、これまでの公益法人は2013年11月までに一般社団・財団法人か、公益社団・財団法人のいずれかに移行するか、または解散しなければならなくなった。 私が関わっている公益法人もいくつかあるが、そのうちの一つ、愛知建築…

スーパークールビズとか言う前に

この夏の節電に向けて各社さまざまな試みを始めている。自動車工業会の木・金曜日休業というのはいいアイデアだ。他の産業界でも同様に、休業する曜日を変えて分散化すればいいのに、どうして後に続く業界が出てこないのだろうか。 東京都庁で一部サマータイ…

半年を目処に復興計画を公表せよ

東日本大震災やフクシマ原発事故の被災者がどうして被災地から離れられないのか。漁業や水産加工業などの主力産業が基盤から破壊され、これから元のとおりに復興するのは非常に困難だし、津波災害を受けた低地にもう一度住もうというのも理解し難い。 復興さ…

「風評被害」ではなく「風評非難」ではないのか

福島県産や茨城県産の野菜、水産物などが「風評被害」によって売り上げが大きく落ち、売れても市場価格が大きく落ちている。ペットボトルの買い占めが起こり、諸外国からは工業製品等についても放射能測定結果の証明が求められるという。 大変な事態ではある…

災害とリスク設計

経済学者の池田信夫氏はIT時代において最も積極的にネットで発言をしている人の一人である。自身「池田信夫ブログ」を開設するとともに、言論プラットホーム「アゴラ」を運営、さらに各種のブログを紹介する「BLOGOS」においても主導的な役割を果たしている…

対口支援

兵庫県庁に勤める友人からFACEBOOKを通じてメッセージが届いた。兵庫県庁の震災支援の動きに関する情報を送ってもらった。 兵庫県では地震から8日経った19日に、兵庫県知事が自ら仙台に入り、宮城県知事と直接会談。集団避難を受け入れる旨を伝えた。友人に…

最悪のシナリオに備える動きが見えない

朝日ニュースター「ニュースの深層」で3/17に放送されたノンフィクション作家・広瀬隆氏のインタビュー番組を今朝ようやく視聴した。 広瀬氏はかねてからの有名な原発反対論者ではあるが、ここで話されたことには、これまで枝野官房長官やNHKなどのマスメデ…

名古屋市議選の立候補者たち 議会文化崩壊の兆し?

先月6日の愛知県知事選、名古屋市長の出直し選挙と同時に行われた名古屋市議会の解散を問う住民投票により解散された名古屋市議会の出直し選挙が、いよいよ今週末の13日に行われる。 定員75名のところ138人が立候補する激戦となり、各紙も連日、その行方を占…

いろいろあった2月でした。

愛知・名古屋での大村・河村連合の勝利、大相撲の八百長問題、チュニジアに始まる中東の政変、混迷する国会と管内閣、ニュージーランド地震、入試カンニング事件の発覚・・・。 この1ヶ月いろいろな事件があったが、季節は着実に過ぎて、今日から3月が始まっ…

祝・ダテ直人内閣改造 子供手当にランドセルを支給

今日の夕刊に、新改造内閣の大臣人事が掲載されていた。 なんと総理大臣に、ダテ直人氏が就任。立ち上がれタイガーマスクとヨソノ馨氏が下から支える。 ダテ直人首相はさっそく子供手当として、小学校入学児童全員にランドセルを支給するという新政策を発表…

マニフェスト以外の仕事が多かった

名古屋市のリコール騒動に続いて、今、愛知県の知事選が熱い。現在の神田知事が四選出馬を辞退。新知事に5人の候補が手を挙げて、熱い活動を繰り広げている。現職・神田知事は前回の選挙で、民主党から立った石田候補に対して、自民党の支持の元に厳しい選挙…

地方自治法施行60周年記念500円貨幣の発行にまつわる疑問

愛知県が来年1月19日から地方自治法施行60周年記念500円貨幣の交換を始めるそうである。地方自治法って法律だから、60周年は全国一律に訪れるはず。どうして愛知県なのかと思ったら、同時に青森県、佐賀県も交換するそうだ。でもどうしてこの3県? 「造幣局…

定年は早い方がいいか? 年金はいくら欲しいか?

