読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

EURO2016決勝トーナメント1回戦 ドイツ対スロバキア

 グループCを余裕で1位通過。優勝候補筆頭のドイツにスロバキアが挑戦する。スロバキアと言えばナポリで活躍するハムシクだが、スター選手が並ぶドイツ相手に一人では如何ともし難い。結局ドイツが圧勝でベスト8に進出した。

 ドイツの先発はマリオ・ゴメスをCFに右SHミュラー、OHエジル、左SHドラクスラーが並ぶ中盤。ボランチにはクロースとケディラ。そしてフメルスとボアテングのCBにSBは右SBキミッヒ、左SBヘクター。そしてGKはもちろんノイアー。序盤からドイツが圧倒する。7分、CHクロースのFKにCHケディラがヘディングシュート。GKコザーチクがナイスセーブを見せる。しかし8分、続くCKをDFがクリアしたところをCBボアテングが強烈なミドルシュート。DFに当たりわずかにコースが変わってネットに突き刺さった。ドイツ、先制。

 早々と先制したドイツはその後もスロバキア守備陣をゴール前に押し込んでいく。13分、右SBキミッヒのクロスを右SHミュラーがワンタッチで縦へ送ると、CFゴメスと競り合ったCBスクルテルがゴメスの背中を押して倒してしまう。PK。しかしOHエジルが蹴ったPKはGKコザーチクがスーパーセーブ。これで多少はスロバキアが盛り返すかと思ったが、やはりドイツの攻勢が続く。

 23分、CBフメルスのスルーパスに左SBヘクターが抜け出しクロスを入れるが、GKコザーチクがキャッチ。そう言えば、フメルスも来シーズンはバイエルンに移籍するそうだ。ドイツ代表=バイエルンみたいだ。24分、左SHドラクスラーのクロスにCFマリオ・ゴメスがDFと競り合って、こぼれ球をOHエジルがシュート。わずかにポストの右に外す。26分、左SBヘクターの縦パスに抜け出した左SHドラクスラーのクロスからCHケディラミドルシュート。39分にはOHエジルの縦パスを受けた左SHドラクスラーが反転してシュートを放つ。圧倒的に攻め込むが、なかなか次のゴールが生まれない。

 すると41分。スロバキアは右IHフロショフスキから右に流して右SBペカリークのクロスに右FWクツカがヘディングシュート。しかしGKノイアーがスーパーセーブを見せる。ようやくスロバキアの初シュートだったのに、ドイツには鉄壁GKノイアーがいた。そして43分、左SHドラクスラーが左サイドを抜いてクロスにCFマリオ・ゴメスがシュート。ようやくドイツが追加点を挙げた。2-0。前半はこれで折り返した。

 スロバキアは後半開始から左CHグレグシュを投入し、ハムシクが流動的に動くようになる。すると4分、左CHグレグシュのスルーパスに右CHフロショフスキが抜け出し、クロスを左FWハムシクが落として右FWクツカがシュート。しかしGKノイアーが正面でキャッチする。13分には右FWクツカのFKが枠を外れる。後半はハムシクが自由に動いてスロバキアが攻めていくが、ドイツは落ち着いて対応する。

 そして18分、クロースのCKにCBフメルスとDFが競ってファーに流れたボールを左SHドラクスラーがボレーシュート。これが決まりドイツが3-0と突き放した。27分にはCBヘベデス、左SHにポドルスキーを投入。ドイツが落ち着いて守備を固める。さらに31分、CHシュバインシュタイガーを投入。刻々と時間が過ぎる。アディショナルタイムには右SHミュラーのクロスからCHクロースがシュート。しかしGKコザーチクがナイスセーブ。そしてそのままタイムアップ。3-0でドイツが快勝した。

 エジルがPKを外した時には少しイヤな時間が流れたが、それもGKノイアーのファインセーブで流れを引き戻すと、すぐに追加点。さらに後半はダメ押し点。盤石の戦い方でドイツがベスト8進出を決めた。強い!ドイツ。次はスペインに勝利したイタリアが相手。事実上の決勝戦と言えるかも。幸いフジテレビによる地上波放送もあるようだ。週末を楽しみにしよう。