とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

ネットは基本、クソメディア

 「ネットのバカ」は楽しく読んだ。中日新聞に連載されている「ネットで何が・・・」も毎回楽しく読んでいる。本書も、タイトルにはちょっとエッ?と思ったが、期待して購入した。もちろん面白かった。

 インターネットの世界はどんどんと変化していく。Windows95が発売された1995年以降のネットの流れを振り返る部分は、自らを振り返るようで特に楽しかった。だが、「ウェブ2.0」は幻想だった。芸能人ブログが多く立ち上がり、スマホが普及し始め、SNSが始まると、芸能人ネタでPVを稼ぐという仕組みが成功し、クソ記事量産の温床となった。さらに企業がネットに本格参入し、PV重視の広告マネーの流入が、クソメディア化をさらに促した。

 そして「ウェブ2.0」で一世を風靡した梅田望夫が追い出され、評論家の東浩紀がネットに対する幻想を切り捨てた。そうした中で、DeNAに代表されるキュレーションサイトが問題を引き起こしていく。こうしたサイトでは素人ライターを多用し、職業ライターの世界を土台から崩していった。自らがその土台の上に立っていたことも気付かずに。

 本書ではDeNAの調査報告書を中心に、キュレーションサイトの問題点を明らかにするとともに、しかしそれでも、紙媒体の編集者がネットメディアに移ることによって、自浄作用を示し始めていると将来への期待を語る。私にはただこうして趣味のブログを愚直に書いていくことしかできないが、それを続けることでブログの可能性を信じていきたいと思う。東氏の危惧もよく理解できるが、それを使い熟す知恵が人間にはあると信じたい。TVはクソメディアだが、優秀な番組も多くあって、それが実はTV業界を支えているように。

 

ネットは基本、クソメディア (角川新書)
 

 

○動画にかぎらず、情報技術はつねに社会改革への希望と結びついてきた。WWWもブログもSNSも、出現当初は新たな社会や民主主義の担い手として期待を集めていた。しかし普及とともに力を失い、単なる娯楽の場所に変わる。いまやネットはフェイクニュースと猫動画ばかりだ。・・・ユーストリームの名が消えることは、じつに象徴的に思える。ぼくたちはそろそろ、ネットが人間を賢くしてくれるという幻想から卒業しなくてはならない。[東浩紀の執筆記事からの引用](P76)

○一部のIT企業及びネットメディアにはコンテンツ制作へのリスペクトがないということを改めて理解した。あくまでもPVを稼ぐ手段としてコンテンツを制作しているだけで、内容はどうでもよく、とにかくアクセスされることを重視する姿勢があることが見て取れた。(P86)

○いま新聞社系の人々で力のある若手記者たちがネットニュースに移り始めているのだ。・・・彼らはネットで起こった事象などについてはキチンと直接取材・・・をしており、ウェブメディアの健全化への意思を感じることができる。私の自戒も含めてなのだが、結局テキトー過ぎるメディアが立ち上がり過ぎたことは、インターネットがうさんくさいもの扱いされる結果をもたらした。・・・緻密でより裏取りと確認が求められる紙の編集に慣れた人がネットに入って来てレベルを底上げしてくれることを歓迎したいのです。(P179)

○実はネットメディア人は、将来の見通しが立っていない。それは常日頃から我々の間で話題となっている。/「ネットメディアは次の道が分からない。・・・新聞社や出版社はあくまでも『社』な感じ。次の転職を考えるのではなく、終身雇用を前提としている。・・・インターネットのメディアは『社』ではなく『インターネットメディア業界』で成り立っています」・・・いわば「道標」がないという話であり、「ロールモデル」が存在しないのである。(P201)

 

ACL準決勝第2レグ 浦和レッズ対上海上港

 今季のACLに日本勢ではレッズが唯一準決勝に進出した。フロンターレとの準々決勝ではフロンターレを応援していた、どちらかと言えばアンチ・レッズだが、やはりここはレッズを応援しながら観戦した。第1レグでは1-1のドロー。ホームのさいたまスタジアムはレッズ・レッドに染まり、レッズの勝利を後押しする。上海上港には右SHフッキとOHオスカルがいる。上海の攻撃はもっぱらこの二人が担う。対するレッズのゲームは堀監督になって初めて観るが、ペトロヴィッチ時代と違って4バック。阿部、マウリシオのCBに遠藤と槙野がSBで開く。青木がアンカーに据わり、長澤と柏木のIH。武藤とラファエルシルバがSHに開き、興梠がCFに据わる4-1-4-1。

