とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

コロナ黙示録

 海堂尊はここ数年、いわゆる評伝小説を多く書いている。一昨年出版した「氷獄」は、久しぶりに「桜宮サーガの復活」と騒がれ、私自身もそれを楽しく読んだが、一方で、現政権等に対する批判に満ちていた。本作品も同様、ほぼ最初から最後まで、出版当時はまだ政権を維持していた安倍内閣への批判に満ちている。「安部」を「安保」、「菅」を「酸ヶ湯」、「和泉」首相補佐官は「泉田」、「今井」は「今川」と名前を変えているが、書かれているのは一昨年末から昨年5月まで、コロナ禍で繰り広げられた出来事そのままだ。北海道に先を越された緊急事態宣言や全校一斉休校、突然のマスク配布まで、ほぼそのまま描かれている。

 そして、「ダイヤモンド・プリンセス号」ならぬ「ダイヤモンド・ダスト号」での新型コロナ集団感染事件に対する厚労省の対応と、その無残な状況をSNS等で発信した一人の医師。現実に起こった事件ながら、この小説で主役級の役割を果たす二人の人物は、さすがに実名とは全く異なる名前に変えていた。本田審議官と名村教授。もちろん、わが田口医師も東城大学新型コロナ対策本部長として、ダイヤモンド・ダスト号での感染患者を受け入れ奔走する。この小説のクライマックスは、1台のEKMOに対して二人の重症患者が発生したというトリアージの場面だろうが、さすが田口医師は、いや海堂尊は別の逃げ道を用意している。

 これで終わるかと思ったら、終盤は検察庁定年延長問題と公文書捏造事件国家賠償請求の話題に移っていく。しかしこれらは現実にあったことを小説的に演色したもの。本書は新型コロナの緊急事態宣言も終了し、検察庁法改正案も廃案となった5月の時点で、藤原看護師の退職という形で幕を閉じる。同時に、政策集団梁山泊」も解散した。しかし現実は、作品内で予想されたように、安倍内閣は幕を閉じたが、続いて成立した菅内閣が同様のドタバタ劇を続けている。いったいこのドタバタはいつまで続くのか。現実を描写すればそれがそのままエンタメ小説になる。まさに事実は小説よりも奇なり。「現実以上のエンターテイメントは想像(創造)もできない」と海堂尊も言っているような気がする。

 

コロナ黙示録【電子特典付き】

コロナ黙示録【電子特典付き】

 

 

○公文書の改竄は歴史修正主義者の常套手段だ。/それを容認したら、過去の歴史の改竄を容認することになり、結果責任がなくなり、権力者はやりたい放題になってしまう。そしてそこに出現するのは、独裁国家だ(P48)

○使い放題で領収書もいらず後世の歴史の審判も受けない。そんな身勝手で無責任に使えるカネが、民主国家の税金から拠出されている…この二年、安保政権がやったことは政治活動、官僚活動の官房機密費化です。そのせいでなんでもありの民主主義破壊政権が出現しました。そんな政権なら…感染者を見て見ぬふりするなんて朝飯前です。五輪が終わるまで安保政権は、日本にはほとんど感染者はいない、と言い張り続けるでしょう(P82)

収賄は志の低い政治家のありきたりの犯罪で…所詮は卑しい一政治家の個人的犯罪にすぎない。…その愚劣な政治家…の最大の罪は、その発言を正当化するため官僚が公文書を捏造したことだ。…これは民主国家の根幹を揺るがす、とんでもない不祥事だ。この時点でこの問題は、単なる一政治家の汚職から、民主国家の根幹を瓦解させてしまうような、青史に残る大罪となった。(P294)

