とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

ポリコレの正体

女性差別等がしっかり解消されない中で、LGBT等に対する施策ばかりが進んでいく状況には違和感を持っている。まるでLGBT施策に取り組んでいれば、女性差別問題のみならず、障害者や生活困窮者の問題等も解消されるかのようだ。「障害者」と言えば、「害」の…

J1リーグ第14節 清水エスパルスvs.名古屋グランパス

前節7試合ぶりに勝利したグランパス。今節の相手は16位エスパルス。下位チームを相手にスカッと連勝と行きたいところだが、今のグランパスはけっしてそんな甘い期待は持てない。決定力のあるチアゴ・サンタナがいて、GKには日本代表の権田。順位こそ低いが、…

J1リーグ第13節 名古屋グランパスvs.セレッソ大阪

6試合勝利がないグランパス。ここ3試合は先制しながら追い付かれ、また逆転されての2敗1分。追加点が取れない。対するセレッソは8位。前節はジュビロに2-1で勝利したものの、それまでは勝ったり負けたり。ゴールもなかなか量産できていない。チーム創立30周…

J1リーグ第12節 横浜F.マリノスvs.名古屋グランパス

前節もサンガに先制するもすぐに追いつかれてドロー。これで5試合勝利がないグランパス。マリノスはベトナムで開催されたACLグループリーグを首位で突破。1試合少ないながら4位につける。元より勝利は期待していなかったが、しかしやはり今のグランパスはあ…

J1リーグ第11節 名古屋グランパスvs.京都サンガ

昇格組との対戦が続くGW。ここで勝ち点を重ね、一気に順位を上げると期待していたのだが、前節のジュビロ戦では終了間際の連続失点でよもやの逆転負け。そして今節の相手サンガは既に4勝を挙げて、現在7位。特にピーター・ウタカが怖い。 グランパスの布陣は…

デジタル・ファシズム

一昨年来のコロナ禍では、台湾や韓国、中国などに比べて、日本のデジタル化の遅れが指摘された。そうした状況の中、昨年5月にはデジタル庁が発足した。マイナンバーカードの普及はそれ以前から強く勧められ、昨年秋からは保険証との連携も始まった。ポイント…

J1リーグ第10節 ジュビロ磐田vs.名古屋グランパス

3試合勝利なしゴールなし。しかし、3バックにしてからはアントラーズ、FC東京と実力のあるチームを相手に続けてスコアレスドローと守備は安定してきたグランパス。そろそろゴールが欲しい。GWはジュビロ、サンガと昇格チームとの対戦が続く。4試合ぶりの勝利…

言語が消滅する前に

最近出版された千葉雅也の「現代思想入門」が話題だ。でも、本の帯に載せられている写真がチャラい。ちなみに、本書の表紙も、スーツで決めた國分とジャンバーにTシャツの千葉が並んでいる。千葉雅也ってどんな人間なんだ。そういう興味で本書を読み始めた。…

ツイッターを始めてみたけれど・・・。

遅ればせながら、ツイッターを始めた。いつも拝見しているブログ「世に倦む日日」のサイドに、ブログ主が投稿されているツイッターが掲載されていて、記事を読んだ後、その投稿ツイッターを読むことをルーチンとしてきたが、最近、これらのツイッターを読も…

現代生活独習ノート

2012年から2021年にかけて、「群像」誌で発表した短編小説8編を収録する。「現代生活独習ノート」というタイトルが示すように、いずれも日常的な日々の中の個人的な思いを綴る。だが、どの作品も日常的ではあるが、必ずしも尋常ではない。 本のタイトルと似…

J1リーグ第2節 FC東京vs.名古屋グランパス

FC東京の選手にコロナ陽性者が多数発生し、延期になったゲームがミッドウィークに行われた。開幕戦、敗れはしたもののフロンターレに善戦すると、その後は3連勝と快調なスタートを切ったFC東京だったが、ここ2試合はレッズとコンサドーレを相手にスコアレス…

「3密」って何だっけ?

いつも散歩をする植物園のベンチに「3密を避けて、離れてすわりましょう」という注意書きが貼られている。そう言えば「3密」って何だっけ。「密集」はすぐ思い付くけど、あとの2つが思い出せない。 「密談」「密着」「密会」「密林」「密接」「密告」「密教…

奏鳴曲

北里柴三郎と森鴎外の伝記である。森鴎外はもちろん文豪として知られるが、同時に陸軍軍医の最高位・軍医総監にもなった。そのこと自体は知らないでもないが、ではどういう実績があったのかとなると、寡聞にして聞かない。二人は発足間もない東大医学部の同…

J1リーグ第9節 鹿島アントラーズvs.名古屋グランパス

5試合連続先制点を浴び、2勝3敗2分。13位に低迷するグランパス。前節はコンサドーレに0-2と完敗した。だがミッドウィークのルヴァン杯で初めて布陣を3バックに変更。ゲームは宮原の退場で逆転負けしたが、そうかその手があったか。前節終了後には長谷川監督…

地方メディアの逆襲☆

新聞やテレビなどの既存メディアの未来を心配する声は多い。だが、地方メディアは全国紙やキー局とは違う。「現実と事実と真実」でも書いたが、全国メディアが伝える「事実」はどこまで「真実」かわからないし、それを伝えるだけであれば、方法は色々ある。…

ウクライナ支援の寄付金はどこへいく?

