とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

東京五輪グループE(女子) チリvs.日本

 イギリスに負けて2戦未勝利の日本女子。絶対勝利してグループ3位でも決勝トーナメント進出を果たしたいところ。相手はここまで2連敗のチリ。もっと楽に勝てるかと思ったが・・・。日本の布陣は4-4-2。菅澤と岩渕をトップに並べ、中盤は三浦と林のダブルボランチ。右SHに長谷川、左SHに杉田を置いてきた。DFは、右SB清水は変わらないが、左SBには北村。CBに熊谷と宝田。GKは山下。各ポジション、微妙にメンバーを変えているのは、疲労対策か、ケガでもあるのか。対するチリは3-5-2。ウルティアとサモラがトップに並び、中盤はロペスをアンカーに、右IHアラヤ、左IHアエド。右SBにバルマセダ、左WBララ。CBは右からパルド、ゲレーロ、サエス。GKはエンドレル。

 開始早々、FW岩渕がミドルシュート。さらに2分にはFW菅澤がミドルシュート。序盤から日本が積極的に攻めていく。チリも7分、右IHアラヤがロングシュート。しかし基本は守り、日本が攻めていく。10分、右SH長谷川から右SB清水が上がり、クロスにFW菅澤が走り込むが、手前でCBサエスがクリア。しかし菅澤の位置がオフサイドだった。その後も日本が攻めてはいくが、最後のパスにミスが多く、シュートまで至らない。

 17分、CH林から右に展開すると、右SB清水のクロスをFW岩渕が左に流し、左SH杉田が抜け出してGKと一対一。だがシュートはGKエンドレルが左足一本で止めた。18分、右SH長谷川のスルーパスにFW菅澤が抜けるもオフサイド。21分、左SH杉田のスルーパスにFW岩渕が抜け出すも、シュートは左WBララがブロック。続くCH林のCKに杉田がダイレクトで合わせるが、枠を外す。

 守るチリだが、寄せが速く厳しい。一方、日本の守備はプレスが甘く、ミスパスを奪われ、相手に攻撃を渡してしまうこともたびたびある。27分、FW岩渕が左サイドからDFをかわしてクロス。FW菅澤が詰めるが、GKエンドレルがセーブする。シュートが遠い展開に、33分、CH三浦がミドルシュート。直後にももう一度CH三浦がミドルシュートを放つが、わずかにバーの上を越えた。36分、右SH長谷川のミドルシュートはポストの左。遠目からのシュートが多い。40分、右SH長谷川の縦パスからFW菅澤がシュートを放つが、DFが触り、左に外れる。45+1分、右SB清水のパスをFW菅澤がダイレクトで縦へ。FW岩渕が走り込むが、DFがクリア。こぼれ球を右SB清水がシュートするが、GKエンドレルにセーブされた。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 高倉監督はもっと楽勝な展開を予想していたのではないか。だが、日本に攻撃面での連携が乏しい。個人技頼みの印象を受ける。後半からFW菅澤を下げて、田中美南を投入した。チリも右WBバルマセダに代えてトロを投入。後半2分、CH林のCKからFW田中がシュート。さらにもう一度、林のCKからFW田中が今度はヘディングシュート。積極的にゴールを狙っていく。5分には左SB北村のミドルシュート。8分にもFW田中が左に持ち出して、ミドルシュート。しかしGKエンドレルが正面でキャッチする。後半、チリはウルティアをトップに上げ、アエドとサモラが左右のWGに開く3-4-3の陣形を取ることが多い。中盤にはアラヤとロペスがダブルボランチで並ぶ形。

 10分、日本はCH林を下げて、左WG遠藤。長谷川が内側に絞って、4-3-3のように見える。チリも11分、右WGサモラを下げて、グレスを投入。14分、チリはCHアラヤがドリブルで持ち上がり、CFウルティアを走らせるが、CB熊谷がナイス対応で奪い返す。今度は日本がカウンター。右WG岩渕がドリブルで上がり、左に流して、左WG遠藤がシュート。だがポスト右に外れる。ゲームは互角の展開。21分、日本は右IH長谷川に代えて右SH木下。布陣を4-4-2に戻した。杉田がCH。22分、その杉田がループシュートを狙うが、枠は捉えられない。