○安保政権は、国家官僚が自己保身に汲々とし、大義を捨てた時に生まれたペスト(害虫)です。無責任宰相に依存した害虫官僚は、日本という青々とした大樹を根腐れさせ、腐った蟻塚にしてしまいました。その栄養源は市民の無関心です。…安保首相は巨悪ではなく、ちんちくりんな小人物にすぎ…ない。絶望的なくらい猥雑で矮小な害虫集団が、自分の周りを最適化することだけに全力を傾注した結果、出現した暗黒世界です。(P352)

 

J1リーグ第1節 アビスパ福岡vs.名古屋グランパス

 さていよいよグランパスの開幕戦がやってきた。相手は今季5年ぶりにJ1に昇格したアビスパ。昨季3位の実力を示すためにも、ここは大差で勝利と行きたい。アビスパの布陣は4-4-2。セレッソから移籍したブルーノ・メンデスとフアンマの2トップに、右SH山岸、左SH石津。ボランチは前と重廣で組み、右SBはサロモンソン、左SBに志知。グティエレスとグローリのCBにGKは村上が守る。一方、グランパスの布陣は4-2-3-1。山崎がトップに入って、柿谷がトップ下。マテウスと相馬が左右のSHに開き、ボランチは米本と稲垣。右SB成瀬、左SB吉田と昨季と変わらず、CBの丸山、中谷、GKランゲラックも昨季から不動だ。

 序盤からグランパスが積極的に攻めていく。そして4分、DFからの縦パスをOH柿谷がポストになって左に落とすと、左SH相馬からのパスを柿谷がDFを背負ってそのままスルー。CH米本が折り返すと、左SH相馬のスルーパスに右サイドまで走ってきたSHマテウスが抜け出し、CBグティエレス、さらにCH重廣を滑らせて、GK村上の股下を抜くシュート。グランパスが幸先よく先制点を挙げた。

 その後もグランパスが圧倒的に攻めていく。11分にはショートCKから左SH相馬が抜け出し、シュート。18分、左SB吉田のクロスにCF山崎がシュート。19分にも左SH相馬がカットインから積極的にミドルシュートを狙う。GK村上がナイスセーブ。柿谷はよく中盤まで下がってボールを捌き、ゲームを組み立てる。21分、OH柿谷のドリブルで得たFKをマテウスが狙うが、大きく枠を外した。なかなか追加点が取れないのは嫌な感じだが、ゲーム自体は圧倒的にグランパスが支配している。41分には左SB吉田からのサイドチェンジを右SHマテウスボレーシュート。しかしうまく当たらず、GK村上がセーブした。アビスパもようやく44分、FWフアンマのポストからFWブルーノ・メンデスがシュートを放つが、ポストの左。これがアビスパ最初のシュート。前半はこのままグランパスの1点リードで折り返す。

 後半の初めにアビスパは左SH石津を杉本に交代する。しかしグランパス・ペースは変わらない。4分、OH柿谷の落としに左SH相馬がPA内に走り込み、DFに当たられて倒れる。PKかと思ったら、相馬がシミュレーションでイエローカードをもらってしまった。少し嫌な感じだったが、10分、CH米本から左に展開すると、左SB吉田のクロスをCF山崎がDFと競り合い、収めようとするが収まらず。こぼれたボールをCBグティエレスが左にクリアすると、そこに右SHマテウス。難なくシュートを決めて、グランパスが追加点を挙げた。

 アビスパは18分、右SH山岸に代えて金森を投入。しかし25分、後半出場の左SH杉本がCH稲垣と交錯した際に右膝を痛めて、田邊草民との交代を余儀なくされる。グランパスは29分、相馬と成瀬がともに足を痙攣させて、左SH齋藤学、右SB宮原に交代。アビスパは33分、右SBサロモンソンが切り返して齋藤をかわしクロスを入れると、FWブルーノ・メンデスがヘディングシュート。あわやゴールかと思ったが、右ポストに当たった。グランパスは36分、米本と柿谷を下げて、CH木本、右SH前田を投入する。

