とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

歯磨きの順番

 定期的に歯科クリニックに行って、歯のクリーニングをしている。「歯磨きは1日1回」を書いた時は、年1回だったが、その後、虫歯が見つかり、それ以来また、半年に1度のペースに戻った。

 それで、先日、歯のクリーニングに行った際に、右上最奥の親知らずに虫歯が見つかり、また治療を受けることとなった。私の親知らずは、右側が上だけ、左側が下だけ残り、右側の下、左側の上の歯はかなり前に抜いてある。すると抜かれずに残った歯の受ける相手がいないので、その2本の歯だけ、他の歯に比べてどうしても長く伸びてしまっている。特に右上の親知らずは重力の影響もあるのか、左下の親知らずに比べて長く伸びている。

 そして、歯科医曰く、「歯は通常、硬いエナメル質に覆われているが、長く伸びた親知らずの根元は、エナメル質の下の象牙質が見えてしまっている」とのこと。今回は虫歯になった部分を被せる治療を行ったが、「磨きにくい場所ではあるけど、がんばって歯磨きをしてください」と言われた。「エナメル質の再生で歯の健康を!一生自分の歯で食事をとるには! | 歯のアンテナ」によると、エナメル質も唾液によって再生させることは可能で、そのためには「食後の歯磨きとキシリトールガム」と書かれていた。まずは歯磨き。

 確かに、右上の親知らずの歯磨きは難しい。これまでは習慣的に、下の歯の表側左から順に右へ歯を磨き、次に下の歯の裏側を左から順に右側まで。そして上の歯の裏側を左から右へ。最後に上の歯の表側を右から左へと磨いていた。右上の親知らずを磨く頃には唾液が溜まることもあって、歯磨きがおざなりになっていたかもしれない。それで、今回の指摘を受けて以降、歯磨きの順番を、右上の親知らずから磨いていくように変えてみた。

 まず上の歯の表側を右から左へ。次に裏側を左から右へ。そして下の歯の表側を左から右へ。最後に下の歯の裏側を左から右へ。一番磨きにくい右上の親知らずをまず裏・奥・表を丁寧に歯磨きして、歯並びの悪い下の前歯の部分は最後に丁寧に磨く。

 ちなみに、少し前に左手で歯磨きすることを試してみたが、これがさっぱりできないことがわかった。微妙に細かく歯ブラシを動かすことが慣れない左手では難しい。電動歯ブラシを使えばいいのかもしれないが、まずは手動で、入浴しながら丁寧に。次に歯科クリニックに行くのは来年の初め頃の予定。次に行く時には虫歯が1本もないことを願いたい。

J1リーグ第23節 松本山雅 対 名古屋グランパス

 前節、ようやく11試合ぶりに勝利を挙げたグランパス。今節は17位山雅相手に確実に連勝しておきたいところ。一方、山雅は5月26日のグランパス戦に勝利して以来、9試合勝利から見放されている。相性のいいグランパスをホームに迎えて、久しぶりの勝利がほしい。そんな気持ちが伝わってくるような頑張りだった。山雅の布陣はいつもの3-4-3。阪野を中央に右WG永井龍、左WGセルジーニョ。右WG田中隼磨と左WG高橋諒が左右に開き、中盤は藤田息吹パウリーニョが固める。CBは右から橋内、飯田、そしてこの夏にサンフレッチェから移籍加入した水本。GKは守田。守備は堅い。対するグランパスは前節と同じ先発、同じ布陣。18歳藤井陽也が前節に引き続きCBで先発した。

 序盤は互角の展開。グランパスが攻めようとするが、山雅のプレスが早く、なかなか形が作れない。5分には左SB吉田がクリアしたボールをCHパウリーニョに拾われ、ダイレクトで縦パス。CF阪野が受けてシュートを放つ。GKランゲラックがナイスセーブ。CF阪野は8分にもミドルシュート。山雅がプレスから積極的に攻めていく。グランパスのチャンスは10分、中盤に下がったFWシャビエルのクロスをFWジョーがDFと競り合って、こぼれ球を右SH前田がミドルシュート。しかし山雅のGK守田がナイスセーブする。

 その後はグランパスがパスを回して攻めるが、山雅の守備を崩せない。逆に17分、CHシミッチのトラップミスをCHパウリーニョに奪われ、縦パスに走り込んだCF阪野のクロスを右WB田中隼磨がシュート。DFに当たったこぼれ球を右WG永井龍がシュート。ネットを揺する。山雅の先制点かと思ったが、田中隼磨のシュート時に永井がオフサイド・ポジション。ゴールは取り消された。

