とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

それでも世界はよくなっている

 タイトルに惹かれて借りたが、小学生向けの児童書だ。「人はやさしさと共感と希望にみちている」という第1章に異論はない。第2章以降、政治、環境、医療、平等、芸術について、「悪いニュースばかりだと思うかもしれない」でも「少しでも良くなる方向でがんばっている人がいる」「ちょっとずつでも世界は良くなっているよ」と具体的な事例を挙げる。そして子供たちに、前を向いて進むことを促す。

 それがけっして悪いわけではないのだろう。でも、例えば地球温暖化について、フェイクニュースを紹介しつつ、「でも多くの意見がそれを支持している」ことをもって、「じっさいにはそうではない」と一刀両断する。それって正しいことだろうか。不平等の問題や貧困の問題に対して、さまざまなNPOや個人の活動を紹介する。そうした活動自体は悪いことではないだろうが、「みんなもそれを支持しよう」「自分たちも何ができるか考えよう」と書かれると、これって「プロパガンダじゃないのかな」と思う。

 最後の「訳者あとがき」で、ウクライナ紛争のことが書かれている。「ある小さな国が隣の大国に突然侵攻されました」。確かにそうだけど、侵攻される前のことは何も考えなくていいの? その小さな国に大量に武器を送り込んでいる大国のことは書かなくていいの?

 児童向けにこうした本を出版するのは、いいことなのかもしれない。でも幼気な、無邪気な子供たちを、一方的な独断でリードしようとしているように感じる。単に私が「それでも世界はよくなっている」と慰めてもらいたかっただけなのに。本当に世界はよくなっているのだろうか。読みながらふつふつとそんな疑問が湧いてきた。

 

 

○お話、つまりストーリーこそがニュースの正体なのだ…そこがニュースの大事なポイントなのだ。つまりおもしろいことを話すのがニュースだってこと。…だからこわい話ばかりが目について、よい話はあまり聞かないんだね。この本は、あまり耳にしないグッドニュースを集めた本だ。よい話はこの世に存在する。…よいニュースを聞けば、この世界はほんとうにすばらしい、そんな世界を守ってゆくためにきみも何か役目を果たさなくちゃと思うはずだ。(P7)

○毎日の暮らしが、●共感と/●やさしさと/●創造性と/●他人への理解にあふれているように。/日々の小さな変化から、とてつもない大きな変化まで、すてきなことを実現させるのはこういうものが必要なのだ。(P42)

○世界には難題が数えきれないほどあり、ニュースを見ると最悪なことだらけって感じだ。けれどニュースは大切な仕事をしている。…解決しなくてはならないことをすべて知らせてくれているのだから。…この問題に取り組んでいるよい人たちがいる…かしこくクリエイティブで心の広い人たちがたくさんいるおかげで状況はしだいによくなっている。(P118)

○不平等は改善されている。ただ、時間がものすごくかかり、改善のしかたもゆるやかなので、注意して見ないと気がつかないのかもしれない。けれど、大切なのはそんなゆるやかな改善だ。…まずはよいことが起きていると認めることが改善への第一歩だ。…大きな変化は私たちの声が集まったときに起こっている。(P141)

 

キリンチャレンジカップ2022 日本vs.アメリカ

 W杯の選手選考前、最後の代表戦となるキリンチャレンジカップがドイツで開催された。対戦相手はアメリカ。グループリーグでドイツ、スペインと対戦する日本としてはできればヨーロッパのチームと対戦したかっただろうが、なかなかこの時期、日本と対戦しようとする国も少なかっただろう。アメリカはFIFAランク14位。24位の日本よりは上位で、選考ラインぎりぎりの選手を見極めるというタイミングでは、あまりに強すぎる相手よりは良いのかもしれない。

