とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第8節 名古屋グランパス対ジュビロ磐田

 マリノスアントラーズとアウェイで1敗1分。勝利を挙げられず、順位も4位に落としてしまった。3試合ぶりにホームに戻ってきたグランパスの相手はジュビロ。前節の静岡ダービーに敗戦して14位。前節後半に積極的なプレーを見せた左WBエレンと左FWロドリゲスを先発で起用していた。布陣は3-4-3。一方、グランパスの布陣は4-4-2。ランゲラックが前節の負傷で、代わってGK武田が先発した以外は前節と同じ。FW長谷川アーリアジャスールは4試合連続の先発出場だ。

 序盤からグランパスがパスを回して隙を窺うのに対して、ジュビロはパスカットから長いボールを前線に放り込み、CFアダイウトンや左FWロドリゲスを走らせる。10分には右FW山田大記の仕掛けをCH米本が倒し、CH田口が直接FKを狙うが、GK武田がナイスセーブで弾き出す。なかなかゴール前まで攻め込めなかったグランパスだが、ようやく22分、CHシミッチの縦パスをFW長谷川が落とし、FWジョーが右に流して、右SHシャビエルが仕掛ける。左WBエレンが対応。シャビエルが倒れたが、PKは取らない。23分にはFWジョーの縦パスをFW長谷川が落とし、右SHシャビエルのヒールパスにFWジョーが走り込む。しかしこれもDFがブロック。ジュビロの守備が堅い。

 ジュビロは27分、左FWロドリゲスが切り返しからミドルシュート。GK武田がファインセーブする。グランパスも38分、右SHシャビエルのCKにFWジョーがヘディングシュート。しかし叩き付けられない。41分にはCB中谷が中盤でボールを奪い、そのままドリブル。左に流すと、FWジョーがさらに左へ。左SB吉田のクロスにCB中谷が走り込むが、手前でGKカミンスキーがセーブ。前半グランパスはシュートが打てないまま、スコアレスで折り返した。

 後半も同じような展開が続く。7分にはFKの流れからCHシミッチがミドルシュート。これがグランパス最初のシュート。しかしジュビロもその直後、CFアダイウトンの縦パスから左FWロドリゲスがミドルシュートを放つ。さらに12分にはCH松本がドリブルで持ち込み、落としのパスを駆け上がった右CB大南がクロス。ファーに抜けたボールを左WBエレンがミドルシュート。DFが身体を張る。さらに右サイドに抜けて、CB大南がクロスを入れると、右FW山田大記がシュート。しかしうまく捉えられない。枠を外した。

 なかなか攻撃がつながらないグランパスは15分、左SH和泉に代えて相馬を投入する。しかし17分、ジュビロが左WBエレンのFKからチャンスをつかむ。クロスにCFアダイウトンがドンピシャのヘディングシュート。GK武田がナイスセーブ。しかし弾いたボールはポストに当たりはね返る。これをCH米本がライン上でクリア。バーに当たったボールはそのままはね返っていった。米本のナイスプレーに救われた。

 20分にはFW長谷川に代えて右SH前田を投入。シャビエルをFWに回す。そして25分、左SH相馬のCKのクリアをFWシャビエルがうまく競って収めると、DFの上を通して前に進もうとする。このボールにFWジョーが反応し、焦ったCB大南の空振りもあってうまく身体を入れると、GKをよく見て頭を越えるループシュートグランパスが先制点を挙げた。

 その後はジュビロが左WBエレンに代えてFW荒木。37分にはCFアダイウトンに代えて小川航基。さらに41分にはCH山田大記に代えてムサエフを投入。攻めていくが、グランパスも必死に守る。45+4分、CHムサエフのクロスにFWロドリゲスがヘディングシュートを放つが、バーを叩く。万事休す。グランパスが粘り強く戦って1-0。3試合ぶりの勝利を飾った。

 ジュビロは、守備は堅いものの川又の不在が痛い。前節勢いのあったロドリゲスも再三オフサイドにかかり、挙句の果てに最後のヘディングシュートの後、2枚目のカードをもらって退場してしまった。ムサエフが途中出場し、いいプレーを見せていた。小川航基も復活し、これからの復調を期待したい。一方、グランパスはさすがに各チームに守備を固められ、リーグ序盤のようなゴールラッシュは難しくなってきたが、それで我慢強くプレーして勝利したのはよかった。次は2位サンフレッチェ戦。相手も粘り強く戦うチーム。このゲームのように焦ることなく落ち着いてプレーして、ホームで平成最後のゲームを勝利で飾ってほしい。