 すると直後の37分、DFからの縦パスをFWブルーノ・メンデスが縦につなぎ、右SH金森がさらに前に仕掛けると、競り合った左SB吉田が蹴ったボールがきれいな弧を描いてGKランゲラックの上を越え、ゴールに吸い込まれた。オウンゴールアビスパが1点を返した。41分にはFWブルーノ・メンデスをアビスパ生え抜きの城後に代えて、スタジアムは大いに盛り上がる。45分には右SBサロモンソンのクロスにFWフアンマとDFが競って、こぼれ球を左SB志知がシュート。だがCB中谷がナイス・スライディングでブロックする。その後も右SBサロモンソンのクロスなどで攻めるアビスパだったが、グランパスはしっかりパスをつないで時間を使い、そのまま逃げ切った。2-1。最後は少しヒヤヒヤしたが、グランパスが開幕戦初戦を飾った。

 選手層を見ても、グランパスが快勝して当たり前の相手。オウンゴールながら1点を献上したのは残念だったが、無事勝利を飾ることができてよかった。柿谷はポストになってよく収め、ゲームを作ったし、相馬とマテウスの両SHも積極的にプレーした。だが、ゴールがマテウスの2点だけだったのは少し物足りない。山崎や柿谷にもゴールを期待したいし、途中出場の齋藤も積極的に攻めてはいたが、逆に守備面では弱さを露呈した。それでもまだベンチにはシャビエルもいるし、阿部は温存した。次節は中2日でガンバ戦。スーパー杯と連敗して、ガンバもさすがにこれ以上負けるわけにはいくまい。これこそ本番。グランパスはどんなメンバーで臨むのか。次のゲームも見逃せない。

J1リーグ第1節 鹿島アントラーズvs.清水エスパルス

 昨日はJリーグ開幕戦のうち、8ゲームが開催された。当初はヴィッセル対ガンバの阪神ダービーを観ようと思っていたが、その前に、アントラーズエスパルスに逆転負けしたというニュースが入ってきた。解説者による今季J1の順位予想フロンターレと伍して評価の高いのがアントラーズ。一方、エスパルスは昨季16位。降格が4チームに増える今季は厳しい降格争いかと思っていたが、ロティーナ監督に代わって意外に評価が高い。するとさっそく開幕戦で優勝候補を倒す番狂わせ。どんなゲームだったのか、さっそくDAZNで観戦した。

 アントラーズの布陣は4-4-2。エヴァラウドと上田綺世の2トップに、右SHファンアラートと左SH土居が左右に開く。ボランチ三竿健斗と永木。DFは右SB小泉慶に左SBは永戸。町田と犬飼でCBを組み、GKは若い沖が守る。レオシルバはコロナ感染で欠場している。対するエスパルスの布陣は4-3-3。チアゴサンタナをトップに、右WGにFC横浜から移籍の中山、左WGにはカルリーニョス・ジュニオ。中盤は竹内をアンカーに、左IH中村慶太。ギガヴァンツから移籍のディサロ燦シルヴァーノは右IHに位置する。DFは、右SBにサガンから移籍の原輝綺、左SBはセレッソから移籍の片山。CBもトリニータから加入の鈴木義宣がヴァイドと組む。GKはポルトガルから帰ってきた権田が守る。実に11人中、7人が新加入の選手だ。

 序盤はアントラーズが攻めていく。9分にはCKの流れから、永戸のクロスをCB犬飼が競って、こぼれ球をFW上田がオーバーヘッドシュート。枠は外したが、序盤からFW上田がよくボールを触る。その後もアントラーズが攻めるが、ゴール前を堅固に守るエスパルスに次第にゲームは互角の展開になっていく。24分には右WG中山のクロスにCFチアゴサンタナがシュート。オフサイドになったが、左右のWGに加え、右IHディサロもゴール前に入ってきて、けっこう攻撃的だ。

