読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

EUROグループF ハンガリー対ポルトガル

 大混戦のグループFは勝ち点4を確保してグループリーグ突破を決めたハンガリーと、勝ち点2、最低でも引き分け、プライド的にはどうしても勝利がほしいポルトガルが最終戦で対戦した。ポルトガルは左SBにエリゼウ、右SHにジョアン・マリオを先発させたが、基本ベストメンバー。対するハンガリーは第2戦から5人を替えたと言うが、誰が出ようがCFサライ以外、知らない選手ばかり。ハンガリーの方が余裕を持ってゲームに臨んだという感じ。

 6分、CHモウチーニョのFKがDFに当たってこぼれたところを右SHジョアン・マリオがミドルシュート。11分、左SBエリゼウのクロスにFWナニがヘディングシュート。序盤からポルトガルが圧倒的に攻めていく。しかしハンガリーの守りも堅い。いや、ポルトガルの攻撃には切羽詰った必死さが漂うのに対して、ハンガリーの方が攻められていても余裕がある。のびのびとプレーしている感じがする。

 そして19分、ハンガリーのCKをジュジャークが蹴ると、DFのクリアを拾ったCHゲラが強烈なミドルシュート。DFの足の間を抜けてネットに突き刺さった。何とハンガリーが先制する。24分にはCFサライのドリブルからOHエレクがミドルシュートポルトガルは攻めあぐねてなかなかゴール前に入っていけない。

 それでも29分、クリスティアーノ・ロナウドの強烈なFKがゴールを襲う。GKキラーイがスーパーセーブ。35分のロナウドのFKは枠の上に外れた。守りながらもハンガリー・ペースで進む前半。ポルトガルのイライラが募る。クリスティアーノ・ロナウドもセットプレー以外ではボールに触る機会が少ない。このまま前半が終わるかと思われた42分、FWクリスティアーノ・ロナウドのスルーパスにFWナニが走り込みシュート。GKキラーイのニアを抜いて、ポルトガルが同点弾をぶち込んだ。その後は両者シュートシーンがあったがそのまま終了。前半は1-1で折り返した。

 後半に入りポルトガルはCHモウチーニョに代えて若いレナト・サンチェスを投入。次のシーズン、バイエルンに移籍する逸材だそうだ。対するハンガリーもCHゲラに替えて右SHベセを投入。ジュジャークをCHに下げる。すると後半開始早々の2分、CHジュジャークのFKが壁に当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれる。ハンガリー、勝ち越し点! 4分には中盤のルーズボールからCFサライが収めて、ロブレンチチュがシュート。サイドネットを揺する。

 しかし5分、今度はポルトガル。FWナニから右に展開して、右SHジョアン・マリオのクロスをFWクリスティアーノ・ロナウドがヒールで流し込む。ビューティフル・ゴール。ポルトガルが同点に追い付いた。しかしまだまだ終わらない。10分には2分のFKとほぼ同じ位置からジュジャークがFK。壁に当たって戻ってきたところをまたジュジャークが拾って、今度はDFをかわしながらミドルシュート。するとまたもDFの足に当たってコースが変わり、ネットに吸い込まれた。ハンガリー、3点目。

 ポルトガルも12分、CHサンチェスのドリブルから右に流してFWクリスティアーノ・ロナウドが切り返してシュートと思ったが右SHジュアン・マリオと重なって、マリオの蹴ったミドルシュートは枠を外した。いま一つ乗り切れないポルトガル。16分にはアンドレ・ゴメスに代えて右SHクァレスマを投入。ジョアン・マリオを左SHに回す。すると17分、左サイドのCKからクァレスマが入れたクロスにFWクリスティアーノ・ロナウドが強烈なヘディングシュートを叩き込む。三たび、ポルトガルが同点に追い付いた。

 ハンガリーも19分、CHジュジャークの縦パスに抜け出した左SHロブレンチチュのクロスにOHエレクがシュート。しかしこれはポストにはね返される。20分にはCFサライがシュート。ポルトガルも31分、右SHクァレスマから右SBヴィエリーニャのFWナニを狙ったスルーパスがDFに当たりこぼれたところをFWロナウドボレーシュート。しかしこれは枠を外れた。

 その後は引き分け以上でグループリーグ突破、万一負ければ敗退というポルトガルが無理した攻めを行なわなくなり、もとより負けても決勝トーナメント進出のハンガリーも時間を使う。終盤にはクリスティアーノ・ロナウドのシュートシーンもあったが、ハンガリーがそのまま守りきってタイムアップ。3-3のドローで終わった。

 同グループのゲーム、アイスランド対オーストリアは終了間際のゴールでアイスランドが勝利したため、ポルトガルは結局グループ3位通過。決勝トーナメント初戦はウクライナと戦うことになった。しかしイングランドやフランスなど競合がひしめくグループとは違うサイドで、結果的にはよかったかもしれない。ハンガリーの次の初戦はベルギー。これは強敵。ハンガリー旋風が今後も続くのか。EUROはいよいよ決勝トーナメントに突入する。