とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第3節 名古屋グランパスvs.ガンバ大阪

 再開2ゲーム目は中3日での開催。前節、大阪ダービーに敗戦したガンバをホームに迎え、連勝を狙いたいところ。グランパスは今季初めてシャビエルを先発に起用し、トップ下。ワントップには前節途中出場の金崎が先発した。前節レッドカード退場で出場停止の相馬に代わり、左SHには阿部が入る。右SHはマテウス。また中盤は米本が先発し、稲垣とダブルボランチを組んだ。DFとGKは前節エスパルス戦と同じ。このゲームも成瀬が右SBで先発する。対するガンバは3-5-2の布陣。アデミウソンと宇佐美の2トップは変わらず、中盤は井手口をアンカーに右IH矢島、左IHには小野が先発した。またWBは左に若い福田湧矢。右WBは小野瀬が入る。3バックは右CBに高尾が先発。他は前節セレッソ戦と同じだ。

 ガンバが序盤から前線に長いボールを入れて攻めていく。すると6分、左サイドからのFW宇佐美のFKを左SB吉田がヘディング・クリア。これがバーを当たり、はね返る。右CB高尾が拾ってシュート。CH稲垣がブロックするがこぼれ球がCB三浦の前へ。シュート。CB丸山に当たったシュートは撥ね上がり、バーに当たってラインを越えた。ガンバが先制点を挙げる。

 長いボールを送り込むガンバに対して、グランパスは短いパスをつないで崩していく。そして16分、右サイドからのOHシャビエルのFKがPA内でルーズになると、こぼれ球を拾ったCH稲垣の縦パスから右SHマテウスがシュート。すぐにグランパスが同点に追い付いた。その後は互角の展開。21分、左WB福田がカットインからミドルシュートを放てば、グランパスも23分、CBキムヨングォンのバックパスをCF金崎が奪い、DFが詰めたこぼれ球を拾ったCH米本がドリブル。ゴール前にクロスを入れるが、わずかにCF金崎が届かない。

 そして30分、GK東口のフィードを右SB成瀬が奪うと、右SHマテウスが持ち上がり、中へパス。CF金崎がフリックして、ファーサイドにいたOHシャビエルが反転からシュート。いったんはGK東口にはね返されたが、再びシュート。グランパスが前半のうちに勝ち越し点を挙げた。その後はグランパスがパスをつないでゲームを支配。前半は2-1で折り返した。

 後半もグランパスが前から積極的にプレスをかけていく。2分、GK東口、そしてCB三浦にプレスをかけると、三浦の縦パスをCH米本がカット。マテウスが縦パスを受けて左に落とすと、CF金崎がゴールに迫る。だがややトラップが右に流れたところを戻ってきたCB三浦にクリアされた。3分には右SB成瀬のスローインから、CF金崎が落とし、左SH阿部がミドルシュート。ガンバも4分、左SH小野の縦パスに抜け出したFW宇佐美のクロスをFWアデミウソンがバイシクルシュート。だがポスト右に外れる。

 グランパスは6分、左SB吉田の縦パスに走り込んだCF金崎の落としから、右SHマテウスミドルシュートを放つ。10分にはCF金崎に代えて長身の山崎を投入。グランパスが時間をかけてパスをつないでいく。ガンバも16分、両FW宇佐美とアデミウソンを下げて、渡邉千真とパトリックを投入。さらに左IH小野に代えて倉田を投入する。23分、FW渡邉がミドルシュート

 25分、グランパスが動きの落ちたOHシャビエルに代えて前田を投入すると、ガンバも26分、矢島に代えてCH遠藤。布陣も4-4-2に変更し、小野瀬を右SHに上げる。ボランチは遠藤と井手口。するとCH遠藤から再三、決定的なパスが供給され始める。28分、CH遠藤の縦パスをFWパトリックが落として、FW渡邉千真がシュート。36分、37分と遠藤のFKがゴール前を脅かす。グランパスは41分、阿部を下げてCHシミッチを投入。3ボランチにして守備を固めるとともに、成瀬を下げて左SBに秋山を投入。吉田を右SBに回す。ガンバもCB三浦を下げて右SH山本悠樹を投入。小野瀬を右SBに下げる。

 前戦のパトリックめがけて何度もロングボールを放り込むガンバ。これをグランパスも必死に守る。このまま逃げ切るかと思ったアディショナルタイム47分、CBキムヨングォンのフィードをFWパトリックがヘディングで落とすと、FW渡邉が胸トラップからシュート。これが決まり、ついにガンバが同点に追い付いた。パトリックと競り合ったのは左SB秋山。その位置にいたパトリックをほめるべきか。それでも何とかならなかったか。そしてタイムアップ。2-2。ゲームは引き分けに終わった。

 先制されるもその後逆転し、グランパスが優勢に進めた試合だったが、最後に同点に追い付かれてしまった。同点弾の前に、右SH前田が長駆ドリブルで抜け出すシーンがあったが、クロスかシュートか、淡泊に相手にボールを渡してしまったのが残念。ゲーム自体は支配していたが、最後の詰めが甘かった。次節は再び中3日で3連勝と好調のセレッソとの対戦。また次節から一部観客を入場させてゲームを行う。グランパス・サポーターも入場できるのだろうか。セレッソに初黒星をつけるのはグランパスであってほしい。十分期待の持てるゲーム内容ではあった。

筆談ならできた!

