とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

人は違和感が9割

 芸人やタレントで、リベラルな立場からしっかり主張し、コラムなどを書いているのは、ラサール石井松尾貴史くらいか。もっとも二人のコラムは、Xの投稿などを辿って、新聞に掲載されたものを読むだけで、まとめて本になったものを読んだことはなかった。松尾貴史毎日新聞に「ちょっと違和感」という連載を続けており、そこから単行本になったのは、本書で4冊目となるそうだ。2021年11月から2023年3月までのコラムを掲載している。

 最初のコラムは、森鴎外役で出演した舞台の話。その後も、高齢ドライバー事故の報道や似顔絵と肖像画の違いなどのコラムが続き、「あれ、松尾貴史の本業は何だったっけ?」と思わず、巻末の経歴欄を読んでしまった。「俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト、『折り顔』作家など」と書かれている。そうか、俳優が一番なのかな。

 政治的なコラムも、期待に違わぬ、合理的で説得力のある内容のものが多い。ちょうどこの期間中には、安倍元首相の襲撃事件や国葬義などがあって、もちろん松尾氏も政府や岸田首相の不誠実な対応を批判している。だが、どうしてもこうした内容は、やはりその時点で読むに限る。今であれば、裏金問題や能登半島地震に対して、どういうコラムを書いているか気になる。

 ワイドショーに対して批判的なコラムもあるが、最近はサンデーモーニングにコメンテーターとして出演している姿も時々見かける。青木理氏の代役という感じだが、今後もテレビで松尾氏の姿をもっと観たいと思う。がんばってください。

 

 

○似て非なるものというくくりでいえば、「政治家」と「政治屋」という例もあろう。…片や、世の中を良くしたいという正義感、使命感、義憤をもって政治の世界に飛び込んでくる者。片や、何不自由なく育ち、さしたる正義感も義憤もなく、例えば親の地盤、看板、カバンをすっかり譲り受けて容易に国会議員の職を手に入れて、既にエスタブリッシュメント(既成の権威)化された利益関係や…「家業」「稼業」に努め、次の選挙で議席を守ることを最優先に行動する者。(P023)

○日本の大都市での感染拡大の大きな原因は飲食店ではなく、通勤通学の満員電車だろう。…科学技術立国を標榜する日本なのに「科学的考察」「客観的事実の観察と検証」などは、もはやどうでもいいことになってしまっているのではないか。…権力を持つものは、メディアも含めて、科学的根拠、客観的事実を可視化すべきだ。(P062)

○「媒体への圧力は効いている」「組閣で目くらましをすれば、ほとぼりを冷ませる」「国民はすぐに忘れる」……。この10年ほど、彼らは「うまく」やってきた。改ざんや隠蔽で情報をどうにでもできたという成功体験が、慢心、増長を促し、かえって自民党の崩壊を促進しているのだろうか。いや、本当はもう崩壊しているのに、ハリボテだったのかもしれない。ここで崩壊しなければ国全体が崩壊してしまう…。すべては、国民の意思表示の強さとメディアの覚悟にかかっている。(P131)

○なぜ、ファイティングポーズをとれば、相手が攻撃してこないと思い込んでいるのだろうか。握手の手を差し出せばもっと攻撃のリスクは小さくなるのに…/攻めてきた、攻めそうだ、だから敵基地を攻撃できる。それで得られる安心などみじんもない。…日本が「反撃」と称して攻撃を始めれば、別の基地からの攻撃を受けて、日本の大都市はあっという間に焦土と化すだろう。(P181)

○作家の大江健三郎さんが亡くなった。…執筆活動の傍ら、日本国憲法を守る啓蒙活動もしておられた。「憲法9乗こそが日本の安全保障である」ということを、分かりやすく伝えてきた。社会に閉塞感があると「なんでも変えてしまえ」というムードが湧きがちだが、それに警鐘を鳴らしてくれていたのだ。あまねく国民一人一人に健康で文化的な生活をする権利があることを権力者に約束させてくれている憲法を、権力者が自分たちに都合良く変えようとすることに…力を貸すようなことはしてはならない、と教えてくれていたのだ。(P210)

 

ジダン研究☆

 体調を崩して、娘に図書館へ行ってもらった。借りてきた本を見てびっくりした。厚い! 815ページもある。六法全書か。でも、ことサッカーのことであれば、それほど苦労せずに読める。1週間で読み終わった。

 冒頭の「はじめに」にこう書かれている。

○これは、ジダン論でもなければ、ジダン伝でもない。あるいは、ジダンをめぐる小説でもない。ジダンを「研究」するという、選択肢のなかでももっとも地味な作業の結果にすぎない。ただ、「研究」である以上、私の個人的な意見はできる限り制限している。事実を提示し、それをめぐってどのような議論が起こり、決着したのか―まずそれを述べている。そのうえで幾分かの解釈を付す。(P9)

