読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

高校サッカー決勝 青森山田対前橋育英

 東海大仰星をゲーム内容では圧倒して決勝に勝ち上がった青森山田。対する前橋育英は一昨年に続いての決勝戦。今度こその初優勝を狙う。青森山田のキックオフでスタートしたが、GKを残して全員がハーフライン上に並び、GKへバックパス。ところがGK廣末の蹴ったボールに前橋育英のFW人見が詰めて、身体に当てたボールはコロコロとゴールラインに向かって転がる。幸いゴールには入らなかったが、青森山田は初っ端から肝を冷やした。5分には前橋育英のCH長澤のCKにFW人見がヘディングシュート。ライン上でCB小山内がクリアする。しかしこれをもう一度CH長澤がクロスを入れると、今度は右SH田部井がヘディングシュート。ポスト左に外すが、序盤、前橋育英が気持ちを籠めて攻めていく。

 青森山田は13分、右IH高橋がミドルシュート。これが青森山田のファーストシュート。16分にはFW人見の縦パスに入れ替わるように左SH高沢が抜け出し、GKとの一対一からシュート。しかしGK廣末がこれを止める。さらにFW飯島のミドルシュートもDFがブロック。前橋育英は最大の決定機を逃してしまう。すると23分、右SH嵯峨の縦パスにCF鳴海が走り込んで、クロスに右IH高橋がミドルシュート。DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれる。青森山田が先制点を挙げた。

 その後も前橋育英が積極的に攻め続ける。27分、中盤右サイドからのFKをCB角田とDFが競って、左SH高沢のクロスにCH大塚がミドルシュート。しかしバーの少し上、枠を捉えられない。36分にはCB角田のFKからCB松田がシュート。さらに45分、左SH高沢のFKにCB角田が走り込むが、左SB三国が足を伸ばしてクリアする。するとアディショナルタイム1分、GK廣末からのフィードをCH高橋が競って、右SH嵯峨の落としをCF鳴海が右サイドにパスを通すと、走り込んだ嵯峨がシュート。青森山田が追加点。前半で2-0として折り返した。

 後半に入っても前橋育英が積極的に攻めていく。しかし7分、パスカットした左SH住川の縦パスにCH住永が走り込み、戻しのパスからCF鳴海がミドルシュート。ポストを叩く。10分にはGK廣末のフィードをCF鳴海が競って、左SH住川が落とし、CH高橋のクロスにCF鳴海がヘディングシュート。やはりGK廣末のフィードは脅威だ。そして12分、GK廣末のフィードを受けたCF鳴海が右に展開。右SH嵯峨のクロスに走り込んだ鳴海が胸トラップからシュート。3点目を入れた。

 さらに14分、GK廣末のFKからのフィードに左IH郷家が競って、こぼれたボールをCF鳴海がシュート。この日2点目。得点王を決める大会6点目を挙げた。これで4-0。前橋育英は22分、右SH岩下の縦パスに、右SB松田が走り込んでミドルシュート。しかし左に外す。25分にはCH長澤の戻しから右SH岩下が縦パス。FW人見が右に流してCH長澤がミドルシュート。さらに31分、CH田部井涼のフィードから左SH高沢のクロスにCH大塚がヘディングシュート。しかしわずかにバーの上。ゴールが決まらない。

 前橋育英はボール際でよく戦くが、どうしても青森山田の牙城を崩しきれない。すると44分、CH田部井涼がゴール前で前を向いて仕掛けようとしたところをCH住永が詰めてボールを奪い、こぼれ球を交代したばかりのFW佐々木快がミドルシュート青森山田が5点目を入れた。前橋育英も45分には途中出場のFW馬場がミドルシュートを放つが、枠は捉えられない。そしてアディショナルタイム4分が過ぎ、タイムアップ。青森山田が5-0と圧勝して高校サッカー初めての優勝を遂げた。

 強かった。中でもGK廣末からのフィードで3得点。その威力をまざまざと見せつけた。既にFC東京への加入が決まっている。FC東京のGKといえば、今シーズンはベテランの秋元がゴールマウスを守ったが、西川などに比べれば見劣りしたことは否めない。来シーズンは林彰洋が加入するが、FWに大久保が加入することを考えれば、廣末のフィードは大きな武器になるかもしれない。早くJリーグでのプレーを見てみたい。その他にもCF鳴海やCH高橋など魅力的な選手が多い。彼らを育てた黒田監督にもおめでとう、そしてご苦労さまと言いたい。22年目にようやく掴んだ栄冠だ。