読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プレミアリーグ第9節 レスター対クリスタルパレス

 岡崎が先発・フル出場して今季初ゴールを挙げた。スカパー無料キャンペーンが始まり、先週のゲームだが放送をしていたので観戦した。CLから中2日のレスターは攻撃陣を大きく入れ替えてスリマニと岡崎の2トップ。左SHにムサ。ボランチにはドリンクウォーターと並んでキングが入った。他はいつものメンバー。対するクリスタルパレスは攻撃陣が豪華。ベンテケをワントップに右SHタウンゼント、左SHザハ。中盤はレドリーをアンカーにマッカーサーとキャベイエが並ぶ。

 開始2分、GKマンダンダからのパスを岡崎がカット。フリーな状況でループシュートを放つが、これが枠に入らない。頭を抱える岡崎。もう少しゲームに出ていればと思わないでもない。その後も岡崎は前線からプレスをかけていく。しかしレスターは前線と中盤との距離が遠い印象。中盤でボールを奪われると、プレスがかからず、クリスタルパレスが次々と攻めていく。6分、MFキャバイエがミドルシュート。10分、CFベンテケがポストに入ってうまく反転すると、ドリブルから左に流して、左SHザハが切り込んでミドルシュート。12分、左SBケリーのクロスにCFベンテケが高いヘディングシュート。バーを叩く。クリスタルパレスは中盤のプレスも早い。ベンテケに早めに預けて全体を押し上げていく。15分にはCFベンテケの落としから右SHタウンゼントがミドルシュートを放つ。

 レスターもようやく23分、FW岡崎から左に流して、左SHムサのクロスにFWスリマニがヘディングシュート。しかしクリスタルパレスのDFがよく競って、うまく枠は捉えられない。しかしこの時間帯あたりから次第にレスターのパスが回りだす。そして29分、左SBフックスのCKからFWスリマニがヘディングシュート。35分にはCHドリンクウウォーターから右に展開。右SHマレズのシュート性のクロスに岡崎がヘディングシュート。わずかにバーの上に外す。

 そして42分、左SHムサが縦に仕掛けると、クロスをFWスリマニがポストプレー。こぼれ球をFW岡崎が拾ってつなぐと、FWスリマニが落として左SHムサがミドルシュート。これが決まりレスターが先制点を挙げた。45分にもFWスリマニのロングシュート。前半は1-0とレスターのリードで折り返した。

 前半序盤、あれほど攻め込んだクリスタルパレスだが、前半25分過ぎ位からほとんど攻め込めなくなっていく。ベンテケにボールが渡らない。レスターの動きが次第によくなってきたということか。後半3分、右SBシンプソンのクロスにFWスリマニが強烈なヘディングシュート。しかしポスト右に外す。クリスタルパレスも11分、MFキャバイエの縦パスをCHレドリーが落として、キャバイエがミドルシュート。やはり攻撃陣は怖い。レスターも14分、左SHムサの仕掛けからクロスのこぼれ球をCHドリンクウォーターがミドルシュートを放つが、DFにブロックされた。

 すると18分、CHドリンクウォーターのドリブルから左に流し、左SHムサがDFと縺れながら落とすと、FW岡崎が左に展開。ドリンクウォーターが左サイドを駆け上がり、FWスリマニを狙ったクロスをDFがブロック。こぼれ球がFW岡崎のところに飛んできてシュート。これが見事に決まり、レスターが追加点を挙げる。岡崎も今季リーグ初ゴール。

 だがクリスタリパレスも反撃する。22分、中盤深く下がったMFキャバイエのフィードをCFベンテケが落とし、CHレドリーがつないでMFマッカーサーが右に展開。後半は右SHに入ったザハがシュートを放つが、GKシュマイケルがナイスセーブを見せる。ゴールが欲しいクリスタルパレスは27分、CHレドリーと左SHタウンゼントを下げて、FWキャンベルと左SHイチョンヨンを投入する。FWを2トップにして4-4-2の布陣。

 28分、右SHザハがDF二人を抜いて仕掛けると、クロスにCHキャバイエがシュート。いったんはCBフートがブロックするが、はね返りをもう一度シュート。今度はGKシュマイケルがファインセーブを見せた。30分、レスターもFWスリマニに代えてバーディーを投入する。35分、クリスタルパレスのCKのクリアをCHマッカーサーが拾って前に出そうとしたところをFW岡崎がカット。右SHマレズが持ち上がり、CHドリンクウォーターを経由して左に展開。FWバーディーがクロスを入れるが、DFがクリアした。これで得たCKのクリアを左SBフックスがボレーシュート。きれいに決まり、レスターが3点目を挙げる。

 その直後、レスターは左SHムサに代えてグレイを投入。するとレスターの左サイドの守備が軽くなってしまう。38分、クリスタルパレスは右SHザハのスルーパスからFEベンテケがシュート。これはGKシュマイケルがファインセーブ。しかし40分、右SHザハがドリブルで仕掛けると、左SBフックスを抜いてクロスにCHキャバイエがシュート。クリスタルパレスが1点を返す。さらに41分、右SHザハのクロスにFWキャンベルが走り込みシュート。DFがブロック。直後、レスターはCHキングが負傷してアマーティを投入する。44分、左SHイチョンヨンがミドルシュート。しかしこれもGKシュマイケルがセーブする。

 レスターも43分、49分とカウンターでチャンスをつかんだが、右SHマレズのシュートはGKマンダンダにセーブされて、タイムアップ。3-1。レスターが快勝。これで3勝4敗2分、順位を11位に上げた。岡崎も最初のイージーシュートは逃したが、しっかりと追加点を挙げて勝利に貢献。ゴールだけでなく、前線からのプレスも相変わらずで、FWというよりはフォア・ボランチといった感じ。やはり岡崎がいた方が中盤の守備も安定する。しかしスリマニもムサもいい選手。CLもあってラニエリ監督はうまくローテーションしていくんだろうが、少しでも岡崎の出場機会が多いといいなあと思う。そしてその上で岡崎のゴールももっと見たい。