 そう、ジダン研究の書。ジダンと言えば、移民や海外県出身の選手が多くいた当時のフランス代表の中心として、マルセイユ・ルーレットなどの華麗な技術でチームを引っ張り、ワールドカップのフランス大会で決勝戦では2発のヘディングシュートを決めて、初優勝を遂げた。しかし、8年後のドイツ大会決勝では、相手選手へのヘッドバットで退場処分を受けた。と同時に、選手を引退し、しかしその後、レアル・マドリードの監督に就任した。普通のサッカーファンとしては、その程度の認識か。

 ジダンアルジェリア移民ということは知っていても、アルジェリアの中でもカビリーと言われる特別な地域の出身だということまでは知らなかった。W杯でのヘッドバットによる退場は知っていても、その後の顛末、数日後のジダンの記者会見などは知らなかった。レアルの監督としてCLに優勝したことは知っていても、3連覇を達成したことまでは知らなかったし、いったん辞任後、また再任され、しかしまたも3年で辞任したということまでは知らなかった。そこまで追いかけてはいなかった。

 本書では、父親のフランス移住から、ジダンの誕生、サッカー選手としてのデビュー、結婚、ASカンブからボルドーユヴェントス、そしてレアル・マドリードに至るまで、さらには3回のW杯まで、その歴史を追うが、なかでもやはりW杯でのヘッドバット事件が分量としては最も多い。しかし、冒頭の引用に書かれていたように、筆者の意見は少なく、もっぱらこの事件に対するさまざまな分野からの言論を紹介する。それは、メディア論もあれば、神話学もあり、心理学、社会学、さらには文学者、教育学者、イスラム学者、そして映画まで、さまざまな視点に及ぶ。

 そして、この件に関するジダンの行動や言動を検討する前段として、アルジェリア独立戦争や、その際に結成されたサッカーチームの活動、カビリーの生活、さらにJSカビリーに加えて、ConIFA独立サッカー連盟)に参加した非公式なカビリーのサッカーチームにまで考察は及ぶ。この件に対する筆者の意見は少ないが、ジダンの2度のレアルでの監督就任と辞任について、監督ジダンに対するさまざまな批判に対して、「反復の人」ジダンを援護する筆者の筆致は興味深い。

 「ジダン研究」というタイトルどおり、その当時だけでなく、現在の視点からも当時のジダン、そして現在に続くジダンを「研究」するその視点は熱い。そして楽しい。

 最後に蛇足だが、「おわりに」に、「フットボール批評」の休刊のことが書かれていた。えっ、フットボール批評って休刊したの! 調べてみると、確かに昨年3月の第39号で休刊していた。私が購読していたのは第37号(https://tonma.hatenablog.com/entry/2022/09/23/114841)まで。私の購読中止がまさか休刊につながったということはないだろうが、やはり少し寂しい。気になって発行元であるカンゼンを確認してみると、フットボール批評はオンライン版でまだまだ継続していた。そもそも本書がカンゼンから発行されているし、最近は「下剋上球児」が当たって、業績も伸びているだろう。それから、サッカー本大賞はどうなっているかと調べたら、2023年は開催されたが、2024年はどうなんだろう? ぜひ続けてほしい。でもまずは、2023年の大賞「競争闘争理論」を読んでみようかな。やはりサッカー本は楽しい。

 

ジダン研究

ジダン研究

Amazon

 

○「内面世界」という言葉は、ジダンの内側を語りたいという欲望に忠実である限りにおいて、魅力的な語彙である。私たちにはジダンの「内面世界」が窺い知れない。彼の思考法や行動規範、あるいは判断基準が私たちにはいま一つ詳らかでない。そのことがジダンへのアプローチを困難にしていると同時に、私たちを惹きつけてやまないのである。(P77)

○最初のシーズンは出場試合こそ多くないものの…幕を閉じる。このとき、ちょっとした出来事が起こっている。…その地方によくある、親善サッカー大会は、場合によって小競り合いや乱闘も起こるような大会で、愉し気ではあるが、荒っぽい空気も漂った。…ジダンはこの時点ですでに幾度か、試合中に暴力をふるって退場していた。…ジダンヘッドバットは、ごく若い頃から、暴力の発露としてあったという事実。(P88)

○英雄とは言葉を発しない者の謂れである。…ジダンは何も語っていない。…ジダンは巨大な空虚となり、周りでは強烈な風が吹いているにもかかわらず、本人はいつまでも空無のまま推移するという事態は、かつて、幾度も私たちは体験してきたこととも言える。何も語らない。語れないからこそ、取り巻く側は何倍にもその言葉を多く産出して、中心にある空白を無意味な言葉で埋めようとする。(P203)