先日、わが社の定年が数年後から少しずつ延長することになりそうだという話を聞いた。同僚の多くは「早く定年を迎えたい」と定年延長を嫌がるようなことを口にするが、そんなわけにもいくまい。 日本のサラリーマンの多くが、「早く退職して悠々自適の生活を…

ITに合わせた社会への変革

北川正恭氏の講演を聴いてきた。三重県知事を経て、「マニフェスト」を世に広め、現在は早稲田大学大学院の教授を務めつつ、21世紀臨調(新しい日本をつくる国民会議)代表を務め、地域主権戦略会議にも委員として参加している。 演題は「地域主権改革と今後…

「生物多様性」って、いったい?

今週初めから名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議、通称COP10が開催されている。会議が開催されている名古屋国際会議場だけでなく、名古屋市内や愛・地球博記念公園「もりころパーク」など県内のさまざまな地区で、関連イベントや会議などが開催されて…

アートとエンターテイメントの違い あいちトリエンナーレの意義

愛知県で8月下旬から「あいちトリエンナーレ2010」というイベントが開催されている。「都市の祝祭」をテーマに、愛知芸術文化センターや名古屋市美術館、それに長者町や納屋橋の空き店舗、倉庫などを利用して、現代美術作品の展示やパフォーマンス等が行われ…

高齢者不明問題をどう捉えるか

東京都足立区で111歳の高齢者が、実は既に数10年以上前に自宅で死亡していたことが発覚して以来、日本全国で所在不明の高齢者が続出して大きな問題になっている。 昨夜の日本テレビ系の「NEWS ZERO」で、ゲストの星野仙一が「行政の怠慢だ!」と叫んでいた。…

高速道路無料化の評価軸

道路公団民営化委員会で活躍し、今は東京都副知事を務める猪瀬直樹氏が「東京の副知事になってみたら」で民主党の高速道路無料化政策を非難している。 しかし猪瀬氏の反論は、高速道路全線無料化に対するものであり、5月に発表された全日上限2000円と各種割…

建物が残る時代と壊される時代

「作っては壊す日本のビル:池田香代子ブログ」で池田香代子さんが赤坂プリンスホテルや名古屋ターミナルビルが解体されようとしていることを嘆いている。「耐震性やバリアフリーの点で、補強するより建て替えたほうが安上がりということで、りっぱなビルが…

仮設建築物の許可の話

大相撲名古屋場所は野球賭博問題でNHK生中継が中止されるなど、大騒動の末、終了した。47連勝した白鵬の優勝杯のない涙の表彰式がニュースで流され、一部ではこれでそろそろ禊ぎという雰囲気もないではないが、その後も貴乃花親方や松ヶ根親方の暴力団関係者…

転職できる年齢

仕事上、地方新聞社の事業部社員とつきあいがあった。先日久しぶりに彼が訪ねてきた。名刺を差し出すので見ると、見慣れない会社名が書かれている。「出向でもしたか」と尋ねると、「転職した」と言う。おおっ!びっくりした。 新聞社の事業部というと、イベ…

高齢者を大事にしすぎ

藻谷浩介氏の「デフレの正体」を読んでから、高齢者福祉施策について考えている。 藻谷氏は、住宅政策と同様に、「低所得者には一定程度の医療福祉制度を整備し、それ以上の医療や福祉を望むものには自己負担で高額医療や福祉を提供するような仕組みを考えた…

行政は誤るものと心得よ

しばらく前の話だが、「愛知県が管理する県道のアスファルト舗装が剥がれており、そこからこぼれた砂利に乗って転倒し死亡したライダーの遺族が、道路管理者である愛知県を相手取って訴訟を起こした裁判の2審の判決が出され、愛知県が1審と同様に敗訴した」…

公務員の数

ギリシャの経済危機とデモ報道で公務員数が日本に較べて非常に多いことが報じられ、「だから経済危機なんかになるんだ」といった論調がマスコミ等でみられた。これを日本に翻ると「日本の公務員数は少ない」となるべきだが、なぜか「ギリシャの二の舞になら…

市民の自立を阻害するマスコミのふるまい

普天間問題が、福島党首の罷免、社民党の連立離脱といった華々しい出来事とともに、訳がわからないうちに(一応)決着した。次はワールドカップと思いきや、岡田ジャパンがイングランド戦で意外な奮闘を見せると、政局は一気に鳩山退陣に向けて動き出し、今…

北朝鮮のすごい技術力!

