読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

その白内障手術、待った!

 右目が白内障と言われている。数年前から読書の際に文字が二重になったりして見難かったので、近くの眼科へ行ったところ、そう言われた。最初は「すぐ手術をしますか?」と聞かれたけれど、妻とも相談し、もう少し様子を見ることにした。その後、仕事が忙しくなり、たとえ1週間でも連続して休める状況ではなくなった。視力も最初は07位から少しずつ低下しているが、まだ0.6と0.5の間を行ったり来たりしている状況で、左目は全く支障がないので、医師も「もう少し様子を見ましょうか」と言ってくれている。

 しかし少しずつ視力が落ちていることは実感している。そこで医師とも相談し、退職後の来年4月以降に手術をしようかと考えている。先日、その話をしたら、先生に「あなたは花粉症があるから4月はダメよ」と言われた。そこで今はGW明けを考えている。来月くらい、そろそろその相談をしなくては。

 それで本書を読んだ。扇情的なタイトルに惹かれたが、普通に白内障を説明した本である。白内障の原因についても書かれているが、私の場合、どうして右目だけが白内障になったのか、その理由がわからない。また、私のように片目だけが白内障の場合の注意事項(例えばレンズの設定など)については記述がない。少しがっかり。「インターネットには・・・ウソの情報が多い」(P027)と書きながら、結局、インターネットでしか情報を集められないもどかしさ。眼科に行って聞けばいいんですけどね。ま、普通の実用書です。

 

その白内障手術、待った!  ―受ける前に知っておくこと―

その白内障手術、待った! ―受ける前に知っておくこと―

 

 

白内障は、目の中にある水晶体というレンズが白くなってしまうことをいいます。・・・それは「目のダメージ」と「目の回復」のバランスで決まります。・・・「目のダメージ」は主に生活で決まってきます。ケガをしやすい生活、目をこする生活、薬を飲んでいる、紫外線をよく浴びる。こうした生活によって目のダメージは増えます。(P039)

○→不安でできる限り手術を受けたくない人はぎりぎりまで待つ/→不自由を感じたり目を使うことが多い人は早めに治療する/ということをおすすめしています。(P138)

○手術当日はゆっくりして、激しい運動はもちろん家事も必要最小限にしてください。・・・手術後3日ぐらいすると最初の山場は過ぎます。そうすると、軽い散歩やデスクワーク、ひげそりも可能になります。洗髪は、美容室のように目に水などが入らないように先発できるところであれば可能です。家事も普通にこなせるようになるでしょう。・・・1週間たつとたいていのことが大丈夫になります。・・・1ヵ月たつと全く普通の生活になります。・・・メガネを合わせるのは1ヵ月してからが一番いいです。なぜならば手術後1ヶ月は度数が安定しないからです。(P144)