とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

大洪水の前に

 「人新世の『資本論』」で一躍注目を集めた斎藤幸平だが、その原点は本書にある。角川文庫で文庫化されたのを機に、遅ればせながら読んでみた。想像通り、難しい。それでも先に「人新世の『資本論』」や「ゼロからの『資本論』」を読んでいたので、概ねの内容は理解できた。簡単に言えば、マルクス進歩主義的、生産至上主義といった批判に対して、資本論第1巻以降の研究ノートなどを研究すると、物質代謝論をベースに、地球環境にも配慮した資本主義に代わるアソシエーションをベースとした新たな社会システムを検討していたというあたりだろう。そのことを多くの文献を読み込むことで検証していく。

 それにしても学術論文は難しい。中でも、博士論文にしてドイッチャー記念賞を受賞した論文を収録した前半は難しい。後半はその後に執筆した論文を収録したとのことで、少し読みやすくなったが、それでもやはり難しい。というか、些細な部分を詳細に論述していくことに付き合うのは、なかなか忍耐力を要する。文系の学生は大変だなと思ってしまう。

 ということで、コメントは以上で終わり。さて、次は「ぼくはウーバーで捻挫し、山でシカと闘い、水俣で泣いた」を読もう。とりあえずもう既に図書館で予約した。

 

 

マルクス疎外論が問題視しているのは、労働が自己実現や自己検証のための人間らしい自由な活動ではなく、窮乏化、労苦、人間性剝奪、アトム化を引き起こす活動に貶められている近代の不自由な現実のあり方である。こうした状況に抗して、マルクスは「私的所有のシステム」の廃棄による労働疎外の克服を掲げ、人々が他者とのアソシエーションを通じて、自由に外界へ関わり、労働生産物を通じて自己確証を得ることのできる社会の実現を要求したのだ。(P37)

○資本家は競争に強制されて、衛生・安全・環境保全設備なども含めた「余分な」コストを削減しようと…する。労働者の側も競争のもとで、失業すれば生活が立ち行かなくなるという恐れに駆り立てられて、資本家の命令に従い、労働条件の悪化にも耐え忍ぶような態度を取るようになる。…人々は物の運動によって支配されるのみならず(「人格の物象化」)、…自らの欲求や態度を物象の担い手としての機能に自覚的に合致させるようになっていくのである(「物象の人格化」)。(P144)

○物象化した物質代謝の問題は、資本というカテゴリーの登場とともにより顕著になる。というのも、資本のもとで、価値は社会的生産の単なる「媒介」にとどまらず、「目的そのもの」へと転化するからである。こうして、抽象的人間的労働を絞り出して、生産物へと対象化させることが生産の目的となる…。まず、物象化の力は貨幣の登場によって増大する。「一般的等価物」としての直接的交換可能性という社会的使用価値は、「貨幣蓄蔵」という新しい欲求(「黄金欲」)を生み出すからだ。だが、さらに大きな変化が生じるのは、価値が資本として「主体化」することによってである。(P157)

○資本はより柔軟な生産を行うために、素材的世界を徹底的に利用していく。…例えば、労働力は弾力的であり…市場における競争下では、総資本を増やすことがすぐにはできないかもしれないが、そのような場合にも、労働力の弾力性が市場の需要の変動に合わせた、調整弁になってくれる。…さらに資本は…自然の「無償の恵み」を領有することで、生産性を増大させていく。…自然は弾力的でもある。…環境は生産や消費から生じる様々な否定的帰結を弾力的に吸収してくれるのだ。(P303)

○資本にとっての問題は、みずからの弾力性が究極的には労働力と自然力の弾力性に依存しており、素材的限界に直面することである。…一度これらの限界を超えてしまうなら、弾力性は伸び切ったバネのようにその機能を失ってしまう。…資本が絶えず限界を超えようとすることによって、むしろ環境危機を深刻化させ、持続可能な発展を不可能なものとするのである。…資本の限界は資本そのものである(P304)

 

ゼロからの『資本論』☆

 2年ほど前に読んだ「人新世の『資本論』」は衝撃だった。資本主義の本質を暴き、「脱成長コミュニズム」を主張する。その後、斎藤は一躍、時代の寵児となり、NHKの「100分de名著」でも「資本論」を解説していた。しかも昨年の年末には再放送もあった。で、本書は、その「100分de名著」を底本に加筆したものと言う。「ゼロからの『資本論』」というタイトルだが、けっして『資本論』の解説本ではない。「人新世の『資本論』」では、「脱成長コミュニズム」の先進事例や具体的な施策提案などもあったが、本書ではそれらはなく、より『資本論』に根差した解説が多くなっている。だが、思想的には「人新世の『資本論』」からさらに加わった部分というのはあまり見えてこない。でも、そのぶん、本書の方が読みやすいかもしれない。