韓国の哨戒艦「天安」が沈没した事件で、昨日、韓国軍等からなる調査団が「北朝鮮の魚雷攻撃だった」という発表をした。しかも北朝鮮が放った魚雷は直接、哨戒艦に命中したのではなく、艦船の直下で水中爆発を起こし、その衝撃で直上の艦船が真っ二つに折れ…

もうすぐ選挙です

地元市の市長選が今週末にある。3選をめざす現役市長に共産党系の対立候補が立候補する一対一の選挙で、結果は目に見えている気がするが、なおのこと棄権者が多いことが予想され、現市長への信任投票と考えると意外にシビアな結果になるかもしれない。 それ…

究極の「混乱LOVER」ハトヤマ

「混乱LOVER」と言えば、「Chikirinの日記」のChikirinが常に自称している言葉だ。でも最近の鳩山首相の言動を見ていると、究極の「混乱LOVER」は鳩山首相じゃないかと思えてくる。 普天間基地の移設合意の期限がいよいよ迫ってきた。県民・島民による大抗議…

鉄道会社や道路管理者による安全管理の相違

先日TVの過剰な警報表示について書いたが、その後で友人が話していた「鉄道会社や道路管理者による安全管理の相違」の話が面白かったので、ここでも披露。彼曰く・・・ 「津波警報の発令で各地で鉄道や道路の通行止めが行われた。愛知県内ではJR東海道線が一…

気象庁の謝罪に思う−本当に謝罪すべきは放送局ではないか

先日の津波警報について、気象庁が過大な警報だったと謝罪をしたそうだ。私としては、警報は過大なくらいがちょうどよいと思っている。 今回、気象庁がこうした謝罪を行ったのは、警報予想が的中しなかったことに対して、技術的な反省があったからだろうか。…

テレビの過剰な警報表示は何とかならないか

昨日は1日テレビ画面の一画に津波警報の表示が点滅してうるさいことこの上なかった。最近は遠方の小さな地震でも速報のテロップが流れ、うっとうしいと思うことがよくある。この種の表示や放送については、放送局全体がバッシング忌避による思考停止状態にな…

「腐ったミカン 名を捨て実を取る国家官僚の陰湿」は言い過ぎだったかもしれないと反省

「腐ったミカン」と言えば、サッカーファンの間では、10年以上前、日本代表監督を打診され翻弄されたネルシーニョが吐いた言葉として有名だ。「日本サッカー協会幹部は腐ったミカンである」と。 小沢問題で繰り広げられている検察の強引な取り調べなども国家…

貧困ビジネス・バッシングはパンドラの箱

無料定額宿泊所事業を展開していたNPO法人の代表者らが所得税違反で告発されたことから、貧困ビジネスに対する世間の批判が厳しくなってきた。先週末の中日新聞では、無料定額宿泊所について、生活保護費の住宅扶助と同額の家賃に生活支援費を徴収した結果、…

日本崩壊の始まり、かも

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が26日、日本国債の格付け見通しを「安定的」から「引き下げ方向(ネガティブ)」に変更したと発表。これってけっこう大きな話だと思うんだけど、市場や政界は比較的落ちついた反応で終始している。 …

政治をやりたくない政治家と、やらせたくない人々によるエセ政治ごっこ

小沢問題で国会とマスコミが騒いでいる。小沢幹事長の検察による事情聴取後の記者会見に対して、「あれで納得する国民は少ないでしょう」とニュース・キャスターが述べていたが、「小沢幹事長は国民が納得のいく説明をすべき」という課題を勝手に提示し、「…