読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第2ステージ第14節 ヴィッセル対フロンターレ

 グランパスを始めとする降格圏内のチームのゲームを観たかったけど、グランパス戦は録画したので後にして、まずは昨日BS1で放送したフロンターレのゲームから。最近けっして好調とは言えないフロンターレヴィッセルは手強い相手だと思ったけど、案の定、結果を見ればヴィッセルの完勝。フロンターレは中央突破できない時のもう一つの方法を持つ必要があるんじゃないか。守備の軽さも気になる。

 ペドロ・ジュニオールをケガで欠いて、渡邉千真レアンドロと並べてトップに置いたヴィッセル。左SHには新卒ルーキー松下が入った。フロンターレは大久保とエドゥアルド・ネットが復帰して、いつものメンバー。前半は小林悠をトップに上げて、大久保は下がり目の位置に入る。

 キックオフ直後、飛び出したCF小林がボールを運び、FW大久保とのワンツーでそのまま中央突破。GKと一対一になるが、シュートはGKキムスンギュが身体に当てた。ヴィッセルも4分、右CB田坂に左SH松下がプレスをかけて奪ったボールをFWレアンドロが左に展開。そのまま駆け上がった松下がファーサイドにクロス。FW渡邉がシュートを放つが、ポストに弾かれる。序盤からお互い攻め合う展開。だがヴィッセルの前からのプレスが早い。フロンターレはなかなかパスで崩せず、カウンターを狙う。

 15分、ヴィッセルのCH藤田のロングスローをGK高木がキャッチするとそのまま前へ。CF小林がドリブルで運び、右に流してFW中村憲剛のクロスにFW大久保がヘディングシュート。しかし枠を捉えられない。17分にはFW大久保からFW中村の落とし、CH大島がつないで、CF小林が落とし、中村が左に流して左WB車屋がシュート。しかし右SB高橋峻希がブロックする。フロンターレらしい中央突破だが、最後はヴィッセルDFが身体を張った。

 ヴィッセルも23分、CH藤田のロングスローからCHニウトンがヘディングシュート。フロンターレは24分、右CB田坂のフィードをCF小林がヘディングで落とし、FW大久保がミドルシュート。しかしわずかに枠の外。ヴィッセルも25分、CHニウトンから左に展開。FWレアンドロのクロスに右SH三原がヘディングシュート。お互い攻めの応酬。そして26分、攻め込まれた展開から左SB橋本が前にフィード。レアンドロが追いかけて、何とかGK高木がクリアすると、これを受けた右SH三原が左に展開。FW渡邉が抜け出してGKの左を抜くミドルシュート。ついにヴィッセルが先制点を挙げた。

 フロンターレも35分、FW中村憲剛からのスルーパスに右WBエウシーニョが抜け出すが、シュートは左SH松下がブロックする。1点をリードしてヴィッセルの守備の意識が一層高まった。前半はこのまま1-0で折り返した。

 後半に入るとフロンターレは大久保をトップに上げる4-2-3-1に変更。田坂を左SHに上げる。5分、CHニウトンから左に展開。左SB橋本が切り返してミドルシュートを放つ。このあたりの守備の軽さが気になる。フロンターレはとにかくパスをつないで攻めるが、ヴィッセルの守備が堅い。12分、CH藤田の縦パスからFWレアンドロが左に展開。左SH松下がシュートするもGK高木がはね返す。しかしもう一度松下が拾うと、ゴール前に待つFW渡邉につないで渡邊がシュート。しかしDFがライン上でクリアした。

 そして14分、FWレアンドロが左に流してそのまま縦に走り込むと、タイミングよく左SB橋本が縦パス。抜け出したレアンドロが角度のないところからシュート。これが決まり、ヴィッセルが追加点を挙げた。フロンターレはその直後、左SHに三好を入れる。21分には左SH三好がドリブルで前進して落としたボールをOH中村が右に展開。右SBエウシーニョのクロスを左SH三好がシュート。しかしうまく足に当たらない。29分にはCHエドァルド・ネットを下げてFW森本を投入。中村をボランチに下げた4-4-2にしてさらに攻める。

 しかし31分、今度はレアンドロから中央突破。FW渡邉をポストにワンツーを受けて抜け出すと、GKをよく見てループシュート。ダメ押しの3点目を挙げる。フロンターレはあっさりと突破を許したCB谷口を懲罰的な交代。34分、板倉を投入する。40分、左SB車屋のクロスにFW森本が抜け出す。しかしシュートは弱く、GKキムスンギョがセーブ。43分にはヴィッセルがCKからカウンター。途中交代の左SH石津がつないで、FWレアンドロ、FW渡邉から右に流して、CH藤田のクロスにレアンドロがシュート。これは枠を外した。

 ヴィッセルは42分の左SH石津に続いて、44分右SH増山を投入。運動量を確保して守備を固める。アディショナルタイムにFW森本のミドルシュートがあったが、GKキムスンギョがセーブしてタイムアップ。3-0。ヴィッセルが完勝して第2ステージ2位に飛び出した。

 いいゲームだった。特にヴィッセルのプレスがよかった。そしてレアンドロの決定力。ヴィッセルが勝つべくして勝ったゲームという感じ。一方フロンターレは特徴のパスサッカー以外の展開ができないのが難点。これで年間1位もレッズに明け渡してしまった。チャンピオンズシップに向けても不安の影がよぎり始めた。