とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

サッカー

J1リーグ第3節 名古屋グランパスvs.ガンバ大阪

再開2ゲーム目は中3日での開催。前節、大阪ダービーに敗戦したガンバをホームに迎え、連勝を狙いたいところ。グランパスは今季初めてシャビエルを先発に起用し、トップ下。ワントップには前節途中出場の金崎が先発した。前節レッドカード退場で出場停止の相…

J1リーグ第2節 川崎フロンターレvs.鹿島アントラーズ

J1リーグの再開初戦、東日本の地域ではフロンターレ対アントラーズのゲームが興味深い。フロンターレは阿部がグランパスへ移籍したものの、他のメンバーは概ね残っている。ただし、中村憲剛と小林悠はケガで欠場。一方、アントラーズはザーゴ監督に代わり、…

J1リーグ第2節 ガンバ大阪vs.セレッソ大阪

久しぶりのJリーグは地域別の組み合わせということもあってか、観たいゲームが目白押し。その中で、次節にグランパスと対戦するガンバのゲーム。大阪ダービーを観戦した。いずれも開幕戦は勝利して、再開後の連勝を狙う。ガンバの布陣は3-5-2。アデミウソン…

J1リーグ第2節 名古屋グランパスvs.清水エスパルス

ついにJ1リーグが再開した。グランパスは再開が決まった後に金崎とランゲラックの新型コロナ感染が判明し、全体練習が他チームに比べて短くなってしまったが、それでも二人とも復帰して、ベストメンバーを揃えることができた。対するエスパルスは開幕戦、FC…

ラ・リーガ第33節 マジョルカvs.セルタ

7月に入って予定どおり、DAZNに再加入した。もちろんJリーグを観るためだが、週末までの間、時間があったので、ミッドウィークに行われた久保のゲームを観戦した。ラ・リーガは下3チームが自動降格。18位のマジョルカは17位との勝ち点差が8と非常に厳しい状…

ブンデスリーガ第34節 ブレーメンvs.ケルン

ブンデスリーガも最終節。ブレーメンはいよいよ降格の絶壁に立たされた。16位デュッセルドルフとの勝ち点差は2。ブレーメンにとっては勝利が最低条件。ウニオン・ベルリンと戦うデュッセルドルフが負けてブレーメンが勝利すれば順位が入れ替わるが、デュッセ…

ブンデスリーガ第33節 マインツvs.ブレーメン

ブンデスリーガもバイエルンの優勝が決まり、残るはCL・ELへの出場権と2部降格への争いになった。40年ぶりの降格危機にある17位ブレーメン。今節は15位マインツとの対戦。勝てばかすかに自動残留の可能性が残る。一方、マインツにとっても残留に向けて勝利は…

ブンデスリーガ第32節 ブレーメンvs.バイエルン・ミュンヘン

再開後6連勝。いよいよ優勝に王手をかけたバイエルン。相手は残留に苦しむ17位ブレーメン。それでも前節は最下位バーダーボルンに5-1と大勝し、自動降格を争うデュッセルドルフとは勝ち点で並んだ。次節は15位マインツとのゲームを控えて、いい形で次節につ…

ブンデスリーガ第31節 ヘルタ・ベルリンvs.フランクフルト

ブンデスリーガもこのゲームを入れて残り4節。既に第32節はミッドウィークに開催され、バイエルン・ミュンヘンがブレーメン戦で勝利し、リーガ8連覇を決めた。でもまずは、鎌田が3人抜きドリブルを見せたこのゲームから観戦。ヘルタ・ベルリンは9位。EL圏内…

フットボール批評issue28

サッカーのない日常が始まって、早や3ヶ月が経とうとしている。それでも先月からブンデスリーガが始まって、いよいよ来月にはJ1リーグも開幕する。来月になったら、またDAZNを再契約しよう。 それにしてもこの間、新型コロナへの対応という点において、Jリー…