 序盤、上海が前からプレスをかけてくる。レッズは引き気味にゴール前を固める戦い。7分、フッキのFKに左SH武磊がヘディングシュート。それまで守っていたレッズが初めて攻め込むと、11分、柏木のCKに右SHラファエルシルバがヘディングシュート。これが決まり、レッズが先制点を挙げた。13分には上海のCKをGK西川がキャッチ。スローを右IH柏木が受けてドリブルで前に運ぶと、左SH武藤がつないで、CF興梠のクロスに柏木が走り込んでシュート。柏木が最後までよく走った。17分にはCF興梠から右に展開。右SB遠藤のクロスに左SH武藤がヘディングシュート。枠は捉えられなかった。

 上海の攻撃はフッキとオスカル頼み。24分、フッキのFKにGK西川がナイスセーブ。続くCKに対してCH蔡彗康がヘディングシュート。29分、右SHフッキがミドルシュート。37分、FKのチャンスに右SHフッキがスルーパス。OHオスカルが走り込んでシュートを放つが、DFがブロックする。主審が少しの接触でもファールを取るので、必然的にFKが増える。多少遠くてもフッキが直接FKを狙ってくる。41分、CHアフメドフの縦パスを右SHフッキが落とし、アフメドフがミドルシュートアディショナルタイム46分、フッキのCKは直接ゴールに向かう軌道だったが、GK西川がフィスティングで弾き出す。GK西川はこのゲーム、直接ゴールに向かうFKやCKを判断よくキャッチして安定的な守備を見せていた。

 後半に入るとさらに上海の圧力が強まる。2分、OHオスカルのFKは壁に当たる。レッズも11分、柏木のCKから左SB槙野がヘディングシュート。バーに当たる。23分にはCB阿部がドリブルで持ち上がり、クロスにCF興梠がヘディングシュート。GK顔駿凌がナイスセーブで弾き返す。惜しいチャンスを決めきれない。攻める上海に対して集中した守りを続けるレッズ。だが、15分過ぎ位の上海のカウンターに右SHラファエルシルバが付いていけない。ようやく25分、右SHラファエルシルバに代えてズラタンを投入した。

 33分、右SHフッキのミドルシュートはGK西川がナイスセーブ。こぼれ球をCFエウケソンがシュートするが、これもGK西川がナイスセーブ。CB阿部がクリアした。集中して守るレッズ。35分には右SB遠藤のパスからCH長澤のスルーパスに左SH武藤が走り込み、クロスをCF興梠がヘディングシュート。しかしわずかに合わない。37分にはCH柏木に代えて左SH梅崎を投入。武藤を右IHに回す。39分、左SH梅崎がミドルシュート

 43分前後、上海の選手が倒れて主審がゲームを止めると、再開のレフェリーボールを上海がそのまま攻撃を開始する。場内ブーイング。興奮したCBマウリシオがイエローカードをもらってしまう。そこまで焦っている上海上港。マウリシオを冷静に治めようとする阿部を中心に、レッズは最後まで集中した守りを続ける。中でも左IH長澤のガッツと集中力のあるプレーがすばらしい。アディショナルタイムには李忠成を投入して時間を使い、そしてタイムアップ。1点を守り切ってレッズが勝利。ACL決勝進出を決めた。最後はレッズ・サポーターならずも熱くなったゲームだった。

 決勝はサウジアラビアアルヒラル。監督は何と元マリノスラモン・ディアスが務めているという。第1レグはアルヒラルのホーム。第2レグはまたレッズのホームで戦えると言う。今回と同様、レッズ・サポーターがまた大勢詰めかけチームを後押しすることだろう。また11月25日を楽しみにしたい。

プレミアリーグ第8節 リバプール対マンチェスター・ユナイテッド

 代表に召集されなかった岡崎だが、代表明けの第8節にも出場はせず、結局レスターはドロー。代わりにリバプールマンチェスター・ユナイテッド。ノースウェストダービーを観ることにした。マンUはここまで6勝1分。首位マンCとは得失点差の2位。だが、ここに来て、ポグバ、フェライニとCHにケガ人が続出。このゲームではマティッチとエレーラが先発した。布陣は4-2-3-1。ルカクの下にムヒタリャンが控え、左SHマルシャル、右SHヤングが構える。対するリバプールは4-3-3の布陣。マネがケガで、代わりに左FWコウチーニョが入った。

