読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第2ステージ第10節 マリノス対アントラーズ

 石井監督が急遽、心労による体調不良で代わって大岩コーチが指揮を執ったアントラーズ。前節ベルマーレ戦の交代時のトラブルから、金崎がハリルホジッチから代表にあるまじき行為として代表選に選出されなかった。これらのことが体調不良にどう影響しているのかわからないが、第1ステージを優勝したにも関わらず、アントラーズに何らかの軋みが出ていることは確かだ。それを振り払うべく、金崎も一生懸命に戦っていた。一方、マリノス中村俊輔と中町が欠場。マルチノスは累積出場停止で、齋藤が孤軍奮闘のがんばりを見せていた。

 序盤、アントラーズ押し気味にゲームが進む。8分、右SB西のミドルシュートは大きく枠を外す。しかし9分、柴崎のFKからマリノスがカウンター。CBファビオがドリブルで持ち上がり、クロスをFWカイケが落として、左SH齋藤が右にドリブル。切り返しのクロスにFW伊藤がボレーシュート。しかしバーを叩いてはね返される。さらにFWカイケのミドルシュートも枠を外した。

 11分、CH小笠原のスルーパスにFW金崎が走り込むが、GK榎本の飛び出しが早い。12分、CH喜田のミドルシュートは大きく枠を外した。お互いなかなか決定的チャンスに遠い。23分、CH小笠原のフィードを右SH鈴木優磨が落とし、FW金崎がミドルシュート。しかし枠を捉えられない。マリノスは25分、左SB金井のクロスがDFに当たってこぼれたところをCK小笠原がヘディングでバックパス。しかしこれを左SH齋藤が奪ってヘディングシュート。GK榎本が弾き返す。

 互角の展開が続く。そして28分、中盤でフリーでボールを持ったFW金崎がマリノスDF陣の間を通す見事なスルーパス。これに右SH鈴木優磨が走り込み、GKが飛び出す前の絶妙のタイミングでシュートを流し込む。ゴール。アントラーズが先制点を挙げた。30分には中盤でボールを奪ったCH柴崎が同じようなスルーパス。FW赤崎が走り込んでシュートを放つが、これはGK榎本がセーブした。

 その後はそのまま膠着した状況が続く。42分、小笠原のFKに右SH鈴木優磨がヘディングシュート。しかし枠を捉えられない。マリノスも43分、右SH天野のFKをCBファビオが落とし、左SB金井が抜け出してシュートを突き刺すが、オフサイドの判定。そして45分、左サイドから切れ込んだ左SH齋藤が直接狙ったかのようなミドルシュート。これにFW伊藤翔がコースを変えてネットに突き刺さる。ゴール。マリノスが同点に追い付いたところで前半が終わった。

 後半2分、FW金崎が積極的なミドルシュート。GK榎本がナイスセーブで弾き出す。しかしその後はマリノスが、左SH齋藤のドリブルを中心にアントラーズ・ゴールに迫っていく。6分、左SH齋藤のパスからFWカイケが仕掛けると、こぼれ球を左SB金井がミドルシュート。DFがブロックする。

 アントラーズは7分、左SH土居に代えてCH永木を投入。柴崎を左SHに回す。16分、CH小笠原の縦パスからFW赤崎がつなぐと、左SH柴崎が走り込み、DFと交錯してこぼれたボールをFW金崎がシュート。わずかにバーの上に外す。マリノスも18分、右SH天野から遠藤に交代する。20分、CH兵藤のクロスに右SH遠藤がシュート。しかしこれはDFがブロックする。27分、CH永木のミドルシュートはGK榎本がナイスセーブで弾き出した。

 小雨の中、熱い戦いが続く。28分には赤崎を下げて右SB伊東を投入。西を右SHに上げ、鈴木優磨をFWに上げる。マリノスも32分、FWカイケに代えて富樫を投入する。33分、アントラーズは右SB伊東のクロスから逆サイドで左SB山本が折り返し、右SH西がミドルシュート。しかし枠を捉えられない。すると35分、中盤でボールを持った左SH齋藤がそのままドリブル。DFを引き連れてさらに走り込むと、振り切ってうまく流し込む。ゴール。ついにマリノスが勝ち越した。

 アントラーズは38分、カイオに代わって入団したFWファブリシオを投入する。マリノスも39分、左SB金井に代えてCB栗原を投入して守備を固める。しかし40分、アントラーズの右SB伊東と右SH西のパス交換から内側を伊東が駆け上がり、クロスをFW鈴木が落としてFWファブリシオが押し込む。ゴール。アントラーズが同点に追い付いた。その後はアントラーズが攻めていく。43分、CH永木の縦パスをFW鈴木が落とし、FW金崎がシュート。GK榎本がセーブ。アディショナルタイムには永木がFKを蹴るが、わずかに枠を外す。結局このままタイムアップ。2-2-のドローで終わった。

 勝ち切れず、石井監督も心配なアントラーズマリノスフロンターレとレッズが敗戦する中、上位進出に一歩遅れを取った印象。マリノスは攻撃にもっとバリエーションがほしい。そしてアントラーズはいったい何があったんだろう? 大岩監督という声も聞かれるが、いずれにせよ早く復調をしてほしい。選手たちはみんな一生懸命やっているように見えた。