 それでも30分には右SHファンアラーノのクロスをFWエヴァラウドがヘディングシュート。GK権田がファインセーブ。こぼれ球を左SH土居がシュートするが、ポストにはね返された。アントラーズは惜しいチャンスを逃す。一方、エスパルスも35分、左IH中村慶太がドリブルで運び、左WGカルリーニョスのクロスに右WG中山がシュート。枠は外したが、カウンターはなかなかの脅威だ。守備もしっかりしている。アントラーズは45+1分、右SB小泉のクロスに左SH土居がヘディングシュートするが、枠を外す。前半はスコアレスで折り返した。

 後半も互角の展開。開始1分、左SH土居がミドルシュートを放つと、エスパルスも3分、右IHディサロがミドルシュート。9分、FW上田から左に展開。CB町田のクロスをDFがクリアしたこぼれ球を左SH土居がシュート。今度はバーにはね返された。その後は膠着した展開が続く。すると18分、アントラーズは右SHファンアラーノに代えて荒木。エスパルスも右IHディサロを下げて後藤を投入する。19分、左IH中村がミドルシュート。20分、FW上田がミドルシュート。21分には右SH荒木のクロスにFWエヴェラウドがバックヘッド。お互いなかなか決定機は作れない。26分には右SB小泉のクロスにFWエヴァラウドがオーバーヘッドシュートを放つが、やはり枠を捉えられない。

 すると29分、エスパルスは左IH中村に代えて河井を投入。しかし30分、アントラーズは左サイドから左SH土居が持ち上がり、中を走るFW上田にパス。これをCBヴァウドが簡単にクリアしてCKを与えると、左SB永戸のCKにFWエヴェラウドがヘディングシュート。バーにはね返されるが、右SH荒木が押し込む。アントラーズが先制点を挙げた。ヴァウドの淡白なクリアが気になったが・・・。しかしその直後の32分、左WGカルリーニョス・ジュニオから左に流すと、左IH河井がクロス。右WG中山がゴール前に立つCFチアゴサンタナにパスを入れると、CB町田を背負ったまま向きを変え、股下を抜くシュート。エスパルスがすぐに同点に追い付いた。

 36分、アントラーズはCH永木に代えて白崎を投入。37分にはCH三竿のクロスをFWエヴァラウドがヘディングで落とし、CH白崎がシュート。しかしポストの右。そして38分、エスパルスは右IH後藤から右に展開。右SB原が中に戻すと、CH竹内から左IH河井、さらに左WGカルリーニョスと左へ展開していく。そしてカルリーニョスのクロスに右IH後藤が飛び込み、ヘディングシュート。エスパルスが逆転ゴールを挙げた。右から左へ大きくサイドを広がる攻撃にアントラーズの中央がぽっかり空いた。

 逆転を目指すアントラーズは42分、CKの前に永戸に代えて左WB広瀬、小泉に代えて右WG松村、土居に代えてOH遠藤を投入。布陣は3-4-1-2。だが河井のCKにニアで右SB原がヒールで逸らせると、FW上田に当たってゴールに飛び込む。エスパルスが3点目。ちなみに録画で見ると、原は空振っていたみたいだ。その後はエスパルスがしっかり守る。アディショナルタイムには左WG金子を投入。GK権田もしっかり時間を使って、そしてタイムアップ。3-1。エスパルスが逆転で勝利した。

 昨季の順位からすれば番狂わせだが、今季のエスパルスは昨季のエスパルスとは違う。何より守備がしっかりしているし、ワイドにWGが張る布陣は攻撃力も高い。寄せ集めの選手たちを指導し、わずかな期間でこれほどまでまとめ上げたロティーナ監督の手腕はさすが。解説者の評価が高いのも納得。今季はエスパルスに限らず、多くのチームが積極的な補強を行い、昨季とは違うチームに生まれ変わっている可能性が高い。昨日はサガンヴィッセルも勝利した。昇格組のアビスパと対戦するグランパスも気を許せない。今年も楽しいサッカーの季節がやってきた。