とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第13節 名古屋グランパスvs.セレッソ大阪

 連休中にフロンターレに2連敗したグランパス。その後の初戦は大事。セレッソは前節ガンバとの大阪ダービーに、ゲーム内容は押しつつもPKで同点に追い付かれ、ドローで終えた。なかなか勝ち星が上がらないが、それでも6位につけている。連敗のショックを引き摺らずにゲームに臨むことができるか。今節もコンカ・コーチが指揮を執る。

 グランパスの布陣は4-2-3-1。山崎をトップに、古巣対戦の柿谷がトップ下に入る。右SHマテウス、左SH相馬。ボランチは稲垣と米本といつものメンバー。右SBにはフロンターレ戦で好プレーを見せた森下が先発。左SB吉田。CBは丸山と中谷。GKランゲラックはいつもと変わらない。対するセレッソは前節序盤でケガの大久保は帯同せず。代わりに中島がFWに入った他は、ガンバ戦と同じメンバーだ。

 序盤、セレッソが積極的に攻める。5分、左SH清武の縦パスに走り込んだ左SB丸橋が右SB森下をかわしてクロスを入れると、FW豊川がニアに走り込む。しかしCB中谷がブロック。グランパスも8分、左SH相馬のスルーパスにOH柿谷が走り込むと、クロスにCH米本がヘディングシュート。これはGKキムジンヒョンが正面でキャッチした。グランパスも序盤は守備を中心に冷静にプレーができている。

 15分、FW中島のミドルシュートはGKランゲラックが横っ飛びセーブ。グランパスも16分、右SHマテウスミドルシュートを放つが、これはGKキムジンヒョンがキャッチする。20分、CBダンクレーがドリブルで持ち上がり、縦パスからFW豊川がシュートを放つが、CB中谷がブロック。31分、グランパスも右SHマテウスミドルシュート。GKキムジンヒョンがはね返したこぼれ球にCH稲垣が上がって、クロスを入れるが、左SH相馬には合わなかった。

 セレッソは38分、FW中島が筋肉系のトラブルで左SH高木と交代。清武をトップ下に移すが、CH稲垣を中心によくケアをしてセレッソの攻撃を許さない。前半は、セレッソがダンクレーとチアゴの外国人CBを中心にグランパスの攻撃を封じれば、グランパスも米本と稲垣のダブルボランチが効いている。お互いしっかりと守り合って、スコアレスで前半を折り返した。

 後半に入るとセレッソが攻勢。2分、CBチアゴの縦パスのこぼれ球を右SH坂元がダイレクトでボレーシュートを放てば、そのこぼれ球に右SB松田陸が走り込み、クロスのこぼれを左SH高木がボレーシュート。だが枠には入らない。6分にはCH藤田のロングスローのクリアを左SB丸橋がミドルシュートセレッソの堅い守備をなかなか攻めきれないグランパスは11分、左SH相馬を下げて、齋藤学を投入した。

 すると14分、右サイドのポジションを移したSH齋藤学がドリブルで仕掛けようとしたところを左SH高木が倒す。このFKをマテウスが蹴ると、CB丸山がヘディングシュート。だがポスト右に外した。15分にはOH柿谷がミドルシュート。GKキムジンヒョンが正面でキャッチする。セレッソも17分、清武のCKがファーに流れ、拾った左SH高木がクロスを入れると、FW豊川がヘディングで折り返して、CBダンクレーがゴール前に詰める。だが手前でCB中谷がナイスクリアした。

 そして21分、左SB吉田のパスを受けた右SH齋藤が縦に入れると、OH柿谷がポストに入る。ワンタッチのトラップが流れたか、若しくはすぐ右にいたCF山崎に渡そうとしたか。しかしこのボールが柿谷に詰めたCBチアゴの足に当たって、ゴール前まで上がってきた左SB吉田の足元に流れる。シュート。グランパスがようやく先制点を挙げた。この時間帯、グランパスがよく攻めていた。

 セレッソは直後の飲水タイムの後の24分、清武と豊川を下げて、OH西川とCF加藤を投入する。反撃に出るセレッソだが、グランパスもけっして守備的になることなく、しっかりと守備で対応、攻撃も仕掛けていく。31分にはマテウスのFKに走り込んだCB丸山が足に当てるが、ゴールには飛ばず。41分、OH柿谷が足を攣って、前田と交代すると、セレッソもCH藤田に代えてFW松田力を投入する。

