読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

W杯アジア最終予選第6戦 UAE対日本

 実にすばらしいゲームだった。これまでの代表のゲームを振り返っても、最高に近い内容だった。最後まで戦う姿勢。思い切ったプレー。見事なシュート。キックオフからタイムアップまで、全ての選手が一時も緩むことのないすばらしいサッカーを展開してくれた。そして苦手UAEに対して初めてアウェイでの勝利を挙げた。2連敗の悪夢を振り払った。これでグループリーグ2位。勝ち点でサウジアラビアに並んだ。次のタイ戦も確実に勝利して、W杯出場へさらに近付いてほしい。

 UAEはピッチのサイズを横幅4m縮めるという奇策まで弄して、日本戦に備えてきた。オマル・アブドゥルラフマンを右SHに据える4-4-2の布陣。日本は大迫のワントップに右SH久保、右IHに香川。そして負傷欠場の長谷部に代わって今野が左IHで先発した。アンカーは山口。両SBは右SB酒井宏樹と左SB長友。序盤から日本が積極的に攻めていく。

 5分、CB森重のフィードを右SH久保が落とし、CF大迫がシュート。しかしこれは当たり損ね。7分にはCH山口の縦パスを左SH原口が落とし、CF大迫がミドルシュートを放つ。UAEはやはり右SHオマル・アブドゥルラフマンが中心。彼にボールを集め、展開しようとするが、左IH今野がしっかりとケアして自由にパス出しをさせない。12分、CHイスマイルがミドルシュートを放つが、左に外した。

 そして14分、右SB酒井宏樹の縦パスに抜け出した右SH久保がGKのニアを打ち抜くすばらしいシュート。日本が幸先よく先制点を挙げた。UAEも20分、左SHハマディのドリブルから右に流すと、FWマブフートがGKと一対一。しかしシュートはGK川島がファインセーブで弾き返す。このゲーム最大のピンチをGK川島が救った。

 その後もUAEが必死に反撃するが、この日の日本はみんな集中している。28分には右SH久保が切れ込んでミドルシュート。45分にはスローインから左SH原口がうまくマークをかわして前を向き、ドリブルからシュートを放つ。UAEアディショナルタイム、右SHオマルがFKを放つが、大きく外す。前半は1-0。日本リードで折り返した。

 後半に入ると、UAEがさらに前への圧力を強めてくる。3分、左SBサンクールのクロスにFWマブフート、さらに左SHハマディが飛び込むが、わずかに届かない。4分には右SHオマルから右SBハイカルがクロス。左SBサンクールシュートを放つが、DFがしっかりブロックする。そして6分、CB吉田のフィードをCF大迫が落とし、右SH久保が切り返してクロス。左SH原口がDFを連れて中に絞り込んだファーサイドに左IH今野が上がり、ワントラップからシュート。日本が追加点を挙げた。

 その後も日本の守備が集中している。15分には左SB長友のクロスにCF大迫がヘディングシュート。GKエイサがファインセーブを見せる。そして19分、UAEはCHイスマイルに代えてオマルの兄弟、ムハンマド・アブドゥルラフマンを投入する。22分にはFWマタルがミドルシュート。日本も26分、右IH香川に代えて倉田を投入。前線からの運動量を補填する。29分には右IH倉田のスルーパスにCF大迫が走り込み、シュート。GKエイサがセーブする。

 UAEは30分、FWマタルに代えてサーレハを投入。日本も33分、疲れが見えてきた右SH久保に代えて本田を投入する。直後、右IH倉田がミドルシュート。日本の前からの守備がいい。37分、CF大迫がゴール前への積極的なチェイシングからファールを受け、倒れる。自らバツを出して交代を要求。試合後、軽傷をアピールしていたが、少し心配。代わってCF岡崎が投入された。

 直後の37分には右IH倉田のCKにCF岡崎がニアに走り込んでヘディングシュート。43分、右SH本田のドリブルから左SH原口にスイッチ。右に流してCF岡崎がシュートするが。ポスト左に外す。43分には右SH本田がミドルシュートUAEアディショナルタイムムハンマド・アブドゥルラフマンがミドルシュートを放つが、反撃もこれくらい。最後まで日本が攻めきって、2-0。重要な試合で気迫の勝利を挙げた。まさに快勝。

 次は日本に戻ってのタイ戦。今度こそ圧勝して、グループリーグで首位に立ち、W杯出場に迫ってほしい。次戦タイ戦に期待する。