読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プレミアリーグ第32節 ボーンマス対チェルシー

 前節、敗戦後のマンC戦に勝利して、また首位街道を走り始めたチェルシー。第32節の相手はボーンマス。下位に沈む相手ながら、最近5試合は2勝3分と負けなし。後半戦は強豪相手に健闘するゲームも多い。今節、先にゲームを終えた2位トッテナムが勝利していることからも、優勝を狙うチェルシーにとっては格の違いを見せ付けたいところ。右WBモーゼスがケガから復帰して、またいつものベストメンバーが先発した。ボーンマスはCHウィルシャーがゲームを作る。

 開始2分、ボーンマスの右SHフレイザーのクロスをクリアしようとしたCBダビドルイスのキックが、キックミスでコースが変わる。GKクルトワがファインセーブ。10分、右WBモーゼスのサイドチェンジから左WBマルコス・アロンソがシュートを放つ。14分には右CBアスピリクエタのフィードに左SHアザールが走り込むが、わずかに届かない。序盤からチェルシーが快調に飛ばしていく。

 ボーンマスは16分、CHウィルシャーのスルーパスに右SHフレイザーがドリブルからミドルシュートボーンマスは守りながら、カウンターを狙う。しかし17分、右WBモーゼスのクロスを受けたCFジエゴ・コスタが反転してシュート。しかし当たり損ねたシュートは右SBスミスに当たってコースが変わり、ゴールに転がり込む。オウンゴールチェルシーが先制した。さらに20分、チェルシーがカウンターのお手本。右SHペドロがドリブルで運ぶと、戻しのパスをCHカンテが縦に。走り込んだ左SHアザールがGKをかわし、角度のないところからシュートをゴールに転がし込む。チェルシーが追加点。

 しかしその後はボーンマスがパスを回して攻めていく。28分、左SBダニエルズのクロスにCFアフォーベがボレーシュート。ポストを叩く。チェルシーはカウンター。31分、右CBアスピリクエタの縦パスを左SHアザールがダイレクトで前に送ると、右SHペドロがシュートを放つ。33分には、CHカンテのカットから右SHペドロの縦パス。CFコスタがシュートを放つ。さらに34分にはアザールのCKから右SHペドロがヘディングシュート。GKボルツがナイスセーブ。36分、左SHアザールのクロスに右WBモーゼスがヘディングシュート。しかし42分、ボーンマスが右SHフレイザーのがんばりから縦パスをCFアフォーベが右に流し、OHキングがシュート。これが決まり、ボーンマスが同点に追い付く。前半は1-1で折り返した。

 後半もボーンマスがパスを回して攻める展開でゲームに入る。5分、左SHピューのパスから右SHフレイザーミドルシュート・ポストわずか左に外れた。ボーンマスが攻めるもチェルシーのプレスは速く、ミスからうまくボールを奪ってはカウンター攻撃。チャンスを作っていく。そして23分、右SHペドロのドリブルから左SHアザールが右に展開。CFコスタが受けたところに、CBフランシスがファール。倒してしまう。PA手前で得たFKを左WBアロンソが直接決めて、チェルシーが追加点。3-1と突き放す。

 ボーンマスは26分、左SHピューに代えてアイブを投入。31分、CHウィルシャーの縦パスからOHキングがミドルシュート。枠を外す。だが、その後はチェルシーの攻撃が調子よく回る。35分、右WBモーゼスがドリブルでゴール前まで走り込み、シュートはGKボルツがファインセーブ。39分にはアザールに代えて左SHセスク・ファブレガスを投入。40分、CFジエゴ・コスタポストプレーから右SHペドロが落とすと、コスタがミドルシュート。GKボルツがセーブした。結局そのままタイムアップ。チェルシーは勝ち点3を手に入れ、再び2位との勝ち点差を7とした。

 着実に勝ち点を積み上げたチェルシー。次節はマンUとのゲーム。マンUはCL圏内を目標にするだけに難しい相手だ。チェルシーがどう戦うか。次節の対戦が楽しみだ。