読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プレミアリーグ第24節 チェルシー対アーセナル

 前節リバプールと引き分けたチェルシーは中3日の今節、ホーム・スタンフォードブリッジで3位アーセナルを迎えた。アーセナルは前節ワトフォードに苦杯を喫して勝ち点差を広げられ、3位に後退。優勝のためには絶対に負けられないゲーム。だが前節ジャカが退場。ラムジーカソルラもケガで欠いて、オクスレードチェンバレンボランチを務める緊急事態。前線はイウォビを左SHに置いて、サンチェスがワントップに入る。

 2分、GKクルトワのパスをOHエジルがカット。戻しのパスを左SHイウォビがミドルシュートを放つが。わずかにポストの右。序盤はアーセナルがパスを回して攻めていく。チェルシーは11分、右FWペドロのFKからCBケーヒルがヘディングシュートを叩き付ける。そして13分、右WBモーゼスの縦パスに抜け出した右FWペドロがクロス。CFジエゴ・コスタのヘディングシュートはGKチェフがファインセーブ。しかしゴール前高く上がったボールに左WBマルコス・アロンソが走り込んでヘディングで押し込む。チェルシーが先制点を挙げた。一緒に競った右SBベジェリンは頭を打ってそのままガブリエルに交代した。

 アーセナルは18分、エジルのCKからCHコクランがミドルシュート。しかし枠を捉えられない。逆にチェルシーは19分、右WBモーゼスがドリブルで進むと、右FWペドロの戻しにCFジエゴ・コスタがシュート。しかしサイドネットに外れる。その後もチェルシーが攻めていく。32分、CHマティッチから左に展開。左WBアロンソのクロスに右FWペドロがボレーシュート。GKチェフがセーブした。

 アーセナルは38分、SCKからエジルが横に流し、CHオクスレードチェンバレンのクロスに右SBガブリエルがヘディングシュート。しかしGKクルトワがナイスセーブを見せる。アディショナルタイムには左SBモンレアルのクロスを右FWウォルコットが落とし、CHコクランが右に展開。OHエジルが中に切れ込んでミドルシュートを放つが、GKクルトワがセーブした。前半は1-0で折り返す。

 後半もチェルシーがペースを掴んで攻めていく。6分、左FWアザールミドルシュート。そして8分、センターサークル付近でのCFコスタのポストプレーを左FWアザールが拾い、身体を寄せるCHコクランを振り切りゴールへ迫ると、CBコシエルニもかわしてシュート。GKチェフの右を抜いて追加点を挙げる。アーセナルは13分、左SBモンレアルのクロスに、右FWウォルコットが飛び込むが、DFがクリアした。

 その後はなかなか攻め込めないアーセナル。20分にはCHコクランに代えてCFジルーを投入。サンチェスを左SHに回す。さらに25分には右FWウォルコットに代えてウェルベックを投入。33分、CBムスタフィのクロスに右FWウェルベックがヘディングシュート。GKクルトワがナイスセーブ。続くCKからCBムスタフィがヘディングシュート。枠の左に外れる。

 チェルシーも39分、ペドロとアザールに代えて、FWウィリアンとCHセスク・ファブレガスを投入する。そして40分、アーセナルスローインをGKチェフが受けて、そのままDFへパス。ところがセスク・ファブレガスがカットし、がら空きのゴールへループシュート。3点目を挙げた。アーセナルアディショナルタイムに左SBモンレアルのクロスをCFジルーがヘディングで叩き込み、1点を返すが遅すぎた。そしてタイムアップ。3-1でチェルシーが勝利した。

 チェルシーの快勝。これで勝ち点差は12。アーセナルの優勝はほぼ消滅した。それにしてもチェルシーは強い。逆にアーセナルベンゲル監督がベンチに入れない影響が大きいのか、これで2連敗。プレー内容もパッとせず、今後が心配になるゲームだった。