読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

EURO2016グループB イングランド対ロシア

 今大会、優勝候補として注目を集めているのがイングランドルーニーをキャプテンに実力ある若手が多く参集した。このゲームではケインのワントップ。スターリングとララーナが両SHに開き、ダイアーをアンカーにルーニーとアリが高めの位置を取る4-1-4-1の布陣。両SBにはトッテナムのローズとウォーカーが座る。対するロシアはCHノイシュテッター以外、知った名前はいないが、CHSKモスコワの選手を中心にロシアリーグの精鋭が揃う。序盤は若いイングランドがその勢いのまま、攻勢をかける。

 3分、左SHスターリングのクロスを右SHララーナが落とし、右IHアリがミドルシュート。7分には左IHルーニーから右に展開。右SBウォーカーのクロスに右SHララーナがシュートを放つ。GKアキンフィエフがナイスセーブ。さらに9分、左IHルーニーの縦パスに左SHスターリングが走り込み、クロスに右IHアリがヘディング。ファーにCFケインが足を伸ばすが、わずかに届かない。12分にはケインのCKにCBスモーリングがヘディングシュート。イングランドがどんどん攻めていく。

 ロシアの初シュートはようやく17分。OHシャトフのFKにCBイグナシェビッチがヘディングシュート。しかしGKハートがキャッチする。22分には右IHアリから右に展開。右SBウォーカーのクロスに右SHララーナがDFをかわしてミドルシュート。わずかにポストの左に外す。

 攻めても攻めてもなかなかゴールにつながらないイングランド。だがルーニーを中心によくチームを引き締め、攻めていく。32分、左IHルーニーの長いスルーパス1本。右IHアリが抜け出すが、DFとGKで何とか止める。35分には右IHアリが3人以上のDFに囲まれた中から抜け出すと、クロスに左IHルーニーミドルシュート。しかしGKアキンフィエフがキャッチする。ロシアがよく守って前半を終えた。

 後半に入ると一転、ロシアが積極的に攻めてくる。押し込められなかなか前につなげないイングランド。それでも10分、ルーニーのFKはわずかにバーの上。14分にはシャトフのCKのこぼれをCHゴロヴィンがミドルシュート。16分にもシャトフのCKからCBベレズツキがヘディングシュートを放つ。後半に入りロシアが勇気をもって前からプレスをかけ始めた。逆にイングランドはパスがつながらず、前へ行けない。18分にはGKアキンフィエフのゴールキックからDFが落としたところを左SHスモロフがミドルシュートを放つ。わずかに右に外れる。

 イングランドはそろそろ交代を考えた方がいいのでは思い始めた26分、左SBローズのクロスのこぼれを左IHルーニーミドルシュート。GKアキンフィエフがナイスセーブを見せる。そして28分、左IHルーニーの縦パスを受けて前を向いたアリを左SBシェニコフが倒す。PA近くで得たFKをCHダイアーが蹴ると、これが見事にネットを揺すった。ゴール。イングランドがようやく先制点を挙げた。

 その後も攻め続けるイングランド。32分、CFケインが左SHスターリングとのワンツーからミドルシュートを放つ。DFがブロック。直後にはルーニーを下げてウィルシャーを投入。34分、左IHウィルシャーの縦パスから右SHララーナがミドルシュート。42分にはミルナーを投入し逃げ切りを図る。対するロシアも32分CHシロコフ、35分CHグリシャコフ、そして40分、SHママエフを投入する。しかし時間はこのまま淡々と進み、アディショナルタイムに入る。2分、ロシアが縦に放り込み、CKのチャンスをつかむ。ココリンのCKのクリアをOHシャトフが左に展開。左SBシェニコフのクロスにCBベレズツキがフワッとしたヘディングシュート。これがファーサイドに飛んでいき、CHグルシャコフが押し込む。ゴール。何と起死回生、ロシアが同点に追い付いた。

 イングランドにとっては悪夢。しかし前半こそ勢いに任せてイングランドが押し込んだものの、そこで決めきれず、後半はずっとロシア・ペースだった。特にケインが調子に乗り切れず、スターリングはいつものように単調。ルーニーが何とか変化をつけようとしていたが、それだけでは足りなかった。まだベンチには多くの才能が控えていた。イングランドは今後この大会をどう戦っていくのか。下馬評どおりの結果を引き寄せることができるのか。ホジソン監督の手腕が問われる。