読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J2リーグ第13節 大分トリニータ対名古屋グランパス

 ザスパクサツには勝利したものの、その後、サンガ、モンテディオとドローが続き、3位ながら勝ち点を伸ばせずにいるグランパス。この間の内容もけっしていいとは言えない。対するトリニータは前節FC岐阜に勝利して8位。しかしグランパスとの勝ち点差は2。首位とも4。J2はここまでかなりの大混戦だ。トリニータのメンバーを見ると、左WB山岸、CHに川西とかつてJ1でプレーしてきた選手がチームを支える。そしてCBには竹内が古巣グランパスとの対戦に闘志を燃やす。一方、グランパスは久し振りに佐藤寿人が先発に復帰した。押谷をトップに玉田と3トップを組む。また、和泉が左WBに張って、磯村がボランチで出場した。

 序盤は快調にパスが回るグランパス。勢いよくトリニータ・ゴールに攻め込んでいく。12分にはFW玉田の落としからFW佐藤がスルーパス。しかしわずかに玉田に合わず、クリアされる。さらに19分、左CB福森から右WB宮原が高い位置でボールを奪うと、FW玉田のドリブルから左に流してCF押谷がクロス。玉田がダイレクトでボレーシュートを放つが、GK上福元が正面でキャッチした。調子よく攻めるグランパス。しかしその直後の21分、トリニータのカウンターが炸裂。CH川西の縦パスをFW後藤がスルーしてCF伊佐が落とすと、後藤がシュート。GK楢崎が一旦ははね返したが、FW小手川が詰めてシュート。トリニータが初めてのシュートで先制点を挙げる。

 その後もグランパスが攻めていくが、なかなかシュートまでいけない。トリニータは23分、CH川西がミドルシュート。32分にはCH磯村からCF伊佐がボールを奪い、CH川西がドリブル、右に流して駆け上がったCF伊佐がシュートを放つ。グランパスは短いパスをつなぐが、止められてカウンターという場面が目立つ。33分、FW玉田のスルーパスをFW佐藤が落とすが、玉田に合わない。その後は1点をリードしたトリニータのペース。ゆっくりとパスを回してグランパスの焦りを引き出す。前半はこのままタイムアップ。トリニータの1点リードで折り返した。

 後半4分、CH田口がミドルシュート。ようやくこのゲーム2本目のシュート。7分にはCH田口のドリブルからFW佐藤が落とし、CF押谷がシュート。しかしDFがブロックする。すると9分、右サイドからFW後藤のフィードに走り込んだFW小手川がクロス。CF伊佐が走り込んだところを、CB酒井が足を出して倒してしまう。シミュレーションを主張するが、聞き入れられず、PKの判定。これをFW後藤が確実に決めて、トリニータが追加点を奪う。

 ここでグランパスはCB櫛引に代えてFWシモビッチを投入。磯村を右CBに下げて、和泉がボランチ。シモビッチと佐藤の2トップにする。しかし12分、CB福森からのフィードにCF伊佐とDFが競り合って、こぼれ球を伊佐が収めると、縦パスにFW後藤が抜け出してシュート。これが決まり、トリニータが何と3-0とグランパスを突き放した。

 グランパスは14分、FWシモビッチが反転からシュート。DFのブロックを拾ったCH田口がミドルシュート。攻撃に焦りが感じられる。直後、左WB押谷を下げて杉本を投入する。17分には左CB内田のクロスにOH玉田がヘディングシュート。しかしポストの右。22分にはFW佐藤を下げてフェリペ・ガルシアを投入。早くも3枚のカードを使い切った。悠々とゲームを運ぶトリニータは28分、山岸に代えて右WB岩田、CF伊佐に代えてCH前田を投入。岸田を左WBに回し、川西をFWに上げる。さらに33分には左WB岸田に代えて黒木を投入。守備を固める。

 グランパスは34分、左WB杉本が積極的に仕掛けてのミドルシュート。しかしGK上福元がセーブ。36分、FWフェリペ・ガルシアのクロスにFWシモビッチがダブルタッチのようなうまい足技からシュートを決めて、1点を返した。しかし直後の40分、トリニータはCH前田がCH田口からボールを奪うと、FW川西のドリブルから右に流してCF後藤がシュート。トリニータ、4点目。後藤はハットトリックを決めて、4-1とグランパスを突き放す。45分には左CB福森のフィードにFW川西がフリー。ドリブルで運んで切り返しからシュートを放つが、GK楢崎がセーブ。さすがに5点目は赦さない。しかしそのままタイムアップ。4-1。トリニータが圧勝した。

 どうしたグランパス。これまでは成熟を待つと言ってきたが、さすがにこの結果は酷い。結局、ショートパスをつなぐ攻撃は依然機能せず。ゴールはシモビッチの個人技による1点のみ。かなり深刻な状況になってきた。次はホームで町田ゼルビア。そろそろ勝たないとホームのサポーターも我慢できないだろう。とにかくゴールが欲しい。守備はその後でついてくると思いたい。