読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン対バイエルン・ミュンヘン

サッカー

 2位ライプチヒが停滞する中、順調に勝ち点を積み上げているバイエルン。CLではアーセナル相手に大勝し、中2日でヘルタのホームへ乗り込んできた。メンバーはレバンドフスキシャビ・アロンソ、マルティネスらをベンチに温存し、ミュラーのワントップ。キミッヒとビダルボランチに、アルカンタラをトップ下に置いて、アラバとフメルスがCBを組む。対するヘルタはダリダをトップ下。原口はもちろん右SHで先発した。

 序盤から積極的に攻撃に出るヘルタ・ベルリン。恐れず高い位置からプレスを敢行し、序盤はバイエルンと互角に戦った。18分、CHシェルブレッドのミドルシュートはDFがブロック。そして21分、左サイドで得たFKを左SBブラッテンハルトが蹴ると、ニアにCFイビシェビッチが飛び込んで足を伸ばす。ゴール。ヘルタが先制点を挙げた。

 原口もよく前への意識を持って仕掛けるが、バイエルンの守備も堅い。攻撃はもちろんだが、右SBペカリークとの連携がよく、守備でよく貢献していた。バイエルンは24分、右SHロッベンのFKにCBフメルスがヘディングシュートを放つが、GKヤーシュテインがキャッチする。ヘルタは守備もしっかりと固め、バイエルンの攻撃を寸断する。35分、CHキミッヒのドリブルから縦パスに右SHロッベンがシュート。しかしGKヤーシュテインが抑える。

 38分には右SH原口がドリブルで左SBベルナを抜き、右サイドからクロス。だがDFにブロックされる。続くCKにCBブルックスがヘディングでつなぎ、CFイビシェビッチボレーシュート。しかしこれは明らかなオフサイドだった。前半はヘルタがよく守り、バイエルンの攻撃が機能しないまま、1-0で折り返した。

 後半11分、左SHカルーが抜け出してドリブルから右に大きくラストパス。走り込んだ右SH原口がミドルシュートを放つが、枠を大きく外した。フリーだったのに、せめて枠へ飛ばしてほしかった。しかしその後もヘルタは攻撃陣がよく仕掛けて、バイエルンに攻撃をさせない。13分、CFイビシェビッチポストプレーから右に流し、右SBペカリークのクロスにOHダリダがシュート。しかしGKノイアーがキャッチする。バイエルンも16分、OHアラカンタラがミドルシュートを放つが、GKヤーシュテインがキャッチした。

 なかなか攻撃の糸口がつかめないバイエルンは16分、CHビダルとCHキミッヒに代えて、FWレバンドフスキとCHシャビ・アロンドを投入する。アルカンタラを1列下げてダブルボランチにし、レバンドフスキミュラーと並んで2トップ。18分、右SHロッベンがドリブルを仕掛けるが、CHシュタルクがよくカット。ヘルタは本当によく守る。28分には右SBラームの落としからCHシャビ・アロンソミドルシュートを放つが、これもDFがブロックした。32分、左SBベルナに代えてコマンを投入。

 しかし後半も40分近くなると、ヘルタは足を攣る選手が続出する。原口も足を伸ばしていた。42分、CFイビシェビッチに代えてエスバインを投入。エスバインはイビシェビッチと同じワントップに入る。44分、CBアラバのFKはGKヤーシュテインがナイスセーブ。47分、左SHカルーに代えてミッテルシュテットを投入。さらに49分、右SH原口に代えてルステンベルガーを投入する。しかしこの交代が裏目に出たか。51分、左SBコマンの仕掛けに右SBペカリークがPA手前で倒す。あとワンプレー。予定のアディショナルタイム5分を超えて、ダールダイ監督は時間が過ぎているとアピールする。そして蹴られたアルカンタラのFKを右SHロッベンミドルシュート。左SHミッテルシュタットが弾き返すが、こぼれ球をFWレバンドフスキがシュート。これが決まり、土壇場でバイエルンが追い付く。そしてタイムアップ。ゲームは1-1のドローで終わった。

 土壇場で勝利を逃してしまったヘルタ。そのショックは大きい。しかし同時に大きな経験ともなった。原口も悔しさをにじませつつ、90分本気のバイエルン相手に互角に戦えたことを評価していた。次節以降は日本人対決が続く。原口の活躍、そして他の日本人選手の活躍が楽しみだ。