 「リハビリ病院について決める」からの続き

  • 6月15日に記す

 10日、一人で面会に行ったものの、妻とうまく意思疎通ができず、半分喧嘩別れのようにして帰ってきてしまったのはショックだった。翌日は娘と一緒に行ったが、やはりすぐにズボンを脱ごうとして困らせる。「暑い」のだと言う。

 金曜日は電車で名古屋へ向かう途中で病院から電話がかかってきた。目的地へ着いてから折り返し電話をした。リハビリ病院への転院日が決まった。来週の火曜日の10時に先方の病院の方が迎えに来るそうで、その前に9時に来て、退院の手続きをしてほしいと言う。また、転院にあたり、次の病院への提出書類や衣類など準備すべきものなどを記したパンフレットを病室内に置いておくので、準備をしてほしいとのこと。リハビリ病院への転院の話が出てからわずか10日。早い。その日は仕事で私が面会に行けず、娘が一人で行った。聞くと、妻はうとうとしていて楽だったと言う。私も面会に行かない方が楽だなあと思う。

 土曜日、病院へ行くと、妻は看護ステーションの中でベッドに横たわっていた。気が付くとすぐに起き上がり、トイレに行くと言う。娘が連れていっている間、病室へ行って、リハビリ病院のパンフレットなどを受け取る。引き出しの中に病院からの請求書が入っていた。看護ステーションに戻ると、中のカウンターの上に妻のコップが置いてある。病室へ戻そうと近付くと、その横に蛇がのたくったような字が書かれている。ひょっとして妻が書いたのか? けっこう難しい漢字も書かれているので半信半疑。そうしているに娘が妻を連れて帰ってきた。その後はまたズボンとおむつを脱ぎたがる。ダメだと邪魔をすると、妻が怒ったのか、私を指差して、殴りつける真似をする。あーあ。ショック。その後は娘に任せ、時間を過ぎて面会を終えた。

 日曜日。リハビリ病院のパンフレットを見ると、日中は普段着に着替えるということで、日常着とパジャマを各5枚。下着とバスタオルも各5枚。タオルは10枚。他に洗面器や歯磨き、シャンプー・石鹸、イヤホン、置時計など。そしてそれらにすべて名前を書け、と。

 妻が入院して以降、これまで2階に置いてあった妻の衣類を、1階の寝室に移す作業を進めていた。そして土曜日にようやく概ね終了。タオルなども併せて整理をしたので、必要枚数を揃えるのは簡単だったが、そのすべてに名前を書くのは大変。ゆるくなったパジャマのゴムを入れ替えるなどもしつつ、何とか夕方までには準備を終えた。転院の前に土日があってよかった。

 そして面会に行く。前日の状況を踏まえ、メモ紙とボールペン、中山式快癒器、そして下着と携帯電話を持って行った。快癒器を見せると嬉しそうな顔。そしてメモ紙とボールペンを渡すと、さっそく字を書いた。「今日は何曜日? 読み書きはOK、話が×。理解はOK。」など、字はのたくっているが、十分読める。「曜」なんて難しい漢字も書ける。すごい。こんなことならもっと早く渡してあげればよかった。その後、またズボンとおむつを脱ぐが、代わりにパンツに履き替えた。「おむつが痒くて我慢できない」ということらしい。夜、トイレに行くことができれば、敢えておむつを穿く必要はないんじゃないか。この旨、看護師さんに伝えて家に帰った。

 それにしてもよかった。まだ手指が思うように動かないようだし、すぐに疲れるみたいだが、それでも筆談なら意思疎通が図れる。明日、火曜日にはリハビリ病院へ転院となる。新しい環境で、妻がどのように回復していけるのか。それでも「意外に早く退院できるかもね」と娘と話をした。コロナ禍が続く中、リハビリ病院の面会規制がどうなっているかわからないが、妻にとっても、そして私たちにとっても、火曜日からまた「新しい生活様式」が始まる。