 それでも前半は山雅が攻め込む場面が続く。35分、CHエドゥアルド・ネットからCHシミッチへのパスを左WGセルジーニョにカットされ、CF阪野が左に流すと、左WB高橋のクロスのこぼれをCF阪野がシュート。わずかにポスト左に外れた。36分にはCHパウリーニョミドルシュートグランパスは45+2分に右SH前田が仕掛けてミドルシュートを放つが、これが前半2本目のシュート。連敗時のサッカーを再び見ているような気がした。

 後半に入るとグランパスもようやく積極性を出してくる。3分、左SB吉田がミドルシュート。5分には右SH前田のクロスがゴール前を横切る。FWジョー、左SH和泉と詰めるが、届かない。逆に9分、CHパウリーニョにCHシミッチが詰めていくが、ヒールでフリック。右WG永井がドリブルで駆け上がり、右に流して、右WG田中隼磨のクロスにCH藤田がミドルシュート。CHシミッチにミスが多く、ここから決定機に繋がっていく。グランパスは10分、CHエドゥアルド・ネットが強烈なミドルシュート。13分にはCHエドゥアルド・ネットの縦パスをFWジョーがトラップからヒールでシュートを狙う。しかしGK守田がキャッチ。お互いシュートは放つが、決定的なチャンスにはなっていかない。

 グランパスでは若いCB藤井がボールを触ることが多く、落ち着いてプレーをしていた。一方、シミッチのプレーは不安定。前に打ち込む縦パスをカットされたり、出し手を探しているうちに詰められてロストしたり。シミッチだけの問題ではないだろうが、中盤でのパス交換に不安を感じる。それでも後半35分までやってきた。スコアレスドローでもいいかと思った矢先、GK守田のフィードをDFがはね返すと、左WGセルジーニョが拾って縦パス。これに右WG永井がオフサイドラインぎりぎりで抜け出し、GKの横を抜くシュート。ついに山雅が先制点を挙げた。DFラインの責任もあるが、中盤に下がったセルジーニョを捕まえきれなかったMFの責任もある。いつも同じ形からの失点を繰り返している。

 直後、山雅はCF阪野に代えて右WG杉本太郎を投入。永井をCFに上げる。一方、グランパスも37分、右SH前田に代えてFW赤崎を投入。シャビエルを右SHに下げる。40分、CH藤田の縦パスを受けた右WG杉本が反転からミドルシュート。積極的にゴールを狙う。グランパスは43分、CB藤井に代えて長谷川、45+1分にはCHシミッチを下げて太田宏介を投入する。ポジションはどうなっていたか、よくわからない。それでもこのまま負けるんだろうなあという目で見ていたが、45+2分、DFラインに下がったエドゥアルド・ネットがDFラインの裏に大きくフィード。これにFW赤崎が走り込み、飛び出すGKの手前でヘディングシュート。同点ゴールを決めた。そしてタイムアップ。1-1。ゲームは引き分けに終わった。

 グランパスにとっては救いの、山雅にとっては痛恨の、劇的ゴールの結果のドロー。山雅は永井龍田中隼磨とかつてグランパスに在籍した選手が活躍したが、最後は「皮肉にもパワープレーでやられた」とは反町監督の弁。逆に言えば、そんな形でしかゴールが上げられないグランパス。依然、ジョーとシャビエルにゴールはなく、シミッチとエドゥアルド・ネットにも精彩はない。太田宏介も活かしきれず、18歳の藤井に頼るばかり。一方で、今節はアントラーズの相馬、サガンの金井と移籍していった選手が移籍先できちんと結果を出している。彼らのゴールがほしい。前節ようやく勝利を挙げたとはいうものの、全く安閑としていられない。いったいいつまでこんな状態が続くんだろう。

プレミアリーグ第2節 マンチェスター・シティ対トッテナム

 開幕戦、ウェストハム相手に5-0と大勝し、幸先のいいスタートを切ったマンC。第2節の相手はトッテナム。リーグ序盤から好カードが続く。トッテナムも開幕戦はアストンビラ相手に苦戦ながら3-1と勝利している。マンCは4-3-3の布陣。アグエロをワントップに、右SHベルナルド・シウバ、左SHスターリング。中盤はロドリをアンカーに、右IHデブルイネ、左IHギュンドアン。DFは右から右SBカイル・ウォーカー、CBオタメンディ、CBラポルテ、左SBジンチェンコ。GKはエデルソン。一方、トッテナムは4-2-3-1。ケインをワントップにトップ下にラメラ。ウィンクスとエンドンベレがボランチで並び、右SHシソコ、左SHエリクセン。DFは右からウォーカー・ピーターズ、CBアルデルウェイレルト、CBダビンソン・サンチェス、左SBローズ。GKにはロリスが入る。

