とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

ポリコレの正体

 女性差別等がしっかり解消されない中で、LGBT等に対する施策ばかりが進んでいく状況には違和感を持っている。まるでLGBT施策に取り組んでいれば、女性差別問題のみならず、障害者や生活困窮者の問題等も解消されるかのようだ。「障害者」と言えば、「害」の字を嫌い、「障碍者」とか「障がい者」と記載する傾向も気にいらない。言葉狩りをしても実態は良くならない。どうしてこうした風潮が生まれたのか。本書にはその原因や状況改善への糸口などを期待した。

 最初のうちは、同じような認識かなと思って読み進めた。だが日本よりもアメリカの状況の紹介が続く。そしてトランプ大統領やブッシュ元大統領などの共和党によるポリコレ批判が紹介され、ポリコレを主導しているのは新左翼の源流であるマルクーゼを中心とする「フランクフルト学派」だと指摘する。うん? これって、右翼本なのか?

 と、第2章では森喜朗の女性蔑視発言を擁護する。さらに第3章ではBLM(ブラック・ライブズ・マター)運動を批判。やはりその源流にはマルクーゼ直系のラディカリズムがあると指摘する。そして「第4章 LGBTを”弱者ビジネス”にしようとする人々」では何と、杉田水流の生産性発言や小川榮太郎の杉田擁護論文までも擁護する。いや、言わんとするところはわかる。だが、それぞれの表現が全然ダメなのは事実だし、何より、彼らの思想や言動に対して批判的だった者が、彼らのあまりな言動に対して、ついに怒りの牙を剥いたということではないのか。これを「言葉狩り」と言ってしまうのは、事実を矮小化しているように感じる。

 で、「ポリコレの正体」とは何なのか。結局、筆者は、新左翼活動家の扇動と、LGBTというキャッチーな言葉に乗ってしまったマスコミのせいだと言うのだが、本当にそうだろうか。それが皆無とは言わないが、それらの扇動や報道を受け入れる国民感情があるのではないか。そしてたぶんそこには、昨今の格差の拡大や貧困化の進展が底流にあるはず。本書にはそうした分析を期待した。そして見事に裏切られた。櫻井よしこも酷いが、福田ますみの名前も覚えておこう。

 だが、ポリコレについて、そして新左翼活動についてしっかりと調べていることは評価していい。一面的な見方だとは思うが、本書で初めて知った事柄も多かった。ウクライナ情勢なども加えて、まさに世界は今後どう移り変わっていくのだろうか。ポリコレも嫌だが、「共産主義=悪」という認識も行き過ぎだと思う。冷静に世界を見る目と知性こそが必要だ。

 

 

○「誰もが不当に差別されることのない、公平で平等な社会を作ること」は、近代市民社会における人類共通の理念に違いない。しかし、その公平や平等、多様性を無前提に人々の強要し、結果の平等だけを唯一の善とする極度にフラットな社会が完成するとすれば、それは立派な全体主義となる。(P25)

○「米国では多様性が重要なキーワードになっていますが、内実は、肌の色や民族の違い、性的少数派など表面的な多様性を尊重するにすぎず、思想的多様性については、一切許されません。結局のところ、左翼のプロバガンダにしか許されない状況を、多様性とはとうてい言えないと思います」(P42)

○ポリコレの特徴として、表面的な言葉の言い替えに終始することで、むしろ本質的な問題を覆い隠してしまう欠点がある。つまりポリコレは、本音を隠して偽善的にふるまうことを強いるのだ。…結局、一部の左翼活動家だけがポリコレを押しつけ、多くの国民はそれに不満を持っているが、マイノリティの擁護や差別の解消という、それこそ「名目上の政治的正しさ」には抗えず、仕方なく従っているというのが実情なのではないか。(P62)

