とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

心底「死ぬわけにはいかない」と思う。

 妻が退院して3週間が過ぎた。お試し退院もあって、だいたい状況は掴めたし、それなりに準備もしたので、予定外に驚いたり、慌てたりすることはなかった。退院最初の週は、訪問看護や訪問リハビリ、デイサービスセンターなど初めての出来事が続いたが、娘が退院と合わせて介護休暇を取ってくれたのも助かった。もっともやり慣れない家事を担当することになった娘は一時かなり疲労困憊していたが・・・。

 そして思ったのは、「妻がこの状況では、とても先に死ぬことはできないな」ということ。よく、結婚をしたり、子供ができたりしたときに、「家族を支えるという責任感を感じる」と言われるが、正直、私はこれまで、結婚した時も、娘が生まれた時も、そこまでは思わなかった。結婚はただ舞い上がっていただけだし、子供の育児も精神的には妻が主に担い、私はその支援に回っていた。

 誤解されると困るけど、けっして子育てを妻任せにしたということではない。妻の母親の具合が悪いというので、出産時に妻が実家に帰ることなく、退院後は自宅に帰り、二人だけで育児をした。だから、おむつの交換は普通にやったし、夜泣きする娘を抱いて、あやし続けたこともある。それでも子育ての主役は妻だ。妻自身もそのように思っていただろうし、私に補助や支援は頼んでも、娘に何かあったら自分のせいだと思っていたはず。実際、娘が起立性調節障害でしばらく学校に行けず、いくつかの病院を渡り歩いた時には、玄関で眩暈を起こし、倒れ込んだこともあった。なにもそこまで背負い込まなくてもと思うが、そこまで考え、感じるのが母親なのだろう。

 その点、父親はどれだけしっかり子育てに参加しようが、自分が生んだわけでもないし、母乳を与えることができるわけでもない。だからだろうが、娘が生まれた時も、そしてその成長の過程においても、「自分が死ぬわけにはいかない」と思い詰めることはなかった。万一、死んでも大丈夫なように、「それなりの生命保険に入っておこう」とか、万一、離婚するようなことになったら、二人が生活できるような経済的負担は覚悟するとか、結局、「死んでも代替の方法がある」という思いは捨てきれなかった。

 しかし今回は違う。娘の介護休暇もせいぜい半年が限度。仮にその間に私が死んだら、その後の職場復帰も難しいだろうし、かと言って、仕事もせずに食べていけるほどの財産があるわけでもない。何より、娘に母親の介護をして齢を重ねるような生き方を強いることはできない。

 介護休暇の期間が終わったら、私が現在の仕事を退職し、介護をバトンタッチすることにしている。幸い、支給時期を早めれば年金をもらえる年齢にはなった。最初、娘は「会社を辞める」と言ったが、娘が正社員で採用された会社を辞めるよりも、どうせ65歳には退職せざるを得ない私が辞めた方が合理的だと説得した。だから、それまでは死ねない。その後も、老々介護が待っている。妻より先には死ねない。今回、私の人生で初めて、心底「死ぬわけにはいかない」と思った。天命であればどんな理不尽な死であっても受け入れざるを得ないとは思ってはいるが、この思いだけは届いてほしいと切に願っている。

プレミアリーグ第9節 トッテナムvs.マンチェスター・シティ

 今季、プレミアリーグは上位の勝ち点が詰まっている。トッテナムは前節まで3連勝して首位レスターと勝ち点1差の2位。一方、マンCは前節のリバプール戦を引分け、これで9試合負けなしとはいうものの引分けが多く、順位は1試合消化が少ないながら10位に甘んじている。