ブンデスリーガ第24節 ブレーメンvs.フランクフルト

ELの関係で延期となっていたブレーメンとフランクフルトの対戦がミッドウィークにあった。フランクフルトの鎌田は2試合連続ゴール中。長谷部も同じく2試合連続して先発し、勝ち点確保に貢献している。フランクフルトはリーグ前半で結果を出してした3バックに…

2011年7月11日 FIFA女子ワールドカップ決勝 日本vs.アメリカ

NHK-BSでなでしこが感動の優勝を遂げた2011年女子W杯決勝戦が放送された。澤の同点ゴールは有名だけど、他のゴールはどうだったっけ。今、改めて観直すことができるのはうれしい。しかも裏音声では、このゲームに出場していた鮫島と熊谷が出演し、当時実況を…

ブンデスリーガ第28節 ドルトムントvs.バイエルン・ミュンヘン

デア・クラシカー。お互い6連勝で迎えた首位決戦は勝ち点差わずか4。ホームのドルトムントが勝利すれば、勝ち点差1と首位に肉薄する。が、スタジアムに観客はいない。大声援の有無はやはり勝負に大きく影響したかもしれない。ドルトムントの先発は前節ウォ…

ブンデスリーガ第27節 バイエルン・ミュンヘンvs.フランクフルト

第28節、ミッドウィークのフライブルク戦で鎌田がブンデスリーガ初ゴールを挙げた。でもNHK-BSの放送はまだ第27節。バイエルン戦を放送していた。バイエルンと言えばミッドウィークのドルトムント戦は首位決戦に勝利したというニュースもあったが、これは今…

ブンデスリーガ第27節 ウォルフスブルクvs.ドルトムント

ブンデスリーガは再開して2戦目。NHK-BS1では2位ドルトムントと6位ウォルフスブルクのゲームが放送された。前節、ホーランドのゴールなどでシャルケに圧勝したドルトムント。これで5連勝して、次節はいよいよバイエルンとの首位決戦だ。そこへ向けていい感じ…

2000年1月1日 天皇杯決勝 名古屋グランパスvs.サンフレッチェ広島

グランパスの天皇杯優勝は2回ある。ベンゲルの下で初優勝を遂げた1996年とジョアン・カルロスの下で2度目の優勝を飾った2000年。いずれも決勝の相手はサンフレッチェだが、今回、再放送があったのはストイコビッチが華麗なドリブルからのゴールを挙げた2000…

ブンデスリーガ第26節 フランクフルト対メルヘングラードバッハ

久しぶりに生のサッカー中継が観られる。欧州リーグの先陣を切って、ブンデスリーガが再開した。他国ではリーグ打ち切りとしたところもある中で、ドイツはメルケル首相の的確なコロナ対策もあり、リーグ再開へこぎつけることができた。週2回のPCR検査を義務…

2001年12月8日 Jリーグチャンピオンズシップ第2戦 鹿島アントラーズvs.ジュビロ磐田

2001年のJリーグは、ファーストステージはジュビロが2位以下に圧倒的な差をつけて優勝。しかしセカンドステージでは、ファーストステージでは11位と低迷したアントラーズが、2位ジュビロを勝ち点差1でかわして優勝を遂げた。チャンピオンズシップ第1戦では、…

1999年1月1日 天皇杯決勝 横浜フリューゲルスvs.清水エスパルス

1998年10月29日、突如、横浜フリューゲルスのマリノスとの合併が発表された。その後の署名活動などもまだよく覚えているが、結局、サポーターの合併反対の声が聞き入れられることなく、12月2日には合併の調印式が行われた。そして合併が発表されて以降、フリ…

2006年12月2日 J1リーグ最終節 浦和レッズvs.ガンバ大阪

2006年のJリーグは最終節で首位のレッズと2位のガンバが直接対決。とは言っても、その勝ち点差は3。得失点差は5もあって、ガンバが逆転優勝するには3点差以上での勝利が必要という状況。しかもレッズホームの埼玉スタジアムでのゲーム。よほどのことがないか…

