読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第3節 ガンバ大阪対FC東京

 2連勝と快調なスタートを切ったFC東京。ガンバはACLと並行した戦いで今年もやや苦戦。それでも先週はACLのゲームがなかったので、前節から中5日のゲーム。前節から採用した3-5-2がいい感じ。長沢とアデミウソンの2トップも絶好調だ。中盤は遠藤をアンカーに今野と倉田を前に上げる形。右WBには19歳、初瀬が入る。対するFC東京はこれで3戦連続同じ先発メンバーか。

 序盤、お互い激しい攻防が続く。6分、遠藤のCKにFW長沢がヘディングシュート。GK林がナイスセーブ。DFがクリアする。FC東京も9分、左SB太田のスルーパスに左SH永井が抜け出し、クロスに右SH河野が走り込む。しかしその前でDFがクリアする。その後はFC東京がパスを回して隙を窺う。だがガンバのプレスが早い。なかなか攻撃が形にならない。

 すると22分、CH遠藤のフィードにFWアデミウソンが走り込み、CB丸山を抜くと、GKと一対一。GK林の左を抜いて、ポストに当ててゴールに転がり込む。ガンバが先制点を挙げた。その後もガンバのプレスが厳しい。そして前に速い。32分、FC東京のCKをキャッチしたGK東口がすぐにスローイング。FWアデミウソンが収めて左に流すと、右IH倉田が走り込み、ドリブルからミドルシュート。DFにクリアされるが、GK東口からの早い攻撃は見事。

 FC東京は35分、右SH河野が足を痛め、左SH中島に交代する。永井が右SH。37分、中島のFKは大きく枠を外す。38分にはルーズボールを収めたFW長沢がスルーパス。FWアデミウソンが抜け出して強烈なミドルシュート。サイドネットに外れるが、球速が並じゃない。FC東京も44分、右サイド深くからのFKをOH東が落として、右SH永井がミドルシュート。しかしGK東口が弾いて、キャッチした。前半はガンバ1点リードで折り返した。

 後半1分、右SB室屋のクロスにCF大久保がヘディングシュート。CBファビオと頭を打って、しばらく時間がかかる。その後、FC東京は中島をFWに上げて、東を右SH、永井を左SHに戻す4-4-2の布陣にする。しかし7分、左SB藤春のクロスがファーサイドで左SB太田に当たってゴール前にこぼれたところを右IH倉田がシュート。ポストに当たってはね返ったボールにFW長沢が詰める。が、CB丸山に当たってゴールに転がり込んだ。オウンゴールでガンバに追加点を献上した。

 14分、FC東京は東に代えて右CB徳永を投入。右WB室屋と左WB太田を上げる3バックにする。17分、右WB初瀬のクロスに右IH倉田がボレーシュート。ネットを揺するが、これはオフサイド。その後、FC東京はCF大久保がボールに触ってゲームを作るが、なかなか決定機が作れない。20分、FC東京は左FW永井に代えて前田を投入する。29分、FW長沢のミドルシュートがポストを叩く。FC東京は30分、右FW中島から右に流して、CF大久保のスルーパスに右WB室屋が走り込みクロス。右FW中島が走り込むが、CBファビオがゴール前でクリアする。

 そして31分、PA内右サイドでサイドチェンジのパスを受けた右WB室屋に左IH今野が猛然と詰める。室屋がボールを右に流してかわそうとしたところに今野が詰めて押し倒してしまう。34分、CF大久保の狙い澄ましたPKはGK東口が反応。こぼれたボールに大久保が詰めてシュートを放つが、これもGK東口が身体に当てる。続く太田のCKにCF大久保がボレーシュート。これもGK東口がセーブする。

 ガンバは38分、右WB初瀬に代えてオジェソク。39分、右CB三浦の蹴った長いFKをFW長沢が落とすと、FWアデミウソンがシュート。DFのブロックをCH遠藤がミドルシュート。しかしわずかに左に外れた。しかし直後の39分、右IH倉田が長い縦パス。FWアデミウソンが抜け出し、クロスにFW長沢が走り込む。その手前でCH橋本が足を滑らせオウンゴール。決定的な3点目を献上する。

 42分にはガンバはFWアデミウソンに代えて若い高木を投入。43分、右WB室屋のクロスにCF大久保がヘディングシュート。GK東口がナイスセーブ。続く太田のCKをGK東口がパンチング。右FW中島がミドルシュートを放つが、GK東口がファインセーブ。すばらしい。FC東京、戦意喪失。44分、CH遠藤からのフィードに走り込んだ左WB藤春のクロスにFW高木が飛び込む。しかしシュートはGK林がナイスセーブ。アディショナルタイムにもCH遠藤のクロスにFW長沢がヘディングシュートを放ったが、これは枠の外。6分という長いアディショナルタイムもガンバが支配してタイムアップ。3-0。ガンバがFC東京に完勝した。

 3バック、そして遠藤のアンカーがよく機能している。そしてアデミウソンが絶好調。ACL済州ユナイテッド戦に3バックで1-4と完敗してから、3バックの並びを変更。ファビオを中央にして前節レイソル戦は3-1と勝利。そしてこのゲームも3-0と完勝。いよいよガンバが乗ってきた。次節はホームでのレッズ戦。その前にACLがあるが、この勢いで戦うレッズ戦は非常に楽しみだ。DAZNで是非とも観戦したい。