○その夜、FLNのチームは、ヨーロッパ遠征で最高の試合をやった。…両チームは喝采を浴びた。スペクタクルは熱狂のうちに終わった。…卓越したパフォーマンスは同時に外交でもあった。ルーマニア国民は皆、まさにその瞬間、アルジェリア独立戦争が行われていることを知ることになったからである。彼らが望んでいたこと、それが、サッカーを通じて独立をアピールする「外交官」や「大使」の役割を演じることだったとすれば、このとき独立のドリブラーたちは、十全にその仕事を果たしたことになる。(P320)

○侮蔑が繰り返され、個人攻撃され、イタリア人の言葉は下品だった。…最終的にイタリアが世界チャンピオンになった。PK戦の果てだった。私たちがこの夜観たのは、私たちが愛しているサッカーではなかった。…私は眼に涙をためて、ヤジッドの話を聞いていた。彼の話すことを理解した。私は、年長者への敬意のなかで彼を育てた。…節制の価値と名誉の感覚を彼に教えた。…ヤジッドは試合には負けたが、名誉を失わなかった。(P525)

アルジェリアの国内リーグで活躍するJSカビリーのことを考え続けていると、気になるチームがもう一つ浮かんでくる。それが、ConIFA独立サッカー連盟)に参加している「カビリー」のチーム。…アルジェリア政府から目をつけられ、「脅し」まで受けているチームを表立って擁護したり支援したりすることは、ジネディーヌ・ジダンの立場からは難しいだろう。…だが、カビリーの文化から離れることなく生きてきたジダン家の人々にとって、どのような形であれ、カビリーの名を冠するチームは、意識の外へ追いやることのできない存在ではなかったか。(P661)

○リーガとCLの二冠を達成した翌年、そのチームを大胆に変えることなど、できるのか。変えて批判を浴びるよりも、変えずに臆病だとの誹りを受けるほうを選ぶ、というのは、戦略的にあり得る選択だとは言えないか。いや、そんなことよりも、ジダンという存在が何より反復を生きている…・ジダンは反復の人である。カビリーの文化やスマイル・ジダンの言葉を、自分なりの仕方で反復し、選手として受容した技術や理論を、監督として反復することが、ジダンという存在の謂ならば、反復を批判することそのものが無意味である。(P724)

 

フジフィルム・スーパーカップ ヴィッセル神戸vs.川崎フロンターレ

 昨季J1リーグ王者と天皇杯王者が対戦するスーパーカップ。今年はヴィッセルフロンターレの対戦だ。ヴィッセルにはフロンターレから宮代が加入した他、井手口の加入などもあったが、大きな異動はない。一方、フロンターレは、宮代の他にも、レアンドロ・ダミアンを始め、山根、登里、山村、シミッチと主力が多く移籍した。代わりにファンウェルメスケルケン際や丸山、山本悠樹、三浦颯太らが加入した他、ヴェロンやゼヒカルド、エリソンなど外国人選手も多く加入するなど、メンバーが大きく変わった。

 ヴィッセルの布陣は4-3-3。大迫をトップに、右WG佐々木大樹、左WGにパトリッキ。中盤は扇原をアンカーに、右IH山口、左IH井出。右SB酒井高徳、左SBに初瀬が入り、CBは山川とトゥーリオ。GKは前川。対するフロンターレも同じく4-3-3。ゴミスをトップに、右WG山田新、左WGにヴェロン。中盤はゼヒカルドをアンカーに、右IH瀬古、左IHに大卒ルーキーの山内。DFは右にファンウェルメスケルケン際、左SBに田邉。CBは19歳の高井に、34歳の丸山。GKは上福元。ACL山東戦から中3日。家長や脇坂、チョンソンリョン、ジェジエウなどはベンチにも入らず、新加入の選手が多く先発した。

 開始26秒、まずCF大迫がミドルシュートを放つ。序盤から積極的に攻めるヴィッセル。一方、フロンターレはCFゴミスがボールを収め、カウンターで攻めていく。11分、CFゴメスのポストから左WGヴェロンがドリブルで運ぶと、右IH瀬古の縦パスを左IH山内が右に展開。右SBファンウェルメスケルケン際の縦パスをCFゴミスが落とし、右IH瀬古のクロスに右SBファンウェルメスケルケン際がヘディングシュート。GK前川がファインセーブで弾き出す。

 16分には左IH山内のパスから右WG山田がDFをかわして仕掛け、シュート。GK前川がキャッチするが、ロングフィードしたボールをCF大迫が収めきれず、CB高井が奪うと、左IH山内の縦パスから右WG山田の仕掛けをDFがブロック。こぼれ球をCFゴミスがシュート。フロンターレがよく攻めていく。すると21分、ヴィッセルは左IH井出が右股裏を痛め、FW宮代との交代を余儀なくされる。その直後の22分、ヴィッセルはCH扇原の縦パスに左WGパトリッキが抜け出し、中へのパスをCF大迫がシュート。しかしGK上福元がファインセーブ。足で止めた。

