読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第16節 アビスパ対フロンターレ

 前期も残り2節となってフロンターレの山場は最終戦のアルディージャ戦になると思っていた。一方のアントラーズは今節のヴィッセル戦が山場。前半先制されたが、前半終了間際に同点に追いついて後半逆転。次節アビスパ戦を残すのみとなった。フロンターレアビスパには楽勝で最終節に進むかと思っていたが、まさかのドロー。形勢は一転、フロンターレが2位に転落してしまった。

 中村憲剛が腰痛で欠場。トップ下に大塚が入ったが、けっして大塚が悪かったわけではない。もちろん中村憲剛がいればもっと違ったサッカーができただろうが、それはゲーム前からわかっていたこと。しかし結局、前半の決定機を決められず、同点どまりに終わってしまった。フロンターレにとって中村の存在はそれほど大きかった。

 2分右SH小林悠。3分CF大久保と序盤からフロンターレが積極的にミドルシュートを放っていく。この時点で既に憲剛の不在をフロンターレの選手たちが強く意識していたのかもしれない。しかしアビスパも守り一辺倒ではなく、FWに20歳邦本を起用し積極的に攻めていく。8分には左SH金森のスルーパスに右SH城後が走り込むが、わずかに届かず。GKチョンソンリョンがセーブした。

 しかし9分、GKイボムヨンからのフィードにFWウェリントンがヘディングで競ると、FW邦本がつないで左SH金森が抜け出す。そしてシュート。GKからの速い攻撃でアビスパが先制点を挙げた。カウンターの意識が高い。すぐに反撃するフロンターレ。12分、CF大久保の早いリスタートからCH大島がミドルシュートを放つが、GKイボムヨンがナイスセーブを見せる。

 すると15分、中盤からFW邦本、左SH金森、邦本とつないで抜け出した金森がシュート。何とアビスパが追加点を挙げる。アビスパの縦に速い攻撃にフロンターレが一瞬の隙を見せた。フロンターレも23分、CF大久保から右に展開。右SH小林のクロスにCH大島が走り込んで合わせるが、GK正面。セーブされる。

 その後はアビスパもDFラインを下げて守備を固める。攻めあぐむフロンターレアビスパは34分、右SB中村北斗からのクロスをFWウェリントンがヘッドで落として左SH金森がボレーシュート。しかしこれは枠を捉えられない。39分には左SH金森のスルーパスにFW邦本が抜け出してクロスを入れるが、右SH城後がわずかに届かない。攻め続けるフロンターレはようやく42分、CH大島のスルーパスに右SH小林が抜け出し、GKの上を抜くループシュートを決めて1点を返した。2-1、前半はアビスパ1点のリードで折り返した。

 後半頭からフロンターレは登里に代えて右SB武岡を投入。エウシーニョを右SHに上げ、小林を左SHに回す。1分、右SHエウシーニョがシュート。GKイボムヨンがナイスセーブ。フロンターレは両SBが高い位置に上がり、超攻撃的な布陣。3分、アビスパはFWウェリントンのスルーパスに左SH金森が抜け出してシュート。これは枠を外す。フロンターレも6分、OH大塚から左に展開し、左SH小林のクロスに右SHエウシーニョがシュート。枠を捉えられない。その後もセットプレーが続くフロンターレ。だがアビスパの堅い守りを崩しきれない。17分には左SB車屋がドリブルからシュートを放つが、GKイボムヨンがセーブした。

 攻めあぐねるフロンターレ。それでも28分、CH大島が左SH小林とワンツーを決めてPA内に侵入。CBキムヒョヌンが思わず倒してしまい、PKの判定。これを大久保が落ち着いて決めて、ようやくフロンターレが同点に追いついた。しかしアビスパも29分FW邦本、さらに右SH城後がミドルシュートを放つなど攻撃の姿勢は衰えない。30分、CF大久保のスルーパスに右SB武岡が抜けだして、クロスのこぼれを大久保がシュート。しかしGKキムボムヨンの正面。弾き出す。

 アビスパは32分坂田、39分田村を投入。フロンターレも34分田坂を投入するが、降り出した雨に水を差された感じ。集中したアビスパの守備をフロンターレが崩せない。41分、田坂のFKにCF大久保がヘディングシュートを放つが枠を外す。結局その後は追加点を挙げられない。2-2のままドローで終わった。

 勝てばアントラーズ次第では優勝も決まるゲーム。多くのサポーターが福岡まで応援に駆けつけてきた。そんな中で中村憲剛の負傷。普段以上に力が入り、それが空回りした感じ。これで首位陥落。アビスパは次節アントラーズ相手でもこうしたゲームを戦えるだろうか。一時は届かないと思っていたアントラーズの優勝が現実的なものとなってきた。