とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

日本が滅びる前に

 先に読んだ「政治はケンカだ!」は面白かった。その後も、泉氏は何冊も本を出しているが、とりあえず本書を読んでみた。でもまあ、普段、Xなどで主張していることと同じことが書かれている。多少、目新しかったのは、「子ども施策は経済政策でもある」ということ。なるほど。自治体と国では、経済政策の中身も多少は違うかもしれないが、市民の側に立った政治、というのはまったく正しい。

 ところで、「日本が滅びる前に」というタイトルはどこから出てきたんだっけ。第5章が同じタイトルだが、そこでは、官僚制度や政治屋への批判、消費税やふるさと納税制度への批判、マスメディアへの批判など、第4章までで書き切れなかったことが詰め込まれている感じ。一方で、「子ども施策は経済政策」など、何度も言及されることも多い。たぶんまとめて執筆したのではなく、忙しい中でその時々に書き溜めたか、話したことを誰かが書き起こし、それに手を入れたか。いずれにせよ、構成などが十分固まっていないように感じる。なので、個々は理解できるが、全体像はよくわからない。これならXをフォローしていた方がいい。

 ただ、泉氏の政治への熱意が伝わることは確か。そして、若い世代がより良い政治家として活躍することを期待しているも伝わってくる。その熱意に応え、日本は変わるだろうか。変わらなければ、日本は滅びる。確かにそうかもしれない。

 

 

明石市は、子育て層をはじめ誰もが住みやすい街になったことで人口が10年連続で増え、出生率は上がり、その結果、税収増になりました。その間、街の商店街は売り上げがどんどん増え、移住者の増加によって至るところで建設ラッシュが起こっています。子ども施策は経済政策でもあり、街に住むすべての人にとってハッピーなものになることをしっかり証明しました。(P21)

○経済施策を考える際、モノを売る側と買う側、どちらの側に立つかで施策の内容は大きく変わってきます。…景気低迷にあえぐ今の日本社会では、法人税を減免しても大企業の内部留保になるだけなので経済はまわりません。…今、経済施策を打つならば…モノを買う側、消費者である市民の側に立って政策を考えていくことが何より重要です。まず負担軽減策を実施して市民にお金を使ってもらえるようにする。市民が地元の商店でお金を使えば、地域経済は活性化します。(P91)

○子どもたち一人ひとりの個性をしっかり伸ばす。それをサポートしていくのが学校の役割であり、あるべき姿です。…今の日本の教育現場には旧態依然とした一律主義が根強く残っています。そのせいで、子どもにとって非常に居心地のよくない場所になっています。…子どもたちをサポートするために、一人ひとりが生きるエネルギーを存分に発揮できる居場所をもっとたくさん整備していく必要があります。(P122)

○失敗の最大の原因は政府が「経済が国民を豊かにする」と勘違いしていることにあります。国民を豊かにするのは「政治の役割」であって「国民が豊かになってこそ、経済もまわる」のです。政府も閣僚も与党も官僚も、その順番を勘違いしています。/私は市長としてまず「市民を支援する」ことで、地域経済を活性化させ、税収増を実現しました。子育て世代…を支援すれば、可処分所得が増えて地域経済の活性化につながり、市の税収も増え財源が生まれます。…子ども施策を最初のきっかけにして、経済や地域の好循環が生まれ、さらなる子育て政策の拡充につなげたのです。「少子化対策には増税が必要」という考え方は根本的に間違ってします。(P166)

○多くの人が政治を揶揄したり、バカにしたり、あるいは自分の利益のために利用したりする中で、政治がとことん汚いものになってしまいました。でも本来の政治というのは、私たちの社会をよりよい形に変え、暮らしやすくすることです。その原点に立ち、まっとうなことをまっとうに行うだけの、きわめてシンプルなものです。…胸を張って将来、僕は政治家になりたいというような子どもを育てることが、みんなの未来をつくることになります。(P203)

 

パリ五輪アジア最終予選(女子) 北朝鮮vs.日本

 パリ五輪のアジア最終予選は、北朝鮮とのホーム&アウェイでの勝負。アウェイのゲーム地がなかなか決まらず、ようやくサウジアラビアに決まったのは2・3日前。移動疲れと暑さが懸念された。

 北朝鮮の布陣は3-4-3。キムキョンヨンをトップに、右WGにホンソンオク、左WGチェクンオク。ダブルボランチにジュヒョシムとミョンユジョンが並び、右WBリミョングム、左WBにウィジョンシム。CBは右から、リヘギョン、パクシンジョン、リクンヒャン。GKはパクジュミ。対する日本の布陣は4-3-3。田中美南をトップに、右WGに藤野、左WGは植木。中盤は熊谷をアンカーに、右IH長谷川、左IH長野。DFは右SB清水に左SB古賀。CBは南と高橋。GKは山下。古賀塔子は1月に18歳になったばかりのFFAアカデミー所属の高校生だ。

