とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

キリンチャレンジ杯 日本対ベネズエラ

 日曜日のU-22はコロンビア相手に0-2の完敗を喫した。W杯アジア2次予選を快調に勝ち進む代表チームがベネズエラを迎えての強化試合。U-22とは違う結果を出してくれるものと思っていた。とは言っても、FIFAランクベネズエラの方が上の26位。日本は海外組の多くはキルギスからそれぞれのチームに戻り、ベネズエラ戦まで帯同したのは、柴崎・浅野・原口など数少ない。それでももう少しいいゲームができるかと期待していたのだが。

 日本の布陣は4-4-2。鈴木武蔵と浅野の2トップに、右SH原口、左SH中島。ボランチは柴崎と橋本。DFは右から右SB室屋、CB植田、CB畠中、左SB佐々木。GKは川島。植田と川島も海外組だが、特に植田は海外組としての違いの見えるプレーはできなかった。対するベネズエラは4-3-3の布陣。屈強なCFロンドンをワントップに、右WGマチス、左WGソテルド。中盤はマンサーノをアンカーに、右IHエレーラ、左IHリンコン。DFは右から右SBエルナンデス、CBオソーリオ、CBヴィジャヌエヴァ、左SBロサーレス。GKはファリニェスが守る。

 序盤からベネズエラが積極的にプレーする。4分、左WGソテルドのパスから右WGマチスミドルシュート。そして8分、左WGソテルドのクロスにCFロンドンがヘディングシュート。さっそくネットを揺らした。左SB佐々木はロンドンに完全に競り負けていた。CFロンドン、左IHリンコン、右IHエレーラと攻撃陣も身体の強いベネズエラに対して、CB畠中やCB植田でさえ貧弱に見える。ましてや左SB佐々木や右SB室屋に至っては、象にたかる蟻のよう。小柄な左SBソテルドもまだ22歳ながら、自信を持ってプレーし、右SB室屋を翻弄する。

 また、日本はパスミスが多い。左SH中島が中に絞ってプレーするも、そのスペースを右IHエレーラや右WGマチスに使われ、また左サイドでも積極的に仕掛けてくる。15分には、日本のCKのクリアからカウンター。最後は右WGマチスがシュートを放つ。日本はようやく16分、左SH中島のドリブルから、FW浅野の落としを左SH中島がミドルシュート。だがGKファリニェスが難なくセーブ。22分には左SH中島のミドルシュートから、続く中島のCKを左SB佐々木がヘディングシュート。しかしGKファリニェスがナイスセーブ。それでもようやくこの時間になって、日本も互角にプレーできるようになってきた。25分にはCH橋本の縦パスをFW鈴木武蔵が胸トラップからボレーシュートを放つ。

 しかし30分、右IHエレーラの縦パスをCFロンドンが右に流すと、右WGマチスが持ち上がって、クロスにCFロンドンがシュート。ベネズエラが追加点を挙げる。日本のDF陣はエレーラの縦パスから全く足が止まって、ベネズエラが面白いようにパスをつなぐ。そして33分、左SBロサーレスのクロスを右IHエレーラがヘディングで折り返すと、CFロンドンが叩きつけるヘディングシュート。ベネズエラが3点目。

 さらに38分、左WGソテルドのパスを右WGマチスが折り返し、ソテルドがシュート。日本DF陣はただ見送るだけ。あっという間にベネズエラが4点目を挙げた。40分には左IHリンコンのクロスに右IHエレーラがミドルシュート。これはポストにはね返されたが、ゴール前に引いてしまった日本に対して、ベネズエラはいくらでもゴールが挙げられる感じ。すっかり自信を失って、茫然自失状態の日本。42分、右SB室屋のクロスを右SH原口がスルー。左SH中島がミドルシュートを放つが、バーの上。前半を終えて、ベネズエラの4点リードで折り返した。

 このまま後半はどうなってしまうのか。森保監督はDFラインを統率できず、茫然自失のCB植田に代えてCB三浦を投入。さらに、DFと駆け引きはするも中盤からのパス出しがなく、ほとんど活躍できなかったFW鈴木武蔵に代えて右SH古橋を投入する。浅野をワントップに上げて、原口を左SHで守備にも走らせ、中島はトップ下。すると1分、CH橋本の縦パスをCF浅野が流して、OH中島がシュート。ようやく日本の攻撃に連携が生まれた。4分には右SH古橋のドリブル。6分にもOH中島がドリブルで上がっていくなど、前への意識が蘇る。特に右SH古橋が速さもさることながら、DFからのボールを受けにボランチの横のスペースまで降りてきて、そこから日本の攻撃にリズムが生まれ出す。

 10分、CH柴崎の縦パスに右SB室屋が抜け出すと、クロスにOH中島がシュート。これはGKファリニェスにファインセーブされたが、続くCKの流れから右SH古橋がミドルシュートを放つ。ベネズエラは7分、右WGマチスに代えてオテーロを投入。17分、左WGソテルドのパスから左IHリンコンミドルシュートを放つ。日本も19分、CF浅野がミドルシュート。21分には右SB室屋が右サイドを突破して、シュートを放つが、GKファリニェスがナイスセーブ。

