読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プロフリークライマー 尾川とも子さんのこと

 先日、プロフリークライマーの尾川とも子さんの講演を聞いてきた。この人、昨年の11月には「マツコの知らない世界」に出演していたようで、最近はちょっとした有名人みたいですが、私は全く知らなかった。ただ会社の同僚で高校の後輩が「尾川さんはうちの高校の後輩なんですよ」というので俄然興味を持ち、講演会に参加した。

 講演時間が1時間半もあって、最初に自分のクライミングのビデオを流した後に話に入っていったが、特別話が流暢なわけではなく、「1時間半も保つのかな」と最初は心配した。しかし後半、自らの半生を語りだすと、超ビンボー生活からボルダリング競技での挫折、自然の岩を登るようになってからの挑戦の日々など話題が止まらない感じで、最後は若干時間をオーバーして講演を終わった。朴訥とした感じがとってもよかった。

 「壁を乗り越えて~無限の可能性を信じて」が講演のテーマとなっている通り、親の反対を押し切ってクライマーとして自立していこうと決めてからのけっしてあきらめない人生は驚嘆に値するが、それを飄々と語るところが素晴らしい。必死のスポンサー巡り等の末、消費者金融のCM出演が舞い込み、そこからようやく運が回ってきたという感じ。それにしてもそれまでの臥薪嘗胆は並みにできることではない。女性初のV14(岩の難度)達成に3年かけたというのも同様。

 でもV14挑戦時には既に結婚していたし、達成後は出産もしたので、彼女の人生としてもうまく回ってきているということでしょう。そしてブログ「しっぽのないにゃんこ(クライマー尾川とも子のサブブログ)」を拝見すると、第二子がおなかにいて既に第34週に入っているとのこと。講演会ではまったく気付かなかった。

 最近はボルダリングのワールドカップもBSで放映するようになってきて、東京オリンピックでの追加種目として承認される可能性も出てきた。講演では「東京オリンピックでは解説でもやりたい」と述べていたけど、ぜひそうしてほしい。彼女の飾らないキャラクターに魅了された講演会だった。

PS.

 先ほど、フリークライミング東京オリンピックの正式種目に決定したとのこと。尾川さん、よかったですね。