1999年12月11日 チャンピオンシップ第2戦 清水エスパルスvs.ジュビロ磐田

新型コロナ感染が始まって以降、NHK-BSでは「あの試合をもう一度!スポーツ名勝負」が放送されている。4月8日に放送された1999年の静岡同士のチームによる年間王者決定戦、チャンピオンシップ第2戦を観戦した。当時はアウェイゴールのルールがなく、第1戦、…

1993年5月15日 Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス

新型コロナの影響で今、サッカーを始めとする様々なスポーツが世界的に中止となっている。当然、テレビ中継もないのだが、NHK-BSではこれを機に、過去のスポーツの名勝負の再放送をしている。1993年のJリーグ開幕戦も放送されたので、久しぶりにフルタイムで…

トレーニングマッチ 名古屋グランパスvs.横浜FC

J1リーグの再開は5月の連休以降にずれ込むようだ。ヨーロッパの各リーグも再開の目途が立たない。こうした中、DAZNではJ1チームのトレーニングマッチの放送を始めた。グランパスと横浜FCのゲームを観ることにした。グランパスの布陣は4-2-3-1。前田をトップ…

フットボール批評 issue27

今号の特集は「J産フットボール論の逆襲」。だが、コンサドーレ社長の野々村氏の対談や栗原雄三のインタビューなどでは、あまり「J産のフットボール論」という感じはしない。むしろ、第2特集の「Jリーグ変革と継続のあいだ」に収められた「2020Jリーグの戦術…

UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16第2レグ パリ・サンジェルマンvs.ドルトムント

ヨーロッパリーグも開催延期のため、当初、観るつもりのなかったパリSG対ドルトムントのゲームを観戦した。第1レグはドルトムントが勝利。ブンデスリーガの実力を再認識したゲームだった。スタジアムは新型コロナウイルスの影響で無観客。それでも外では花火…

UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16第2レグ リバプールvs.アトレティコ・マドリード

ついにヨーロッパの主要リーグも新型コロナウイルス感染拡大のため、開催延期になってしまった。どうしよう! 今後のことはさておき、まずはミッドウィークのCLでも観戦しよう。アトレティコ・マドリードが1-0で先行した第1レグ。第2レグはリバプールがホー…

シービリーブス杯 アメリカvs.日本

シービリーブス杯2連敗の日本。最終戦は今大会2連勝しているアメリカ。勝利は難しくとも、東京五輪につなげるためにも、せめてもの抵抗を見てみたい。日本はケガの清水に代えて土光を右SBに上げる。左SBにもCBタイプの三宅と守備を固める。CBとGKは初戦と同…

シービリーブス杯 日本vs.イングランド

なでしこのアメリカ遠征、シービリーズ杯の第2戦。次の相手はFIFAランク6位のイングランドだ。昨年のW杯では同じグループに入って、0-2で敗戦している。イングランドはその後、準決勝まで進んだ。スペインに完敗した日本はイングランド相手にいい結果を出し…

プレミアリーグ 第29節 マンチェスター・ユナイテッドvs.マンチェスター・シティ

プレミアリーグは第29節、2位につけるマンCを5位マンUが迎え撃つマンチェスター・ダービーだ。マンUは4位チェルシーとの勝ち点差は3。来季のCL出場圏に向けて、絶対に勝利がほしい。一方、マンCはリーグ戦では首位リバプールに大きく水を開けられ、残る目標…

プレミアリーグ 第29節 リバプールvs.ボーンマス

プレミア―リーグ、FA杯と公式戦2連敗となったリバプール。さすがに連敗はここで止めたい。ミッドウィークのCLに向けても勝利して風向きを変えたい。相手の18位のボーンマスは、前節、チェルシー相手に引き分けて、その勢いで首位リバプールにも一泡吹かせた…