とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

雑感

「死刑ハンコ」辞任騒動に対する違和感

葉梨議員が「死刑ハンコ」発言を咎められ、辞任した。自民党のパーティーで「だいたい法相は朝、死刑のハンコを押しまして、それで昼のニュースのトップになるのは、そういう時だけという地味な役職なんです」と言ったということだが、その発言が「死刑執行…

家事は誰がするか?

妻が訪問リハビリを受けるにあたり、三月に1回、本人や家族とともにリハビリ方針等を定めた「訪問看護計画書」を作成する。先日の訪問の際に「今後の目標をどうしましょうか」と言われ、妻が「家事をできるようになりたい」と言ったら、「本当にやりたいの?…

国葬の日

9月に国葬があるそうだ。国が死者のために執り行う葬儀。だが、死者は既に死んでいるのだから、どんな儀式をしようが、どれだけ騒ぎ立てようが、その耳には届かない。意識にも届かない。そう、葬儀は死者のためではなく、生きている人々のために行われる儀式…

フィギュアスケートはアマチュア競技だった!?

もう先週のことになるが、羽生結弦がスケート競技をやめてプロへの転向を表明した。そのこと自体はそれほど驚くことでもなかったが、最も驚いたのは「プロに転向した」という言葉。ということは今までアマチュアだったのか! でも、羽生結弦だけでなくこれま…

小中高は「教育」。では、大学の講義はどうあるべきか。

昨年から大学で非常勤講師を始めた。1年が過ぎ、今年が2年目。前後期あるので、2年目前期の今は3回目の講義になる。前年まで講義を担当していた方とは経験も経歴も違い過ぎて、とても私には同じような講義は無理なので、イチから講義を組み立てた。そのため…

「3密」って何だっけ?

いつも散歩をする植物園のベンチに「3密を避けて、離れてすわりましょう」という注意書きが貼られている。そう言えば「3密」って何だっけ。「密集」はすぐ思い付くけど、あとの2つが思い出せない。 「密談」「密着」「密会」「密林」「密接」「密告」「密教…

ウクライナ支援の寄付金はどこへいく?

4月から団地の管理組合の理事長に就任した。市からの調査などに加え、さっそく日本赤十字社から活動資金募集の案内が届いた。「寄付金」とは言っていないが、寄付金控除の対象になるというので、ようするに寄付金だろう。ウクライナ紛争が始まって以来、寄付…

名前は違っても、顔は同じ。

最近、妻をクルマに乗せると、ナンバープレートや車種について話をすることが多い。「あれは何?」と聞くので「ヴォクシーだよ」とか「ノアだよ」とか。でも、どちらも似ている。どうして両方ともこんなに威圧的なデザインをしているのか。ヴォクシーとノア…

「自由と責任」か、それとも「管理と調和」か?

大学で経済学を教えている高校時代の友人が、「中ロ、銀行決済網の統合検討 欧米から排除で代替策」という記事に対して、「いよいよ中国-ロシア-イラン経済圏ができるのではあるまいか」とFacebookに書き込んでいたので、「それは悪いことですか?」と訊い…

これって差別じゃね? 年金事務所でのちょっとした出来事。

今月、65歳の誕生日が来て、いよいよ憧れの年金生活が始まる。と心待ちにしていたら、年金事務所からハガキが届いた。年金支給開始の通知かと思ったら、妻宛て。シールを剥がすと、「老齢基礎年金額加算開始事由該当届」の申請の案内だった。 と書いても、何…

現実と事実と真実

今日は朝、目が覚めて、雨が上がったばかりの外に出て新聞を取り、朝食を食べ、パソコンを開いてメールをチェックし、ニュースサイトといくつかのサイトを見た。午前中にパンを買いに行き、昼食はそれを食べ、午後はスーパーへ買い物に行き、テレビをつけて…

もしもゼレンスキーがロシアの侵攻に対して無抵抗でいたら・・・

最近はいつも、朝何気なくテレビをつけると、ウクライナ紛争のニュースが流れている。「しまった。見たくない」と思い、すぐにチャンネルを変える。Eテレならこの種の放送はないだろうと思っていると、手話ニュースが始まったりする。やれやれ。しばらく私の…

「『平和を』拳突き上げ」という新聞見出しの違和感

今朝の中日新聞社会面に「『平和を』拳突き上げ」という見出しが大きく掲載されていた。その下に「ウクライナ選手 戦時下の行進」をあるので、北京パラリンピック開会式での様子を伝えるもので、事実ではあるのだろうが、「平和を」という言葉と「拳突き上げ…

ドライブレコーダーの運転診断と自己評価が合わない。

年末に、ドライブレコーダー連動型の自動車保険に加入した。さっそくドライブレコーダーを取り付けた件は既に「ドライブレコーダーがやってきた。ヤァ!ヤァ!ヤァ!」で報告した。運転を終えるたびに運転診断結果がスマホに送られてくる。設置直後の診断結…

現在の新型コロナ対策を考える。

前に勤めていた会社の同僚が新型コロナに感染し、10日の自宅療養を経て、仕事に復帰した。その間の状況をFACEBOOKで詳細に報告してもらった。本人は療養施設の不足で自宅療養となり、発熱は最高で37.8度。二度、解熱鎮痛剤を飲んだら平熱に戻り、咳と鼻水は4…

