とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16第1レグ ドルトムントvs.パリ・サンジェルマン

 CLの決勝トーナメントが始まった。最初、リバプールのゲームでも観ようかと思っていたが、南野の出場もないことから、昨年まで南野とザルツブルグでの同僚だったホーランドが出場したドルトムントパリSGのゲームを観ることにした。ドルトムントの布陣は3-4-3。ホーランドをトップに、右WGサンチョ、左WGにはトルガン・アザールボランチにはヴィッツェルとエムレ・ジャンを置いて、右WBにハキミ。左WBはゲレイロ。CBは右からピシチェク、フメルス、ザガドゥ。GKはビュルキが守る。対するパリSGも同じ3-4-3の布陣を取ってきた。FWはエムバペをトップに、右WGにディマリア。左WGには復帰すぐのネイマールを起用。中盤はボランチにゲイェとヴェラッティを並べ、右WBにムニエ、左WBにはクルザワ。CBはチアゴ・シウバを中央に、右にマルキーニョス、左にキンペンベ。GKにはケイロス・ナバスが入る。

 序盤、パリSGが前からプレスをかける。11分には自らのドリブルから得たFKを左WGネイマールが狙うが、右に外れる。一方、ドルトムントも14分、パリSGのCKから一転カウンター。右WGサンチョがドリブルで運び、シュート。わずかにポスト左に外れる。その後はパリSGがパスを回して攻める場面が多いが、ドルトムントもしっかりと守る。特に左WGネイマールには右CBピシチェクが持ち場を離れてどこまでも付いていく。

 24分、左WBゲレイロのパスからWGサンチョが仕掛けて、クロス。だがGKナバスがキャッチする。27分にはドルトムントのカウンター。CHエムレ・ジャンの縦パスから右WGサンチェスがミドルシュートを放つが、GKナバスがナイスセーブ。はね返りを右WBハキミがミドルシュート。しかし左WBクルザワが身体を張って止めた。

 ボールポゼッションは高いもののなかなか決定機が作れないパリSGに対して、ドルトムントの方が攻撃の形を作っていく。35分、CFホーランドが強烈なミドルシュートを放つが、これは左サイドネット。36分にはCHゲイェからボールを奪ったCHエムレ・ジャンがドリブルから左に流し、WGサンチョのクロスにCFホーランド。だがヘディングはわずかに届かない。第1レグということもあり、お互い守りが堅い。前半はスコアレスで折り返した。

 後半は序盤ドルトムントが攻め込む。5分にはCBキムペンベからCFホーランドがボールを奪い仕掛けていくが、CHヴェラッティが止めた。10分過ぎ位からはまたパリSGがパスを回して好機を伺う形に。だがドルトムントの守備も堅い。20分、右WBムニエの縦パスにCFエムバペが走り込んでシュート。だがGKビュルキがセーブする。21分には右WGディマリアからの縦パスをCFエムバペが落とすと、左WGネイマールがスルーパス。CFエムバペがシュートを放つが、これもGKビュルキがファインセーブ。互角の展開が続く。

 すると22分、ドルトムントは左WGアザールに代えて17歳のレイナを投入する。そして24分、右WGサンチョから右に流すと、右WBハキミのクロスにゴール前まで詰めていった左WBゲレイロがシュート。DFに当たってこぼれたボールをCFホーランドが押し込んだ。ドルトムントが先制点を挙げた。反撃するパリSG。すると30分、CFエムバペが右から仕掛け、DF二人を抜いてクロス。左WGネイマールが押し込んで、パリSGが同点に追い付いた。直後、パリSGは右WGディマリアに代えてサラビアを投入。

 しかしそのキックオフから40秒余り、CBフメルスの縦パスを受けた左WGレイナが前を向くと、ドリブルから左に流して、CFホーランドが強烈なミドルシュート。再びドルトムントが突き放した。その後は必死に反撃するパリSG。だがドルトムントもしっかりブロックを作って守る。45分にはサンチョを下げてシュメルツァーを投入。5-4-1にして守りを固める。45+3分にはネイマールのCKからCBチアゴ・シウバがヘディングシュートを放つも、バーの上。そしてタイムアップ。2-1。ドルトムントパリSG相手に第1レグで勝利した。