 そして24分、早いリスタートでCHアラヤが前に蹴り込むと、CFウルティアが走り込む。飛び出したGK山下がクリアするが、これがCFウルティアに当たって、奪われてしまう。中へのパスをDFがクリするも、これも味方に当たってCHアラヤの元へ。内側に走り込んだ左WGアエドがオーバーヘッドでクロスを入れると、左WBララがヘディングシュート。これがバーに当たり、下に落ちて、さらに撥ねたところをGK山下がキャッチした。ぎりぎりゴールを割っていない。直後には日本がカウンター。左SH遠藤の縦パスにFW岩渕が抜け出し、クロス。GKが触って弾いたボールを右SH木下がシュート。だがDFがブロックする。お互い惜しいチャンスを決めきれない。

 28分には右SH木下の仕掛けからFW田中がミドルシュート。30分にもFW田中のスルーパスにFW岩渕が走り込み、横に流して田中が走り込むも、手前でDFがクリアする。31分、チリはCBパルドに代えてマルドネス。そして32分、CH杉田の縦パスをFW岩渕が収め、落としにFW田中が走り込んでシュート。GKを抜いて、ようやく日本が先制点を挙げた。

 38分、日本はCH三浦に代えて中島を投入。チリもCHロペスに代えてピニージャ、左WGアエドに代えてアクーニャを投入。40分、CH中島のミドルシュートはGKエンドレルがわずかに触って、バーを叩く。42分には右SH木下が仕掛けて、ミドルシュート。これもGKエンドレルがナイスセーブ。逆にチリも43分、CkからCBサエスがヘディングシュートするも枠の外。その後もチリが攻めるが、日本もCH中島を中心に時間を使って、4分のアディショナルタイムを逃げ切った。1-0。何とか勝利して、決勝トーナメント進出を決めた。

 それにしても苦戦した。日本はゴールが遠い。ここまで岩渕と田中の2点のみ。長谷川や杉田、塩越、林、三浦、中島、籾木。技術力の高いMFを入れ替わりで起用するも、誰もFW陣との連携がイマイチ。唯一、杉田に可能性を感じるが、必ずしも高倉監督は杉田に絶対的な信頼を寄せているわけではない。誰が出ても高いレベルのサッカーができる、かもしれないが、誰が出ても決定的な仕事はできない。結局のところ岩渕頼み。次はグループリーグでアメリカを破ったスウェーデンが相手だ。でも、アメリカでなかったのは良いのかもしれない。万一(!)スウェーデンに勝てれば、準決勝で再びイギリスと対戦できるかもしれない。それを期待しよう。だがその前にスウェーデンが相手だ。壁は限りなく高い。

主権者のいない国

 第1章最初の論考は「安倍政権の七年余りとは、何であったか。それは日本史上の汚点である」という痛切な文章で始まる。本書は2017年以降、各種の雑誌や新聞等に寄稿した論考を集めたものである。「国体論」で戦後の75年を、それまでの国体としての「天皇」を「アメリカ」に置き換えただけではないかと指摘した筆者だが、そうした歴史認識をベースに現在の日本の政治、中でも安倍政権とそれに続く菅政権を批判する。

 安倍政権・菅政権を批判する論考を集めた第1章は痛快だが、筆者の主張はそれに留まらない。第2章の「新自由主義」批判、第3章の「天皇制」に対する論考、第4章では沖縄問題や日韓関係を扱い、第5章では中曽根康弘西部邁らを論評する。しかし、いずれも批判するだけではない。一方で、なぜ我々日本国民はこうした政治家の長期政権を許しているのかという根本的な問いに考察を巡らせる。