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2レグ マンチェスター・シティ対トッテナム

 第1レグを1-0で勝利したトッテナム。マンCのホーム、エティハド・スタジアムに乗り込んだ。今季、リーグ戦では10月に0-1で敗れ、今季の勝敗は1勝1敗。リーグでは勝ち点で大きく離されているが、このゲームは負けられない。しかし、1点を守って逃げ切れる相手ではないと考えたのだろうか。ケインがケガで欠場する中、トッテナムは4-3-1-2と攻撃的な布陣を布いてきた。FWにはソンフンミンとルーカス・モウラの二人。トップ下にエリクセンを置いて、中盤はワニャマをアンカーに右IHシソコ、左IHデリ・アリ。ウィンクスもケガで欠場している。

 対するマンCはリーグでは9連勝中。第1レグは公式戦14連勝後の不覚だったが、ホームで同じ過ちを繰り返すわけにはいかない。マフレズ、フェルナンデス、オタメンディをベンチに置いて、CBにはコンパニーが先発。ギュンドアンがアンカーに入り、ダビド・シルバとデブルイネが前目のIH。FWはアグエロをセンターに右WGベルナルド・シウバ、左WGスターリングが先発した。

 トッテナムは少しでも長く1点のリードを守りたかったはずだが、開始4分、右IHデブルイネから左に展開して、左WGスターリングがシュート。あっという間にマンCが先制点を挙げて、勝負を振り出しに戻した。これで気落ちするかと思ったが、すぐに7分、OHエリクセンが左から中へドリブルをして、縦に走り込んだ左IHデリ・アリにつなぐと、縦パスをCBラポルテがカット。横にこぼれたボールをFWソンフンミンがミドルシュートトッテナムが同点に追い付いた。

 さらに10分、CBラポルテのトラップが長くなったところをFWルーカス・モウラに奪われ、OHエリクセンが左に流して、再びFWソンフンミンがミドルシュートトッテナムが追加点。第2レグも2-1とリードした。これでマンCが勝ち抜くにはあと3点が必要な状況。これでトッテナムの勝ち抜きが決まったかと思ったが、すぐに11分、今度はマンCが左SBメンディのパスから左IHダビド・シルバが縦パス。CFアグエロがドリブルから右に流すと、右WGベルナルド・シウバがミドルシュート。左SBローズの足に当たってコースが変わり、ゴールに飛び込んだ。これで再び同点。だが、マンCが勝ち抜きにはまだ2点が必要だ。

 さすがにその後は少しゲームが落ち着く。18分、左IHダビド・シルバのFKはバーの上。20分、OHエリクセンミドルシュートも枠を捉えられない。しかし21分、マンCが中盤やや深い位置でFKを得ると、早いリスタートから左IHダビド・シルバが右に流す。右IHデブルイネが走り込み、クロスに左WGスターリングがシュート。マンCが勝ち越し点を挙げた。これで合計ゴールは3-3。あと1点取ればマンCが逆転で勝ち抜きとなる。

 もう1点もやれないという状況で、トッテナムはシソコをCHに下げて、デリ・アリを左SH、エリクセンを右SHにする4-4-2の布陣に変更する。32分、マンCは右IHデブルイネの落としから右SBウォーカーが右に流し、右WGベルナルド・シウバがミドルシュート。37分には右WGベルナルド・シウバの縦パスに右IHデブルイネが走り込んで、CFアグエロがシュート。CBアルデルウェイレルトがブロックした。

 しかし41分、トッテナムはCHシソコが足の付け根を痛めて退場。代わりにFWジョレンテを投入。デリ・アリをCH、ソンフンミンを左SHに下げる。43分には右SHエリクセンのサイドチェンジから左SHソンフンミンが縦に切り込んでミドルシュート。わずかにファーに外れた。マンCも45分、右IHデブルイネが切り返しからミドルシュート。GKロリスがナイスセーブ。その後のアディショナルタイムもマンCの攻勢が続くが、トッテナムが守り切り、前半はマンCの3-2。2戦合計では3-3の同点で、アウェイゴールの差でトッテナムがリードしている。