 第2レグはパリSGのホームになるので、まだどうなるかわからない。しかしホーランドの実力は本物。特に2点目のミドルシュートは凄かった。高さだけでなく速さもあり、しっかり戻ってポストプレーもこなし、そして何よりシュートがうまい。パリSGヴェラッティイエローカードをもらい次節出場停止になったのも痛い。ドルトムントが勝ち抜けるのではないか。次のゲームが楽しみだ。

プレミアリーグ第26節 チェルシーvs.マンチェスター・ユナイテッド

 2週間ぶりにプレミアリーグが再開した。この間、ルヴァン杯ACLの中継もなく、久しぶりのサッカー観戦。ちなみに南野は今節も出場なし。最も面白そうなチェルシーマンUのゲームを観戦した。チェルシーは4位。一方、マンUは7位。4位以下は大混戦で、特にマンUにとってはEL出場のためにも負けられない。

 チェルシーの布陣は4-3-3。バチュアイをトップに、右WGウィリアン、左WGペドロ。中盤はジョルジーニョをアンカーに右IHカンテ、左IHコバチッチ。DFは右SBにリース・ジェームズ、左SBアスピリクエタ。CBはリュディガーとクリステンセン。GKにはカバジェロが入る。対するマンUは3-4-3。マルシャルとダニエル・ジェームズが前に張り、トップ下にブルーノ・フェルナンデスが入る3トップ。ボランチにはマティッチとフレッジが入り、右WBワンビサカ、左WBにウィリアムズ。CBは右からバイリー、マグワイアルーク・ショー。GKにはデヘアが入る。

 序盤はお互いに攻め合う展開。6分、左IHコバチッチから大きく右にサイドチェンジすると、右SBリース・ジェームズがミドルシュート。9分には左WGペドロのサイドチェンジから、右WGウィリアンがミドルシュートを放つ。しかし11分、右IHカンテが筋肉系の故障でピッチを去る。チェルシーが一人少なかった12分、マンUは右IHフレッジとOHブルーノ・フェルナンデスがワンツーで前に進み、OHブルーノ・フェルナンデスの落としから右IHフレッジミドルシュート。だがDFがブロックした。

 13分、ようやくカンテに代えて右IHマウントが入る。その後はチェルシーが攻めて、マンUが守る場面が多い。26分、左WGペドロのスルーパスに右IHマウントが走り込み、クロスにCFバチュアイがシュート。だがわずかにポスト左に外れる。するとマンUも37分、FWマルシャルがOHブルーノ・フェルナンデスとのワンツーで駆け上がり、ミドルシュートを放つ。44分、チェルシーのCBクリステンセンが選手との接触から鼻血を流して、しばし治療。そしてピッチに戻ってきた直後の45分、右WBワンビサカがCHフレッジとのワンツーで駆け上がり、DFに入ったWGウィリアンをかわしてクロス。これにFWマルシャルがドンピシャのヘディングシュート。マンUが先制点を挙げた。競ったのはCBクリステンセン。治療後すぐのプレーで集中し切れなかったかもしれない。クリステンセンは結局、後半最初からズマと交代した。

 後半も序盤は互角の展開。チェルシーは9分、右SBリース・ジェームズのクロスのこぼれを右IHマウントがミドルシュート。ポストを叩く。10分には左WGペドロがドリブルで持ち上がり、IHマウントのクロスのこぼれをペドロがシュート。これはDFにブロックされるが、直後のウィリアンのCKにCBズマがうまく合わせてシュート。ネットを揺らす。同点かと思ったが、VARの結果、ニアで左SBアスピリクエタが左WBウィリアムズを押し倒していたとしてゴールは認められなかった。