 「なぜ私たちは主権者であろうとしないのか」。終章のタイトルである。東日本大震災福島原発事故を無きものとしたいと願う心性が、その後の安倍長期政権を許したという指摘は重要である。第二の国体である「アメリカ」も衰退しつつある今、第二の終戦はいかに訪れるのか。その時、我々は第三の国体を見つけ出し、捧げるのだろうか。それとも真の主権者として立ち上がるのか。その時はもうすぐ手前まで来ている。東京五輪を終えた後、我々はどういう日本を見るだろうか。新たな国体が「中国」でないかという疑念がふと浮かんだ。

 

 

○3.11という「平和と繁栄」の終わりを象徴する出来事の意味を全力で否認することこそ、2011年以降官民挙げてこの国と国民の多くが取り組んできたことにほかならない…。この「否認」が、3.11以降の国民的な精神モードであったのだとすれば、安倍政権は国民の期待によく応えたと言える。実に、安倍政権とは、3.11が国民に対して与えた精神的衝撃に対する反動形成であった。(P40)

○今日安倍政権支持者に典型的に見て取れる態度は、合理的な信頼ではなく軽信・盲信であ…る。他方、治者の側は、被治者を…愚昧な群衆として扱(う。)…かくして、深いシニシズムこそ、中流階級が没落するネオリベ・デモクラシーとなる。指摘すべきは、反知性主義への傾倒はここでは支配体制にとって不可欠な要素となることである。…今日始まりつつあるのは、国家と啓蒙主義の根本的分離である。(P119)

○この国には「社会」がない。…「権利」も同様である。敵対する可能性を持った対等な者同士がお互いに納得できる利害の公正な妥協点を見つけるためにこの概念があるのだとすれば、…社会内在的な敵対性を否認する日本社会では、「正当な権利」という概念が根本的に理解されておらず…すべての権利は「利権」にすぎない。…こうした「敵対性の否認」に基づく思考様式にどっぷりつかった層が今日の反知性主義の担い手となっている(P145)

○歴史意識とその衝突の問題は、つまるところパワーポリティックスの問題であり、われわれが本来歴史に期待することのできる、叡智、自己理解と他者理解、共感や連帯の可能性といったものとは別次元にある。われわれは、歴史意識と無縁でいることはできないが、その影響力を自覚することはできるし、自らの歴史意識を他の物語に開かれたものへと改めることもできるはずである。(P268)

○内政外政ともに数々の困難が立ちはだかるいま、私たちに欠けているのは、それらを乗り越える知恵なのではなく、それらを自らに引き受けようとする精神態度である。真の困難は…主権者たろうとする気概がないことにある。…そして、主権者たることとは…人間が自己の運命を自らの掌中に握ろうとする決意と努力のなかにしかない。私たちが私たち自身のかけがえのない人生を生きようとすること…それが始まるとき、この国を覆っている癪気は消えてなくなるはずだ。(P317)

 

東京五輪グループA 日本vs.メキシコ

 グループリーグ第2戦は金メダル候補のメキシコが相手。初戦にフランスを4-1で破り、噂以上の強さを発揮した。引分けなら御の字。でも選手は、特に久保は、そんな気持ちではなかった。絶対勝つと思っていただろう。

 日本の布陣はいつもの4-2-3-1。林をトップに、右SH堂安、左SH相馬、トップ下に久保。田中と遠藤のボランチに、DFが右SB酒井、左SB中山。CBに板倉と吉田。GKは谷。三好に代えて相馬が先発した以外は、南アフリカ戦と同じメンバーだ。対するメキシコは4-3-3。マルティンをトップに、右WGライネス、左WGベガ。中盤はロモをアンカーに、右IHロドリゲス、左IHコルドバ。DFは右SBサンチェス、左SBエリック・アギーレ。CBにモンテスとバスケス。GKはあのアチョアが入る。

 開始早々、メキシコが攻め込んでCKのチャンス。だが日本もすぐに攻め返し、CKを得る。そして6分、右SB酒井の縦パスに右SH堂安が走り込むと、クロスにOH久保がシュート。開始早々、日本が先制点を挙げた。9分には左SH相馬の仕掛けからクロス。CF林のシュートは空振り。ファーに右SH堂安が詰めるが、DFにクリアされる。しかしここで主審がゲームを止めた。どちらのファールだろうと思ったら、VARで確認。相馬がクロスを入れた後、伸ばしたCBモンテスの足が相馬の足を捉えていた。PK。12分、これを堂安が決めて、日本が追加点を奪った。