4月から団地の管理組合の理事長に就任した。市からの調査などに加え、さっそく日本赤十字社から活動資金募集の案内が届いた。「寄付金」とは言っていないが、寄付金控除の対象になるというので、ようするに寄付金だろう。ウクライナ紛争が始まって以来、寄付…

J1リーグ第8節 名古屋グランパスvs.北海道コンサドーレ札幌

前節、最下位のベルマーレの勝利したグランパス。今節はまたホームでここまで勝利のない16位コンサドーレが相手。前節にはサガンに0-5と大敗している。連勝して順位を上げることを期待したが・・・。 グランパスの布陣はいつもの4-2-3-1。右SBに宮原が入った…

頼朝と義時

「鎌倉殿の十三人」を毎回視聴している。大河ドラマを観るのは久し振りだ。けっこうおもしろい。やはり三谷幸喜の脚本が抜群に面白い。大泉洋や小池栄子らの演技もこのドラマを盛り上げる。源平合戦から鎌倉期に至る歴史は、歴史の授業で習いはしたものの、…

J1リーグ第7節 名古屋グランパスvs.湘南ベルマーレ

ガンバに負けて14位に後退したグランパス。一方、ベルマーレは依然未勝利の最下位。さすがに今度こそ勝利が欲しい。豊田スタジアムで12戦負けなしという記録を途絶えさせるわけにはいかない。グランパスの布陣はいつもの4-2-3-1。酒井をトップに柿谷がトップ…

J1リーグ第6節 ガンバ大阪vs.名古屋グランパス

ここまで1勝1分2敗のガンバ。対するグランパスは1勝1分2敗。ゲーム数が1試合違うだけで勝ち点は変わらない。両チームとも好調なスタートを切ったとは言えない状況だが、何とかここで勝利して、少しでも上位に食い付いていきたいところ。ちなみに先週行われた…

この国の「公共」はどこへゆく

文部科学省OBの寺脇氏と前川氏。その前川氏と中高時代の同級生でラグビー部でも一緒だった城南信用金庫元理事長・現名誉顧問の吉原氏の3者による鼎談の記録。寺脇氏と前川氏が長く教育行政に携わった立場から「公共」を語るのに対して、吉原氏は金融マンだが…

W杯アジア最終予選 グループB第10節 日本vs.ベトナム

オーストラリア戦でW杯出場を決めた日本。その後、遠藤と板倉も離脱し、先発はオーストラリア戦からCB吉田と右SB山根を除く9人が交代。しかし、4-3-3の布陣は変えない。ワントップには上田、右WGに久保、左WGは三苫。中盤は柴崎をアンカーに、右IH原口、左IH…

名前は違っても、顔は同じ。

最近、妻をクルマに乗せると、ナンバープレートや車種について話をすることが多い。「あれは何?」と聞くので「ヴォクシーだよ」とか「ノアだよ」とか。でも、どちらも似ている。どうして両方ともこんなに威圧的なデザインをしているのか。ヴォクシーとノア…

タリバン 復権の真実☆

昨年8月、アメリカがアフガニスタンから撤退し、再びタリバン政権が復活した。タリバン復権によるイスラーム原理主義による政治運営に対して、女性差別や女子教育の停滞などの懸念が語られたが、その後はコロナ禍やウクライナ情勢などもあって、現状のニュー…

「自由と責任」か、それとも「管理と調和」か?

大学で経済学を教えている高校時代の友人が、「中ロ、銀行決済網の統合検討 欧米から排除で代替策」という記事に対して、「いよいよ中国-ロシア-イラン経済圏ができるのではあるまいか」とFacebookに書き込んでいたので、「それは悪いことですか?」と訊い…

W杯アジア最終予選 グループB第9節 オーストラリアvs.日本

W杯最終予選もいよいよ最後の2連戦。日本ではこの連戦でW杯出場が決まるという楽観的な見方が広がっているように感じるけど、実際は負ければ途端に3位に転落するという厳しいゲームでもある。しかも大迫と酒井宏樹に冨安が欠場。CBには板倉、右SBは山根がい…

これって差別じゃね? 年金事務所でのちょっとした出来事。

今月、65歳の誕生日が来て、いよいよ憧れの年金生活が始まる。と心待ちにしていたら、年金事務所からハガキが届いた。年金支給開始の通知かと思ったら、妻宛て。シールを剥がすと、「老齢基礎年金額加算開始事由該当届」の申請の案内だった。 と書いても、何…

フットボール批評issue35

特集は「サッカー4局面の解剖学」。だが、このところ冒頭に掲載される連載、「現代サッカーの教科書」と「フットボールの主旋律」では、まず4局面を否定するところから始まる。しかしそれはあくまでドイツやイングランドの最先端のサッカーの話。実際にはま…

J1リーグ第5節 名古屋グランパスvs.柏レイソル

第4節を終えて、3勝1敗の3位につけるレイソル。一方、グランパスは前節の敗戦で11位に沈んだ。そのフロンターレ戦後の観戦記で、「このレベルの相手には着実に勝利がほしい」と書いたが、逆に言えば、現在のグランパスの実力を測るゲームだとも言える。快勝…

現実と事実と真実

今日は朝、目が覚めて、雨が上がったばかりの外に出て新聞を取り、朝食を食べ、パソコンを開いてメールをチェックし、ニュースサイトといくつかのサイトを見た。午前中にパンを買いに行き、昼食はそれを食べ、午後はスーパーへ買い物に行き、テレビをつけて…