 マンUは19分、左WGペドロのドリブルからボールを奪ったCHフレッジがペドロに倒されて、PA手前でFKのチャンス。これをOHブルーノ・フェルナンデスが直接狙うが、ポストにはね返される。しかし直後の21分、OHブルーノ・フェルナンデスのCKにCBマグワイアがドンピシャのヘディングシュート。ネットに突き刺して、追加点を挙げた。CBリュディガーがマークしきれなかった。

 チェルシーは23分、早くも3人目の交代。CFバチュアイを下げてジルーを投入する。すると28分、CFジルーの落としからIHコバチッチが抜け出して、GKと一対一。だがシュートはCBバイリーがブロックする。ナイススライディング。32分には右SBリース・ジェームズの縦パスに右IHマウントが走り込み、クロスにCFジルーがヘディングシュート。きれいに決まったかと思ったが、これもVARの結果、わずかにオフサイドとしてゴールが取り消された。

 マンUは35分、FWダニエル・ジェームズに代えて、右WGアンドレアス・ペレイラを投入。マルシャルをCFに上げる。43分、右WGウィリアンのCKのこぼれを右SBリース・ジェームズがヘディングシュートするも、DFがブロック。44分、右IHマウントのFKも右ポストにはね返される。45分にはCFマルシャルに代えてイグハロ。45+1分にはブルーノ・フェルナンデスに代えて、右SHダロトを投入。布陣も5-4-1にして守りを固めたマンUがそのままゴールを許さない。そしてタイムアップ。2-0。マンUが勝利した。

 チェルシーは序盤のカンテの怪我。クリステンセンの怪我。そして2度のVARによるゴール取消しと、ホームながら運がなかった。しかしこの敗戦で4戦勝利なし。順位は4位を守ったが、5位トッテナムとの勝ち点差はわずかに1。さらに6位シェフィールドUとは勝ち点差2。7位マンUとは勝ち点差4。いよいよこれからCL出場権を巡る争いが激化しそうだ。

病気の名称 COVID-19

 今回の新型肺炎には、WHOによって正式にCOVID-19(コビッド・ナインティーン)という名称がつけられた。一部のネトウを中心に中国肺炎と書き散らす輩もいるようだが、風評被害などを避けるため、最近では病名等に地名等は入れないということになっているそうだ。かつて1918~19年に大流行したスペインかぜは、実際の流行源はアメリカだったにも関わらず、当時は第一次世界大戦中のため、情報統制によりアメリカでの大流行が伝えられず、一方、戦争に参加をしていなかったスペインでの感染が大きく報じられたため、病名に「スペイン」という国名が入ってしまった。かわいそうなスペイン。

 スペインかぜはインフルエンザの一つだが、インフルエンザにはAソ連型やA香港型のウイルスがある。1977~78年にかけてソ連で流行したソ連かぜ、1968年に香港から広がった香港かぜ(他にもアジアかぜなどもあったようだ)のウイルスを指すが、当時はまだ地名を付けることにあまり抵抗はなかったのだろう。

 そう言えば、日本脳炎も堂々と「日本」と付けられている。他にも広東住血線虫やエボラ出血熱、ジカ熱なども地名由来だし、MERSも中東呼吸器疾患という意味で、それらも現在では病名にすることはないのだそうだ。そう言えば、人間の病気ではないが、「豚コレラ」の名称を「CSF(豚熱)」と改めるということもあったが、これはこれらとは無関係ということで、名称が改められた。一方、「アフリカ豚熱(ASF)」は1012年ケニアで発生が最初だそうで、だから「アフリカ豚熱」と言われる。ちなみにこの名称も「アフリカ豚コレラ」から改められたが、「アフリカ」の地名が削除されることはなかった。

 今回の新型肺炎もこのまま日本での感染が広がり、さらにクルーズ船経由で世界各国へ広がっていくと、日本肺炎とかクルーズ肺炎などと呼ばれる恐れだってあったかもしれない。WHOが早々とCOVID-19(コビッド・ナインティーン)と正式名称を決めたのはグッドジョブと言えるだろう。