 トッテナムの布陣は4-2-3-1。ケインをトップに、右FWソンフンミン、左FWベルフワインが左右に並び、トップ下はエンドンベレ。ボランチにホイビュルクとシソコが並び、SDは右SBにオーリエ、左SBはレギロン。CBにはアルデルヴァイレルトとダイアーが並び、GKはロリス。一方、マンCの布陣は4-3-3。ジェズスをトップに、右WGマフレズ、左WGにフェラン・トーレス。中盤はロドリをアンカーに、右IHデブルイネ、左IHにはベルナルド・シウバ。DFは右SBにカイル・ウォーカー、左SBはジョアン・カンセロ。CBはラポルテとルベン・ディアス。GKはエデルソンが守る。ただし、攻撃の場面では左SBジョアン・カンセロがCHロドリの横に入り、マフレズとフェラン・トーレスが両WBに開く3-2-4-1のような布陣を取る。

 2分、左WGフェラン・トーレスのドリブルからミドルシュートを放つ。その後もマンCがパスを回して攻めるが、先制点はトッテナム。5分、OHエンドンベレの縦パスに右FWソンフンミンが走り込むと、GKと一対一。冷静に流し込んだ。CFケインがCBを引き連れてセンターの位置を空け、そこにソンフンミンが走り込んだ。その後もCFケインは中盤まで下がってボールを捌く場面が多く、ゼロトップのような動きを見せる。

 ゲームはマンCがボールをキープしてパスを回し、隙を伺うが、トッテナムの守りは堅い。9分、CFジェズスの縦パスを左IHベルナルド・シウバのポストにジェズスが仕掛け、こぼれ球を右IHデブルイネがシュートを放つが、ジェズスに当たった。トッテナムも13分、CHホイビュルクから右に展開すると、右SBオーリエが大きく左へサイドチェンジ。左FWベルフワインが再度右に振ると、右FWソンフンミンのクロスにCFケインがシュート。ネットは揺らしたが、ケインの位置がオフサイドだった。だが大きく左右に振りながらのカウンターはダイナミックで迫力がある。

 マンCも15分、デブルイネのFKにCHロドリがヘディングシュートを合わすが、GKロリスの正面。その後もマンCがパスを回して攻める。26分にはトッテナムがカウンター。しかしゴール前で止められると、今度はマンCがカウンター。これで得たCKの右WGマフレズが入れると、CBルベン・ディアスがヘディングシュート。GKロリスがナイスセーブした。さらにその流れから、右WGマフレズの戻しをCHロドリがクロス。CFジェズスが収めて、落としをCBラポルテがシュート。これが決まり、同点に追い付いたかと思ったが、VARの結果、ジェズスがトラップした際に右手を使ったとして、ゴールは取り消される。

 41分には左SBカンセロがドリブルで持ち上がり、縦パスから左WGフェラン・トーレスが仕掛けるがDFがブロック。右WGマフレズが拾ってさらに前進、しかしこれもDFがブロック。こぼれ球をCFジェズスがシュートするが、枠を捉えられない。前半はこのまま1-0で折り返した。

 後半も序盤からマンCがパスを回して押し込んでいく。だが、スペースを埋められ、却ってシュートまで行けない。6分、右IHデブルイネのミドルシュートはポストの右。8分、右WGマフレズのミドルシュートもGKロリスにキャッチされた。そして20分、トッテナムはOHエンドンベレを下げて、ロチェルソを投入する。するとその直後、自陣左サイドのスローインからCBアルデルヴァイレルトが縦パスを入れると、CFケインがそのままドリブルで運ぶ。そして左サイドを上がってきたロチェルソにパス。これを確実に決めて、トッテナムがカウンターから追加点を挙げた。2-0。

 マンCは27分、マフレズとベルナルド・シウバを下げて、左WGスターリングと右IHフォーデンを入れる。フェラン・トーレスが右WG、デブルイネは左IHに移る。直後の28分、デブルイネが直接狙ったFKはわずかに右上に外れる。トッテナムは直後、左FWベルフワインに代えてルーカス・モウラを投入する。さらに36分にはCBアルデルヴァイレルトが右股内側の痛みを訴え、ロドンに交代する。

 マンCも必死に攻めるが、トッテナムの守りは堅い。終盤には時間も使って、守っていく。45分、デブルイネのFKからCBルベン・ディアスがヘディングシュートするも、GKロリスがナイスセーブ。45+1分、デブルイネのCKから左WGスターリングが落とし、左SBカンセロがミドルシュート。だが枠を捉えられない。そしてタイムアップ。2-0。トッテナムが勝利した。

