とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第33節 名古屋グランパスvs.ヴィッセル神戸

 土曜日のゲームで5位レッズが勝利し、試合前の時点で5位に落ちたグランパス。だがそれよりもこのゲーム、3位とのヴィッセル戦。勝ち点差は3。得失点差があるので勝っても順位は変わらないが、ACL圏内を確保するためには絶対勝利がほしい。グランパスの布陣は4-2-3-1。シュヴィルツォクをトップにシャビエルがトップ下に入った。前田が右SH、左SHには相馬。ボランチは木本と稲垣で組む。DFは右SB宮原、左SB吉田。CBとGKはいつもと変わらない。対するヴィッセルは4-4-2。ドウグラスと武藤の2トップに、右SH佐々木、左SH郷家。イニエスタとサンペールでボランチを組む。DFは右SB酒井高徳、左SB初瀬。フェルマーレンと菊池のCBにGKは飯倉。ヴィッセルにとっても絶対に負けられない。

 開始2分、右SH前田のパスからOHシャビエルが左に流し、CH木本がミドルシュート。3分には左SH相馬がドリブルで持ち上がり、スルーパスにCFシュヴィルツォクが走り込んで、クロスにCH稲垣がシュート。だがGK飯倉が正面でセーブする。そして6分、OHシャビエルから左サイドへ大きくサイドチェンジ。左SH相馬が上がって、クロスに右SH前田がゴール前に走り込んでシュート。幸先よくグランパスが先制点を挙げた。

 しかし序盤から速かったヴィッセルのプレスがさらに速く高くなる。グランパスは守備ブロックを敷いてカウンターを狙う。11分、CHイニエスタのクロスに右SH佐々木がヘディングシュートするも、当たりが薄く、GKランゲラックが弾き出す。グランパスは14分、右サイドのFKからSH相馬が右サイドを縦に切り込み、クロスのこぼれをCH稲垣がシュート。しかしこれもGK飯倉がキャッチした。その直後、CB菊池の縦パスをCH稲垣がカットすると、縦パスを受けたCFシュヴィルツォクがドリブルで仕掛け、DFを滑らせると、シュート。これがゴールに転がり込む。グランパスが追加点を挙げた。

 ヴィッセルは22分、左SH郷家を右SB宮原が倒して、PA手前でFKのチャンス。これをCHイニエスタが狙うが、壁に当たった。23分、CBフェルマーレンミドルシュートはGKランゲラックがファインセーブ。グランパスも38分、ヴィッセルミスパスをCH木本がカットすると、縦パスを受けたCFシュヴィルツォクがドリブルから右に流して、OHシャビエルがシュート。しかしGK飯倉がナイスセーブ。前半はこのままタイムアップ。グランパスの2点リードで折り返した。

 するとヴィッセルは後半頭に、右SH佐々木を下げてボージャンを投入する。ボージャンは武藤とポジションチェンジを繰り返し、グランパスのDFラインを下げていく。8分、グランパスは前田とシャビエルを下げて、右SHマテウス、OH柿谷を投入する。9分、CHイニエスタの縦パスに右SHボージャンが抜け出し、シュート。GKランゲラックがファインセーブ。続くCKにCB菊池がヘディングシュートを決めてネットを揺らすが、その前にCB中谷がFW武藤に倒されてファールの判定。ゴールは認められなかった。

 だが後半も高い位置からプレスをかけるヴィッセルに押し込まれるグランパス。11分、左SB初瀬のクロスにFWドウグラスがヘディングシュート。これもGKランゲラックがファインセーブ。しかし14分、初瀬のCKをCBフェルマーレンがヘディングで前に送ると、FW
武藤が抜け出してシュート。ヴィッセルが1点を返した。グランパスは17分、シュヴィルツォクと相馬を下げて、FW金崎と右WB森下を投入。布陣を5-3-2にして守備を固める。FWに金崎と柿谷。中盤は木本をアンカーに、右IHマテウス、左IH稲垣。ただし22分過ぎ位には稲垣とマテウスの位置を入れ替えた。しかしヴィッセルの勢いは止まらない。19分、CHイニエスタのクロスにFW武藤がヘディングシュート。GKランゲラックがスーパーセーブで弾き、バーを叩く。

 グランパスも27分、左IHマテウスのスルーパスに左WB吉田が駆け込み、クロスにFW柿谷がシュート。GK飯倉が身体に当てて弾き返すと、こぼれ球を右IH稲垣がシュート。しかし吹かしてしまった。そして31分、CB菊池からのフィードをFWドウグラスが収め、落としをCHイニエスタが縦パス。受けたFW武藤が仕掛けていくと、付いていった左SB吉田の足が絡んで倒してしまう。主審はVARで確認した上でPKを宣告。36分、イニエスタがPKを決めて、ついにヴィッセルが同点に追い付いた。

