読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第15節 レッズ対アントラーズ

 日中のゲームでフロンターレが勝利した。フロンターレを追うレッズとアントラーズにとって、絶対勝利が必要なゲームだ。お互いほぼベストメンバー。期待に違わぬ好ゲームとなった。

 4分、アントラーズが早いリスタートからFW金崎がドリブル。クロスに走り込んだFW土居がCB槙野に倒され、FKを与える。小笠原のFKはわずかに右上に外れたが、序盤、アントラーズが積極的に攻めていく。5分には小笠原のCKに左SHカイトがヘディングシュートするもサイドネットに外れた。

 レッズも次第にペースを取り戻していく。14分、左FW武藤のドリブルから右に流して、右WB梅崎のクロスにCF興梠がヘディングシュート。枠を外す。15分には右WB梅崎のポストプレーから右に流して、右CB森脇のクロスからこぼれ球を左FW武藤がシュート。しかしDFがブロックする。16分、右CB森脇の縦パスを右FW李が落として左FW武藤がシュート。枠を捉えられない。19分には右WB梅崎がループシュート。レッズが攻め込んでいく。

 しかしアントラーズもしっかりと守ると、また前半終盤はアントラーズ・ペースに。28分、左SB山本の落としからCH小笠原がミドルシュート。37分、CH小笠原のクロスに左SHカイトがアクロバティックなボレーシュートを放つが、GK西川がナイスセーブ。39分には遠藤康がFKを中に流してカイオがシュート。そして40分、FW金崎がカウンターで抜け出す。ドリブルからGKの横を抜くシュート。しかしポストにはね返される。右SH遠藤康が詰めてシュートするがポストの左。アディショナルタイム3分にはCH柴崎の落としから右SB西のスルーパスに右SH遠藤康が走り込み、クロスにFW金崎がヘディングシュート。しかしこれもポストに嫌われる。終盤、金崎の惜しいシュートが2本あったが、いずれもポストを嫌われノーゴール。スコアレスで前半を折り返した。

 後半も序盤はアントラーズが攻勢をかける。3分、右SH遠藤康のスルーパスにCH柴崎が走り込んでクロスを入れるがDFがクリア。最後は左SHカイトがミドルシュートを放ったが、GK西川がセーブした。レッズも反撃しようとするがミスが多い。何度もアントラーズのカウンターを食らう。そして7分、左WB宇賀神からの横パスを左SHカイトにカットされてそのままドリブル。最後は右に流して、CH柴崎のクロスにFW金崎が走り込む。シュート。ついにアントラーズが先制点を挙げた。

 レッズは13分、左WB宇賀神のクロスから左FW武藤がシュート。DFブロックのはね返りを右WB梅崎がシュートするが、これもアントラーズのDF陣がしっかりブロックする。レッズはその直後、両WBを交代。関根と駒井を投入する。16分には右CB森脇のスルーパスに右WB駒井が走り込み、クロスにCH柏木がシュート。しかしこれもDFがブロックする。18分、CB遠藤航ミドルシュートはGK曽ヶ端がパンチング。20分、左FW武藤がミドルシュートを放つが枠の外。武藤は22分にも右CB森脇のクロスからヘディングシュートを放つが、バーの上に外す。武藤の日ではないようだ。レッズは24分、FW李に代えてズラタンを投入した。

 アントラーズは21分、右SH遠藤に代えて杉本。29分にはFW土居に代えて鈴木優磨を投入する。32分、GK曽ヶ端が飛び出したがキャッチできず。右WB駒井がループシュートを狙うがバーに当てる。35分にもレッズが攻勢をかけ、CB遠藤航の攻め上がりからポストに当てるが、ゴールならず。必死に攻めるレッズ。守るアントラーズ。そして43分、FW鈴木の仕掛けに右WB駒井が思わずPA内で進路をふさぎ、押し倒してしまう。万事休すのPK。これを鈴木が決めてアントラーズがダメ押し点を挙げた。2-0。アントラーズが勝利した。

 レッズ、痛恨の敗戦。これで優勝はほぼフロンターレアントラーズに絞られた。フロンターレの最終戦、アルディージャ戦が肝になりそうだ。アントラーズも次のヴィッセル戦は絶対に負けられない。レッズは残り4連勝しか優勝の芽はなくなった。