読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J2リーグ第14節 名古屋グランパス対町田ゼルビア

 前節はトリニータに大半。これで3試合勝ちなし。順位も6位に落としたグランパス。未だに攻撃がなかなか形にならない。今節の相手は相馬監督率いる町田ゼルビア。ここまで4勝4敗5分と5分の成績だが、こうしたチームにはしっかり勝利しておきたい。グランパスの先発メンバーは毎試合変わるが、このゲームでは4-4-2の布陣。杉森をシモビッチと並んで2トップで起用。磯村が櫛引と組んでCBに入り、CHにはワシントンと田口。和泉と玉田が左右のSHに入った。対するゼルビアには2011・12年とグランパスにいたFW吉田眞紀人がいた。あとは左SH谷澤、FW中島裕希の二人のベテランがチームを締める。

 序盤は互角の展開。杉森がFWで積極的にプレーをしている。すると10分、FWシモビッチのポストからFW杉森がドリブルで仕掛ける。左サイドを抜き切って、クロスに右SH玉田がシュート。幸先よくグランパスが先制点を挙げた。しかし13分にはCB磯村の縦パスをFW吉田がカット。ドリブルで上がり、でもゴール前で右に流す。合わない。助かった。23分にもゼルビアは、左SB松本のクロスに左SH谷澤がフリーになって抜け出す。がトラップが大きい。それで何とか間に合って、シュートはCB磯村が止めた。続く右SH吉濱のCKにCH田口があわやオウンゴール。GK楢崎がファインセーブではね返した。

 グランパスも28分、ゼルビアDFのバックパスをFWシモビッチが詰めると、GK高原のキックを身体に当てる。こぼれ球を拾ってシモビッチがシュート。GK高原ブロック。はね返りをシモビッチがシュート。またもGK高原がセーブ。玉田のCKにCB櫛引がヘディングシュート。しかしDFに当たってコースを外れる。惜しいチャンスを逃すグランパス。その後は攻め込んでのミスからゼルビアにカウンターを許す場面もあったが、何とか前半はグランパス1点リードで折り返した。

 後半1分、ゼルビアのCH井上がロングシュート。士気を高めると、7分にはFW吉田が仕掛ける。縦パスをCH森村が落として、左SH谷澤がシュート。GK楢崎がファインセーブではね返した。グランパスも10分、左SH和泉の縦パスを受けた右SH玉田が左に流して、CH田口がシュート。GK高原がナイスセーブ。はね返りを右SH玉田がシュートするが、これもGK高原が弾き出す。12分にはFW杉森の落としから左SB内田がドリブル。左SH和泉がクロスを入れるが、FWシモビッチに届かない。17分、右SH玉田のスルーパスに走り込んだFWシモビッチがクロス。右SB宮原の落としをFW杉森がシュート。しかしサイドネット。27分には右SB宮原のパスを右SH玉田が落とし、走り込んだ宮原のクロスにFWシモビッチがヘディングシュート。しかしうまく当たらない。グランパスが攻めていくが、なかなかゴールが決まらない。

 ゼルビアは20分FW吉田に代えて長身の戸島、29分には右SH吉濱に代えて重松を投入する。すると31分、左SB松本の縦パスにFW戸島が左サイドを抜け出し、クロスに左SH谷澤がボレーシュート。これが決まり、ゼルビアが同点に追い付く。放送ではゼルビアの後半30分過ぎのゴールが多いことを再三話していたが、まさにそのとおり、30分を過ぎるとすぐ、ゼルビアがゴールを挙げた。すごい。これでゼルビアが勢い付く。

 グランパスは34分、FW杉森に代えてフェリペ・ガルシアを投入。しかしこのゲームの杉森はよかった。積極的に仕掛け、ゴールを狙った。さらに38分には右SH玉田に代えて左SH杉本を投入する。玉田もよくボールに絡んだが、後半以降は疲れから雑な場面もあった。だが玉田よりも和泉の方がイマイチ機能していなかったように思う。交代出場すると、突貫小僧の左SH杉本が躍動する。39分、左SH杉本の縦パスをFWシモビッチがキープ。右SH和泉がつないで、左SH杉本がシュート。はね返りをCHワシントンがミドルシュートを放つが、これもDFにブロックされた。

 40分にはCH田口のクロスに左SB内田がアクロバティックなヒールシュート。しかしわずかにバーを越える。さらに45分、CHワシントンのクロスにFWシモビッチがトラップから反転してシュート。しかしゴール前にいたCB櫛引に当たった。そしてアディショナルタイムに入る。またこのゲームも勝利はないのかと諦めかけたアディショナルタイム2分、左SH杉本の積極的な仕掛けからクロスに、FWシモビッチが胸で押し込む。ゴール。土壇場でグランパスが勝ち越し点。そしてタイムアップ。何とかぎりぎり、グランパスが決勝点を挙げて勝ち切った。

 このゲームは攻撃も長いパスが回り、うまく展開していたと思ったが、ゴールが遠い。そして後半30分にはゼルビアに追い付かれ、またダメかと思った直後、シモビッチが劇的なゴールを挙げた。これで何とか首位との勝点差は3に留め、順位も5位に上げた。4バックの方がうまくパスが回っていた。また杉森のFW起用もよかった。次はまた、愛媛FC横浜FCとアウェイゲームが続く。今度こそ勝利を挙げて笑顔で帰ってきてほしい。特に横浜FC戦は前半の山場と言えるかもしれない。