読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

夢はみるものではなく、かなえるもの

 2016年6月25日に放送された「100年インタビュー澤穂希」は録画して見たし、ひょっとしたらそのまま保存してあるかもしれない。やはり澤の引退はサッカー界にとって大きな出来事だったし、女子サッカーを現在の地位まで引き上げた最大の功労者と言えば、やはり澤だろう。それでインタビューに対してどんな話をするだろうかと期待したが、けっこう普通だった。

 「夢はみるものではなく、かなえるもの」。このタイトルは澤の座右の銘だという。一般向けの放送ではやはり万人向けの内容になってしまっている。そしてそれを書き起こした本ということで、基本、放送された内容とほとんど変わらない。何より字の大きさにびっくりした。内容の乏しさにも。テレビなら耐えられても、本となると映像情報がないだけにさらに希薄なものとなる。型どおりの人生訓。

 NHKもこんな商売をするんだな(PHP発行だけど)と思った。それでも売れるんだからいいもんだ。こうして読んでいる人間もいるし。記念で購入するのかな。もっとも私は図書館で借りたけど。

 

 

〇契約の打ち切りを告げられて、自分のサッカー人生が終わってしまうかも知れないという不安が募りました。・・・しかし、それが私にとってのターニングポイントになりました。すべてがマイナスではなく、逆にそれがあったから、アメリカでプレーすることにチャレンジできたのです。世界との差を感じ、もっとうまくなりたいという向上心が生まれて・・・好奇心が芽生えて、アメリカに行くことになった(P36)

〇自分の支えになったものはなんでしょうか?/家族や友達、サッカーという存在もありました。でも、私は嫌なこともすべて受け入れてしまうから。そうすると楽になるというか。それで、ここからどうしようかと考えました。出口のないトンネルはないですから、長くかかっても絶対、ここから抜けられると、いつも強い気持ちを持ってやっていました。(P45)

〇たとえ悪い出来事でも、それがチャンスを呼び寄せることはあります。だからこのチャンスを逃してはいけない、そう思ったんです。/私は迷った時には、やるという決断をするほうです。・・・やらずに後悔するより、やって失敗したら、またやり直せばいいと思うほうです。先を恐れて何もしないよりは、新しい波に乗って新しい世界にかけたいと、私は思うんです。(P62)

〇どうしたら夢をかなえられるのでしょうか?/まず、夢を見つけることから始まりますよね。・・・やっぱり目標がないと頑張れないですよね。/それで、・・・本当に自分の夢をかなえるためには、相当な時間がかかると思うんです。/10年、20年、時には30年以上かかるかも知れませんが、でも、やり続ける。やはり、継続することが大切だと思います。・・・最後にはかなうと信じています。(P135)