 今、続いて「大洪水の前に」を読んでいる。斎藤幸平の原点はたぶんここだろう。それをいかにわかりやすく展開するか。その一つが本書のような気がする。でも、ということは「ぼくはウーバーで捻挫し、山でシカと闘い、水俣で泣いた」も読んだ方がいいのかな。「大洪水の前に」を読み終えたら、読んでみよう。「大洪水の前に」、ちょっと苦戦しているけど。

 

 

○かつて<コモン>だった森や水は、誰もがアクセスできるという意味で「潤沢」な「富」でした。しかし、これは資本主義にとって非常に都合が悪い。…だから、<コモン>を解体して独占し、あるいは破壊までして、買わなければいけないモノ、つまり「商品」にしようとするのです。/とはいえ…森を独占したとしても、そこに生えている木を伐採し、製材しなければ「商品」になりません。「商品」にするためには「労働」が必要です。この労働を担ってくれるのが、森から締め出され、薪を買うためにお金を必要としている人々です。<コモン>の囲い込みは、資本にとって二重の意味で好都合だったのです。(P31)

○資本は「お金」ではなく、工場や機械や商品のような「物」でもない。マルクスは資本を“運動”と定義しているのです。/どんな運動かというと、絶えず価値を増やしながら自己増殖していく運動です。…要するに、資本とは金儲けの運動であり、この金儲けを延々と続けることが第一目標になっている社会が、資本主義なのです。(P59)

マルクスが労働日の短縮を重視したのは、それが「富」を取り戻すことに直結するからです。日々の豊かな暮らしという「富」を守るには、自分たちの労働力を「商品」にしない、あるいは自分が持っている労働力のうち「商品」として売る領域を制限していかなければいけない。そのために一番手っ取り早く、かつ効果的なのが、賃上げではなく「労働日の制限」だというわけです。(P84)

○資本の専制が完成すると、…向上した生産力もすべて資本家のものとして現れる、とマルクスは言います。実際には、労働者が“協業”して行った労働が生産力を上げているわけですが、それは「労働者の生産力」としては現れずに、「資本の生産力」として現れてしまう。なぜなら、労働者たちは自らの意志で、自律的に協業しているわけではないからです。…こうして生産力が増大すれほど、資本による支配がむしろ強まっていくとマルクスは批判しているのです。(P112)

○コモンに基づいた社会こそが、コミュニズムです。…社会の「富」が「商品」として現れないように、みんなでシェアして、自治管理していく、平等で持続可能な定常型経済社会を晩年のマルクスは構想していたのです。…コミュニズムは贈与の世界と言ってもいいでしょう。等価交換を求めない「贈与」、つまり、自分の能力や時間を活かして、コミュニティに貢献し、互いを支え合う社会です。(P199)

 

皇后杯 決勝 日テレ東京ヴェルディベレーザvs.INAC神戸レオネッサ

 皇后杯決勝は、これまで15回優勝のベレーザと、WEリーグ初代女王のレオネッサの対戦になった。やはりこの2チームが抜けている。ベレーザの布陣は4-3-3。植木をトップに、右FW19歳藤野、左FW小林里歌子。中盤は木下をアンカーに、右IH三浦、左IH北村。準々決勝とは三浦と木下のポジションを入れ替えた。また左SBには準決勝まで先発した宇津木が体調不良で、代わって西川が入り、右SBに宮川。岩清水と村松のCBにGKは田中桃子。

 一方のレオネッサもこれまで同様、3-5-2の布陣。愛川と高瀬の2トップに、中盤は阪口をアンカーに、右IH成宮、左IH脇阪。守屋と伊藤美紀が両WBに張って、CBは右から土光、三宅、竹重。山下がGKに入る。

 序盤はレオネッサが攻勢。2分、右IH成宮から右に展開し、右WB守屋が上がって、ゴール前にクロス。FW高瀬とFW愛川が飛び込むが、わずかに届かない。5分にはCK坂口のCKをCB土光がヘディングシュート。GK田中がパンチングでクリア。さらに6分、ベレーザの左SB西川に右WB守屋がプレスをかけると、こぼれ球をFW愛川がミドルシュート。バーを叩く。

