読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プレミアリーグ第37節 ウェストブロムウィッチ対チェルシー

 前節、トッテナムウェストハムに敗れ、2位との勝ち点差が7と開いたチェルシー。勝てば優勝というゲームの相手は8位、ウェストブロムウィッチ。カンテがケガで代わりにフセスク・ファビレガスを起用した他は、いつものメンバー。序盤からいつものサッカーを展開する。

 ウェストブロムウィッチは開始1分、CHフレッチャーの縦パスからCFロンドンがヘディングシュート。4-1-4-1の布陣で守備を固めて、ロンドンの高さと強さを生かす戦い。アンカーのフレッチャーがゲームを作る。9分、CHファブレガスの縦パスを受けたCFディアゴ・コスタがトラップから前を向いてシュート。10分、右FWペドロのミドルシュート。14分にはカウンターからCHマティッチがドリブル。左に流し、CFコスタのクロスに右FWペドロがシュート。チェルシーは長いパスが面白いようによく回る。

 16分、CHセスク・ファブレガスがFKを横に流して右FWペドロがミドルシュート。続くCKから右CBアスピリクエタミドルシュート。21分、CHファブレガスのFKから左CBケーヒルがシュート。いずれもウェストブロムウィッチの選手が身体を張ってブロックするが、前半はチェルシーが攻め続ける。

 今シーズンのチェルシーは第6節アーセナル戦の後半から3バックにして以来、第7節から13連勝。一気に優勝までやってきた。3バックにすることで、サイドを左WBマルコス・アロンソと右WBビクター・モーゼスの二人のWBが攻守に上下動し、これによって攻撃する左FWアザール、右FWペドロが中に絞って、CFコスタと近い位置でプレーできるようになった。またCBも3人にすることで中を締めるとともに、右CBアスピリクエタのスピード、CBダビドルイスの高さとお互い補い合う。そしてカンテの広範囲な守備。セスク・ファブレガスが出場すれば長いパスで攻撃に変化を付け、ウィリアンが出場すれば、キープ力、突破力、パスセンスとバランスの取れた活躍でゲームを決める。だが何といっても両WBの攻守にバランスの取れた活躍がこのチームを支えたように思う。地味だが、いい活躍をした。

 ゲームは32分、左FWアザールから右に流して、CHファブレガスがミドルシュート。しかしわずかにポストの左。37分、右WBモーゼスの中へのパスから右FWペドロがミドルシュート。43分、右FWペドロの縦パスからCFコスタがDFを従えてシュート。しかしゴールが決まらず。前半はスコアレスで折り返した。

 後半になってもチェルシーの攻勢が続く。2分、右WBモーゼスのミドルシュートはGKフォスターがナイスセーブで弾き出す。3分、右FWペドロのクロスにCFコスタがボレーシュート。しかしGKフォスターが正面でキャッチ。6分、左FWアザールのドリブルから、CFコスタが落として、CHファブレガスがミドルシュート。8分、左FWアザールの戻しから右WBモーゼスがミドルシュート。しかしこれもGKフォスターがセーブする。

 すると次第に攻めあぐねるチェルシーウェストブロムウィッチも6分、ヤコブをアンカーに入れ、フレッチャーを前に上げると、14分には右SHチャドリを投入。次第に攻撃力を高めて攻めてくる。19分にはCBマッコーリーが足を痛めて左SBウィルソンを投入する。25分、CHヤコブの縦パスを受けたCFロンドンが前を向いてドリブル。しかし右CBアスピリクエタが快足を飛ばして戻ってきてクリア。27分にはCFロンドンのポストから左に展開。左IHリバーモアから右に流して右SHチャドリがシュート。しかしわずかにポストの左に外す。

 このゲームで優勝を決めたいチェルシーは30分、アザールとペドロに代えて、FWバチュアイ、そしてトップ下にウィリアンを投入する。2トップに対応し、3バックに布陣変更するウェストブロムウィッチ。しかしこの選手交代が功を奏したか、37分、右CBアスピリクエタのクロスを左WBアロンソが落とし、左CBケーヒルがシュート。当たり損ねたボールが右に逸れると、右CBアスピリクエタのクロスにFWバチュアイが待ち構えてシュート。ついにチェルシーが先制点を挙げた。

 その後は右WBモーゼスに代えて右CBズマを投入し、守備を固めるチェルシーアディショナルタイムに右IHフレッチャーのクロスからCFロンドンがヘディングシュートを放つが、GKクワトロがナイスセーブ。そしてタイムアップ。1-0。チェルシーが勝利し、プレミアリーグ2年ぶりの優勝を決めた。

 コンテ監督がとにかく嬉しそうだった。リーグ途中で布陣変更してからの快進撃。監督冥利に尽きる。しかもこれでセリエAプレミアリーグと指揮を執って1年目での優勝。来季は退団を表明しているテリーも一緒になって喜んでいた。コンテ監督にも色々な話がくるだろうし、来季はどんなメンバー、どんな形で戦えるのかわからないが、今季のチェルシーは3バックの採用で非常に面白いサッカーを見せてくれた。まずはおめでとうと言おう。