とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第13節 名古屋グランパスvs.セレッソ大阪

連休中にフロンターレに2連敗したグランパス。その後の初戦は大事。セレッソは前節ガンバとの大阪ダービーに、ゲーム内容は押しつつもPKで同点に追い付かれ、ドローで終えた。なかなか勝ち星が上がらないが、それでも6位につけている。連敗のショックを引き…

風邪をひいても病院など行けない問題

「喉が痛い」と言って早退した同僚が翌日、「病院で酷い目にあった」と嘆いた。聞くと、クリニックの受付で看護師に症状を伝えたら、駐車場での待機を指示され、以後は駐車場でのリモート受診を余儀なくされたと言う。「それって、今や当たり前ですよ」と応…

フットボール風土記

宇都宮徹壱が地方のサッカークラブを回って取材を重ねていることは知っていた。Jクラブを目指すチーム、あくまでアマチュアの企業スポーツであり続けるチーム。色々なチームがあることは理解している。しかし、コロナ禍が続く中、サッカークラブのあり方も変…

ワカタケル

「ワケタケル」、すなわち第21代雄略天皇の物語。この小説がどれだけ古事記や日本書紀をなぞらえ、また創作が加わっているのか知らない。ただ、魅力あふれる人物として描かれる。時に短慮で人を殺め、また大王になるために兄弟や従妹を容赦なく殺す。一方で…

J1リーグ第12節 川崎フロンターレvs.名古屋グランパス

前週29日のゲームに0-4と完敗したグランパス。連戦の2試合目はアウェイで首位フロンターレと戦う。「リスペクトし過ぎた」と選手から反省の弁も聞かれたが、確かに前戦は序盤、腰が引けて、フロンターレの勢いを呼び込んでしまった。今度は最初から100%の気…

めぐる めぐる~よ 痛みはめぐる

最初に左ひざに違和感を持ったのは4月12日(月)の朝。最初のうちは大きな痛みではなかったが、夕方から痛みが強くなり始め、夜にはかなり痛くなった。そこで夜、ロキソニンを飲むとともに、湿布をする。翌日も痛み止めと湿布。体重をかけなければ我慢できない…

J1リーグ第12節 セレッソ大阪vs.ガンバ大阪

大久保が加入し、勢いがあると思ったセレッソだが、もう一つ勝ち星が上がらない。それでも6位。一方、ガンバは深刻な得点不足に陥っている。ここまで10試合を戦って得点はわずか1。失点もわずか4で守備は堅いが、点を取らないことには勝利はない。大阪ダービ…

J1リーグ第12節 FC東京VS.横浜F.マリノス

29日のゲームでフロンターレに完敗したグランパス。先のサガン戦の敗戦もあって、ここ3試合、1勝2敗。ふと下を見ると、3位サガンとは勝ち点差6。4位マリノスとは8ポイントの差だが、マリノスのゲーム消化はグランパスより3試合少ない。しかもマリノスは開幕…

大学講義にもハーフタイムが欲しい。いや、ゲームプランの問題だ。

水曜日に「初めての大学講義は大変!」を投稿した後、大学へ行って3回目の講義をした。が、昨日のフロンターレ戦以上に完敗。今回は内容的には十分な用意をしていたにも関わらず、結局、75分程度で終わってしまった。早く終わって学生は喜んだかもしれないが…

J1リーグ第22節 名古屋グランパスvs.川崎フロンターレ

ついにやってきた首位フロンターレとの連戦。勝ち点差はわずか3。初戦はグランパスがホームで迎える。何としても勝利して、勝ち点で並んでアウェイに乗り込みたい。ところがゲーム前にフィッカデンティ監督が体調不良でPCR検査、代わりにブルーノ・コンカ・…

初めての大学講義は大変!

先に「最低最悪のスタート」で、非常勤講師としての初日の講義が散々だったことを書いた。その後の状況を書いておく。初回は、偽痛風による膝の痛みに加え、パソコンと視聴覚機器が繋がらず、準備しておいたパソコン資料による講義が全くできなかった。その…

J1リーグ第11節 鹿島アントラーズvs.ヴィッセル神戸

グランパスはいち早く木曜日にガンバと対戦。ACLに出場する他の2チームも既に3月にゲームを終えているため、今週末のゲームはない。それでどのゲームを観ようかと思ったが、相馬監督に代わったアントラーズがその後、ルヴァン杯も含め連勝している。対戦相手…

J1リーグ第11節 名古屋グランパスvs.ガンバ大阪

前節、サガンに今季初の黒星を喫したグランパス。次節からフロンターレとの連戦を控え、ガンバ相手にそれ以前の調子へ戻しておきたい。一方、ガンバはコロナによるゲーム中止もあってここまで1勝1敗3分。開幕戦でヴィッセルに敗れて以来、負けはないものの、…

福島原発の汚染水排出問題について

4月18日放送のサンデーモーニングで、福島原発の汚染水排出問題について論じるコーナーの冒頭で、トリチウム水の排出について詳しい説明があった。 要点を書くと、以下のようになる。 ①現在タンクに溜まっている汚染水を再度ALPSにより処理する。 ②それでも…

「人流」って何だ?

