とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第25節 ヴィッセル神戸vs.セレッソ大阪

 水曜日はまたACLに備えた変則的な日程によるゲームがあった。2位セレッソは5連勝して首位フロンターレを追いかける。フロンターレにゲームがない中、勝って少しでも勝ち点を詰めておきたい。一方、ヴィッセルは逆にここ5試合勝利なし。前節、ケガで休んでいたイニエスタが途中出場し、マリノス相手に土壇場で同点に追い付いた。そしてこのゲームではイニエスタが先発。ホームで久しぶりの勝利を目指す。

 ヴィッセルの布陣は3-5-2。古橋と藤本を2トップに、トップ下に右IH山口と左IHイニエスタ。サンペールがアンカーに入る。WBは右に西、左は酒井高徳。CBは右からダンクレー、大崎、フェルマーレン。GKには前川が入った。対するセレッソは4-4-2。都倉と奥埜の2トップに、右SHは西川、左SH柿谷。いつもの坂元と清武はお休み。ボランチは木本とデサバトで組む。DFは右SB松田、左SB丸橋。CBにヨニッチと瀬古。GKはキムジンヒョン。DF陣はいつものメンバーだ。

 序盤からヴィッセルがパスを回して隙を伺う。一方、セレッソはしっかりブロックを作って守り、隙を見てカウンターを仕掛ける。10分、左SH柿谷はドリブルで持ち上がり、FW都倉にパス。しかし都倉のトラップが長い。DFにクリアされた。ヴィッセルも11分、右WB西のクロスにFW古橋が合わせるが、シュートは弱い。GKキムジンヒョンがセーブした。15分には左SB丸橋のCKをCH木本がニアでヘディング。しかし枠は捉えられない。その後もヴィッセルがパスを回して攻めるが、決定機は作れない。22分、左IHイニエスタミドルシュートは左に外れる。23分、左SB丸橋のCKのクリアをFW奥埜がボレーシュートするも、DFにはね返された。

 そして33分、左IHイニエスタのFKをセレッソがはね返すと、こぼれ球を拾ったFW奥埜がドリブル。左を並走したFW都倉に渡し、ドリブルからシュート。しかしGK前川がナイスセーブ。こぼれたボールをGK前川が抑えに行くが、そこに都倉も突っ込む。額を蹴られて、血を流すGK前川。都倉はこれで一発レッド。セレッソが一人少なくなってしまった。

 するとセレッソは木本を右CBに下げて、5バックにする。柿谷をFWに上げ、奥埜を左SHに下げた5-3-1の布陣。40分には右SH西川を下げて片山を投入する。守りを固めるセレッソに対して、ヴィッセルが一方的に攻めるが、なかなか決定機を作るところまではいかない。45分、右CBダンクレーがドリブルで仕掛けて、DFに当たったクロスがあわやオウンゴール。しかしCH木本がクリアした。45+4分には右WB西が右IH山口とのワンツーで切れ込み、クロスを左WB酒井がボレーシュート。だがサイドネットに外した。45+5分、右IH山口のミドルシュートも枠の外。前半はこのままスコアレスで折り返した。

 後半もヴィッセルが一方的に攻めて、セレッソが守る展開。ヴィッセルはCKや左IHイニエスタの縦パス、さらに仕掛けと攻めるが、なかなか決定機が作れない。15分には左IHイニエスタのフィードをFW古橋が収めて、FW藤本がシュート。だがCBヨニッチがブロックする。そして17分、左サイドからSB丸橋がFKを入れると、DFがクリアして右サイドに流れる。これを収めたCHデサバトがDFをかわしてアーリークロスを入れると、CF柿谷がニアに走り込んで、ヘディングシュート。なんと、一人少ないセレッソが先制点を挙げた。

 これでますます守備を固めるセレッソヴィッセルは23分、左WBに初瀬、右WBに小川、そしてCB大崎を下げてシャドー・ストライカーに郷家を投入。4-3-3にしてさらに攻める。セレッソは37分、CF柿谷を下げてブルーノ・メンデス。39分、左WB初瀬のクロスがDFに当たって、ゴール前に落ちると、CF藤本がヘディングシュートを放つが、体勢が崩れて、うまく当たらない。アディショナルタイムにもCKから左IHイニエスタボレーシュートを放つが、どうしてもセレッソの堅守を崩せない。結局、このままタイムアップ。1-0。一人少ないセレッソが貴重な1点を守り切り、6連勝を飾った。

 これでフロンターレとゲーム消化数で並んで、勝ち点差は5。フロンターレとの直接対決で負けた以外はドローゲームが1試合多いだけ。フロンターレの独走かと思ったが、実はそれほど大差がついているわけではない。直接対決でセレッソが勝っていたら、順位は逆だった。この後、セレッソアントラーズ、そしてFC東京と上位チームとの対戦が待っている。連勝をさらに伸ばし、10月3日のフロンターレ戦で雪辱を果たしたい。そしてセレッソフロンターレが喫した敗戦は共にグランパスがつけたもの。そう、その他のチームに対する取りこぼしがなければ、グランパスだって優勝戦線に残っていたはず、たらればを考えてしまう。グランパスの次のゲームはヴィッセル戦。セレッソのように守り切ることはできないだろう。攻め合いを制するようなゲームを期待したい。