 その後、ヴィッセルは38分にイニエスタとサンペールを下げて、CH中坂とCH大崎。43分には右SHボージャンが足を痛めて井上と交代する。最後まで攻めの姿勢を崩さないヴィッセル。7分という長いアディショナルタイムもなかなかグランパスは攻められない。45+4分、右IH稲垣のスルーパスに右WB森下が抜け出し、クロスに左IHマテウスがシュートするも、DFがブロック。そしてタイムアップ。前半2点リードしたグランパスだったが、後半2失点。結局2-2で引き分けた。

 解説の柱谷さんがゲーム中に「スペインとイタリアの対戦みたいだ」と話したが、残念ながらグランパスにはイタリアにいるような決定力のあるFWがいない。ゲーム後、フィッカデンティ監督が「後半最初から5-3-2にすればよかった」といった趣旨のことを言ったそうだが、逆ではないか。もっと攻めてほしかった。木本ではなく長澤を起用してほしかった。Jリーグは残り5試合。最終節レッズ戦の前は10位以下のチームが続く。だがその前に天皇杯準々決勝、そしてルヴァン杯決勝とセレッソとの対戦が続く。ここを勝ち切って、続くリーグ戦に繋げたい。まさに今が正念場だ。がんばれ、グランパス

医学のひよこ

 「医学のつばさ」の前編。「医学のたまご」の続編。でも「医学のたまご」ってどんな話だったっけ。主人公の曾根崎薫くんが曽根崎伸一郎と山咲理恵の(生物学的)息子だということは覚えているけど、論文捏造事件ってどんなことがあったんだっけ? またそのうち読み返してみよう。

 で、「医学のつばさ」を先に読んでいたので、基本的なことはわかっている。でも結局、新種生命体「いのち」くんはどうなったんだっけ? 一番、肝心なことを忘れている。ま、こちらもそのうち読み返してみよう。後半を先に読んだといっても、前編も十分楽しく読むことができる。十分たくさん驚くようなことが詰まっている。後半の方が爆破力は強いかもしれないけど。

 でも、どうして海堂尊はこの2本の作品を、一つの作品の前後編にしなかったんだろう? 本書の最後には次のように書かれている。

○さて、この物語はここで、唐突に終わる。…世の中の大概のことは、こんな風に決着がつかないまま終わったりするものだ。/でもひとつの物語の終わりは、新たな物語の始まりでもある。/だからこそ、この物語はここできっぱり終わりにするのが正しい、のかもしれない。…そう、この世の中のことには、正解なんてないのだから。/夜明け前が一番暗い。でも、明けない夜はない。/やがてぼくは闇の底で、一筋の光明を見つけることになるだろう。/だけど、それはどん底に落ちたからこそ、見えてきた風景だった。(P220)

 終わる必然性はあったのだろうか? でも本作の初出、「医学のひよこ」は「小説 野生時代」の2020年4月号から10月号で連載し、後編の「医学のつばさ」は同誌の11月号から始まっている。一つの作品にしてしまうと、中高生には長過ぎると思ったんだろうか。でも読み終わるとすぐに続きが読みたくなる。いや続編の「医学のつばさ」はもう読んだんだったっけ。「いのち」くんはどうなったんだっけ? まだ3ヶ月も経たないのに、もう忘れている。やはり1冊にしてほしかったな。

 

 

○幸福な人は微睡み、不幸な人は覚醒する。…その時、ぼくは「平凡」な毎日と別れを告げ、「特別」な日々が始まった。/それを「不幸」だと思った時もあったけど、今はそうは思わない。…「特別」であり続けることは滅多にない「幸福」なのかもしれない。…幸福な人は平凡になり、不幸な人は特別になる。…そんな「幸福と不幸」が入り乱れた、ぼくの波瀾万丈の日々は中学3年の春に始まった。(P8)

○その時ぼくはパパから、責任を取るべきだと言われて、自分なりに責任を取った(と思う)。/その時にこの世の中、何が起こっても、ちゃんとやっていれば必ず見てくれている人がいるということも知った。/でも一度起こってしまったことは、なかったことにはならない。(P49)

○これからは総力戦になるだろう。お前たちが持つ武器、共に戦う仲間の力を結集しなければ、とうてい勝ち目はない。…これは戦争で、敵は『組織』だ。…『組織』が一番大切だと思っている連中の総体が『組織』の実体だ。(P217)

 

