とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

AFC女子アジア杯決勝 オーストラリア対日本

アジア杯決勝の相手は前回大会に続いてオーストラリア。日本は中国戦から5人代えて、グループリーグのオーストラリア戦と同じメンバーが先発した。一方のオーストラリアも日本戦からは一人代えただけ。ケロンド・ナイトをアンカーに入れて、バン・エグモンド…

地域における「サービス業の労働生産性」とは?

先日、商工会議所の会合に出ていたら、飲食業を営む副会頭が「『(製造業を営む)会頭に、サービス業の労働生産性はどうしたら上げることができるんですかね』と言われてしまった」とボヤいていた。いや実際は、ボヤくというよりも、そんなテーマを発して、…

AFC女子アジア杯準決勝 中国対日本

先に行われたオーストラリア対タイの結果を見て驚いた。2-2でPK戦の末、オーストラリアが決勝進出を決めている。グループAに何が起こっていたのか。中国は最強? いやきっとオーストラリアがメンバーを落として戦った結果に違いない。日本も過密日程を考慮し…

プレミアリーグ第34節 トッテナム対マンチェスター・シティ

前節のマンチェスター・ダービーは2点先取してからの逆転負け。そしてその前後に戦ったCL準々決勝でもリバプールに3失点、2失点で完敗の3連敗。まさかここからズルズル行くことはないだろうが、そろそろ連敗を止めたいところ。だが相手のトッテナムはこのと…

J1リーグ第8節 ジュビロ磐田対サガン鳥栖

グランパスのゲームがあまりにつまらなかったので、他のチームはどんなゲームをしているのかと、面白そうな対戦を探した。グランパスがホームで勝利したジュビロ。2点差をひっくり返されたサガン。どちらも2勝2分4敗で低迷している。サガンは逆転ゴールを挙…

月の満ち欠け

昨年の夏、本書の書評を読んだ時には、もっと幻想的な、生と死の間を揺れ動く、どちらかと言えば難しい小説だと思っていた。昨夏に予約をして、ようやく順番が回ってきた。読み始めると、思っていたよりもずっと現実的な話。何不自由ない会社員の家庭で、娘…

J1リーグ第8節 鹿島アントラーズ対名古屋グランパス

4連敗、しかも3試合連続3失点。あっという間に16位まで落ちてしまったグランパス。一方のアントラーズも3試合勝利のない2連敗中で13位。どちらも連敗から脱したいゲームだが、グランパスには今節もシャビエルがいない。代わりに和泉が右SHを務め、中盤は長谷…

AFC女子アジア杯 オーストラリア対日本

グループリーグ2戦を終えて1勝1分。第3戦で韓国がベトナム相手に3~4点以上の差を付けて勝利することはほぼ確実。オーストラリア相手に勝利、または1点以上を取っての引分が求められる日本。先発FWに菅澤を起用し、高いオーストラリアDFへの対応を考えた。ボ…

J1リーグ第7節 名古屋グランパス対ベガルタ仙台

3連敗で15位まで落ちてしまったグランパス。さすがに4連敗は避けたいところ。だが土曜日から中3日。疲労を考慮したのか、ワントップで先発は深堀。ジョーをベンチに温存する。また畑尾が初先発して、菅原を中央に置く3バック。シャドーは左FW青木、右SH和泉…

AFC女子アジア杯 韓国対日本

ベトナムに勝利し、W杯出場に一歩近づいた、と先のブログに書いたが、韓国がオーストラリアと引き分けたため、韓国に勝利しないと、グループリーグ3位となる可能性が高い。絶対勝利が欲しい日本はベトナム戦から5人選手を入れ替えた。FWは岩淵と田中南美、SH…

プレミアリーグ第33節 マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッド

勝てば残り6試合を残して優勝が決まるマンC。立ちはだかる2位マンU。マンチェスター・ダービーは両者にとって重要なゲームとなった。マンUはリーグ4連勝中。一方のマンCもリーグは4連勝中だが、3日前のCLでリバプールに0-3で敗戦。このゲームの後、中2日でリ…

ハリルホジッチ監督解任って、協会は脳梗塞でも起こしたのか!?

日曜日深夜の「やべっちFC」で、「渋谷界隈の若者はW杯のことを知らない。代表監督が誰かもわからない」なんてやっていたけど、一夜明けて、録画を見た私も「代表監督は誰か」わからない状態になっていた。ハリルホジッチ監督解任って、どういうこと?? 確…

J1リーグ第6節 柏レイソル対サンフレッチェ広島

4勝1分、前節はフロンターレに勝利して首位を奪還。絶好調のサンフレッチェ。特に第5節を終えてわずか1失点というのがすごい。今節は5位レイソルと対戦した。先発はFWパトリックと工藤。右SHには柴崎が入り、川辺はベンチスタート。対するレイソルはクリステ…

AFC女子アジア杯 日本対ベトナム

W予選を兼ねるアジア予選が始まった。日本の初戦はベトナム。8チーム中5位でもW杯に出場できるということは3位通過でも、グループAの3位チームに勝利すればW杯出場権を得るということで、まずはベトナムに勝利すれば、W杯出場の確率はグンと高まる。というか…

J1リーグ第6節 北海道コンサドーレ札幌対名古屋グランパス

一緒にJ1に昇格したベルマーレには違いを見せつけることができずスコアレスドロー。風間サッカーを引き継ぐチーム同士のフロンターレ戦は大久保の劇的ゴールで力負け。そして前節サガン戦は後半29分以降に3失点を浴びて逆転負けと心折れるようなゲームが続い…