 序盤からリバプールがパスを回して隙を窺うと、マンUは低く構えて自陣を固めつつ、厳しいプレスをかけていく。7分、右IHワイナルドゥムのドリブルから縦パスに走り込んだCFフィルミーノのパスにワイナルドゥムがミドルシュート。GKデヘアがセーブする。10分にはCBマティプミドルシュート。14分、右FWサラーのドリブルから右に流し、右IHワイナルドゥムが切り返してミドルシュート。19分、CFフィルミーノがミドルシュートを放つ。

 お互い互角の厳しい戦い。30分、CHエレーラのスルーパスに右SHヤングが走り込み、クロスのこぼれをOHムヒタリャンが落として、CHマティッチがシュート。しかし枠を捉えられない。リバプールも34分、CKの流れから、左SBモレノの縦パスにCFフィルミーノが走り込み、クロスにCBマティプがシュート。GKデヘアがファインセーブ。はね返りを右FWサラーが狙うが、ポスト右に外した。これは惜しかった。41分にも左IHジャンのドリブルからCFフィルミーノのクロスに右FWサラーがシュート。GKデヘアがキャッチする。

 そして43分、マンUは左SHマルシャルからOHムヒタリャンの縦パスをCFルカクが落とし、マルシャルとのワンツーで前を向いてルカクがシュート。しかしGKミニョレがファインセーブ。はね返りを右SHヤングがシュートするもDFがブロック。前半はスコアレスのまま折り返した。

 後半に入っても、リバプールが攻めて、マンUが守る展開は変わらない。2分、右IHエムレ・ジャンのカットからCFフィルミーノが左に展開。左FWコウチーニョの仕掛けからクロスにCFフィルミーノが合わせるが、GKデヘアがブロック。4分、再び左FWコウチーニョのドリブルから、左IHワイナルドゥムが落としてCFフィルミーノがシュート。DFがブロックする。さらに10分、CFフィルミーノのパスから左FWコウチーニョミドルシュート。DFに当たってはね返りを右IHワイナルドゥムがシュート。枠を捉えられない。11分には右SBゴメスの縦パスに走り込んだ左IHジャンがシュートを放つも、浮かしてしまう。

 両チームとも攻守に切り替えが早く、守りが堅い。マンUは18分、OHムヒタリャンに代えてリンガードを投入。さらに20分には左SHマルシャルに代えてラッシュフォードを投入する。26分、左FWコウチーニョのスルーパスにCFフィルミーノが走り込み、クロスに右FWサラー。だが届かない。リバプールも34分、両SHサラーとコウチーニョに代えて、右SHオクスレード・チェンバレンとCFスターリッジを投入。フィルミーノは左FWに回る。

 39分、右IHエムレ・ジャンがドリブルで仕掛けていくが、クロスはCFスターリッジに届かず、GKデヘアがキャッチする。42分、左FWフィルミーノに代えてソランケを投入。アディショナルタイム46分には右FWオクスレード・チェンバレンのCKにCBロブレンがヘディングシュート。49分にもCKからCBマティプがヘディングシュートを放つが、枠を捉えられない。結局このままタイムアップ。ゲームはスコアレスのまま終わった。

 リバプールは攻め続けたのに、結局ゴールならず。やはりカウンター攻撃には人材が揃うが、相手に引かれて守備を固められると、厳しい。コウチーニョやフィルミーノが積極的に仕掛けていったが、マンUの守備は堅かった。だが、守備は最後までしっかりしており、危なげなかった。いや、マンUの攻撃に精彩がなかったという方が正しいだろう。マンUは結局、枠内シュートは前半43分のルカクの1本のみ。後半はシュートすら打てなかった。ルカクを封じられると、他に攻め手のなかったマンU。やはりポグバやマタの不在が響いている。マンCが攻撃的なサッカーで首位を走るだけに、サッカーの魅力という点では数段落ちる。もっともこれがモウリーニョのサッカーということかもしれないが・・・