 しかし後半に入って、さらにマンCの圧力が増してくる。4分、右IHデブルイネのFKはバーの上。5分、CHギュンドアンから左に流して、左IHダビド・シルバのクロスにWGスターリングがシュート。9分には右SBウォーカーがボールを奪い、右WGベルナルド・シウバがドリブルで運ぶ。いったん左サイドに振るが、左WGスターリングが折り返して、CFアグエロの落としから右IHデブルイネがミドルシュート。GKロリスがファインセーブで弾き出す。11分にはベルナルド・シウバのFKに左IHダビド・シウバがニアに走り込んでヘディングシュート。だが枠を捉えられない。そして14分、CHギュンドアンの縦パスから右IHデブルイネがドリブルで仕掛けると、最後は右に流して、CFアグエロがシュート。GKロリスの肩口を抜いてゴールに突き刺した。マンC、4点目。ついに合計でもマンCがリードした。

 するとマンCはダビド・シルバに代えてCHフェルナンジーニョを投入。ギュンドアンを左IHに上げて、守備を固める。その後は互角の展開が続く。このままマンCが守り切るかと思ったが、28分、左サイド、トリッピアのCKがCBアルデルウェイレルトの頭を越え、CBコンパニーも触れず、FWジョレンテの腰に当たってゴールに転がり込んだ。トッテナムが再び合計点で勝ち越した。

 その後はマンCが必死に攻める。33分、右WGベルナルド・シウバがミドルシュート。34分には左IHギュンドアンミドルシュート。さらに35分、右WGベルナルド・シウバの縦パスに走り込んだ右SBウォーカーのクロスにCFアグエロがヘディングシュート。だがGKロリスがファインセーブでキャッチする。37分、トッテナムはFWルーカス・モウラに代えて左SBデイビスを投入。ローズを左SHに上げて、エリクセンがトップ下。ソンフンミンは右SHに回る。

 マンCも39分、左SBメンディに代えて左WBサネを投入。布陣も3-5-2にして攻めていく。スターリングがアグエロと並んで2トップ。41分、CHフェルナンジーニョから左に展開。左WBサネがヘディングで折り返すと、左IHギュンドアンがシュート。これはオフサイドトッテナムは45+1分、ローズを下げてCBサンチェスを投入。こちらも3バックで守る。そして45+3分、マンCのプレスに囲まれた左SHエリクセンがバックパスをすると、これが右WBベルナルド・シウバの足に当たって前にこぼれる。FWアグエロが拾って、クロスにFWスターリングがシュート。マンCが土壇場で再び逆転! かと思ったら、主審がVARを確認。ベルナルド・シウバの足に当たった時点でFWアグエロの位置がオフサイド。ゴールは取り消された。そしてタイムアップ。第2レグは3-4。第1レグと合わせて4-4の同点で、アウェイゴール数の差でトッテナムが準決勝進出を決めた。二転三転、まさにすごいゲームだった。

 トッテナムの準決勝の相手はアヤックスに決まった。CLになって初。前身のチャンピオンズカップ時代から数えると実に57年振りのベスト4進出となる。一方のアヤックスも22年振りの準決勝進出。オランダサッカー協会アヤックスを支援するため、準決勝第1レグの前に予定されていたリーグの試合をすべて延期することに決めた。オランダ中の人々がイングランドトッテナム・スタジアムに押し掛けるんじゃないか。しかもトッテナムはソンフンミンがこのゲームで2枚目のイエローカードをもらい、第1レグは出場停止。さてどんなゲームになるのか。4月30日が楽しみだ。

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2レグ ユベントス対アヤックス

 第1レグを1-1のドローで折り返した第2レグはユベントスのホームで行われた。ラウンド16をホームで逆転勝利したユベントス。対してアヤックスもラウンド16ではレアル・マドリード相手にアウェイに乗り込んでの逆転勝利。どちらがより粘り強いか。心情的には若いアヤックスを応援していた。

 ユベントスマンジュキッチキエッリーニがともにケガで代わりにワントップにはディバラ。CBは第1レグと同じ、ルガーニが先発した。布陣は4-3-3。ベルナルデスキは右FWに張り、右IHにエムレ・ジャン。右SBにはデシーリョが先発した。対するアヤックスは左SBタグリアフィコが累積で出場停止。代わりにマズラウィが先発した他は第1レグと同じメンバーだ。

 序盤、ユベントスが攻勢をかけるが、アヤックスもしっかりと守ると、次第に押し返す。その後は中盤で激しいプレスの応酬。お互い攻め合うが、なかなかシュートまではいけない。11分には左SBマズラウィがケガで早くもシンクフラーフェンへの交代を余儀なくされる。それでも21分、アヤックスは右SBフェルトマンのパスを左SHネレスがつなぎ、CFタディッチの落としをネレスがシュート。こぼれ球をOHファンデルベークが狙うが、枠を捉えられない。ユベントスも直後の22分、CFディバラの落としから左FWクリスティアーノ・ロナウドミドルシュート。続くCKからCFディバラがミドルシュートを放つが、GKオナナがファインセーブでキャッチした。

