読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プレミアリーグ第14節 サンダーランド対レスター

 このところ先発出場を続けてきた岡崎が先発から外れ、代わりにスリマニが先発。その理由を、ミッドウィークのCLに備えてとか、最下位のサンダーランドだからメンバーを落としたとか、いろいろと言われていたが、やはり岡崎がいる・いないでレスターのサッカーは変わる。最初から岡崎が出場していれば結果は違っていたのではと思う。でもムサやグレイの起用を考えると、ラニエリ監督はまだチーム作りを模索中という感じがする。

 序盤、ホームのサンダーランドが積極的に攻めてくる。キックオフ直後の1分、左SHアニチェベのクロスのこぼれを右SHワトモアがシュート。3分、CFデフォーの縦パスから左SHアニチェベがシュート。4分、左SBファンアーンホルトのクロスに左SHアニチェベがシュート。さらに8分にはCFデフォーのシュート。右SHワトモアのヘディングシュート。レスターは中盤でボールをとめることができず押し込まれて、CBモーガンやCBフートが身体を張る場面が目立つ。

 しかしサンダーランドもミスが多く、決定機を決めきれない。17分、左SHアニチェベのクロスにCFデフォーがシュートミス。DFがクリアした。レスターも中盤から前にボールがつながらない。ようやく21分、右SHマフレズがミドルシュートを放ち、そこから得たCKにCFバーディーがヘディングシュート。しかし枠を捉えられない。サンダーランドも22分、右SBジョーンズの縦パスに右SHワトモアが抜け出してフリーとなるが、これまたシュートミス。お互い冴えないゲームが続く。

 それでもサンダーランドがミスを続けていると、次第にレスターがペースを掴み出す。24分、マフレズがFKを横に流し、左SBフックスのクロスにFWバーディーがヘディングシュート。これもわずか右に外したが、フックスはよく活躍をしている。32分には左SHオルブライトンの縦パスにFWバーディーが抜け出すが、クロスに走り込む選手がいない。岡崎がいたら絶対にゴール前に入っていたのに。43分、左SHオルブライトンアーリークロスにFWバーディーがヘディングシュート。アディショナルタイムには左SBフックスのクロスがバーを叩くがゴールなし。前半はスコアレスで折り返した。

 勝利がほしいサンダーランドは後半頭から積極的な選手交代。ボランチピーナールとデナイヤーに代えてキルヒホフとラーションを投入する。しかし後半序盤はレスターが積極的。8分、CHキングのミドルシュートはGKピックフォードがキャッチ。10分、左SHオルブライトンがドリブルで切れ込み、クロスにFWバーディーがスルー。FWスリマニのシュートはDFに当たる。

 そして19分、サンダーランドはCHラーションがCKを蹴ると、ニアに飛び込んだCHキルヒホフ。しかしヘディングは方向違いと思ったら、CBフートに当たってゴールに飛び込んだ。オウンゴールサンダーランドが先制点を挙げた。21分には左SBファンアーンホルトがPA内に切れ込んできたところを右SBシンプソンが対応するも、シンプソンの伸ばした足の上に乗って足を滑らせ、ファンアーンホルトが倒れる。しかしPKは取らない。その後もサンダーランドが勢いに乗って攻めてきた。

 そこでレスターは23分、FWスリマニに代えて岡崎を投入。やはり運動量が違う。前線から積極的にボールを追いかけていく。28分には両SHオルブライトンとマフレズに代えて左SHグレイ、右SHムサを投入する。ムサの使い方にもラニエリ監督は迷っている感じ。そして32分、左SHアニチェベが左サイドに起点を作って、戻しのパスから右SHワトモアがシュート。CBフートがブロックしたところをCFデフォーがダイレクトでシュート。これが決まり、サンダーランドが追加点を挙げた。

 レスターも反撃する。34分、左SBフックスのFKにCBフートがヘディングシュート。しかしGKピックフォードがキャッチ。そして35分、左SHグレイが左サイドを突破すると、クロスにFW岡崎が走り込みシュート。これが決まり、レスターが1点を返した。しかしその後、サンダーランドの右SHワトモアが左膝を痛め、担架で運ばれる。レスターのCBフートも額から血を流し、治療を受ける。さらに右SBシンプソンも痛める。そんなことで時間を使い、なかなかレスターが攻める時間が取れない。6分間という長いアディショナルタイムの50分、左SHグレイのクロスをGKピックフォードが弾くと、右SBシンプソンがシュート。DFブロックのはね返りをCBモーガンがシュート。しかしこれをGKピックフォードがファインセーブで弾き返す。結局、これ以上ゴールは生まれなかった。2-1。最下位サンダーランドが勝利して、レスターは16位に順位を落とした。

 今シーズンのラニエリ監督は優勝なんて高望みはせずに、既に「残留が目標」とインタビューでは答えている。実際、このゲームを観ても、ムサやスリマニらの使い方には今後を見据えた起用という気がしないでもない。このゲームから長らくケガで出場できなかったメンディーが久し振りにベンチに帰ってきた。できればアマーティーに代わってメンディーの交代出場が観たかった。メンディーと岡崎が出場すれば、相当程度、昨季のパフォーマンスに戻る気がするのだが、どうだろうか。