読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第7節 FC東京対浦和レッズ

 大久保、ピーター・ウタカを加え、大型補強で今季は優勝争いに加わるかと思われたFC東京だが、ここに来て途端に勝ち星が伸ばせなくなった。前節は昇格組のコンサドーレに敗戦。いったいどうなっているのか。対するレッズは初戦こそマリノス相手に星を落としたものの、このところ絶好調。前節はベガルタ相手に7-0と圧勝した。その攻撃陣にも興味があった。ところが、FC東京は大久保とウタカが共にケガで欠場。太田や中島もベンチに置いて、CH梶山、右SB徳永のベテラン勢が先発した。FWはこれまた経験豊富な前田に阿部拓馬。対するレッズは右WBに今季初先発の菊池大介を起用した他はいつものメンバーだ。

 開始1分、右SH永井の落としからFW阿部拓馬がシュート。GK西川が正面でキャッチしたが、FC東京が序盤から積極的にプレスをかける。3分にはFW阿部のクロスのこぼれを右SH永井がシュート。DFがブロックする。序盤は受けに回ったレッズ。だが14分、CH梶山が前に上がっていったところをCB遠藤が止めると、こぼれ球をCH柏木がつなぎ、CFラファエルシルバがドリブル。スルーパスにFW興梠が抜け出して、飛び出したGK林の脇を抜けるシュート。これがコロコロとゴールに吸い込まれて、初シュートでレッズが先制点を挙げた。

 反撃するFC東京は19分、左SH東のFKからCH梶山がヘディングシュート。しかし枠は捉えられない。その後は両者互角の戦いが続く。39分、右CB森脇の長いサイドチェンジのパスを左WB宇賀神が落とし、FW興梠がミドルシュート。レッズは守る時はしっかりと守って、攻めるべき時には一気呵成に攻める。攻守のメリハリがしっかり効いて、FC東京のがむしゃらぶりとはサッカーの質が違う。アディショナルタイムには右WB菊池のパスからFW武藤がミドルシュート。前半は1-0。レッズのリードで折り返した。

 後半に入ってもFC東京のがむしゃらな攻めは続く。5分、FW阿部がつないで、FW前田のポストプレーからCH橋本がミドルシュート。ポストを叩く。レッズは6分、右WB菊池に代えて関根を投入。仕掛けるタイムの関根とクロスを入れる菊池とではタイプが違う。菊池は左WBとして宇賀神と競う方がいいと思った。10分には左SH東のFKがポストを叩いた。ゴールに嫌われるFC東京

 15分、FW前田がポストプレーでがんばり、これを生かしたCH橋本が縦パス。右SH永井が走り込んでクロスを入れるが、DFに当たり、こぼれ球をCH橋本がミドルシュート。枠を捉えられない。FC東京は18分、右SH永井に代えて左SH中島を投入した。永井もイマイチ、チームになじんでいない。自分の長所を生かし切れていない。

 20分、柏木のCKからCB遠藤が乗れーシュート。CH梶山が身体を張る。25分、FW阿部拓馬のドリブルが止められたこぼれから左SH中島がミドルシュート。枠を捉えられない。しかし阿部に対するプレーがファールを取られ、右SH東がFKを狙うが、バーの上を越えていく。攻めるが、レッズの守りの前でゴールが遠いFC東京。逆に29分にはCFラファエルシルバのドリブルからスルーパスにFW興梠が抜け出し、ターンをしてシュート。GK林がセーブした。

 レッズは31分、CH青木を入れて守りを固める。さらに35分にはFW興梠に代えて李忠成を投入。FC東京もFW阿部に代えてユインスを投入する。すると36分、右SH東のクロスをFWユインスがヘディングで落として、左SH中島がミドルシュート。しかしこれも枠を捉えきれない。大きく外した。39分、右SB徳永に代えて左SB太田宏介を投入。しかしレッズのペースは変わらない。40分、OH柏木がミドルシュートアディショナルタイムにはDFのフィードにFW李忠成が走り込み、クロスからCH青木がミドルシュート。GK林が抑えたが、最後までレッズがゲームをコントロール。そのままタイムアップ。1-0。レッズの勝利で終わった。

 レッズは守るべき時にはしっかりと守り、攻めるべき時には攻める。全員が(いや菊池大介をの除いては)そのイメージがしっかりとできていて、終始ゲームをコントロールしていた。一方のFC東京は選手の能力がまだチームとして消化しきれていない印象。永井にしろ、中島にしろ、阿部にしろ、みんな一生懸命やっているが、それが連携になっていない。さらに大久保やピーター・ウタカが入ったとしても、たぶんその印象は変わらない。チーム熟成にはまだまだ時間がかかる。そんな気がした。