プレミアリーグ第32節 チェルシー対トッテナム

久しぶりのプレミアリーグ。気が付けばもう第32節。マンCの首位はほぼ決まりだけど、CL出場圏内を巡る争いは依然厳しい。もっとも第29節・30節でマンU、マンCに連敗した5位チェルシーは前節クリスタルパレスに勝利したものの、4位トッテナムとの勝ち点差は5…

J1リーグ第5節 セレッソ大阪対湘南ベルマーレ

フジゼロックススーパー杯で勝利し、その後もACLでは順調なスタートを切ったものの、リーグ戦では絶不調のセレッソ。前節はヴィッセルとの阪神ダービーに屈して3分1敗。代表で必ずしもいいパフォーマンスを出せなかった杉本をベンチに置いて、ヤンドンヒョン…

頼りにならない上司

先日の「次元を変えて客観的に自分を見る」は、ほとんどYさんへの公開答弁だったが、後日「とても私には無理です」と返事をされてしまった。それもわからないではないが、PS.で書いたことについて少し補足。 ずいぶん昔、たぶん30代後半の頃だったと思うが、…

ないものがある世界

今福龍太と言えば「フットボールの新世紀」だが、本来は文化人類学者。中南米や群島諸国といったボーダーでディアスポラな民衆社会をベースに現代社会批評をしてきた人、というイメージでいたが、その今福龍太が小説を書いた、というので少し驚いて、本書を…

MS&AD杯 日本対ガーナ

いよいよ来週からヨルダンでアジア杯が始まるなでしこジャパン。日本での最後の壮行試合が開かれた。相手のガーナは46位と格下ながら、アフリカ選手権に向けて、チーム作りを進めている。日本は田中と岩渕の2トップに、左SHに増矢。右SHには中島と攻撃陣はレ…

J1リーグ第5節 サガン鳥栖対名古屋グランパス

2連勝と快調なスタートを切ったグランパスだが、第3節ベルマーレに引分け、前節はフロンターレに0-1と力負け。サガンには勝利して再び勢いを付けていきたいところ。和泉が欠場で青木が左IHに入り、櫛引が左SB、秋山を左SHに上げる、これまでもゲーム後半の選…

バースデイ・ガール

村上春樹が過去に書いた短編の一つに、カット・メンシックがイラストを添えたシリーズの4冊目。前作の「図書館奇譚」にも書いたように、個人的にはカット・メンシックのイラストはあまり好きではない。でもまあ、全ページ、赤とピンクとオレンジと白の4色で…

国際親善試合 ロシア対フランス

先週末から今週にかけて、世界各国で国際親善試合が行われている。ドイツはブラジルと戦って0-1。初戦はスペインと1-1で引き分けている。そのスペインはアルゼンチン相手に6-1という結果だが、アルゼンチンには何があったのか。アルゼンチンもその前のイタリ…

国際親善試合 日本対ウクライナ

ウクライナの選手で知っている人はあまりいないなあと思っていたら、何と! 監督がシェフチェンコだった。それが最大の驚き。仮想ポルトガルというけれど、どの程度、似ているのかわからない。だが、巧さ、強さともヨーロッパの標準以上のレベルにあったこと…

応仁の乱

一昨年、ベストセラーとなった「応仁の乱」をようやく読んだ。「こんな専門書がどうしてこれほどのベストセラーになったのか」と言われ、どんな難しい内容かと心配したし、それがこれまで手が出なかった理由でもあるが、読んでみると、ベストセラーになるだ…

次元を変えて客観的に自分を見る。

先日、後輩のYさんに会った折に、「一昨年の、仕事ですごく窮地に追い込まれた時のことを、いい経験ができたって言っていましたが、本当ですか?」と尋ねられた。もう2年以上前のことで、そのことは現在の仕事や生活に何の影響も残っていない完全に過去のこ…

福祉の世界・建設の世界・忖度の世界

昨日、公的住宅を活用した福祉系施設と高齢者向け住宅が混在した住宅施設の見学会があった。福祉系施設・高齢者向け住宅、それぞれの会社の方から説明等をしていただき、質疑応答などもあったのだが、福祉系施設を説明した団体の方から、終了間際に突然、公…

チャイナ杯 ウルグアイ対チェコ

国際Aマッチデーの今週、日本がベルギー遠征している間、世界の各国もさまざまな国際親善試合を戦っている。ドイツ対スペインなど興味深いゲームもあるが、残念ながらCSでないと観戦できない。DAZNで観られるゲームということで、ウルグアイ対チェコのゲーム…

国際親善試合 マリ対日本

仮想セネガルだと言う。そのマリにあわや敗戦ということは本番では・・・当然敗戦? 思い切って新しい選手を起用するハリルホジッチ采配は、チームとしての組織力、成熟が後回しになりがち。この日も連携ミスが多く、個人能力にすぐれたマリに一対一では負け…

春! 新生活を始めよう!

Jリーグは2月末に開幕して、意外なチームが好スタートをしたり、強豪チームが低迷していたりと新しい展開が見え始めている。だが、季節はまだ行ったり来たり。名古屋でももう桜の開花宣言が出されたが、一昨日は東京で雪が降るなど、本当に春になったの?と…