 日本の布陣はこれまでで変えて4-2-3-1。大迫を絶対にできない状況の中では試しておくべき布陣だ。ワントップに前田大然。トップ下に鎌田。SHには右に伊東純也、左に久保。ボランチは守田と遠藤。DFは右SBに久しぶりに酒井宏樹が復帰し、左SBは中山。冨安と吉田でCBを組んで、GKは権田。対するアメリカの布陣は4-3-3。フェレイラをトップに、右WGアーロンソン、左WGレイナ。中盤はアダムスをアンカーに、右IHデラトーレ、左IHマッケニー。DFは右SBデスト、左SBヴァインズ。ロングとジマーマンのCBにGKはターナー

 前半序盤は互角の戦い。開始1分、CBロングのパスを右SH伊東がカットすると、そのままドリブルからシュート。アメリカも7分、左WGレイナから右に展開。右SBデストが駆け上がり、クロスにCFフェレイラがヘディングシュートする。しかし次第に日本のプレスが上回り、日本が攻める場面が増えてくる。11分、OH鎌田の落としからCH守田がドリブル。左に流して、左SH久保がミドルシュート。さらに13分、CBジマーマンから左IH久保がボールを奪うと、OH鎌田がシュート。GKターナーがナイスセーブ。続く鎌田のCKにCH遠藤がヘディングシュートを放つ。

 そして24分、CHアダムスのバックパスを右SH伊東が奪うと、ドリブルからCH守田が左に展開。これをフリーで左に開いたOH鎌田がミドルシュート。ネットを揺らす。しかし線審オフサイドの旗を上げる。確かにぎりぎりのタイミングだったが、VARの末、主審はゴールを認めた。日本が先制点を挙げる。34分にはCH遠藤から左に展開。左SH久保の仕掛けを右IHデラトーレが倒すと、PA手前でFKを得る。これを久保が直接狙うが、壁を越えたシュートはGKターナーがキャッチした。前半はここで終了。日本の1点リードで折り返す。

 前半序盤から日本の前からのプレスが早く、何度もパスカットし、チャンスを作っていった。後半最初からアメリカは4人の選手交代。デスト、ロング、フェレイラ、レイナを下げて、右SBキャノン、CBマッケンジー、CFサージェント、右WGモリスを投入する。アーロンソンが左WGに回った。サージェントはブレーメン時代の大迫のチームメイトだ。一方、日本も前田、酒井そして権田を下げて、CF町野、CB伊藤洋輝、GKにシュミット・ダニエルを投入する。冨安を右SBに回した。

 後半序盤はアメリカが攻める。しかし日本の守備は崩れない。特に右SH伊東が快足を飛ばして守備に貢献する。そして10分にはCH遠藤のパスから右SH伊東がシュート。しかしこれはGKターナーがナイスセーブする。続くCKを久保が蹴ると、そのまま右SHに入り、しばらく左右を入れ替えた。20分には左SH久保がCF町野と二人でCBマッケンジーにプレスをかけてボールを奪うと、久保が中へのドリブルから左へパス。OH鎌田がシュートを放つ。しかしGKターナーがファインセーブ。さすがアーセナルでプレーするだけある。そういえば前半、冨安が軽く笑みを漏らして挨拶をかわしていた。ちなみにこの後、日本のSHは左右を元に戻した。

 22分、アメリカはデラトーレとマッケニーを下げて、右IHティルマン、左IHカルドーソを投入する。日本も23分、久保と伊藤に代えて、左SH三苫、右SH堂安を投入。するとさっそく25分、右SH堂安から左に展開して、左SH三苫がシュート。DFがブロックする。31分には左SH三苫のドリブルはDFに止められたが、こぼれ球が左SB中山に転がり、そのままドリブル。クロスに右SH堂安がミドルシュートを放つ。GKターナーがわずかに触って、バーの上。ファインセーブ。

 アメリカも36分、CHアダムスの縦パスに左WGアーロンソンがシュートを放つが、前をCB伊藤に遮られて、ポスト右に外した。日本は38分、左WGアーロンソンをCH守田とCH遠藤で挟むと、遠藤が奪って左SH三苫がドリブル。外を走った左SB中山に渡すと、クロスにOH鎌田がシュート。しかしこれはポストの左。41分、日本は鎌田に代えて、右WB原口を投入。布陣を5-4-1にして守備を固める。そして43分、左サイドでボールを持ったSH三苫が仕掛けると、右SBキャノンを剥がし、CBジマーマンをかわしてシュート。ネットに突き刺さった。日本が追加点。そしてタイムアップ。2-0。前からのプレス、集中した守り。日本が良さを存分に出して快勝した。

