読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

プレミアリーグ第26節 レスター対リバプール

 ついにラニエリ監督が解任された。遅すぎる位だと思うが、サポーターたちの賛否は半々らしい。代わって指揮を執ったシェークスピア・コーチは移籍したカンテのポジションにヌディディを起用した以外、昨季結果を出したメンバーを先発で起用した。そして早々に、しかもリバプール相手に結果を出してしまった。今までの不調はいったい何だったのだろうか。

 対するリバプールも前節、トッテナム相手に快勝したメンバーから、ケガで欠場のヘンダーソンをエムレ・ジャンに交代しただけだ。だがそんな相手に対してレスターが序盤から積極的に仕掛けていった。5分、左SBフックスのスローインからCBフートがヘディングシュート。GKミニョレがナイスセーブで弾き出す。7分にも左SBフックスのスローインからDFのクリアを拾ったFWバーディーがボレーシュートを放つと、FW岡崎がヘディングシュート。GKミニョレがファインセーブで弾き出した。

 リバプールも10分、右FWマネがはたいたパスを右IHララーナがヒールでスルーパス。マネが走り込み、クロスにCBマティブが上がってくるが、DFがクリアする。続くCKにCBマティブがヘディングシュートを放った。レスターは15分、オルブライトンのCKにCBフートがヘディングシュート。20分にはGKシュマイケルからのフィードにFWバーディーが抜け出してシュート。GKは弾いたボールにFW岡崎が迫るが、DFがクリアする。

 レスターはロングフィードにFWバーディーが抜け出したり、左SHオルブライトンからのクロス、右SHマフレズの仕掛け、そしてFW岡崎の献身的な守備や走り込みと昨季までのプレーを繰り返す。そして28分、左SHオルブライトンからの長いスルーパスにFWバーディーがDFの間を抜け出す。そしてシュート。レスターが先制した。昨季は再三見たシーンだが、今季は初めて見る。リバプールは30分、右IHララーナの縦パスを右FWマネ、左IHワイナルドゥムとつなぎ、CFフィルミーノから左に流して左FWコウチーニョがシュート。しかしGKシュマイケルがナイスセーブ。弾き返した。

 レスターはリバプールの攻撃にも恐れず前からプレスをかけていく。34分、右SHマフレズのスルーパスに走り込んだFWバーディーの落としから、CHヌディディがミドルシュート。そして39分、左SBフックスのスローインから左SHオルブライトンがクロス。DFのクリアをCHドリンクウォーターが強烈なミドルシュート。これが決まり、前半のうちにレスターが追加点を挙げた。前半終了時にはレスター・サポーターから万雷の拍手が沸き上がる。

 後半に入ると、さすがにリバプールが反撃を開始する。しかし昨季同様、しっかりとブロックを作って中央を守るレスター。7分にはFW岡崎のフィードにFWバーディーが走り込み、キープからクロスに岡崎が走り込むが、CHワイナルドゥムがクリアする。後半に入るとリバプールエムレ・ジャンを左CBに下げて、3バック。ミルナーとクラインをWBに上げて、ワイナルドゥムがアンカーに入る。しかし15分、CHヌディディのパスカットから左SHオルブライトンロングフィード。FWバーディーが走り込んで左サイドへクロス。左サイドにいたマフレズから左SBフックスがクロス。FWバーディーが走り込んでヘディングシュート。レスターが3点目を挙げる。縦に早いレスター。

 リバプールも20分、右FWマネのパスからCFフィルミーノが縦に入れると、左FWコウチーニョミドルシュート。しかしGKシュマイケルが弾き出す。21分、リバプールはOHララーナに代えてCFオリギ。フィルミーノを右FWに下げ、右FWマネに代えて左WBモレノミルナーボランチに置く。すると23分、CBエムレ・ジャンのドリブルから左FWコウチーニョがシュート。ようやくリバプールが1点を返した。

 レスターは直後、FW岡崎に代えてアマーティを投入。守りを固める。34分、左SBフックスのフィードに右SHマフレズが走り込み、落としをCHドリンクウォーターがミドルシュート。直後、右SHマフレズをグレイに交代する。リバプールは36分、CKからCBマティブの落としに右WBクラインがクロス。CBルーカスがヘディングシュートを放つが、枠を外す。42分にはCFオリギから右に流して、右FWフィルミーノの落としから右WBクラインがクロス。左FWコウチーニョがシュートを放つが、これもGKシュマイケルがナイスセーブ。結局、3-1でレスターが勝利した。

 今年になって初めてのゴールで初めての勝利。ようやく長いトンネルを抜け出した。ようやくレスターが原点に戻った。どうしてこれまでこのサッカーができなかったんだろうと思う。遅かったけれどこれから再び上位を狙って白星を積み重ねてほしい。そして岡崎のゴールを期待したい。