 20分、日本はCF浅野に代えて永井。CH橋本に代えて山口を投入する。すると24分、OH中島の落としから、CF永井がクロス。CH山口のミドルシュートはDFに当たってゴールに吸い込まれた。ようやく日本が1点を返した。するとCF永井が前線から積極的にベネズエラDFにプレスをかけていく。ベネズエラは32分、左SHソテルドに代えてムリージョ。33分、CH柴崎が高い位置でボールを奪うと、OH中島のパスに右SH古橋が抜け出す。しかしシュートの前にベネズエラDFがクリアした。34分にはCH柴崎の縦パスに抜け出した右SB室屋のクロスに左SH原口がわずかに合わず、こぼれ球をCF永井が狙うが、GKファリニェスにセーブされた。

 日本は36分、左SH原口に代えて井手口を投入する。43分にはOH中島のクロスに右SH古橋がヘディングシュート。CF永井が走り込むが、わずかに届かず。45+1分、OH中島のFKもGKファリニェスにキャッチされた。そしてタイムアップ。後半は日本が積極的に攻めていったが、ベネズエラの守備も堅い。結局このまま4-1でベネズエラが勝利した。

 完敗。特に4点を入れられた前半は、2点目を入れられた30分以降、日本の守備が崩壊した。U-22のコロンビア戦でのCH中山と同様、このゲームではCB植田がDFラインを統率できず、精神的に立て直すことができなかった。また、左SB佐々木も守備では再三サイドを破られ、攻撃でも縦に抜ける動きを見せることなく、遅攻に終始してまったくいいところがなかった。後半は、CB三浦が高いラインを保つとともに、右SHに入った古橋が攻守に役割を果たし、また中島をトップ下に置く布陣も功を奏して、両サイドの守備が安定したことから、攻撃もようやく回り出したが、前半の失点が大きすぎた。U-22のゲームも含めて、まだまだ日本は弱い。アジア予選で天狗になっていたかもしれない森保ジャパンにとって、この敗戦はいい薬になった。海外組も含めて、日本の選手にはもっともっと厳しく激しいサッカーを経験することが必要だ。まだ時間はある。まずは各クラブでの更なるレベルアップを期待したい。

結婚式もいろいろ。

 先週、甥の結婚式と披露宴があった。3週間ほど前に突然、甥から「披露宴で乾杯の発声をしてほしい」というLINEが入り、「そういうものは上司や恩師がするものでしょ」と断ったら、「家族式なので、上司も恩師もいないんです」と言う。これまで、人前結婚式仏式結婚式には出席したことがあるが、家族式というのは初めて聞く。さっそくネットで調べてみた。

 すると最近は家族式の披露宴が増えているのだという。家族葬みたいなものか。ネットによると、家族式の場合は「始めの挨拶を新郎が行い、乾杯はどちらかの父親がすることが一般的」とある。それを伝えると、「父は披露宴の最後に挨拶をするんです」と言う。「それなら新婦の父がいるでしょ」と返すと、「それが新婦の父が固辞してるんで、伯父さんに頼んだ」と言う。「いやそれでも、君の母親の兄よりも近い親族入るはず。君の姉の夫や新婦の兄弟とかいないの? どうしてもダメなら引き受けるけど、もう少しがんばって交渉してみて」と送り返した。結局、新婦の兄が引き受けてくれて、一件落着となったが、結果的には断ってよかった。

 それで、家族式の披露宴だが、結婚式は従兄妹が受付に立った他は、普通の結婚式と同じ。姉の婚家が白鳩をイベント等で飛ばす仕事をしているそうで、新郎新婦がチャペルの前で揃って鳩の入った木箱を開けるパフォーマンスがあり、目の前でパッとたくさんの白鳩が飛び立ち、またしばらくは上空を旋回して回る光景はなかなか楽しかった。

 披露宴では予定どおり、新郎の挨拶で始まり、新婦の兄が乾杯の発声をして、披露宴が始まった。その後は、ケーキ入刀やファーストバイトなどのイベントも通常の披露宴と同様に行われ、終了間際には司会者がマイクを持って、参加者の中を歩き、お祝いの言葉をもらうという趣向もあったが、乾杯の発声を断ったせいか、私のところにマイクが向けられることもなかった(代わりに娘が話をさせられたが)。最後は新婦からの手紙の朗読や両親への記念品の贈呈、そして新郎の父からの挨拶もあり、無事、披露宴はお開きとなった。

 帰りに駐車場の整理員と話をしたら、19時から2次会が予定されているとのこと。なるほど。友人や職場の人々を招いての披露宴は、家族式披露宴の後で別に実施するということか。しかも同日に。新郎新婦にとっては結婚式から2次会の終わりまで長丁場で大変だけど、気の置けない若い友人たちや同僚たちと、気を使う高齢の親族とは分けて披露宴を行ってもらえば、お互いの参加者も気を使うことなく楽しむことができる。披露宴に招待する友人と、2次会にしか招待しない友人を分ける必要もないし、友人たちの披露宴は会費制にすれば、費用的にも多少は安く済むかもしれない。なるほど、合理的だ。