 次は火曜日にエクアドル戦。W杯の第2戦、コスタリカ戦の予行演習だろうが、アメリカ戦同様、しっかりと勝ち切ってほしい。そして次は誰にチャンスが与えられるだろうか。相馬や上田の活躍を期待したい。旗手や古橋も見られるだろうか。柴崎はどうするのか。山根は?長友は? こう考えると、まだまだ見たい選手は多い。W杯の選手選考が楽しみになってくる。

フットボール批評 issue37

 今号の特集は「[プレーモデル][プレーコンセプト][プレースタイル]を再定義する」。多くの記事で「○○さんはこれらの言葉をどう定義していますか?」と聞くのだが、正直、読めば読むほど混乱する。そもそも私自身がこれらの言葉についてしっかりとした定義を持っていないことが原因かもしれないが、記事によって、答える人によって言葉の定義が揺れ動いているように見える。でもどうやら、何となく感じたことは、「個人としてどうプレーするか」「チームとしてのどうゲームを作るか」「クラブとしてどう運営していくか」、それらの主体と目的や意図が入り混じって、これらの言葉の混乱が起きているように見える。で、結局、どれがどれを指すのか。「流行りの横文字にだまされるな」ではなく、間違わないような言葉遣い、いっそのことちゃんと日本語で新しい言葉を創ったらどうか。それを本誌が主導して提案したらどうか。「混乱」を指摘するばかりで「再定義」できていないと感じた。

 そして相変わらず、これらの記事がつまらない。それはたぶん、私がサッカー誌に求めているものと、本誌が提供しようとしているもの、本誌が対象とし、実際に読んでいる読者と私がズレているからではないか。私は単にいちサッカーファンとして、サッカーを通じて、世界情勢や政治なども含めて、様々なことが楽しめればいいなと思っているが、本誌は頓に最近、組織経営やマネジメントに重点を向けているように見える。サッカー界の隆盛と言ってもいいが、「いかに強いチームを作るか」「いかに選手を育てるか」「サッカー経営を成立させるか」、それも重要な視点だとは思うが、退職したただのサッカー愛好者には、イマイチ面白くない。

 今号でいえば、龍岡歩のレアルマドリードを扱った記事は興味深い。すなわち、プレーモデルを置かないレアルこそがCLで優勝したという内容。また、西部謙司の「中堅国の戦い方最前線」も純粋に最近のサッカー戦術を語っていて興味深い。それに引き換え、「現代サッカーの教科書」の何とつまらないことか。

 ということで、W杯直前で悩んだが、本誌は今号で購読を止めることにした。それでも良質な連載記事は多く、それらが読めないのは寂しい。いつかそれらの記事が単行本となって発売されたら、まとめて読みたいとは思う。それを楽しみに、しばらくは純粋な観戦者になろう。長い間どうもありがとう。

 

 

○レアルは得点の取り方、試合展開においても極めて再現性が低い。彼らの試合で見えてくるのはむしろ相手のプレーモデルのほうである。レアルと対戦することでそのチームの強みと弱みが見えてくるような作用を引き起こしている。相手の強みで失点することも多々あるが、それ以上の得点で相手の弱みを突いて力技でもぎ取っていく。…無色ゆえに最強、昨季のチャンピオンズリーグから見えてきた一つの潮流である。(P69)

○強豪国の戦術は大枠でどこも似ている。ボールを保持して押し込み、失っても敵陣で直ちにプレスして奪い返す。なるべく多くの時間を敵陣でプレーしようとする。濃淡はあるものの基本的に狙いは一緒だった。…GKを組み込んだビルドアップの向上によって、強豪相手にハイプレスで奪う守備は無謀でしかなくなった。中堅国はそのためハイプレスを諦めて次善策として5バックに移行したわけだが、強豪同士でも事情はさして変わらない。(P73)