プロット・アゲンスト・アメリカ

 もし第二次世界大戦前夜の1940年、ローズヴェルトが三選を果たした大統領選でリンドバーグが代わって大統領になっていたら・・・。「もしもアメリカが・・・」という副題が添えられているが、ヒトラーと懇意になり、ドイツを支持し、参戦に否定的だったリンドバーグが大統領になっていたら、その後の世界はどのようになっていたか。読み始める前から、当然私は、ありえたかもしれないもう一つの世界、そんなSF的なパラレルワールドが展開するのだとばかり思っていた。しかし本書はそういう類の本ではない。リンドバーグが反ユダヤ論者だった過去を利用し、ユダヤ人への迫害やそれを恐れる家族の姿を描き出す。より心に迫る作品である。

 1940年代はまだこういう時代だったのか。はたまた現代も現実は大して変わらないのか。いずれにせよ、彼らユダヤ人家族は血と恐れと悩みの中に生きている。それらを振り切ろうとする意志と、逃げようとする決断の狭間で悩み、家族の絆もひび割れようとしている。だが結末は意外に簡単にやってくる。リンドバーグが失踪してしまった。「リンドバーグヒトラーに脅迫されていた」そして「ドイツ軍に拉致された」というのが一応の説明だが、完全に家族が壊れてしまうまでには至らず、物語は終わる。現実に比べ、小説は甘いだろうか。それでも十分恐怖は伝わってくる。フリップ・ロス本人の幼少時の出来事として、子供の目線で描かれている点が迫真的でもあり、救いにもなっている。それが本書の一番の魅力だろう。

 本書は2004年にアメリカで刊行され、ブッシュ政権批判とも受け止められた。日本では2014年に翻訳出版されたが、まさに第二次安倍政権の渦中である。リンドバーグをブッシュになぞらえることを筆者は否定したそうだが、日本に住む私としてはやはり安倍晋三を、そしてユダヤ人を在日朝鮮人に置き換え、さらに在特会などの存在を考えてしまう。少数者に対する迫害は、少数者がいる限り、世界中で繰り返されていることなのかもしれないが、その恐怖がじわじわと伝わってくる。

 

 

○「ヒトラーはまっとうな人間なんかじゃありませんよ、ラビ!…史上最悪のユダヤ人迫害者なんですよ。なのに奴の親友にして我らが大統領は、君と私のあいだには『共通理解』があるのだなんて言われて真に受けてるんだ。…時が来たらこの国にもユダヤ人を撃ち殺しにきますよ。そうしたら吾らが大統領はどうするか? 私たちを護ってくれますか?…いいや、われらが大統領は指一本持ち上げやしません。それがアイスランドであの二人が達した共通理解なんです。(P149)

○不測の事態はいたるところ、すべてに関し広がっていた。そんな容赦ない不測の事態も、180度ねじってしまえば、私たち小中学生が教わるところの「歴史」に、無害な歴史になってしまう。そこにあっては、当時は予想もできなかったことすべてが、不可避の出来事としてページの上に並べられる。不測の事態の恐ろしさこそ、災いを叙事詩に変えることで歴史学が隠してしまうものなのだ。(P155)

ローズヴェルトに取って代わった共和党大統領が、ユダヤ人たちから…ひとまず容認されるようになったことは嫌でも目に入った。…就任式以降、恐れていたようなことは何も起こっていなかったから、わが家の隣人たちは徐々に、ウィンチェルの陰惨な予言より、ラビ・ベンゲルズドーフの楽天的な保証の方に信を置くようになっていった。…むしろ国に行く末をいち早く見抜いていた…と大っぴらに持ち上げるようになった。(P212)

○この人々がユダヤ人であるのは、ラビやユダヤ教会から発していることでも、彼らが実践する数少ない宗教的慣習から発していることでもなかった。…ユダヤ人であることは…彼らが彼らである事実そのものから発していたのである。すべてはありのままに、物事の本質に根差していて、…根本的なことであって、誰一人、そこからいかなる事態が生じようと、それを変えたいとか否定したいとかいった欲求を表しはしなかった。(P298)

○私は扇動を事とする政権の不法な代表者たちに屈しませんし、彼らに怖気づきもしません。国民の皆さんも、どうか政府の容認しえぬ行為を認めたり支持したりなさらぬようお願いします。…1776年7月に…ジェファソンと…フランクリンと…アダムズが唱えたのと同じ何人にも奪いえぬ権利を守るべく、これら連合諸邦の善き人々の権威において、世界の至上なる審判者に私たちの意図の正当性を訴えつつ…不正な侵害の歴史に終止符が打たれることをここに宣言します。(P427)