服のローテーションと捨て時

このところ寒い日が続くが、一昔前と違って、最近の室内は暖かく、厚いセーターを着る必要はない。冬前に出した薄手のセーターを着ているが、「セーターは一度着たら2・3日は休ませて、乾かした方がいい」とテレビでやっていた。退職前はセーターを着ると言…

オミクロン入学って言われるよ。

今朝の新聞を開いて驚いた。1面トップに「文科省通知 共通テスト コロナで受験不可 『2次のみで判定を』」という見出しが躍っていた。新型コロナに感染し、または濃厚接触者となり、共通テストを受験できなかった者に対して、二次試験のみで合否判定をする救…

ファスナーの引手の位置

年末から寒くなって、ダウンのジャケットが欠かせなくなった。昨年まで着ていたジャケットに穴が開き、羽毛が抜け落ちるので、昨秋、コストコで新しいダウンジャケットを購入した。先月、初めて袖を通して、ファスナーを締めようとしたら、引手の左右が違う…

平等な社会は環境負荷が低い

先日、「人新世の『資本論』」の著者である斎藤幸平の講演会を聴く機会があった。斎藤幸平と言えば、この春にも「100分de名著」に出演するなど、今、最も旬な研究者の一人。WEBで講演会が聴けるとはいい時代になったものだ。 話は、「人新世の『資本論』」で…

広報誌がデジタル化していく(嘆)

JAFの機関誌「JAF Mate」が来年4月から、これまでの原則月刊から季刊に変わる。理由として「環境負荷の軽減」を挙げているが、本音は経費節減だろう。年会費に占める機関誌代は946円から484円に変更するものの、年会費自体は減額せず、差額は会員サービスの…

男性の小便使用に配慮した洋式便器の開発を望む。

先に読んだ「マチズモを削り取れ」の中に、男性の小便時、洋式便器しかないときに、座って使用するか、立って使用するかという話があり、多くの女性は座っての使用を望んでいるのに、あくまで立って使用する男性を「マチズモ」の現れとして非難していた。ま…

震度5強の割に被害は少なかった。

先週、東京や埼玉で震度5強の地震が発生した。一部、電車の脱線や運休があって、帰宅困難者の問題がクローズアップされたが、建物などの被害は思ったよりも少なかった。「思ったよりも」と書いたのは、震度5強と言えば「壁に割れ目が入り、棚の食器や本など…

「勇気」って何だ?

パラリンピックの際に、「選手から勇気と元気をもらった」というコメントがあった。元気はわかるけど、勇気って何だ? と思ってきたけれど、先日、東京五輪・パラリンピック選手団への感謝状授与式に当たり、菅首相が「皆さんの活躍は、日本はもちろん世界中…

おカネに釣られない―今どきの金銭感覚

娘は昨年秋に職場からほぼ強制されて、マイナンバーカードを作成した。今年の4月までにマイナンバーカードを作成すると、25%のマイナポイントが付与される。先日、娘が加入するカード会社から、マイナポイント取得を促すDMが届いたので確認すると「手続きが…

メールの作法とブログの効用

数年来、週一でメール交換をしていた友人(甲)に先日、「メールがけっこうストレスなので、これからは不定期送信にする」と書き送った。その後、返事がないけど、どう思っただろうか。怒っているかな。 甲とは同い年で誕生日も近く、同じ会社で一時、同じ課…

パラリンピックの楽しみ方がわからない。

毎週楽しみにしていたNHKの番組がオリンピック期間中、中断していた。その後、再開するかと思ったが、来週もお休み。どうしてかと番組表を見たら、パラリンピックの放送予定が入っていた。24日からパラリンピックが開催される。前回のリオ五輪あたりからパラ…

ブレークスルー感染と中和抗体、ブースター接種

ワクチンを2回接種した人が新型コロナに感染することを「ブレークスルー感染」と言うらしい。ワクチン効果をブレークスルーという意味だろうが、そもそもワクチンは重症化こそ防ぐが、感染を防ぐ効果は不明と言われていなかったか。また、「中和抗体」という…

スポーツをする人、スポーツを観る人、スポーツを利用する人。

オリンピックが終わった。菅総理は東京五輪を成功させることで失地回復を図ろうとしたが、新型コロナの感染拡大の前にその企図は失敗に終わったようだ。一方で、バッハ会長は無事、東京五輪を終え、帰国した。IOCにとっては無事開催できたことが最大の成功だ…

オリンピックは思った以上につまらなかった。

東京五輪が終わった。私は、開会式も閉会式も観なかったが、各競技はよく観たほうではなかったか。最初の日曜日に実施された男子スケートボード・ストリートは面白く、堀米選手の金メダルを喜んだ。日本が金銀を獲った翌日の女子も観たが、男子ほどの迫力は…

調理に関する素朴な疑問(野菜の重さときゅうりの皮むき)

妻が入院して以降、ほぼ毎日台所に立っている。学生時代に下宿で自炊をしていたので、それ自体は全く苦にはならない。ちなみに母が亡くなって以降、父も一人で調理し食事をしている(最近は妹の差し入れも多いようだが)。家風だと言える。だが、けっして、…