 前がかりになって攻めるセレッソ。だがグランパスの守備は落ち着いている。45+1分にはCF山崎とマテウスを下げて、木本と長澤を投入。木本を3ボランチのアンカーに置き、長澤は左SH。敵陣で時間を使うグランパスだが、45+3分には左SH長澤のクロスにFW前田がシュート。CBチアゴがブロックする。そしてタイムアップ。1-0。グランパスが勝利した。

 連敗後の初戦だったが、いつもどおりウノゼロで勝利。グランパスには帰ってくるべきサッカーの形がある。それをいつもどおり出せたのはよかった。フロンターレに連敗したのは実力差。しかし、フロンターレよりも強いチームは他にないし、フロンターレに続くのはグランパス。しっかり守って勝つ。この後もこのグランパスの形を続けていけばいい。次節アントラーズ戦以降は下位チームとの対戦が続く。再び連勝を伸ばしていくことを期待したい。

風邪をひいても病院など行けない問題

 「喉が痛い」と言って早退した同僚が翌日、「病院で酷い目にあった」と嘆いた。聞くと、クリニックの受付で看護師に症状を伝えたら、駐車場での待機を指示され、以後は駐車場でのリモート受診を余儀なくされたと言う。「それって、今や当たり前ですよ」と応えたが、「今どきのPCR検査」でも書いたとおり、娘が1月に近くのクリニックへ行った時も同様の対応だった。先日、妻に付き添っていつものクリニックへ行ったところ、入り口のドアに「風邪の症状の方は、駐車場から電話をしてください」と書いた張り紙がしてあった。

 結局、同僚はPCR検査を受けることもなく、風邪薬をもらって、翌日はすっかり治ったようだ。もちろん、クリニック側の対応はよく理解できる。万一、新型コロナの患者だった場合、医師などが感染したら、そこを媒介となって多くの病弱な患者に新型コロナを感染させてしまう可能性があるのだから、十分な感染対策を取るのは当たり前だ。だが、患者にとっては、これまでのように、風邪をひいたと言って気軽に病院を受診することができない。面倒な時代になってしまった。

 だが考えてみると、たとえ新型コロナに感染していたとしても、病院へ行ったところで治療薬があるわけではない。自宅隔離を命じられるか、運がよければ病院や隔離施設へ入院させられるか。解熱鎮痛剤などの症状を和らげる薬はもらえるかもしれないが、経過観察を受けるだけのこと。それでいて、濃厚接触者の有無などを調査され、長期の休暇で職場などに迷惑をかけ、たとえ症状が無くなっても自宅から出られず、人によっては収入もなくなる。

 それならいっそ、病院など行かずに市販薬を服用し、自宅で症状が和らぐのを待つ方がマシ。そうして症状が無くなれば、普通に職場復帰ができるし、多少の迷惑だけで済む。万一、新型コロナに罹患していたとしても、多くの場合、症状は軽症のようだし、たとえ重症化しても治療薬はないのだから、その時に救急車を呼べばいい。自宅療養をしていた患者が突如重症化し、人工呼吸器やECMOの装着が間に合わず、亡くなるというケースも起きているが、自宅療養と入院の差はそこだけではないのか?

 考えようだが、単なる風邪の可能性、新型コロナに罹患しても無症状で済む可能性、自宅療養や入院して2週間以上の隔離を余儀なくされる可能性、突如重症化して死亡する可能性。それらの可能性を勘案すると、多少の風邪症状であれば、病院などへは行かず、市販薬で対応し、様子を見る、という行動が一番合理的のような気がする。

 でもそれは同時に、新型コロナの感染拡大を放置することでもある。今どき軽い風邪症状なら病院へ行くのは鬱陶しい。そう考え行動する人が多いから、新型コロナの感染がいつまでも治まらないのだろうか。それとも、新型コロナによる重症化に怯え、少しの風邪症状でも病院を受診してPCR検査を受けた結果、陽性となる人が多いのだろうか。

 もしかするとワクチンを接種すれば、風邪の症状があった場合にも「ワクチン接種をしたのだから新型コロナではない」と考え、病院へは行かずに市販薬で済ます人が増えるかもしれない。そうなればPCR検査の受検者も減り、感染者も減少する。新型コロナのステルス化。それがいいこととも思えないが、ワクチン接種の効果は実はここにあるのかもしれない。愛知県も再び緊急事態宣言下に入ってしまった。今後、このコロナ禍はどう展開していくのだろう。我々は本当のところどう行動すればいいのか。まずは風邪をひいたらどうすればいいのか。そこから考えてみる必要があるのかもしれない。

