読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

石原元都知事の言ってることももっともだと思ってしまうんだけど・・・。

 週末に都議会の百条委員会が開かれ、石原元都知事が答弁をしていた。その前の記者会見の際に、石原氏の足取りがあまりにヨボヨボでびっくりした。84歳だそうだが、脳梗塞の後遺症なんだろうか。だからというわけではないが、百条委員会や記者会見で石原氏が話した内容に「そりゃそうだろうなあ」と思わず理解を示してしまった。

 マスコミや小池都知事は相変わらず、石原氏を叩いているが、実際、どこまで都知事に情報が上がり、具体的な指示をしているのか、よくわからない。確かに、東京ガスから買収するということは石原氏も了解しているだろうが、そもそも「豊洲開発が、石原氏の構想として、関係部局に指示があって動き出したものかどうか」、その点が肝で、その後は、いくらで買収するかとか、補償上限額の設定などといった具体的な内容については、「担当部局に任せていた」と言ってもそれほど間違ってはいないのではないか。

 しかも本人も「責任はある」と言っている。いったい何のために百条委員会を開催したんだろう。そして石原氏が小池都知事に対して不作為を批判していたが、それもそのとおりだと思ってしまう。そもそもこの問題は、豊洲市場での地下水調査で有害物質が検出された点にあるわけで、それに対してどう対応するのかということが最も早急に決めなければいけないこと。石原氏の責任問題などはこの問題が片付いた後にやればいいことのように思うが、どうなんだろう。

 小池都知事はいったいこの問題をどう解決したいと思っているのか。この問題をうまく利用して、都議会の小池支持派を多数派にしたいという思惑は何となく見えるような気がするけど、そうすると豊洲問題は都議選が終わる今年7月以降までダラダラと持ち越すんだろうか。

 もっとも私は石原氏支持派ということはなく、これまでの右寄りな言動には大いにあきれているし、人間的にも尊大な態度など大嫌いだが、今回の問題は、小池都知事が無理やり問題にして引っ張り出してきたように思えてならない。石原氏も小池氏もどちらもどちらだが、今回のことには石原氏に同情したくなってしまった。石原氏ももうそろそろ執筆活動などやめて、ゆっくりあの世への逝き方について考えた方がよくないですか。今さら引っ張り出してきて、「石原氏に大いに責任がある」となったからといって、いったいどうなるんだろう。私には小池都知事が何をしたいのかがわからない。まさか共謀法隠しが目的ってわけでもあるまいし。