 開始2分、右IH長谷川のCKにCH熊谷がヘディングシュート。序盤から日本が攻めていく。14分には右IH長谷川の縦パスに左WG植木が走り込み、こぼれ球を左IH長野がミドルシュート。これは植木に当たる。しかしその直後には北朝鮮のCHジュヒョシムのフィードにCFキムキョンヨンが走り込み、シュート。あわやGK山下がかろうじて弾き出した。その後も日本がパスをつないで主導権を握り、北朝鮮は堅い守りからロングボールでCFキムキョンヨンを走らせる作戦。

 26分には、CB高橋にCFキムキョンヨンがプレスをかけて奪うと、右WGホンソンオクの落としからCHミョンユジョンがミドルシュート。GK山下がファインセーブで弾き出す。危ない。続く右WGホンソンオクのCKにCBリクンヒャンがヘディングシュート。これはバーを叩く。日本は、パスはつながるものの、なかなかシュートまで行けない。ようやく42分、右WG藤野のクロスのこぼれをCF田中がシュート。DFの足に当たりコースが変わったが、GKパクジュミが足を伸ばしてファインセーブ。ゴールは阻まれた。44分には右IH長谷川のスルーパスに左WG植木が走り込み、クロスを入れるが、右WG藤野の上を越えて、ファーへ流れていった。前半はここまで、スコアレスで折り返した。

 後半に入ると一転、北朝鮮が前からプレスをかけてきた。3分、右WGホンソンオクのフィードをCFキムキョンヨンが落とすと、左WGチェクンオクとのパス交換からCFキムキョンヨンが山なりのスルーパス。左WGチェクンオクが抜け出し、シュートを放つ。CB南がブロック。6分には右WBリミョングムのCKをCFキムキョンヨンがヘディングシュート。GK山下がナイスセーブで弾き出す。その後も攻め込む北朝鮮

 13分には左WBウィジョンシムの縦パスにCFキムキョンヨンがCB南に競り勝って前に出ると、戻しのパスをCHミョンユジョンがシュート。わずかにバーを越えたが、危ないシーンだった。それほど背が高いとも思えないが、CFキムキョンヨンによく収まる。日本も攻めようとするが、縦パスが中盤で北朝鮮の選手に引っ掛かり、なかなか前に進めない。すると14分、日本は植木に代えて、左WG中嶋を投入する。

 しかし北朝鮮のプレスが早く、優勢は変わらない。21分には右WBリミョングムがドリブルで持ち上がり、クロスはCB南がはね返したが、こぼれ球をCHミョンユジョンがミドルシュート。CH熊谷がブロックする。25分、北朝鮮はミョンユジョンとホンソンオクに代えて、CHリハクと右WGキムヒヨンを投入。日本も熊谷と長野に代えて、CH谷川と右WG清家を投入する。谷川もJFLアカデミー所属の18歳、高校生だ。布陣は藤野が右IHに下がり、長谷川が左IHに回る。ただしこの二人はよく左右を入れ替えている。

 28分、右WBリミョングムのクロスにCFキムキョンヨンがヘディングシュート。バーを叩く。危ない! 日本も29分、IH藤野がドリブルで運び、左WG中嶋にボールを預けると、クロスを右IH長谷川が落とし、CF田中がミドルシュート。だがDFがブロックし、ゴールは外れた。33分、北朝鮮はキムキョンヨンをCFソンジヒャンシムに交代。日本も42分、田中をCF千葉に交代する。終了間際の44分にはヘディングクリアをした左SB古賀がそのまま足を抑えてピッチに倒れてしまう。治療のため、外に出て、日本は一人少ない状態。肉離れなど、重症でないといいが。それでも3分間のアディショナルタイムは何とか逃げ切って、結局スコアレスドローでゲームは終えた。

 次は水曜日に国立でホームゲーム。勝った方がパリ五輪に出場できる事実上の決勝戦だ。ホームで戦えることは有利だが、このゲームでは北朝鮮の方が内容はよかった。移動距離や暑さは日本も北朝鮮も同じだとはいうが、イタリアからいったん日本に戻った熊谷は1日練習しただけでまたサウジアラビアまで移動したそうで、日頃のリーグ戦からの長旅の疲れは日本の方が厳しかったかもしれない。ネットやメディアでも厳しい声が聞こえるが、やはりホームで敗戦して、五輪切符を手放すわけにはいかない。決死の覚悟で戦うだろう。次の北朝鮮戦は必見だ。

J1リーグ第1節 名古屋グランパスvs.鹿島アントラーズ

 いよいよ今季のJリーグが始まった。グランパスは、藤井と中谷の実力ある二人のCBが移籍。先日のスーパー杯で安定したプレーを見せていた丸山も移籍し、代わりに加入したハチャンレはケガで欠場。守備がどうなるか、すごく不安だった。一方、攻撃陣も、森下が移籍したが、代わって山中が加入した。中島がコンサドーレに戻り、貴田もアルゼンチンへ移籍する一方、パトリックが加入した。中山の加入も力になるはず。

 開幕戦の相手はアントラーズ。開幕戦での対戦となると、31年前、Jリーグが開幕した年に、ジーコアルシンドにボコボコにされ、0-5と大敗したことを思い出す。あの二の舞にならなければいいがと、試合前から不安感が強い。

 グランパスの布陣は3-5-2。ユンカーとパトリックの2トップに、森島と和泉がトップ下に入り、WBは右に久保、左に山中。稲垣がアンカーに入った。CBは右から野上、三國、井上。GKはランゲラック。やはりCBの二人が心配だ。対するアントラーズの布陣は4-2-3-1。新加入のチャヴリッチがCFに入り、土居がトップ下。樋口と仲間が左右にSHに入る。ボランチは佐野と知念。DFは右SBに大卒ルーキーの濃野、左SBは安西。関川と植田のCBに、GKは早川。ポポヴィッチ監督に代わって、さてどんなサッカーを見せてくるのか。それにしても、ボランチの知念って誰?