○日本の場合、…組織的な迫害も目立った差別もなかった。むしろ彼らは、日本の伝統文化や芸能の中でごく自然に包摂され、…異彩を放つ存在であった。…そうした寛容な社会に、突如、欧米から黒船のごとくLGBTなるものが上陸。次々と名乗りを上げたLGBT活動家は、日本社会にもLGBT差別が存在すると主張して…対立軸を「人工的に」構築し…加えて…こうした活動を強力に後押したのがマスコミである。(P183)

 

J1リーグ第14節 清水エスパルスvs.名古屋グランパス

 前節7試合ぶりに勝利したグランパス。今節の相手は16位エスパルス。下位チームを相手にスカッと連勝と行きたいところだが、今のグランパスはけっしてそんな甘い期待は持てない。決定力のあるチアゴサンタナがいて、GKには日本代表の権田。順位こそ低いが、けっして弱いチームではない。

 エスパルスの布陣は4-4-2。FWはそのチアゴサンタナと鈴木唯人の2トップ。カルリーニョスと白崎が左右に開き、ボランチは宮本航汰とホナウド。DFは右SB片山、左SB山原。鈴木義宣と立田のCBにGKは権田。対するグランパスはこの日の先発の布陣は3-5-2。前節先発した左WB相馬に代えて、吉田が先発した他は3戦連続同じメンバー。酒井とマテウスの2トップに、右IH稲垣、左IH仙頭、CHレオシルバの中盤。右WBに森下が入り、3バックは中谷、藤井、丸山。GKはランゲラック。

 開始3分、FW鈴木唯人がミドルシュートを放つが、GKランゲラックがナイスセーブ。その後はグランパスがパスを繋いで攻める場面が続く。7分、右WB森下の縦パスに右IH稲垣が走り込み、クロスを左WB吉田が落として、左IH仙頭がシュート。だがCB立田がブロックする。13分には左IH仙頭がミドルシュートを狙うが、CH宮本がブロックした。14分、マテウスのCKにCB丸山が飛び込むが、わずかに届かず。逆に18分にはCB鈴木義宣のフィードに右SHカルリーニョスが抜け出し、シュート。わずかにポスト右に外れた。

 19分、FWマテウスが右サイドからカットインしてミドルシュートを放つが、GK権田がセーブ。そして22分、左WB吉田のパスをFWマテウスがワンタッチで右SB片山を抜いて、切れ込むと、クロスにFW酒井がヘディングシュート。グランパスが先制点を挙げた。酒井は移籍後リーグ戦初ゴールだ。しかしこれで安心したか、その後はエスパルスが積極的に反撃する。30分、エスパルスがパスを繋いで攻め込み、FW鈴木唯人がミドルシュート。35分には左SB山原がドリブルで運び、ミドルシュートを放つ。GKランゲラックがキャッチした。

 前半終盤にはグランパスが攻勢。38分、マテウスのCKの流れからこぼれ球をCB中谷がシュート。GK権田がナイスセーブ。39分、さらにマテウスのCKからCH稲垣がダイレクト・ボレーを放つが、これもGK権田がファインセーブ。42分、FW酒井のミドルシュートはDFが触って、ポストの左へ。44分以降はエスパルスが反撃するが、グランパスが守り切り、前半はこのままグランパスの1点リードで折り返した。これで5試合連続の先制点だが、いずれもその後追加点を挙げられず、勝利したのは前節のセレッソ戦のみ。後半には何としても追加点を期待した。

 エスパルスは後半最初からCHホナウドに代えて左SH西澤を投入。白崎をボランチに下げた。2分、FWマテウスがFKを直接狙うが、DFがブロックする。すると直後にはエスパルスが二人のFWでパス交換をして攻め上がり、FW鈴木唯人のクロスにCH宮本がヘディングシュート。だがこれはグランパスの守備陣がブロックした。6分には左SH西澤のCKからCB立田がヘディングシュート。7分、右SB片山のクロスに右SHカルリーニョスがヘディングシュート。さらに11分、左SH西澤がミドルシュートを放つが、いずれも枠を捉えられない。グランパスは13分、左IH仙頭がロングシュートを放つが、走って戻ったGK権田がクリアした。