 序盤からマンCが攻めていく。7分、右SHベルナルド・シウバがヘディングで前に送ると、右SBウォーカー走り込み、クロスに左SHスターリングがシュート。その後もゲームの主導権を握るマンC。そして20分、右SHベルナルド・シウバの落としから右IHデブルイネのクロスに左SHスターリングがヘディングシュート。マンCが先制点を挙げた。しかし直後の23分、トッテナムは左SBローズからCHウィンクスと右へパスをつなぎ、CHエンドンベレの縦パスに走り込んだOHラメラがミドルシュートトッテナムがこのゲーム初めてのシュートでゴールを挙げた。同点に追い付いた。

 その後もマンCがトッテナムの中盤ウィンクスとエンドンベレの中盤に速いプレスをかけて自由にプレーをさせない。右SHベルナルド・シウバ、右SBウォーカーと右IHデブルイネの3人が右サイドでオートマティックにパスを回し、トッテナムの左サイドを崩していく。そして35分、右SHベルナルド・シウバの縦パスに走り込んだ右IHデブルイネがクロス。CFアグエロがシュートを決めて、勝ち越し点を挙げた。その後も36分には右IHデブルイネがドリブルでDFをかわしてミドルシュート。38分、右SHベルナルド・シウバがミドルシュート。43分、右SHベルナルド・シウバの縦パスに右IHデブルイネが走り込んで、クロスに左IHギュンドアンミドルシュート。再三、同じような形で右サイドを崩していく。44分には右SBウォーカーの大きなサイドチェンジから左SHスターリングが中に流して、左SBジンチェンコがミドルシュート。GKロリスがファインセーブで防いだが、前半はマンCが圧倒して終了。トッテナムの前半のシュートはゴールをした1本だけだった。

 後半もマンCの優勢は変わらない。4分、右IHデブルイネのドリブルで得たショートCKから、左IHギュンドアンのパスから左SBジンチェンコがミドルシュート。6分には左SHスターリングの縦パスをCFアグエロが落とし、右IHデブルイネがシュート。わずかに右に外す。8分、CFアグエロ、9分には右SHベルナルド・シウバがシュート。後半も序盤からマンCが攻勢をかけていく。トッテナムは11分、CHウィンクスを下げてFWルーカス・モウラを投入する。するとその直後、ラメラのCKにFWルーカス・モウラがヘディングシュート。トッテナムが同点に追い付いた。

 マンCもすぐに反撃。15分、CHロドリがミドルシュート。17分には右IHデブルイネのCKにCBオタメンディがヘディングシュートするが、DFがクリアする。マンCは21分、CFアグエロを下げてジェズスを投入。トッテナムは25分位からルーカス・モウラを右SH、エリクセンをOHに下げて、左SHはラメラ。左サイドを強化する。ボランチはシソコとエンドンベレ。三たび勝ち越したいマンCは33分、CHロドリに代えて左IHダビド・シルバを投入。ギュンドアンをアンカーに下げた。34分、右IHデブルイネのクロスにCFジェズスがヘディングシュート。しかし枠は捉えられない。35分には右SHベルナルド・シウバに代えてマフレズを投入する。

 しかし右SHマフレズがゲームに溶け込めない。仕掛けてはたびたびボールを失うかと思えば、左サイドでは左SBジンチェンコが腿裏の不調を訴える。それでも45+2分、デブルイネのCKがCBラポルテに当たってファーにこぼれると、CFジェズスが拾ってシュート。マンCが三たび勝ち越した。と思ったら、主審がVARを確認。ラポルテの手に当たっていたということでゴールは取り消し。そしてタイムアップ。2-2の引き分けに終わった。

 圧倒的にゲームを支配しながらの引き分けはマンCにとって痛い。マンCのシュート数30本に対して、トッテナムのシュート数はわずかに3本。うち枠内シュートは2本で全てゴールになっている。マンCにとっては失点こそ課題だが、デブルイネが絶好調で他チームであれば簡単に圧勝しただろう。やはり今季もリバプールトッテナムなどビッグ6による対戦結果が優勝を左右しそうだ。次節はリバプールアーセナル。これもまた見逃せない。