 高い位置からのプレスでメキシコに攻撃をさせない日本。それでも17分には左SBアギーレのクロスに、CFマルティンがDFを背負って、反転からシュート。GK谷が正面でキャッチする。日本も21分、CBモンテスの縦パスをOH久保がカット。そのままドリブルからミドルシュートを放つ。22分にはCH遠藤がDFのプレスを受けながらもドリブルで前進。右に流して、右SH堂安がクロス。CF林が飛び込むが、手前で右IHロドリゲスが触ってファーへ。これを左SH相馬がボレーシュート。だがポスト左に外れた。

 しかしその後は次第にメキシコもその攻撃力を発揮する。右WGライネスがドリブルで仕掛け、CFマルティンの落としから左IHコルドバがシュート。だが左に外れる。43分、左SBアギーレがケガで右SBロローニャに交代。サンチェスが左SBに回る。44分、再び右WGライネスが仕掛け、CH田中と左SB中山の間を抜いて、左IHコルドバがシュート。だがサイドネット。ライネスが抑えきれない。前半はこのまま日本2点リードで折り返す。

 後半は序盤、中盤での攻防が続く。6分、CH遠藤がドリブルで上がり、OH久保がミドルシュート。だがGKオチョアがセーブ。メキシコも10分、右WGライネスが仕掛けて、クロス。CHロモがシュートを放つが、GK谷が落ち着いてセーブする。12分、メキシコはロドリゲスに代えてCHエスキベルを投入。ロホを右IHに上げる。20分、日本も左SH相馬を下げて、前田を投入。前線で走り回り、身体を張る林の体力が気になるが、まだまだ元気だ。メキシコも22分、ライネスとベガを下げて、右WGアントゥナ、左WGアルバルドを投入した。ライネスを下げてくれたのは助かったかも。

 そして23分、CH田中碧のフィードに右SH堂安が走り込むと、PA手前でCBバスケスが身体を当てて堂安を倒す。主審はバスケスに一発レッドカードを提示。メキシコが一人少なくなった。急遽、ロホをCBに下げて、メキシコは4-4-1の布陣に変更する。これで得たFKはOH久保が蹴ったが、壁にはね返された。34分にはCH田中の縦パスにCF林が抜け出して、シュートを放つ場面があったが、GKオチョアがセーブ。しかし林の位置がオフサイドだった。

 35分、日本は堂安と林を下げて、左SH三苫、FW上田を投入。前田と並べ、久保が右SHに回る。さっそく左SH三苫がドリブルで仕掛けるが、メキシコのDFに止められた。そして40分、右WGアントゥナを左SB中山、CH田中、左SH三苫で囲んでうまくボールを奪ったかと思ったが、主審は日本のファールの判定。このFKをアルバルドが蹴ると、選手の間を抜けて、そのままゴールに飛び込んだ。メキシコが1点を返す。

 勢いづくメキシコ。日本も必死に守る。左SH三苫がドリブルで仕掛けては、ボールを奪われる。頼むからキープだけにしてくれ。ピッチサイドからも「旗、旗」という声が聞こえてくる。そして45+3分、左サイドから左WGアルドバドがFK。これを右SBロローニャがヘディングシュート。ここでGK谷がビッグセーブ! 弾き出す。続くCKも抑えて、何とか1点のリードを守り切った。2-1。日本がメキシコに勝利した。

 よかった。PKはラッキーだったとは言え、メキシコからの勝利は大きい。とは言っても、フランスも南アフリカに勝利したので、まだグループリーグ突破が決まったわけではない。しかも3回リードを許した末のアディショナルタイムでの勝利。フランスもグループリーグ突破に必死だ。2点差で負ければグループリーグ敗退の可能性もある。林を始め、選手は疲労困憊だろう。だがもうひと踏ん張り。次のフランス戦も勝利を期待したい。がんばれ、日本。