 ここまで守勢に回ったベレーザだったが、7分、FW小林がミドルシュートを放つと、9分にも右IH三浦がミドルシュート。さらに左SB西川から左に流して、左IH北村のクロスにFW小林がヘディングシュート。これは外れたが、ベレーザがようやくペースを取り戻していく。するとその後はベレーザがパスを回し、レオネッサが守る場面が多くなってくる。

 それでも25分、FW高瀬がロングシュートを放つと、26分、右FW藤野から右CB竹重がボールを奪い、FW高瀬が左に流して、FW愛川がミドルシュート。さらに27分、CB三宅の縦パスをFW高瀬が落とし、CH阪口の縦パスにFW高瀬が走り込む。しかしミドルシュートはGK田中がファインセーブで弾き出した。両チーム攻め合う互角の展開。

 33分、CH木下の自陣からのFKをFW小林が落とし、CB岩清水がミドルシュートを放つが、バーの上。37分には左WB伊東から右IH三浦がボールを奪い、縦パスにCF植木が抜け出して、クロスをFW小林がシュート。だがCB土光がブロックした。レオネッサも38分、FW愛川が右サイドのライン際で仕掛けて持ち上がると、戻しのパスを右WB守屋がクロス。CH阪口がミドルシュートを放つ。

 そして39分、中盤内側でボールを受けた右SB宮川が外にパスを出すと、右FW藤野がスルーパス。これに右WB宮川が走り込み、クロスをCF植木がシュート。これが左ポストに当たってネットを揺らす。ベレーザが先制点を挙げた。さらに43分にはCH木下のFKのこぼれをCB岩清水が前線に放り込むと、FW小林がヘディングシュート。枠は外れたが、前半は1-0。ベレーザのリードで折り返した。

 するとレオネッサは後半最初、左IH脇阪に代えて山本摩也を投入する。しかし後半はベレーザが攻勢。そして4分、CH木下のCKがニアに走り込んだ選手たちの間を通ってゴール前に抜けると、そこにいたのはCF植木。胸トラップからシュート。ベレーザが追加点を挙げた。するとその後は完全にベレーザのペース。前半は左CB竹重にマークされ、なかなか持ち味を出せなかった右FW藤野が自由にボールを触るようになり、再三仕掛けていく。17分ミドルシュート。19分には右FW藤野がドリブルで持ち上がり、クロスに左FW小林がシュート。わずかにポスト右に外れる。

 レオネッサもようやく21分、左IH山本のFKにCB三宅がヘディングシュートを放つが、ポスト右に外れた。24分には右IH三浦がミドルシュートを放つ。その直後、レオネッサは高瀬に代えて体調不良から復帰してきたFW田中美南を投入する。しかしFW田中もなかなかボールに触ることができない。27分、FW愛川が左サイドを突破して持ち上がり、クロスを入れるが、走り込んだ右WB守屋のトラップが大きい。DFにクリアされた。

 ベレーザはこの時間あたりから、北村が左WBに下がり、3-4-3の布陣を取って守備を固める。そうするといよいよレオネッサは攻められない。そして36分、左IH山本に右IH三浦がプレスをかけてボールを奪うと、右FW藤野がドリブル。右に流すと、右IH三浦が外側を追い越してクロス。CB三宅がわずかに触ってコースが変わり、CB土光も触れない。フリーになったFW小林が難なくゴールに蹴り込んだ。ベレーザが3点目を挙げる。

 さらに40分、右IH三浦のボール奪取から今度はCF植木がドリブル。右に流して、FW藤野がGKと一対一。だがシュートは枠を外した。悔しがる藤野。直後の42分、ベレーザは初めての選手交代。小林を下げて、左FW山本柚月を投入する。そして45分、右CB竹重から右FW藤野がボールを奪うと、ドリブルで独走。GKとの一対一を今度はかわして、ゴールに蹴り込んだ。ベレーザ、4点目。45+3分には右IH三浦を岩崎に交代。そしてタイムアップ。4-0。ベレーザが快勝して、皇后杯16回目の優勝を遂げた。

 前半こそ、攻めのベレーザ、守りのレオネッサで面白いゲームが展開されたが、前半終了間際、ベレーザがCF植木の彼女らしい技ありのゴールで先制すると、後半早々に追加点。以降は完全にベレーザ・ペースで、右FW藤野が躍動。さらに右SB宮川や右IH三浦も連動して、攻守に積極的にプレー。ベレーザの強さを見せつけた。CB岩清水が出産後、初めての優勝だそうだ。おめでとう。でもWEリーグはここまでレオネッサが首位。ベレーザは4位に沈んでいる。この優勝を契機にこれからいかに首位に迫っていくか。これからWEリーグも楽しみになる。今年はWEリーグももう少し観られたらいいなと思う。