 後半は攻められる展開が続くグランパスは14分、前節と同様、仙頭を下げて、CF石井凌太郎を投入。布陣もボランチを二人並べる3-4-3に変更した。これで多少落ち着いたか、互角の展開。26分、FWマテウスがFKを直接狙うが、GK権田が横っ飛びナイスセーブ。27分にはCB中谷の縦パスにCF石田がCB鈴木義宣をかわして駆け上がり、ミドルシュートを放つが、わずかにポスト左に外す。するとその直後、CH白崎から右前方にパスを出すと、右SHカルリーニョスが駆け上がり、クロスにFWチアゴサンタナがヘディングシュート。これが決まった。エスパルスがカウンター一発、同点に追い付いた。グランパスはCBが3人帰っていたのに、サンタナの決定力に及ばなかった。

 すると32分、グランパスは酒井と吉田を下げて、左FW柿谷、左WB相馬を投入する。少し交代が遅かったか。一方、エスパルスも宮本とチアゴサンタナに代えて、CH松岡、FWオセフンを投入する。35分、右SB片山のクロスに左SH西澤とDFが競り合って、こぼれ球をFW鈴木唯人がシュート。だがバーの上。38分にはFWオセフンがシュートを放つが、これも枠を捉えられない。グランパスも40分、マテウスのFKは枠を外した。

 すると41分、グランパスはレオシルバとマテウスを下げて、CH宮原と左FW阿部を投入する。だがエスパルスの勢いは止められない。42分、左SB山原が左サイドを駆け上がり、GKランゲラックが弾き出したクロスを右SB片山がシュート。これはDFがブロックした。エスパルスは43分、カルリーニョスを下げて右SH神谷。45分にはFWオセフンがミドルシュートを放つが、GKランゲラックがファインセーブで弾き出す。45+1分にはFW鈴木唯人に代えて滝を投入する。アディショナルタイム5分間。だが45+1分を過ぎてグランパスが反撃。左サイドにCF石田が流れて起点を作り、CH宮原から斜めのパスを出すと、受けた左WB相馬がドリブルで駆け上がり、起死回生のミドルシュート。これが左ポストに当たってゴールに転がり込んだ。ゴール! 久し振りに追加点を挙げることができた。そしてタイムアップ。2-1。劇的勝利で連勝だ。

 ようやくこうした勝利を挙げることができた。もちろん後半アディショナルタイムになってからの追加点では遅過ぎるとも言えるが、粘り強く逆転を許さずにこれば、たまにはこういうこともある。次節は中3日でアビスパ戦。アビスパは今季ここまで最少失点ながら、ゴール数も下から3番目。粘り強い戦い方でここまで10位に付けている。勝てば逆転する。しかもホームでの対戦。3連勝を期待したい。

J1リーグ第13節 名古屋グランパスvs.セレッソ大阪

 6試合勝利がないグランパス。ここ3試合は先制しながら追い付かれ、また逆転されての2敗1分。追加点が取れない。対するセレッソは8位。前節はジュビロに2-1で勝利したものの、それまでは勝ったり負けたり。ゴールもなかなか量産できていない。チーム創立30周年を記念して、ゲームの前にはOBによる親善試合も開催された一戦。さすがにそろそろ勝利がほしい。

 グランパスの布陣は3-5-2。左WBに相馬が先発した以外は前節と同じメンバーだ。対するセレッソは4-2-3-1。坂元と瀬古が海外移籍し、大久保は引退。高木俊幸や藤田も移籍と大幅にメンバーが変わった。ワントップにはケガのブルーノ・メンデスに代わって山田寛人が先発。清武がトップ下に入り、右SH毎熊、左SHパトリッキ。ボランチは鈴木徳真と奥埜。DFは右SB松田陸に左SBは山中。西尾とヨニッチのCBにGKはキムジンヒョン。こうして見ると、今季移籍した選手が多く先発している。ここまで今一つ乗り切れない理由もわかる気がする。