新型コロナの感染拡大に伴い、これまで聞きなれない様々な言葉が聞かれるようになった。昨年春からその中心にいたのは何と言っても小池都知事。「ロックダウン」「ステイホーム」「「東京アラート」「ウィズコロナ」など枚挙にいとまがない。「クラスター」…

相手の話をしっかり聞いて理解し、助言や反論を行うこと

先日投稿した「最低最悪のスタート」のうち、接続ケーブルが繋げず、パソコンを利用した講義ができなかった出来事について、Facebookで嘆いたら、友人から多くの同情や慰めをいただいた。「万一に備えて、メス・メス・コネクターをいつも持参しています」と…

J1リーグ第10節 名古屋グランパスvs.サガン鳥栖

開幕から10試合、依然無敗を続けるグランパス。第10節の相手は第6節まで同様に無敗を続けた好調サガン。その後、セレッソ、フロンターレ、そして前節はガンバに敗戦し、5位まで順位を落としたが、U-24で好プレーを見せた林を始め、若く元気のいい選手が揃っ…

プレミアリーグ第32節 エヴァートンvs.トッテナム

グランパスはミッドウィークにゲームがあったことから、今節は日曜日開催。そこで土曜日は久し振りにプレミアリーグを観戦した。もっともプレミアリーグもFA杯もあって上位チームのゲームがあまり予定されていない。そこで7位・8位対戦となったエヴァートン…

フットボールクラブ哲学図鑑

先に読んだ「フットボール批評issue31」に対して、「コンセプト」という言葉の意味が不明確だと批判したが、本書では「哲学」。正直、その言葉に惹かれて読み始めたが、まえがきの6行目で「書き始めてみると哲学というよりDNA(遺伝子)という方がしっくりく…

最低最悪のスタート

今春から某大学で非常勤講師として一講座担当することになった。昨年の夏、これまでお世話になってきた先生から「春に故郷に帰る」ということで「次を引き受けてほしい」と依頼があったもの。その時は妻が入院中だったこともあり、返事はしばらく保留してい…

J1リーグ第19節 名古屋グランパスvs.サンフレッチェ広島

2試合続けてのスコアレスドローという嫌な流れから前節はトリニータに3-0で勝利したグランパス。GWのフロンターレ戦に向けて、連勝と行きたいところ。相手は第8節まで無敗を続けてきたが、前節ベルマーレに今季初黒星を喫したサンフレッチェ。グランパス戦の…

日本習合論☆

「習合」をコトバンクで検索すると、ブリタニカ国際大百科事典では「人類学用語。文化接触によって生じる2つ以上の異質な文化的要素の混在、共存のこと」、日本国語大辞典では「哲学上または宗教上で、相異なる諸種の教理や学説が融合すること」とある。普通…

国際親善試合(女子) 日本vs.パナマ

なでしこの強化試合2試合目の相手はパナマ。先のパラグアイのFIFAランクが47位だったが、パナマはそれを下回る59位。こうしたゲームになることは戦前から予想できた。そうした中、高倉監督はどういうメンバーを先発させるかと興味を持ったが、何と前線の二人…

J1リーグ第9節 大分トリニータvs.名古屋グランパス

開幕以来負けなしとは言うものの、前節・前々節とドローでフロンターレとの勝ち点差は5に開いた。さすがにこれ以上離されるわけにはいかない。今節の相手は4連敗中のトリニータ。当然、守備を固めてくることが予想されるが、何とか得点を取って勝利が欲しい…

一人称単数

村上春樹はもう72歳になる。それでまだこんな小説を書いているのか。「ふとした成り行きで一夜を共にすることとなった」女性。最初の「石のまくらに」の書き出しを読んで、まずそう思った。彼女から送られてきたという歌集の中の短歌もピンとこない。ちなみ…

聖火はつながっているか

先日、久しぶりに名古屋へ行く用事があり、栄のオアシスを通ったら、地下広場のステージ周りが幕に覆われていた。工事かなと思ったが、幕の下からカメラを持って覗き込む人が大勢いたので「何だろう?」と思いながら2階までエスカレーターを上がると、ステー…

国際親善試合(女子) 日本vs.パラグアイ

なでしこリーグの中継放送がなくなって、女子サッカーを観ることが少なくなってしまった。昨年末の皇后杯以来。今年は秋から.WEリーグが始まる。4月24日からプレシーズンマッチが始まるそうだが、実際にリーグが始まったら、ぜひDAZNで放送してほしい。そし…

J1リーグ第8節 湘南ベルマーレvs.名古屋グランパス

前節、ついに連勝が途絶えたグランパス。今節は14位のベルマーレが相手。開幕3連敗と最悪のスタートだったベルマーレだが、ここ2試合はドロー。順位も14位まで上げてきた。ベルマーレの布陣は3-5-2。大橋と町野の2トップに、山田直輝と名古がIH、アンカーに…

ワクチンクーポン券は来たけれど。

先週、わが家にも新型コロナウイルスのワクチンクーポン券が届いた。私も妻もまだ64歳だが、今年度中に65歳になる人は、すなわち同学年であれば一律に高齢者枠扱いにするということのようだ。私など、先日64歳になったばかりなのに。それによれば、まずはク…

朝のウォーキング

毎朝6時から7時にかけて、ウォーキングをしている。冬の間は6時ではまだ暗かったが、最近はもうすっかり明るくなった。家の近くを愛知用水が流れており、家から50m程のところにトンネルの出口がある。トンネルの上は公園となり、さらに先はURの集合住宅が立…