読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第5節 アルビレックス新潟対ガンバ大阪

 レオシルバにラファエルシルバとアルビレックスを支えてきた外国人選手二人が移籍したアルビレックス。代わりにホニとチアゴガリャルドと二人の新外国人選手が加入したものの、ここまで2分2敗と勝利を挙げられずにいる。対するガンバは2勝2分。前節は終盤でレッズに追い付かれたが、遠藤をアンカーに置く3-5-2が機能して、ここまでいい感じで勝利を重ねてきた。代表戦で今野が負傷し、代わりに井手口が左IHに入った他は、いつものメンバーが先発した。

 開始6秒、キックオフからのボールを奪った左IH井手口が思い切りのいいミドルシュート。満を持して先発した井手口のやる気を感じる。対するアルビレックスも5分、左SH山崎のスルーパスにFWホニが抜け出すが、DFがブロックした。そして9分、右WB初瀬のクロスをDFがクリアすると、ルーズになったボールを右IH倉田が拾い、ボールキープからミドルシュート。これが決まり、ガンバが先制点を挙げた。

 11分にはCBキムジョンヤのフィードをFW長沢が落とし、左IH井手口がミドルシュート。サイドネットに突き刺さる。なかなか攻撃の糸口をつかめなかったアルビレックスだが、17分、右SB矢野からのダイアゴナルなクロスを受けたFWホニが縦に仕掛けようとしたところを、CBファビオの足が掛かり、倒れる。PK。これを山崎が落ち着いて決めて、アルビレックスが早い時間に同点に追い付いた。

 その後はアルビレックスが攻めていく。21分、ガンバのDFへのバックパスをカットしたFWチアゴガリャルドがドリブルからシュート。これはDFがブロック。22分、チアゴガリャルドのロングスローに右WB矢野がヘディングシュート。25分、CH小泉のスルーパスにFWチアゴガリャルドが抜け出してシュート。しかしこれもDFにブロックされる。

 守勢に回ったガンバだが、アンカーの入った遠藤へのプレスは少なく、遠藤から落ち着いてパスを回す。37分には右IH倉田と右WB初瀬のパス交換から初瀬が駆け上がり、クロスをFW長沢が落として、倉田がヘディングシュート。しかしバーを越える。43分、遠藤のFKからCB三浦のヘディングシュートは当たり損ね。こぼれたボールをFWアデミウソンがシュートを放つが、ポストに嫌われた。アルビレックスアディショナルタイム、CH原の縦パスを受けたFWホニがドリブルからスルーパス。FWチアゴガリャルドがシュートを放つが、DFにブロックされた。前半は1-1のまま折り返した。

 後半になってもアルビレックスが元気。5分、左SB酒井のクロスのこぼれを右SB矢野がシュート。そして10分、FWチアゴガリャルドのスルーパスにFWホニが抜け出しシュート。これが決まり、アルビレックスが逆転、勝ち越した。

 反撃するガンバは17分、右WB初瀬に代えて堂安を投入。直後のCKはニアにCB三浦が走り込んでヘディングシュートを放つが、枠を捉えられない。23分、アルビレックスはFWチアゴガリャルドに代えて田中達也を投入。ガンバも28分、CH遠藤に代えて左WB泉澤を投入する。遠藤に疲れが見えたか。しかしアルビレックスは30分、CH原の縦パスにFW田中が抜け出し、クロスにFWホニがシュートを放つ。しかしGK東口がセーブ。

 そして31分、左WB藤春の仕掛けを右SB矢野が倒し、CH井手口のFKにCBキムジョンヤがヘディングシュート。これが決まり、ついにガンバが同点に追い付いた。その後はガンバの攻勢が続く。35分、右IH倉田のミドルシュートはGK大谷がセーブ。アルビレックスは37分、FWホニに代えて鈴木武蔵を投入。そして40分、CKからはね返されたボールをCH井手口が収めて、左SHにいた堂安がクロス。DFがクリアするもゴール前で混戦になったところを、CH井手口がうまくDFをかわしてシュート。これが決まり、ついにガンバが逆転した。井手口が元気だ。

 アルビレックスは41分、左SH山崎に代えて成岡を投入。ガンバもFWアデミウソンにに代えて右WB丹羽を投入。守りを固める。アルビレックスはタイムアップ直前のアディショナルタイム5分、左に回ったSH加藤のクロスにFW田中が飛び込むが、ヘディングは空振り。その後ろに飛び込んだFW鈴木武蔵も届かない。そしてタイムアップ。ガンバが鮮やかな具悪天で3-2。勝利数を3に伸ばした。

 アルビレックスの二人の外国人、ホニとチアゴガリャルドは積極的にゴールを狙うプレーで攻撃の核となり、脅威となっているが、守りが思ったほどに機能していない。このゲームも3失点。ボールの周りに複数の選手が集まって重なり、結局、密集したDFを外してシュートを打たれ失点している。もう少し何とかならないか。守備の整備ができないと、勝利はなかなかやってこないのではないか。