とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

近頃の「緊急通報」ってどうかしてる?

 TVを見ていると突然「ピロピロピロン!」と音が鳴って、画面上部に「緊急通報」の文字が現れる。この夏、突然の雨が多く、先日はわが家の隣の町内に「避難勧告」が発令された。この程度の雨なら経験的に大丈夫。隣の町内はあそこに斜面地があるからだろうと想像し、「次はうち!」と思うこともなく、まあ大丈夫だろうと寝てしまった。翌日になって、隣の町内はおろか、市内どこも被害の情報はなかった。けっこうなことだ。

 「緊急通報」があって、表示を見ると、ずいぶん遠い地方での地震ということもよくある。こんな通報ばかりだと、そのうち、警報が鳴っても気にしないんじゃないかと思ってしまう。

 先週の月曜日、14日の朝に家でTVを見ていたら、突然、警報が鳴って「緊急通報」の文字が現れた。何だろうと思ったら、「GNP四半期速報年率4%増」の文字が。えっ、それって「緊急速報」で通知すること? そんなの定時ニュースで知らせればいいこと。経済に関心のある人なら、自ら内閣府のHPを確認するかもしれない。でも大方の国民には、緊急速報で知らせるほどの意味があるとは思えない。政府が自ら、「緊急速報」の価値を落としているように思う。

 意味がない「緊急通報」と言えば、「スポーツで優勝」の通報がある。まさにそのスポーツ中継を観ている時に、優勝が決まった瞬間、「緊急通報」が入る。スポーツなど関心のない人には関係のない情報なので、他のチャンネルで別番組を見ていた人に「緊急通報」する必要はないと思うが、まさにそのスポーツを観戦していたチャンネルで「緊急通報」が流れると、思わず「知ってるよ!」と声が出る。意味が分からない。だけでなく、録画保存しようと思っている時などは、まったく迷惑だ。

 「緊急警報放送」についてはWikiでも解説があるけど、災害などに限っているようだ。じゃ、先日のGDP速報はどういう基準、どういう仕組みで流されるものなんだろうか。あまりに安易に放送されているようで気になる。

プレミアリーグ第2節 レスター対ブライトン

 レスターの岡崎が2試合連続ゴールを決めた。しかも勝利。これは観なくては。相手は今シーズン35年ぶりに昇格のブライトン。GKにはオーストラリア代表のライアンがいる。レスターは前節アーセナル戦と同じ先発。岡崎もバーディーとともにFWに入った。

 開始1分、右SHマフレズがドリブルで仕掛けると、そのままミドルシュート。GKライアンが弾いたところをFW岡崎がシュート。レスターが早々に先制点を挙げた。その後もレスター・ペース。5分、岡崎がDFと競り合ってFKをもらうと、左SHオルブライトンのFKにCBモーガンがヘディングシュートを放つ。

 今シーズンは開幕戦からバーディーと岡崎の動きがいい。前線から積極的にプレスを仕掛け、苦し紛れのパスを中盤やCBで回収する。17分には左SBズットナーのパスをFW岡崎がカットしてクロスにFWバーディーがシュート。これはDFにブロックされる。さらに20分にはFW岡崎からのパスを受けた右SHマフレズのスルーパスにFWバーディーが走り込んだが、GKライアンが飛び出して、ぎりぎりセーブした。

 なかなか攻めが形にならないブライトンはようやく28分、CHスティーブンスのクロスをCFマレイが落として左SHマーフィーがシュート。しかしCBモーガンが身体を張る。39分、右SHマフレズのFKのこぼれをCHジェームズがシュート。41分、FWバーディーのクロスにFW岡崎がニアに飛び込むが、シュートは枠を外した。前半は1-0。レスター・リードで折り返した。

 後半に入ってもレスターのプレスにブライトンが攻めあぐねる展開が続く。9分、右SHマフレズのCKにCBマグワイアがヘディングシュート。レスターが追加点を挙げた。その後は膠着。両チーム、なかなかシュートが打てない。17分、ブライトンはOHグロースに代えて右SHクノッカート。21分にはCFマレイに代えてヘメドを投入する。28分、FWヘメドが中へのドリブルからミドルシュート。GKシュマイケルがナイスセーブを見せる。

 レスターも29分、左SHオルブライトンのクロスから右SHマフレズがミドルシュート。さらにオルブライトンミドルシュートを放つ。そして31分、FW岡崎に代えてスリマニ投入。スリマニが最前線に入って、バーディーが岡崎の役をこなす。攻め手がないブライトン。それでも45分に、OHマーチがミドルシュート。GKシュマイケルが正面でキャッチ。そしてタイムアップ。2-0。レスターが危なげなく快勝した。