J1リーグ第2節 川崎フロンターレvs.鹿島アントラーズ

 J1リーグの再開初戦、東日本の地域ではフロンターレアントラーズのゲームが興味深い。フロンターレは阿部がグランパスへ移籍したものの、他のメンバーは概ね残っている。ただし、中村憲剛小林悠はケガで欠場。一方、アントラーズはザーゴ監督に代わり、これまでとは違ったサッカーにトライしているようだ。ACLプレーオフを敗退すると、Jリーグ初戦、そしてルヴァン杯と公式戦を3連敗している。中断期間中にザーゴ・サッカーは浸透したのか。

 フロンターレの布陣は4-3-3。レアンドロ・ダミアンをトップに、左右のワイドに家長と長谷川が開く。中盤は田中碧をアンカーに、右IH脇坂、左IH大島。DFは右SBに山根、左SB登里。CBはジェジウと谷口。GKはチョンソンリョンが守る。対するアントラーズは4-4-2。エヴェラウドとファンアラーノの新外国人で2トップを組み、右SHに土居、左SHにはグランパスから移籍した和泉が入る。ボランチは三竿とレオシルバ。DFは右SB内田、左SBに永戸。CBは犬飼と町田。GKはクォンスンテが守る。

 開始2分、フロンターレが早々に先制する。脇坂のショートCKから左IH大島が縦に入れると、WG家長のクロスにCB谷口がシュート。明らかなオフサイドだったが、再開後のJリーグはVARを採用せず。そのままゴールが認められた。アントラーズも5分、左SH和泉がカットインからミドルシュートを放つと、14分には左SB永戸がミドルシュート。だがいつものようにパスをつないで攻めていくフロンターレに対して、アントラーズはなかなかパスがつながらない。まだまだ連携は不十分だ。

 そのまま時間が過ぎて、前半30分、右WG家長からのサイドチェンジを受けた左WG長谷川が、ワントラップからシュート。これが決まり、フロンターレが追加点を挙げた。しかし直後の31分、FWエヴァラウドの反転からのミドルシュートはGKチョンソンリョンがファインセーブするが、続くファンアラートのCKをニアでCFレアンドロ・ダミアンがヘディング。これがそのままゴールに飛び込んだ。オウンゴール。すぐにアントラーズが1点を返す。しかしこれでアントラーズに勢いが出た。35分には左SB永戸のFKをGKチョンソンリョンがパンチングで弾くが、FWファンアラートがミドルシュート。だが枠は捉えられなかった。前半はこのまま終了する。

 後半は序盤からアントラーズが積極的に攻めていく。10分にはCBジェジウに対してCHレオシルバがプレスをかけてボールを奪うと、FWファンアラートがつないで、FWエヴェラウドがドリブルで前進。CB谷口をかわしてさらに進むが、GKチョンソンリョンにセーブされた。14分、右SB内田の絶妙なクロスにFWエヴェラウドが決定機。だがシュートは足に当たらない。その後の15分、アントラーズは土居に代えてCF伊藤翔、右SB内田を下げて広瀬を投入する。エヴェラウドを左SHに下げて、和泉を右SH。ファンアラートはトップ下に入る。フロンターレは17分、右IH脇坂を下げて旗手。

 さらにアントラーズは22分、OHファンアラートに代えて遠藤康を投入する。26分には右SB広瀬のクロスにCF伊藤翔がヘディングシュート。しかしわずかにバーの上を越えた。27分、アントラーズは右SH和泉に代えて高卒ルーキーの染野、CHレオシルバに代えて永木を投入する。一方、フロンターレも29分、左WG長谷川に代えて齋藤学、家長を下げてCH守田を投入。田中碧を右IH、旗手を右WGに上げる。さらに38分には左SB登里に代えて車屋、左IH大島に代えて下田を投入。守備を厚くする。

 40分、OH遠藤が左へ大きくサイドを変えると、左SB永戸のクロスに右SH染野がシュート。バーを叩く。さらに42分にはOH遠藤の縦パスに右SH染野が走り込むが、CB谷口がショルダー・タックルで染野を突き飛ばした。あわやPKかと思ったが、主審がとらない。この判定は理解できるが、その前にはアントラーズに戻りオフサイドではないかというプレーが続き、フロンターレの選手たちがアピールしていた。VARの非採用はかなり影響があるかもしれない。もっとも昨季と同じということではあるが。

 結局このままタイムアップ。2-1。フロンターレが今季初勝利を挙げた。しかし両チームとも、後半中盤以降は動きが上がってこない。やはり長期中断の影響は大きいようだ。これでアントラーズは公式戦4連敗。このゲームでは判定に泣かされたが、特に前半は動きが悪かった。再開はうれしいが、まだ満足できる出来には時間を要するか。だが今日にもまた第3節が開催される。しばらくはサッカーが観られるだけでもよしとしよう。各チームとも、ケガに注意しつつ、じっくりとペースを上げていってほしい。