読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第13節 レッズ対FC東京

 とうとう優勝はアントラーズフロンターレに絞られた。ACLで敗戦して以降、リーグ戦も1勝もできずに3連敗のレッズ。対するFC東京ACL後、ガンバに勝利して以降は3戦引分け。お互い不調の中で最終戦前のゲームを迎えた。

 序盤、押し込んでいくレッズ。4分、左CB槙野の大きなサイドチェンジから右WB関根のクロスにFW李が走り込む。DFがクリア。11分、右CB森脇のフィードにCF興梠がヘディングシュート。しかしGK秋元がナイスセーブで弾き出す。レッズは中盤を飛ばしてDFラインから前線へボールを放り込んでいく。

 しかし13分、CB遠藤からCH阿部への縦パスにCH米本が絡んでボールを奪うと、FWネイサン・バーンズが拾って横にパス。FWムリキが抜け出してシュート。FC東京が先制点を挙げた。14分にはFWムリキのスルーパスからネイサン・バーンズがシュート。FC東京は中盤から後ろをしっかりとブロックを作り、ボール奪取からFW二人でゴールを狙う。

 レッズは両WBも含めて前線に5人が並ぶが、動きが少ない。17分、左CB槙野のフィードにFW武藤がループシュート。しかしバーを越える。20分、右WB関根のクロスがDFに当たりスルーパスとなって、FW武藤が抜け出してクロスを入れるがDFがクリア。続くCKにCB遠藤がヘディングシュートを放つが枠の外。DFラインと前線5人との距離が遠く、中盤はFC東京のCH米本と高橋にしっかりと抑えられ、攻撃の形が作れない。22分にもCB遠藤の縦パスを右SH橋本がカットして縦パス。FWネイサン・バーンズのシュートはGK西川がナイスセーブで防いだ。

 23分、左WB宇賀神のクロスをFW武藤が落とし、右WB関根がシュート。GK秋元がセーブ。27分、右WB関根のクロスにFW武藤がシュート。しかし枠を捉えられない。レッズが攻めるもののFC東京の中央の守備が堅く、なかなかこじ開けられない。すると31分、右SB徳永のパスを受けてDF突破を図ったFWネイサン・バーンズのこぼれ球を右SH橋本が拾ってシュート。FC東京が追加点を挙げた。

 中盤を制され、前線も動きがなく、攻めきれないレッズ。36分、CH阿部、FW興梠とつないで、FW李の落としからCH阿部がミドルシュートを放つが、GK秋元がキャッチ。39分、右WB関根のクロスにCF興梠がヘディングシュートを放つも、枠を捉えられない。逆に45分にはまたもDFからのパスをCH米本にカットされ、ミドルシュートを打たれる。前半は3連敗の不調そのまま。レッズが0-2とリードされて前半を折り返した。

 後半も同じような展開が続く。5分、柏木のCKをCB遠藤が落とし、FW武藤がシュート。しかしGK秋元がナイスセーブ。逆に6分、右SH橋本がカウンターのドリブル。左に流してそこにFWムリキが走り込むとCB遠藤がスライディング。PA内でムリキが倒れるが、主審はCKの判定。PKを取らない。11分、GK秋元のフィードをDFがヘディングで返すと、CH米本が拾って、FWネイサン・バーンズのスルーパスにFWムリキが抜け出してシュート。GK西川がわずかに触って左ポストにはね返された。惜しい。

 するとレッズは13分、右WB関根に代えて駒井を投入する。18分、FC東京がネイサン・バーンズに代えて前田を投入すると、レッズも武藤に代えて梅崎を投入する。この交代が功を奏した。これまで前線で3人のFWに動きがなかったが、梅崎が入ってやや下がった位置でギャップを作ると、右WB駒井も積極的に仕掛けていく。そして21分、柏木のCKの流れから、CB森脇が右サイドに展開。FW興梠のクロスにCB槙野が飛び込んでヘディングシュート。ついにレッズが1点を返した。

 FC東京は22分、右SB徳永に代えて右SH河野を投入。橋本を右SBに下げる。しかしこの交代で右サイドの突破力が弱まり、受け身に回ることが多くなってくる。そして27分、左サイドの崩しからCB遠藤が右に展開。右WB駒井のヘディング折り返しをCF興梠が落として、CB槙野がミドルシュート。これが決まり、とうとうレッズが同点に追い付いた。

 するとペースはレッズ。31分、FC東京が運動量の落ちた左SH羽生に代えて田邉を入れると、レッズは32分、左WB宇賀神に代えてFWズラタンを投入。梅崎を左WBに回す。そして33分、柏木のFKのクリアをCB森脇がミドルシュート。これはDFがはね返したが、続いてCH阿部がミドルシュート。今度はバーに当たる。そしてそのはね返りをFW李が胸に当てて押し込んだ。ついにレッズ逆転! その後もレッズがペースを握ったまま、FV東京の攻撃を許さず、そのままタイムアップ。見事な逆転劇でレッズが久しぶりの勝利を挙げた。

 FC東京は2点をリードしながら残念な結果。しかしそれ以上にレッズの前半が酷すぎた。後半、梅崎を投入してようやく3トップが機能し出したが、それまでは全然ダメ。レッズの不調と長所を同時に見せられたようなゲームだった。しかし何はともあれこれでようやく一息ついた。前期優勝は逃したが、この勝利は後期に向けて弾みがつく。昨シーズンの反省も踏まえ、後期をどう戦うか。前期は失速したとは言え、やはりレッズから目を離すことはできない。