ラ・リーガ第1節 ビジャレアルvs.ウエスカ

 プレミアリーグと同時にラ・リーガも開幕した。今季は久保と乾に加え、岡崎もウエスカの1部昇格を牽引。さらに武藤もエイバルへ期限付き移籍すると言う。4人の日本人がプレーすることになった。そしてその初戦から久保のビジャレアルウエスカが対戦。どちらも彼らの他にどんなメンバーがいるのか、どんなサッカーをしているのか知らないので、まずはそれを楽しみに開幕戦を観戦した。

 ビジャレアルの久保は残念ながらベンチスタートだが、多少は見知った選手もいる。CFにはパコ・アルカセル。ジェラール・モレノがトップ下に入り、右SHはチュクウェゼ、左SHにはモイ・ゴメス。ボランチバレンシアから移籍のパレホとコクランが並ぶ。DFは右SBにペーニャ、左SBペドラザ。CBにアルビオルとパウ・トーレスが並び、GKはアセンホ。対するウエスカの布陣も同じ4-2-3-1。岡崎はワントップに入る。トップ下にはフアン・カルロス。右SHにラファ・ミル、左SHはダビド・フェレイロ。モスケラとミケル・リコのダブルボランチ。DFは右SBにマフェオ、左SBにハビエル・ガラン。CBにインスアとホルヘ・プリド。GKはアンドレス・フェルナンデスが守る。

 序盤は昨季リーグ5位のビジャレアルが優勢。6分、OHジェラール・モレノから右に展開。右SHチュクウェゼが中に仕掛けて縦パスを入れると、モレノが抜け出してシュートを放つ。GKフェルナンデスがナイスセーブ。13分にはOHモレノのスルーパスにCFパコ・アルカセルが抜け出してシュート。だがこれはオフサイド。17分、左SHモイ・ゴメスの縦パスをOHモレノがフリック。パコ・アルカセルがシュート決めるが、これもオフサイド。さらに22分には、右サイドから左SHゴメスのFKにOHモレノがヘディングシュート。GKフェルナンデスのファインセーブをCBアルビオルがヘディングで押し込むが、これもオフサイド。なかなかゴールが決まらない。

 ここまでクロスは入れるものの、シュートまで行けないウエスカ。岡崎も自陣ではボールに触ることもあったが、なかなか前線で攻撃に絡めない。ようやく34分、左SBガランからの縦パスをCF岡崎が収め、前に走り込んだ右SHラファ・ミルに縦パスを送るが、DFにカットされる。しかしここからようやくウエスカが攻める場面が増えてくる。35分には左SHフェレイロのFKにCF岡崎がヘディングシュート。しかしわずかにポスト右に外れた。そして42分、左SBガランの縦パスをCF岡崎が中盤まで下がって落とし、OHフアン・カルロスが縦パス。左SHフェレイロの落としをカルロスが大きく右に展開し、上がってきた右SBマフェオが中へ軽く切り返してDFをかわし、シュート。ウエスカが先制点を挙げた。前半はウエスカの1点リードで折り返した。

 後半は序盤、ビジャレアルが攻勢をかけるが、ウエスカもしっかり受け止めて、互角の展開。6分、右SHラファ・ミルがミドルシュートを放つと、9分には左SBガランのクロスに、CF岡崎がダイビングヘッド。ニアに外れたが、いかにも岡崎らしいプレーだ。11分にはOHフアン・カルロスがドリブルで運び、右に流すと、右サイドにいたフェレイラがクロス。DFのブロックをOHフアン・カルロスがシュートするが、これはCF岡崎が合わせ切れず。足に当たって、枠を外した。

 ビジャレアルも12分、CHパレホから右に展開。OHジェラール・モレノからのサイドチェンジにCFパコ・アルカセルが走り込み、ダイレクトでシュートを放つが、バーに当たって逸れていった。17分、ウエスカはOHフアン・カルロスに代えてヌワカリ、左SHフェレイロに代えてエウヘニ・バルデラマを投入する。しかしゲームはビジャレアル・ペース。20分、左SHモイ・ゴメスのクロスのはね返りからCHパレホがミドルシュート。そして23分、右深い位置からのFKをゴメスがクロスをゴール前に入れると、OHモレノがわずかに触れてコースが変わったボールがCBマフェウの手を弾く。主審がVARで確認の末、PKの判定。これをOHモレノが決めて、ビジャレアルが同点に追い付いた。

 さらに勝ち越しを狙うビジャレアルは32分、パコ・アルカセルに代えて、いよいよ久保を投入する。他に右SBにガスパール、ケガのCHコクランに代わってイボーラを投入する。ウエスカも33分、CHミケル・リコに代えてセオアカ。その後もビジャレアルが攻めて、ウエスカが守る。40分には久保も連携に絡んでゴールに迫るが、はね返される。ウエスカは44分、右SHラファ・ミルに代えてホアキン、右SBマフェオに代えてルイジーノを投入する。ビジャレアルも45+1分、左SHゴメスに代えてニーニョ。