 そして28分、CHピアニッチのCKに左FWクリスティアーノ・ロナウドがヘディングシュートを叩き込む。ユベントスが先制点を挙げた。さすがクリスティアーノ・ロナウド。大一番で強い。これでユベントスが勝利するかと思ったのだが……。34分、左SBシンクフラーフェンのクロスのクリアを右SHツィエクが拾い、縦パスに抜け出したOHファンデベークがシュート。すぐにアヤックスが同点に追い付いた。これは大きい。アディショナルタイム5分にはPA手前でクリスティアーノ・ロナウドがFKのチャンスを得るが、壁に当たってはね返された。1-1。前半を終わって合計で2-2。全くの互角となって、勝負は後半に持ち越された。

 後半頭、ユベントスは前半あまりボールに触る機会もなかったCFディバラに代えてキーンを投入する。しかし後半はアヤックスの方が積極的に攻めていく。6分、左SBシンクフラーフェンの縦パスをCHシェーネが落とし、CFタディッチがつないで、もう一度シェーネの落としからOHファンデベークがミドルシュート。7分にはCHピアニッチの横パスをカットした左SHネレスがドリブルで上がり、こぼれ球をOHファンデベークが右に流して、右SHツィエクがミドルシュート。GKシュチェスニーがナイスセーブした。

 10分、ユベントスもCKのチャンスに左FWクリスティアーノ・ロナウドがヘディングシュートをするが、叩きつけることができない。逆にアヤックスも12分、OHファンデベークがミドルシュートを狙うが、GKシュチェスニーがファインセーブした。パスを回して攻めるアヤックスに対して、ユベントスはカウンターを狙う。16分にはGKシュチェスニーのフィードを左FWクリスティアーノ・ロナウドがうまく収めて、前を向いてスルーパス。CFキーンが走り込むが、シュートは枠を外した。

 アヤックスも18分、ユベントスのFKからクリアを収めたCHデヨングが縦パス。左SHネレスがドリブルで上がり、サイドチェンジをCFタディッチが折り返す。ゴール前に右SHツィエクが走り込んでいくが、手前でCHピアニッチがクリアした。続くツィエクのCKにはCBデリフトがヘディングシュート。アヤックスが攻め込んでいく。

 そして22分、CHシェーネのCKにCBデリフトがヘディングシュート。ついにアヤックスが勝ち越し点を挙げた。ユベントスは19分、右SBデシーリョに代えてカンセロを投入。25分、CFタディッチのFKは枠を外す。29分には右SHツィエクのループパスに左SHネレスが走り込んでシュートを放つが、枠を捉えることはできなかった。それでも攻め続けるアヤックスに対して、ユベントスは遠目からクロスを入れる形。30分、右SBカンセロのクロスにCFキーンがヘディングシュート。32分には左SHマテュイディのクロスに左FWクリスティアーノ・ロナウドミドルシュートを放つが、DFに当たり、ポスト右に外れた。

 34分、右SHツィエクと左SHネレスが縦関係のパス交換。最後はネレスの落としからツィエクがミドルシュートを決めて、アヤックスがダメ押し点。かと思ったら、ネレスとツィエクのパス交換の中でオフサイド。ゴールは認められなかった。ユベントスも36分、右IHエムレ・ジャンのクロスに左SHクリスティアーノ・ロナウドがヘディングシュートを放つが、これもオフサイドだった。

 ユベントスは37分、右FWベルナルデスキに代えて右SHベンタンクール。アヤックスも左SBシンクフラーフェンをマガジャンに変えると、43分にはツィエクに代えてCFフンテラールを投入。その後も組織的な守備でユベントスの攻撃を許さない。45分、右SHベンタンクールのクロスがPA内でCFタディッチの手に当たったとしてVARで確認するが、ファールはなし。このままアディショナルタイムまで守り切ったアヤックスが2試合合計で3-2。準決勝進出を決めた。

 すごいぞ、アヤックス。若い力は組織的で合理的なサッカーを最後まで遂行し、ユベントスに自由を与えなかった。非常にクールでお見事。堂安が「CLで優勝するチームの一員になりたい」という趣旨の発言をしていたかと思うが、確かにこのチームでサッカーがやれたら楽しいだろう。だが一方でネレスが移籍でもしない限りポジションがないんじゃないか。それほど完璧なサッカーをしている。準決勝での戦いも楽しみにしたい。