 宮代は大迫と2トップのFWに入り、ヴィッセルの布陣は4-4-2に変更。23分、フロンターレが左SB田邉のパスに左WGヴェロンが走り込み、クロスにCFゴミスがシュート。わずかにDFに当たったか、わずかにポスト左に外れる。一方、ヴィッセルも24分、左SB初瀬のクロスにCF大迫が飛び込むが、手前でGK上福元がパンチング。右IH山口のミドルシュートは枠を捉えられなかった。その後も一進一退の攻防。

 39分、右IH瀬古がカットインからミドルシュート。42分、ヴィッセルの佐々木が右サイドを駆け上がり、ミドルシュートかクロスか? いすれにせよ、ファーに外れていった。45+1分には左SB初瀬のクロスに右SH佐々木がヘディングシュート。しかしGK上福元にキャッチされる。前半はヴィッセルがやや優勢だったが、結局スコアレスで折り返した。

 後半頭、フロンターレは左SB田邉をヴァンフォーレから移籍した三浦に交代する。1分、右SH佐々木のクロスにFW宮代がボレーシュート。DFがブロック。すると3分、右サイドから右IH瀬古がゴール前にFKを入れると、GK前川が弾いたボールをさらに右IH山口が前に蹴り出す。しかしこれが右SBファンウェルメスケルケン際の足に当たり、ゴールへ。GK前川が横っ飛びに飛ぶが、ボールはCBトゥーレルに当たってコースが変わる。そしてゴール。フロンターレが先制点を挙げた。瀬古のFKが良かった。

 すると反撃するヴィッセル。9分、CH扇原のクロスに左SHパトリッキがヘディングシュート。さらにCF大迫から右に展開すると、右SH佐々木のクロスに右SB酒井がミドルシュート。しかし枠を捉えられない。後半に入り、フロンターレのプレスが早くなり、ヴィッセルも次第に攻められなくなる。20分にはヴェロンに代わり、左WGマルシーニョを投入。その直後、フロンターレは右サイドからのスローインからDFのクリアをCFゴミスがボレーシュート。24分には、左WGマルシーニョをCH扇原が倒して得たPA手前のFKを右IH瀬古が直接狙うが、バーにはね返された。しかしフロンターレは、脇坂や橘田がいない中、瀬古が攻撃をよく引っ張っている。

 25分、ヴィッセルはパトリッキと扇原を下げて、右SHに広瀬、右IHに井手口を投入。山口がアンカーに下がり、佐々木が左SHに回る。28分、FW宮代の落としから右SH広瀬がクロス。FW大迫が飛び込むが、フロンターレはCB丸山とCB高井で挟んで、ヘディングシュートをさせない。32分には右IH瀬古からの長いサイドチェンジを受けた左WGマルシーニョがトラップで抜け出し、シュート。GK前川が足で止めたが、ファインセーブ。マルシーニョもヴェロンの加入で危機意識を持ったか。

 35分、フロンターレはファンウェルメスケルケン際と山内を下げて、右SBに橘田、左IHに瀬川を投入する。一方、ヴィッセルも38分、初瀬に代えて右SHに飯野。初瀬が左SBに回る。フロンターレも40分、瀬古を右IH山本に交代。41分、CKの流れから右IH瀬川もミドルシュート。ゲームはこのままタイムアップ。1-0でフロンターレが勝利。今季初タイトルのスーパーカップを獲得した。

 先発メンバーリストを見た時点では、ヴィッセルが圧勝かと思った。だが、フロンターレの選手たちが意地を見せた。高井と丸山のCBも良かったし、アンカーに入ったゼヒカルドも守備面でしっかり機能していた。ゴミスは収まるし、ヴェロンの突破、山田新の仕掛け。左IH山内の積極的なプレーもよく機能している。GK上福元はキックミスもあり、イマイチではあったが、チョンソンリョンはしっかりスタジアムからゲームを見守っていた。

 今季、フロンターレは意外にやるかもしれない。ヴィッセルは、武藤が出場すればまたサッカーが変わるだろう。それにしてもCB丸山がここまでやるとは・・・。グランパスでは昨季、ほとんど出場がなかった丸山だが、藤井と中谷が移籍してしまい、丸山が残っていればと思ってしまう。いずれにせよ、いよいよ来週はJ1リーグが開幕する。久しぶりにヴェルディがJ1に復帰し、またゼルビアのサッカーも楽しみだ。今季はどんなシーズンになるだろう。来週が待ち遠しい。