とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第3節 名古屋グランパスvs.サガン鳥栖

 開幕戦勝利の後、第2節はFC東京にコロナ陽性者が発生したため延期。ルヴァン杯では1敗1分と勝利がないグランパス。一方、サガンもここまでリーグ戦2分を勝利がない。昨季のメンバーからFW山下、FW酒井、MF樋口、MF小屋松、MF仙頭、MF白崎、DF大畑、DFエドゥアルドと大量に移籍してしまったサガン。攻撃陣はほぼいなくなったと言って過言ではない。中でも酒井と仙頭はグランパスに移籍し、このゲームでも先発をしている。サガンにとっては意地でも負けられない相手かもしれない。

 グランパスの先発はCF酒井、OH仙頭の他に、右SH相馬、左SHマテウス、CHに稲垣とレオシルバ。右SB宮原、左SB吉田、CBにチアゴと中谷。GKはランゲラック。開幕戦と同じメンバーだ。対するサガンは大卒ルーキーの藤原がワントップに入り、堀米と菊地のシャドー。菊地も大卒ルーキー。ボランチは小泉と福田。WBは右に飯野、左に岩崎。CBは右から島川、ファンソッコ、ジエゴ。GKはパクイルギュ。実に11人中5人は新加入選手が占める。

 開始2分、グランパスが速攻。OH仙頭から右に展開し、右SH相馬が駆け上がってクロスはDFがクリアするが、続くマテウスのCKにCF酒井がニアで競り合うと、その手前でCH福田に当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。オウンゴールグランパスが先制する。グランパスは4分にも同じくOH仙頭から右SH相馬が駆け上がり、クロスからのCKを今度はマテウスPA手前へデザインされたCK。CH稲垣がミドルシュートを放つが、DFが触って、バーを叩く。

 序盤、攻め込んだグランパスだが、前半11分、CBチアゴサガンのカウンターを追いかけた際に右股を痛めて、CB藤井と交代した。その後はサガンがパスを回す時間が続く。25分には、先制点と同じように、OH仙頭から右に展開したパスを右SH相馬が中へ入れて、中欧まで入ってきた左SHマテウスが反転からミドルシュート。GKパクイルギュがナイスセーブする。サガンに攻めさせても鉄壁の守り。と思っていたら30分、右WB飯野が右FW菊地とのワンツーで抜け出し、クロスのクリアをCH福田がミドルシュート。これがゴールに飛び込む。サガンが同点に追い付いた。

 その後もグランパスは右サイドから攻めていく。32分、右SH相馬のクロスにCF酒井がミドルシュートを放つが、GKパクイルギュがセーブ。直後にももう1回、右SH相馬のクロスにCF酒井がヘディングシュートするも、これもGKパクイルギュがファインセーブした。サガンも39分、右WB飯野のクロスに左FW堀米がボレーシュート。45+2分、右FW菊池のパスにCF藤原がボレーシュートするもうまく当たらず。GKランゲラックが難なく抑える。前半はこのまま1-1で折り返した。

 後半に入ると、4分、サガンも右CB島川が左ひざをケガ。原田と交代する。11分、左SHマテウスから大きくサイドチェンジ。右SH相馬が折り返しのクロスを入れるが、OH仙頭が合わせ切れず。15分には左SHマテウスのFKにCB藤井がヘディングシュートを合わせるが、ポストの右に外れる。その後はお互い守備が堅く、なかなか決定機を作れない。21分、サガンは菊池と藤原を下げて、CF小野と右FW荒木を投入。荒木も大卒ルーキー。グランパスも27分、仙頭とレオシルバに代えて、OH阿部と長澤を投入。膠着状態が続く。36分にはマテウスと相馬に代えて、右SH甲田、トップ下に柿谷を入れて、阿部を左SHに回す。サガンも38分、堀米とジエゴに代えて、左FW佐藤と左CB中野伸哉。佐藤も大卒ルーキーだ。しかしゲームはそのままお互いシュートチャンスもなく続く。45+1分、CF酒井のクロスにOH仙頭がヘディングシュートするも、GKパクイルギュがキャッチ。そしてタイムアップ。ゲームは1-1のドローで終わった。

 特に後半は余り見所のないゲーム。お互い守備はきっちり機能しているが、攻撃には今一つ変化が見られない。特にグランパスは相馬からのクロス以外、見るべき攻撃がない。サガンの守備をほめるべきかもしれないが、物足りない内容だった。この後、グランパスは次節でフロンターレが待っている。今一つ調子が上がっていないように見えるフロンターレだが、きっちり3勝して、勝ち点で首位と並ぶ。昨季は不甲斐ない内容で連敗したグランパス。今度こそそのリベンジを見せてほしい。