 序盤はお互い攻め合うが、6分、FWマテウスのスルーパスに左IH仙頭が抜け出して、GKの足元を抜くシュート。グランパスが幸先よく先制点を挙げた。その後はグランパスがペースを握って、パスを回す。28分にはカウンターで攻め上がり、FWマテウスがシュート。だがバーの上を越えた。一方、セレッソも29分、左SB山中のクロスにOH清武がシュート。だがGKランゲラックが難なくセーブする。その後もセレッソがパスを回して攻めるが、グランパスの守りも堅い。33分、左サイドでCB丸山と相馬がワンツー。抜け出した相馬の縦パスにFW酒井が走り込み、クロスをFWマテウスがシュート。ネットを揺らしたが、副審が旗を上げている。酒井の位置がわずかにオフサイドだった。先制しつつも惜しいチャンスをゴールと認められず、そのうちに逆転される。これまでの数試合の悪夢を思い出す。幸い前半はこのままグランパスの1点リードで折り返した。

 攻撃が思うようにいかないセレッソは後半頭から、山田と鈴木徳真を下げて、CFタガート、トップ下に高校生の北野を投入。清武をボランチに下げた。後半1分、グランパスは右サイドから攻め込み、右WB森下の落としから右IH稲垣がミドルシュート。だが左IH仙頭に当たり、ポスト右に外れた。すると2分、セレッソはOH北野のスルーパスに左SHパトリッキが走り込み、クロスにCFタガート。だがうまく合わせられない。助かった。5分には右SH毎熊がミドルシュート。6分、CH清武の縦パスからCFタガートがシュートするもGKランゲラックがセーブする。8分にもCH清武のパスからCFタガートがシュートするも、枠を捉えられず。9分、右SB松田のミドルシュートもGKランゲラックがセーブする。

 この時間帯を耐えたグランパスは15分、仙頭を下げて、トップに石田凌太郎を投入する。布陣も酒井とマテウスをシャドーに下げて、ボランチを稲垣とレオシルバの2枚で組む3-4-3。すると18分、右FWマテウスの落としからCHレオシルバがミドルシュート。20分には右WB森下の縦パスにCF石田が走り込み、クロスは走り込んだ右IHマテウスに当たってゴールに飛び込む。待望の追加点かと思ったが、石田のポジションがわずかにオフサイド。しかし、石田がトップに入って、グランパスに前への推進力が出た。昨年まで、サイドの選手かと思っていたが、身体も強いし、足も速い。

 セレッソは26分、右SH毎熊に代えて中原を投入。一方、グランパスも29分、酒井を下げて、左WBに吉田を投入。相馬を右FWのシャドーに上げて、マテウスが左サイドのシャドー。セレッソもパトリッキを下げてFW上門を投入。2トップにして、攻撃力を高める。北野が左SHに回った。33分、上門のシュートはポストの左。グランパスも45分、CB中谷の縦パスに右FW相馬が走り込み、クロスをCH稲垣が落として、CF石田がシュート。だがわずかに上に外れた。その後、グランパスは45+1分、相馬とマテウスに代えて、シャドーに阿部と内田を投入。前からの圧力を強め、セレッソの反撃を許さなかった。1-0。追加点はなかったが、久しぶりの勝利を挙げることができた。

 3バックにして以降、サッカー自体は悪くなかったので、この勝利でようやく弾みがつくのではないか。特に後半、石田をトップに上げて3-4-3にしてからが悪くなかった。ダブルボランチにした方が守備も安定するし、攻撃力も増す。サンガ戦も終盤、金崎を投入して3-4-3にした時もいいと思ったが、長谷川監督はどう評価しているんだろう? 次節はエスパルス戦、その後は連戦で好調のアビスパサンフレッチェと続くが、まずは次節も勝利して、少しずつ順位を上げていきたい。