フットボール風土記

 宇都宮徹壱が地方のサッカークラブを回って取材を重ねていることは知っていた。Jクラブを目指すチーム、あくまでアマチュアの企業スポーツであり続けるチーム。色々なチームがあることは理解している。しかし、コロナ禍が続く中、サッカークラブのあり方も変わるのかもしれない。「あとがきに代えて」で書かれているが、本書で取り上げるFC今治いわきFCなどは「第3世代」。だが時代は既に「第4世代」、福山シティFCやクリアソン新宿のような、コロナ禍に適応し、一般企業によるスポンサー支援だけに頼らないクラブ運営が始まっている。

 福山シティFCの岡本代表が言う「令和型戦略」が何かは、まだはっきりとは見えてこない。先の「フットボール批評issue31」で引用した「SECIモデル…」の記述は、クリアソン新宿のキャプテン井筒陸也と鎌倉インターナショナルFC監督兼CBO河合一馬との対談の中の文章。たぶん井筒の文章だと思うが、こうした経営理念の下で新たなサッカークラブが生まれ、運営が始められている。

 もちろん、一方で昔ながらの泥臭い企業スポーツの道を敢えて選択し続けるクラブもある。それも構わない。しかし時代は大きく変わりつつある。何が成功するかではない。色々な形がサッカーというスポーツの場で試みられていること。そのことが面白いし、それを追うことには意味がある。サッカージャーナリズムの発表の場が限られてきていると窮状を訴えているが、地方クラブの行く末をルポタージュするという仕事の意義は大きい。さらなる活躍を期待するとともに、これからも本という形での発表の場があり続けることを願っている。

 

フットボール風土記

フットボール風土記

  • 作者:宇都宮徹壱
  • 発売日: 2020/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

○女川の水産加工メーカー、高政。…高政は、コバルトーレ女川が立ち上がった時からのスポンサーであり…震災直後は…社員全員の雇用を守り通したことでも知られている。…「いつか自分の限界を知って、現役をあがる時…ほとんどの選手が『引退しても、ここで働けますか?』と聞いてくる。…今では管理職の中にも、コバルトーレの元選手がいます。…こっちの女性と結婚して家庭を作り、女川に定住するケースも珍しくないですね」(P75)

○時おり「岡田武史はいちからクラブを作った」という言説に接することがある。これは明らかに誤り。…今治市…旧大西町に1976年に設立した大西サッカークラブこそが、FC今治の源流である。/やがて…今越FC…さらに09年には愛媛FCしまなみと名称変更…12年から現在のFC今治として独自の活動を開始することとなる。/それから2年後の14年11月、岡田武史がクラブ代表に就任。ここから、現在のFC今治の歴史がスタートする。(P92)

○吉田は最初から「次は女性監督で」と心に決めていたという。/「実は鈴鹿は市長をはじめ、教育長や商工会議所のトップも、みんな女性なんですね。だったら、鈴鹿のサッカーチームを女性監督が率いるのも、ありじゃないか。もちろん、話題性というのは考えました。その一方で、UEFAプロライセンスを持っている男性だったら、われわれの限られた予算では来てくれなかったでしょう。そういった事情もありました」(P178)

○福山シティFCでは「令和型戦略」が合言葉になっている。このコロナ禍で、従来のスポンサーシップが通用しなくなりつつある…福山シティFCは、新興クラブゆえに、従来とは違った戦略をコロナ以前から模索していた。…これまでなら行政や政治家とのコネクションは大事だった…でも、今の時代はSNSもあるし、リモートワークで距離も関係なくなりました。そうなると地元の福山だけでなく、全国を市場として捉えることが可能となります。(P257)

岡田武史は最近のインタビューで「もしもこのままコロナ禍が続いたら、スタジアムの考え方が根本から変わる可能性もある」と語り、そうなれば「Jのライセンス基準にも影響があるかもしれない」と指摘している。/これまでのスポーツビジネスは、いかにスタンドに密の状態を作るかが大前提であった。…その大前提が音を立てて瓦解しつつある。…今後はJリーグ参入のために巨大なスタジアムを作る必要さえ、なくなるのかもしれない。(P280)