 もちろん岡崎の先制点が大きい。31分の交代時には場内から大きな拍手が送られた。同様にアディショナルタイムのバーディーの交代時にも。二人の好調さがチームを支えている。また、中盤を支えるヌディディとジェームズもここまで大きな破綻もなく守備をし、攻撃につなげている。新加入のCBマグワイアは期待以上の働き。ブライトンに格の違いを見せつけた。次節はマンU戦。この調子でいいゲームが見られるといい。

J2リーグ第29節 名古屋グランパス対アビスパ福岡

 シャビエルの加入以降、圧倒的な攻撃力で4連勝のグランパス。前節、Vファーレンに敗戦した2位アビスパとは勝ち点6の差になった。そのアビスパを迎えてのホームゲーム。6月の対戦はグランパスが先制するも後半怒涛の3失点で敗れている。借りを返したいところ。グランパスの先発はボランチに田口が戻って、左CBにはイムスンギョムが先発した他は前節と同じ。一方、アビスパウェリントンが累積欠場で、マリノスから移籍の仲川と松田のFW。高さはないが、機動力は怖い。

 序盤から積極的に攻めるグランパス。4分、右FWシャビエルのクロスにCFシモビッチがヘディングシュート。GK兼田がキャッチする。アビスパもFW松田らが積極的に動く。7分、左SB亀川が中へ切り込んでミドルシュート。GK楢崎が弾いたところをFW松田が詰め寄ってシュートする。GK楢崎がナイスセーブ。身体に当てた。アビスパは8分にもFW松田の中へのパスに右SB駒野が上がり、クロスにFW仲川がヘディングシュート。しかし枠を捉えられない。そして11分、左SB亀川のクロスをファーサイドでFW松田が折り返すと、DFのクリアから左SH山瀬が落としてCH三門がシュート。これが決まり、アビスパが先制点を挙げた。

 しかしグランパスは先制されても落ち着いている。逆にこれを契機に圧倒的にパスをつないで攻めていく。そして19分、スローインからCFシモビッチがDFを背負って反転してミドルシュート。GK兼田が弾き出す。しかし続くCKをシャビエルが蹴ると、右WB青木がニアに飛び込んでヘディングシュート。Gk兼田が何とか弾いたところをCFシモビッチが押し込む。グランパスがあっという間に同点に追い付いた。

 するとその後は圧倒的にグランパス・ペース。ほぼ攻めっぱなし。34分、右FWシャビエルがドリブルで駆け上がり、左に流して左FW佐藤がシュート。アディショナルタイムには右FWシャビエルの縦パスに走り込んだ右WB青木が落としたボールを左FW佐藤がシュート。しかしわずかに右に外した。前半は1-1。同点で折り返した。

 後半になるとアビスパも少し勢いを取り戻す。しかし7分、右FWシャビエルのFKのクリアを左FW佐藤がボレーシュートすると、再びグランパスが攻める展開になってきた。アビスパはカウンター狙い。11分、グランパスは早くも左FW佐藤に代えて永井を投入する。アビスパも14分、右SHジウシーニョに代えて石津の投入。そして16分、左サイドでFWシャビエルが絶妙のヒールパス。上がってきた左WB秋山が受けて、クロスに右WB青木がシュート。グランパスが勝ち越し点を挙げた。

 17分にはCH小林の縦パスをCFシモビッチがつないで、CH田口から右に流すと、右WB青木がミドルシュート。ポスト左に外す。アビシパは22分、FW松田に代えて城後を投入する。すると23分、左SH石津が抜け出してミドルシュート。GK楢崎がナイスセーブで弾き出す。グランパスも25分、CFシモビッチの落としからCH田口がミドルシュートを放つ。その直後、左WB秋山に代えて和泉を投入。29分、CFシモビッチがポストプレーから右に流すと、右FWシャビエルが駆け上がって、クロスにCFシモビッチがヘディングシュート。しかしGK兼田がキャッチした。

 そして33分、右FWシャビエルのCKにDFが触ってファーに流れたところを、左CBイムスンギョムが胸で押し込む。ゴール。グランパスが3点目と突き放した。アビスパは34分、右SH山瀬に代わって坂田を投入。アビスパは前線へ裏を狙ったパスを出すが、オフサイドにかかる。41分には右WB青木の落としからCH小林がミドルシュート。43分、シモビッチが足を攣って、フェリペ・ガルシアと交代する。その後はグランパスもうまく時間を使い、そのまま逃げ切った。3-1。グランパス勝利した。

 先制点を上げられた時はどうなるかと思ったが、今のグランパスは落ち着いている。1失点ぐらいでは全く動じる気配もなく、当然のように逆転で3ゴール。実に頼もしい。これでアビスパとの勝ち点差は3。自動昇格の2位以内が射程圏内に入ってきた。次節は引き続きホームで横浜FC。そしてホーリーホックトリニータツエーゲンと中堅以下のチームが続く。取りこぼさず、気持ちを引き締めて勝利を重ねていってほしい。この勢いで一気に2位まで上がりたい。