 序盤、グランパスが攻勢をかける。3分、右CB野上のフィードをFWユンカーが収めて、左に流すと、左WB山中がミドルシュート。7分には右CB野上の縦パスに、右IH森島が走り込み、クロスにFWユンカーがシュート。ポスト左に外した。しかし結局、グランパスが攻勢だったのはここまで、その後はアントラーズがパスを回し、グランパスは守備からカウンターを狙う展開に変わる。

 そして19分、右SH樋口のCKをDFがはね返すと、CB植田が競り合って、ヘディングで前に送る。と、そこにするすると走り込んだのは左SH仲間。シュートを決めて、アントラーズが先制点を挙げた。あーあ。22分には中盤左サイドでのFKをSH樋口が中央に流し、OH土居の落としをCH知念がミドルシュート。知念って、あの知念だった。なんとボランチで先発するとは。DFが触ってエンドラインを割ると、続いてSH樋口がデザインされたCK。OH土居のミドルシュートは再びDFがブロック。さらに続くCKに左SH仲間がダイビングヘッド。わずかにポスト右に外れたが、セットプレーもよくデザインされて、怖い。

 グランパスは28分、左WB山中がCKから直接ゴールを狙うと、そのままネットを揺するが、通り過ぎるボールの下で、GK早川をFWパトリックが倒して、ファールの判定。ゴールは認められなかった。34分には左WB山中のクロスにFWユンカーが持ち込んでシュート。だがポストの左。41分には左WB山中のクロスをFWパトリックが高いヘディングでゴール前に落とすが、FWユンカーには届かず、手前でDFがクリアした。1-0。前半はアントラーズのリードで折り返した。

 アントラーズは後半頭、土居を下げて、右SH藤井を投入。樋口をトップ下に移す。ポポヴィッチ監督は厳しい。すると2分、左SB安西がゴール前にアーリークロスを入れると、CB三國とCB井上が競った中にCFチャヴリッチが潜り込み、しっかりヘディングシュート。追加点を挙げた。何と、経験の差か! 実力か。8分、グランパスも右CB野上のクロスにFWユンカーがヘディングシュートするも、枠は捉えられず。15分、グランパスはパトリックと久保を下げて、FW永井と右WB中山を投入する。最初からこの二人の先発でよかったのに。

 しかし17分、CFチャヴリッチがOH樋口とのワンツーで右サイドを持ち上がると、対応したCB三國を転がして、クロスに左SH仲間がヘディングシュート。きれいに崩して、アントラーズが3点目を挙げた。アントラーズは後半、いよいよプレスも強まり、グランパスは何にもできない。ただ、左WB山中と右WB中山がクロスを上げるのみ。20分、グランパスは泉と山中に代えて、左SH倍井、左SB小野を投入。森島をボランチに下げて、4-4-2に布陣変更。アントラーズも24分、チャヴリッチと濃野に代えて、CF鈴木優磨と右SB須貝を投入する。

 すると26分には、CB三國からCH森島へのパスをCF鈴木がカットして、ミドルシュート。29分には、CH森島から左SH仲間がボールを奪い、左SB安西のクロスにCF鈴木がシュート。アントラーズは選手が代わっても、しっかりシュートまで攻撃が続く。30分にはOH樋口のCKのクリアを右SH藤井がミドルシュート。35分、グランパスはCB井上をCB吉田に交代した。

 37分、グランパスは右SH中山がドリブルで持ち上がり、クロスのクリアをCH稲垣がヘディングでつなぎ、右CB野上がシュート。だが枠は捉えられない。40分、アントラーズは仲間を下げて、左SHパレジ。42分、樋口のCKのクリアをCH知念がミドルシュート。45+1分にはCF鈴木のポストプレーから、右SH藤井がドリブルで持ち上がり、シュートを放つ。これはポスト左に外したが、ここでタイムアップ。アントラーズがサッカーの質の違いを見せつけて、3-0で快勝した。

 完全にレベルが違う。熟成の度合いが違う。ハチャンレや山岸がいれば多少は変わっていただろうか。いや、中盤の選手の動きをみても、まだまだ連携とは程遠い印象だ。次はJ2から昇格してきたゼルビアと対戦。ここで負けると、ショックは大きい。でも、負けそう。グランパスにはまだまだ時間が必要だ。辛いシーズンになりそうだ。