読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

ブンデスリーガ第27節 ドルトムント対ハンブルガーSV

 香川が今季リーグ初ゴールを挙げたミッドウィークの第27節。DAZNがあるとこんなゲームも観ることができる。香川の活躍振りに酔いしれた。ドルトムントは久しぶりに4-2-3-1の布陣。累積出場停止のパパスタソプロスに代わってギンターがバルトラと共にCBに入り、右SBピシチェク、左SBゲレイロ。バイグルをアンカーにカストロは攻撃時には左IHに上がってくる。そしてモルが左SHで先発。右SHデンベレ。香川はトップ下だ。対するハンブルガーは酒井高徳ボランチで先発。ワントップにはウッドを置く4-2-3-1。ちなみにアメリカ国籍のウッドの母親は日本人だそうだ。

 序盤からドルトムントが攻勢をかける。5分、CHバイグルのフィードにCFオバメヤンが抜け出しシュート。GKアドラーがブロックする。ハンブルガーも10分、右SHグレゴリッチュのフィードにCFウッドが走り込み、シュートを放つが、GKビュルキが止めた。11分にはCHカストロのフィードに右SHデンベレが抜け出し、GKと一対一になるが、シュートはGKアドラーがナイスセーブ。そして13分、OH香川が落として、左SHモルとワンツー。香川が抜け出そうとしたところをCBエクダルに抑えられてFK。これをCHカストロが直接決めて、ドルトムントが先制点を挙げる。

 ハンブルガーはしっかりと守ってカウンターで攻める。25分、CFウッドがドリブルで仕掛けるが、最後のところでCBギンター、そして右SBピシチェクに止められた。27分、CBギンターの縦パスをCFオバメヤンが落とし、OH香川がヒールでスルーパス。CFオバメヤンが抜け出してGKと一対一になるが、シュートはGKアドラーがナイスセーブした。

 直後にはハンブルガーもCH酒井がドリブルで駆け上がり、OHホルトビーから左に展開。左SHコスティッチが切れ込んでシュートを放つが、GKビュルキがナイスセーブを見せる。さらに32分、CFウッドがミドルシュート。38分、左SHコスティッチのクロスにCFウッドがヘディングシュート。ポスト左に外す。ドルトムントも43分、左SHモルのクロスにCFオバメヤンがヘディングシュート。しかしGKアドラーがファインセーブ。前半はドルトムントが1点リードで折り返した。

 前半、攻めているようでなかなか追加点が取れないドルトムントは、後半頭から左右のSHを入れ替える。右SHモル、左SHデンベレ。すると5分、左SHデンベレのクロスをCFオバメヤンが落とし、さらにOH香川がつないで、左SBゲレイロがシュート。GKアドラーがファインセーブを見せる。11分、CFオバメヤンのクロスにOH香川が胸トラップからシュート。DFがブロック。13分、OH香川が左に流し、左SHデンベレが切り返しからシュートを狙う。さらに15分、右SHモルが右から中へドリブルで切れ込み、ミドルシュート

 ここでドルトムントは右SHモルに代えてプリシッチを投入。ハンブルガーも右SHグリゴリッチュをハントに交代する。18分、ゴール前でOH香川がCFオバメヤンとワンツー。しかしDFにブロックされる。18分、CFウッドがミドルシュート。19分、右SHハントの縦パスに右SBディークマイアーのクロスに左SHコスティッチがボレーで叩き付けるが、バーを越えていった。後半はここまで互角の展開が続く。

 28分、右サイドからのスローイングをOH香川が絶妙のスルーパス。CFオバメヤンが抜け出すが、シュートはわずかに左。31分、左SHデンベレのスルーパスにCFオバメヤンがシュートを放つが、GKアドラーがセーブ。お互いゴールが遠い。33分、ドルトムントは左SBゲレイロに代えてパスラック。ボランチのバイブルに代えてシャヒンを投入する。すると36分、左SBパスラックがヘディングで縦に送ったパスに、CFオバメヤンがCBエクダルにうまく競り勝ち抜け出すと、クロスはOH香川が簡単に流し込むだけ。ドルトムントがようやく追加点を挙げた。そして香川にとっては今季リーグ初ゴールとなった。

 ハンブルガーのCBエクダルはこのプレーで足を痛め、38分、ヤニッチに交代。さらに39分、CFウッドに代えてラソッガを投入する。しかし攻められない。アディショナルタイム2分、左SHコスティッチが放ったミドルシュートはGKビュルキがセーブ。逆に2分、スローインからOH香川が長いスルーパスを出すと、CFオバメヤンが抜け出してシュート。ダメ押しの3点目を入れて、タイムアップ。終わってみれば3-0でドルトムントが快勝した。

 ドルトムントが追加点を挙げるまではハンブルガーもよく粘った。逆にドルトムントがなかなか追加点を取れなかった。それでも今のドルトムントは香川を中心に回っている。このゲームでは1アシスト、1ゴールの活躍。そして下手に下がり過ぎることなく、カストロとの連携もよくとれている。ドルトムントは5位との勝ち点を10に広げ、4位ながらCL出場を固めつつある。香川にはこのままの調子を維持してもらいたい。そして次はいよいよ首位バイエルンとの一戦。意地を見せて是非とも勝利を目指してほしい。