 今節は首位レスターと3位リバプールの首位決戦もあって、リバプールが勝利。この結果、トッテナムが首位に立った。とは言ってもリバプールとは勝ち点差で並ぶ得失点差の順位。5位に下がったレスターとの勝ち点差もわずか2と上位陣は拮抗し、まだまだ混戦が続く。そしてトッテナムの次節の相手は3位のチェルシー。これもまた見逃せない。今季はプレミアリーグが面白い。

日本のコロナ対策は、逆方向へ向かうエンジンを同時に吹かす、惨事便乗型政策ではないのか。

 コロナ感染拡大を前に、「GoToキャンペーン」をいつまでもやめようとしないこれまでの政府の方針は、「アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようだ」と批判されてきたが、ようやく21日になって、菅首相から「GoToキャンペーン」の運用見直しをする方針が発表された。だが、運用見直しの具体的な方針は示されず、各都道府県に委ねる形となっており、さっそく小池都知事との鞘当ても起きている。ブレーキの位置は示したが、自ら踏むことはなく、ブレーキ操作は都道府県に任せるということのようだ。

 では、ブレーキは踏まないコロナ対策として、政府は何をやっているか。そこで思い起こすのが、ワクチン対策である。19日には、新型コロナワクチンの接種を国民の努力義務として、費用も無料とする予防接種法の改正案が衆院を通過した。この法案では、万一ワクチンを接種して副作用があった場合には、製薬会社が行う損害賠償に対して国が補填することとなっている。しかし、損害賠償といってもどれだけの損害が認めてもらえるのかわからないし、効果と副作用を考えると、とてもワクチン接種に向けて努力しようという気は起らない。それでも国はワクチン接種に向けたアクセルを緩める気はなさそうだ。そう、これはブレーキではなくアクセルではないか。GoToキャンペーンとは逆向きだが、ブレーキではなくアクセル。

 GoToキャンペーンが旅行業界などに向けた経済対策なら、ワクチン接種は製薬会社や医療関連業界に向けた経済対策。もっともワクチン開発を進めているのはもっぱら海外の会社だから、経済対策というよりは外交政策なのかもしれないが。それにしても、GoToキャンペーンに税金を投入して商業者を支援し、ワクチン接種に税金を投入して医療関連業界を支援する。新型コロナの感染拡大という惨事に対して、対策という名のエンジンを回し、アクセルを踏み込む。これってまさに惨事便乗型政策ではないのか。

 確かにアクセルを踏むのはカッコいいが、エンジンに投入する燃料は我々の税金であり、当然、無尽蔵ではない。アクセルを踏み続ければそのうちには燃料もなくなるだろうし、エンジンが焼き付くかもしれない。そもそもどちらに向かうのか定かではない。今、本当に必要なのはアクセルを踏み込むことではなく、ブレーキを踏んで感染拡大を抑えることではないのか。クルマでも、アクセルに見合ったブレーキシステムがあってこそ安心して運転できるというもの。ブレーキを踏むのはあまり目立たないかもしれないが、アクセル以上に重要だし、繊細な操作が必要とされる。そのブレーキは各自治体や国民の自助に任せているようにみえる。しかし重要なのはブレーキだ。エンジンが巨大になればなるほど、ブレーキ役の負担も増える。国民がブレーキを踏むことに疲弊している。

 首相就任時に「国民のために働く内閣をつくる」と言った菅首相だが、「自助」と言って国民にブレーキを委ねる今の内閣は、本当に国民のために働いているのだろうかと疑問に思う。もっとも「(特定の)国民のために」という( )内が隠されているだろうとは、その言葉を初めて聞いた時に真っ先に思ったことではあったのだけれど。政府には、もうこれ以上アクセルは踏まなくていいから、ブレーキを踏む人々を支援してくれと言いたい。「為すなくして治むる者は、其れ舜なるか。夫れ何をか為すや。己を恭しくして、南面を正すのみ」と孔子も言っていたではないか。