読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

カジノ法案の真の目的は何だろう?

 カジノ法案が急遽、自民党等から議員提案され、昨日には衆議院内閣委員会で強行採決された。でもその目的がさっぱりわからない。カジノ法が成立して(噂では大阪に)カジノが建設されたとして、いったい誰がそこで遊ぶんだろう。新聞では訪日外国人を対象に考えているみたいに書かれているけれど、本当に外国人はカジノをやりに日本に来てくれるのかな。外国人目当てだとすれば、ライバルはマカオだったり、ラスベガスだったりするわけで、それらに対抗して世界から外国人が来てくれるようなカジノを作る必要があると思うんだけど、大丈夫かな。

 それが無理だとしたら、日本人が遊ぶのかな。でも、誰がカジノなんてやりたいんだろう。そもそも普通の日本人だったら、カジノ、だけじゃなくギャンブル全般にそうだけど、勝って金儲けをしたいからパチンコや競馬に行っているわけで、おカネをスリたいからギャンブルをやっているわけではない。いや、中には競馬場の雰囲気が好きだから負けてもいいとか、年に1回の夢だから宝くじを買うとか、時間つぶしの費用と考えればゲームセンターなどと比較して納得できる出費だとか、いろいろと考えるだろうが、それも近くにあって、ふらっと行くことができるからであって、わざわざ時間とカネを使って日本に数箇所もないカジノで出かける人ってどれだけいるんだろう。

 USJへ行っても高いお金を払うだけでけっしてカネは戻ってこないけど、払った金に見合う楽しさがあるから人は押し寄せる。カジノはそれに勝る楽しさを提供するのだろうか。それがよくわからない。

 「アメリカ大統領選とTPP」でも書いたけど、「それができると儲かる」という皮算用だけで法案ができているような気がする。みんな、自分はカネを払う側ではなく、カネを儲ける側にいると思って法案を提出し賛成しているみたいだけど本当にそうだろうか。カジノができて、いや、できることになって儲かるのは、まずは施設や周辺道路等を整備するゼネコン・・・。そうか、カジノは口実で、実は新たな公共事業を探しているだけじゃないのか。でもそれだったらリニア中央新幹線の方がまだ役に立つような気がする。

 本当はもっと地味でもしっかりとやらなければいけない税金の投入先があるんじゃないの。社会福祉とか、年金制度とか。でもそれでは儲からない人たちが、カジノでヒトハナ咲かせようと思っているではないかな。それにしても、これから人口が減るという時代に、なぜカジノ? カジノは本当に国際競争力になるのかな。結局、造っただけで誰も近寄らない、いつかのリゾート法みたいにはならないかな。今の政治はいったい誰のために、何のためにやっているのか、さっぱりわからない。カジノねえ? いったい誰が遊ぶんだろう? 誰がカネを使ってくれるんだろう。