読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

首が痛くなって

 首の右側が痛い。発端は先週の日曜日。その日は夕方に来客があり、その後はDAZNでサッカーを観たりしていたが、夜、パソコンに向かってサッカーの観戦ブログを書いていたら、次第に右の首から肩にかけて辛くなってきた。風呂に入って肩を温めてマッサージをして、すぐに寝た。ところが3時過ぎに、首の痛みで目が覚めた。あまりに痛くて眠れないので、ロキソニンを飲んで寝た。

 月曜日からは雨模様の天気。娘を駅まで送り、パソコンをやっていたらやはり右首がしんどい。それでも昼食後、しばらく2階で部屋の整理をしていたら、少しずつ痛みが治まってきた。それで本棚を1台、動かして、再収納を始めた。それが悪かったのか、夜になるとまた痛みがぶり返す。ちょっとした動きで右首に力が入ると、その拍子にぐぐっと筋肉に力が入り、堅くなって痛くなる。それを妻に言うが、理解してくれない。痙攣のような・・・何と言えばいいんだ。

 夕食後、ロキソニンを飲んで寝た。翌朝も雨。娘を駅まで送る途中、右を向くのがつらいので、いい加減な方向確認で出ようとしたら、バスにクラクションを鳴らされた。ネットで調べると、パソコン時のストレートネック状態で首が痛くなると書かれている。それかもしれない。「安静が第一」ということで、昼食後は昼寝。ところが起きたらまたさらに痛くなった。何より寝るのが苦痛。寝る時に頭を枕に付けるまでの途中が痛い。頭を片手で支えつつ、枕に据えようとするが、ちょっとした動きで右首の筋肉が硬直し、締め付けられるような痛みが起きる。それでうまく眠れないまま、起きればまた辛い。それでも何とか夕方まで過ごし、夜は真央ちゃん関係のTVを見てぼおっとしている。夕食後、ロキソニンを飲んだら、痛みが少なくなっている。精神的にぼおっとしていたのがよかったのか。これで快方へ向かうかと期待した。

 翌日は、白内障手術のための1ヶ月検診。どうしても行く必要があるし、朝、ロキソニンを飲んだら、何とか動ける様子。それで朝の通勤電車に乗って名古屋まで出る。病院では痛くなる時もあったが、何とか無事に帰って来られた。それで夕方に整形外科に行こうとする。ところがこれが難事業。整形外科までクルマで20分。しかし夕方になるとさらに痛みが増してきた。そろそろとクルマを運転して病院へ。レントゲンを撮って、診断は、病名を明確には告げられなかったが、「ロキソニンを朝昼晩と3食後にしっかり飲んで。1週間続ければ治る」と言われる。ロキソンニン配合の湿布を右首に貼って、何とか家に戻ってきた。

 医者の言葉を信じて、今は無理せず、薬を飲む生活。今週の歓送迎会などの予定はすべてキャンセルした。これが定年前だったらもっとひどいことになっていた。いや、退職したからこそ、環境の変化が今回の状況をもたらしたのかもしれない。来週末には旅行の予定だが、本当に1週間で治るのか。いや絶対治さねばならない。けっこう悲壮だ。