 45+2分、OH久保の仕掛けからFKをもらい、久保がゴール前に入れるが、GKフェルナンデスがキャッチ。逆に45+3分には岡崎が縦パスを右に展開。右SHホアキンミドルシュート。さらにバルデラマのCKをCBインスアが折り返し、CBプリドが押し込むが、これはオフサイドを取られる。45+6分、OH久保も積極的にミドルシュートを放つが、GKがセーブする。アディショナルタイムには惜しいチャンスを作ったウエスカだったが、結局ゲームはそのままタイムアップ。開幕戦は1-1のドローで終わった。

 昇格組のウエスカがどんなサッカーをするかと思ったが、予想以上に正統派のパスサッカー。岡崎は持ち前の運動量でピッチ広く走り回るが、基本はトップでゴールを狙う。ポストプレーもうまいし、しっかりこのチームで生きている。一方、ビジャレアルも同じように正統的なパスサッカー。このチームなら久保も生きるのではないか。ビジャレアルの次節は乾と武藤のいるエイバルが相手。再び日本人対決が見られる。今度こそ久保は先発出場するだろうか。二人の活躍を見てみたい。

新型コロナウイルスの真実

 岩田健太郎氏と言えば、単身、ダイヤモンド・プリンセス号に乗り込み、感染対策が不十分なことを暴露した医師として有名だ。その事件の後、たぶん初めて取材を受け、発行した本だと思う。「新型コロナウイルスの真実」というタイトルがついているが、まだわからないことも多いウイルスであり、かつ本書は3月中旬に口述筆記されていることから、情報としてもけっして新しくない。「真実」というタイトルはやや盛り過ぎ。「新型コロナウイルスへの対応と日本社会」くらいが適当なところだ。

 ちなみに、本書でも少し書かれているが、岩田健太郎氏はサッカー経験者であり、マンチェスター・ユナイテッドのファンだと公言している。「サッカーと感染症」や「新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる」といった著書もあり、先日は「FOOT×BRAIN」にも出演していた。その点からも岩田氏には好感を抱いている。ちなみに、9月11日には内田樹と共著で「コロナと生きる」を出版した。これもまた機会があれば読んでみたい。

 本書については、新型コロナウイルスへの感染対策といった部分ではなく、ダイヤモンド・プリンセス号事件や、これまで感染症対策の専門家として経験してきたことなどから、日本社会における問題点などを指摘するところが面白い。リスクコミュニケーションや同調社会への警告、多様性の重要性、「安心を求めてはいけない」といった警句などが興味を引く。口述筆記ということもあり、あっという間に読み終えた。最近では「ファクターXは実在しない」という記事も投稿している。今後も岩田健太郎氏には注目していきたい。

 

新型コロナウイルスの真実

新型コロナウイルスの真実

 

 

PCRは診断の…助けにはなる…けど…正しく診断することはできない。正しく治療することも…できない。…だからやるべきは…「正しく判断」することなんです。…コロナであるという「診断」はできていないけれど、コロナであるという「判断」をしておけば、対応に間違いはない。仮に違う病気だったとしても対応できる判断をすればいい。/これが、正しく診断することを放棄して、正しく判断するということです。(P38)

厚労省たちはリスクコミュニケーションに失敗したんです。…コミュニケーションで大事なことは、事実をちゃんと公表すること…情報公開と透明性が何より大切…です。…ちゃんとできていないこと自体は…問題ない。…ちゃんとできてる国なんてひとつもないですよ。/でも…「ちゃんとできておりますよ」という日本の国内では通用する論法を、世界に向けてやっちゃったのが、厚労省の何よりの失敗ですよ。(P126)

○パニックが起こると人々が群集化して、…買い占めたり、差別、迫害をし始める。そこは世界共通なんですけど、日本の一番いけないのは、政府がそこに乗っちゃうところです。…みんなの欲望に合わせてしまう。/みんながパニックになって騒いでいるときには、政府の上にいる人たちが「まあまあちょっと待って。それは違うよ」とやるのが国の本来のあるべき姿なのに、上までそれに乗っかっちゃう。(P184)

同調圧力が極まると、全体主義に行き着きます。…右も左も関係なく、全体主義、言い換えると多様性を認めないことが、とても危ういんです。…正しいことをやってると信じている全体主義ほど、恐ろしいものはないですよ。…だから正しいかどうかとは関係なく、多様性を保持することこそが大事なのです。…その意見がどんなに荒唐無稽であろうと、その意見があるということだけは認めるという原則が守られないと、危ない。(P187)

○安心を求めてはいけない。「安心なんて幻想だ」ということをしっかり理解することが大切になります。…不安に思うべきところは、不安なままでいいんです。不安にならなきゃいけないシチュエーションで麻薬を打って安心したら、より危険になるんです。…「安心」って、危ないんですよ。(P199)