 先日は職場の同僚が娘さんの結婚式をハワイで行うというので、長期の休みを取っていたが、結婚式もいろいろだ。また先日は、入籍したばかりという人に、結婚式の日取りや同居を始めた日を聞いたら、「まだだ」と言う。そう言えば、友人の息子さんは「会社の合併に伴い、結婚に対する手当の規定が変わるというので、あわてて入籍をした」そうだ。もっとも彼の場合は既に同棲をしていたはずだが。最近は、入籍や同居、結婚式、披露宴、新婚旅行、出産などの時期がバラバラになって、それも大して驚かなくなったが、結婚式や披露宴の形もますますいろいろなバリエーションが生まれているようだ。

「誰でもない者」。そういう存在の生物が世界には十数人はいる、という設定。だから「某」。主人公は最初、丹羽ハルカとして現れた。女子高生として。次いで、同じ高校の男子生徒である野田春眠になった。そして同じ学校の事務員である山中文夫になる。さらに23歳のマリとなった。そこまでは、蔵医師と水沢看護士が「某」の変化をサポートしていたが、マリとなって病院を飛び出した。そして佐伯ナオと出会い、同棲をする。その時に、「誰でもない者」は「某」だけではないことを知る。しかしナオは16年連れ添った末に、突然病気で死んでしまった。

 年を取らない「誰でもない者」は、カナダに渡ってラモーナになる。ここまでは、川上弘美は「誰でもない者」という設定で、多くの人の物語を書きたいのかなと思っていた。しかしある日、ラモーナは津田という男と会う。そこから話は大きく展開する。津田も「誰でもない者」だと言う。そしてアルファとシグマの二人の「誰でもない者」を紹介してくれる。

 ラモーナとなってカナダへ渡り、人の悲しみと「共感する」ことを知るラモーナ。アルファとシグマは男女と年齢を入れ替えて駆け落ちをしてしまった。片山冬樹となった「某」は二人を訪ねるが、子どもを欲しがるシグマには子どもはできず、分裂して弱っていく。そして片方のシグマを殺すことで再生する。「誰かのために何かをするのって、なんだか、とっても気持ち悪いことだね。殺しをおこなうことよりも、気持ち悪いかもしれない」(P171)

 彼ら「誰でもない者」は、人間とは何を感じ、人間であるとはどういうことかを探りながら生きているのだった。そして時代は過ぎ去り、「誰でもない者」の一人、津田はYRの中で生きるようになる。シグマとアルファは愛し合い、慈しみながら暮らす。ひかりとなった「某」は高橋と鈴木の間に生まれたみのりと共に時間を過ごすうちに、変化できないようになっていく。変化せず、成長する。成長する人間。人間とは何か。

 結局、「某」はそれを問う小説だったのか。いや単に、「誰でもない者」という発想からそこへ導かれていってしまっただけなのか。たぶん後者なのではないか。でもこうした荒唐無稽な設定から、思わぬところへ着地する感じは、いかにも川上弘美らしくて面白い。

 

某

 

 

○セックスすることによって、妻の何かをまだ自分が望んでいるって、自分に対しても、妻に対しても、確かめるっていうか、証明するっていうか、そんな感じで。記念日を祝う、というのと、少し似ているかもしれないね。…だんだん年をくうと、互いの健康に対する承認にもなる。そう考えると、セックスっていうものはけっこう汎用性の高いものだね」(P85)

○自分自身の奥底をさらしたり消費したりすることが、時によってたいへんに疲れをよぶ、ということを、私はラモーナになってから、知るようになっている。人のかなしみによって肋骨のあたりが痛む、というのは、他人の奥底をさらされていることによる痛みにちがいない。さらすことも、さらされることも、痛いことなのだ。それなのに、多くの人間たちは、自分をさらすことを厭わない。人間とは、なんと強い存在なのだろう。(P225)

○誰かのために何かをするのって、なんだか、とっても気持ち悪いことだね。…それから、伝記の中の人間たちのことを、思い返す。人間たちは、いつも誰かのために何かをしていた。…自分のためだけに事をなしとげようとしていた人間は、ひどく少なかった。犯罪者でさえ、自分のためだけになど生きていないように感じられた。/片山冬樹は、それら、誰かのために生きようとする人間たちのことが、理解できなかった。(P271)

○「人間って、自己愛が強いのね…だって、自己愛が強くなきゃ、生まれてきたことや、成長していることを喜ぶ、なんていう発想は、出てこないでしょ」…そうなのだ。人間は、この世界に自分が生きているというそのことを、ひどく貴重だと感じる生きものなのだ。なんとおめでたい生きものなのだろう。違う言いかたをするなら、なんと前向きな生きものなのだろう。(P295)

○「どうしてあたしたちが変化しなくなったかについての、あたしたちの考え、聞きたい?」…「犠牲を払ってしまったから、だと思う」…ひかりは…自分のためじゃなく、みのりのために、生きていた。…あたしたちも、相手のためにそうしたいから。相手のことを、愛するようになっていったから」…「愛してるって、どういうことなの?」「言葉であらわすと、嘘っぽいけど、相手のために生きたい、っていうことかな」(P363)