とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

アジア杯 ベスト16 日本対サウジアラビア

 グループリーグを1位通過したものの、決勝トーナメント初戦の相手は早くもサウジアラビア。オーストラリアとどちらがよかったかはわからないが、日本にとって幸いなのはグループリーグ第3戦でターンオーバーの選手起用をし、中7日と十分休養をとることができたこと。武藤以外はオマーン戦先発の選手が先発した。気温も23度。もっと楽なゲームになるかと思ったが、豈計らんや、実に苦しいゲームだった。しかしよく戦った。よく守った。実に熱いゲームだった。サウジアラビアの布陣は4-1-4-1。オタイフをアンカーにワントップはムワラド。ちなみにサウジアラビアの選手名はNHKに合わせて記載した。

 序盤、サウジアラビアが攻勢をかけてくる。1分、FKのクリアから左IHムガフィのクロスにCBファティルがヘディングシュート。その後もサウジがパスをつないで攻めてくる。日本も7分、GK権田のフィードをFW武藤が落として、左SH原口がクロス。FW南野の落としから右SH堂安がボレーシュートを放つ。しかしサウジの勢いは止まらない。12分、左SBシャハラニのクロスのクリアを右IHビシがミドルシュート。CB吉田が身体を張ってはね返す。14分には右IHビシのFKに左IHムガフィがヘディングシュート。枠を外す。

 押し込まれた日本だったが、落ち着いて対応すると、20分、CH柴崎のCKにCB冨安がヘディングシュート。これが決まり、日本が先制点を挙げた。その後は日本がペースを取り戻す。29分、CB冨安から右に展開。右SB酒井のクロスははね返されたが、すぐにCH柴崎が奪い返し、右に流して、右SH堂安がクロス。DFに当たってゴール前に流れたボールにFW武藤が飛び込む。ここはGKオワイスがキャッチしたが、日本も積極的な攻め。だがまたサウジアラビアが攻め返す。35分、CFムワラドの仕掛けからこぼれ球を右SHバヘブリが落として右IHビシ。だがFW南野が戻ってきてカットする。しかしこのボールがバヘブリのところへこぼれて、バヘブリがミドルシュート。わずかに左に外れた。その後もサウジの攻勢をCB冨安と吉田がことごとくはね返す。前半は1-0のまま折り返した。

 しかし後半も序盤、サウジが攻めてくる。2分、左SHドサリがミドルシュート。日本も3分、CH柴崎のFKにCB吉田がヘディングシュート。13分にはCH柴崎のCKにCH遠藤がニアに走り込みヘディングシュートを放つ。さらに15分、右SH原口の逆サイドへのフィードにFW武藤が走り込み、切り返しからシュート。だがDFにブロックされた。南野も走り込んだが、パスコースが開かなかった。

 するとサウジも17分、CFムラワドがドリブルでCB吉田を抜いて、クロスに左SHドサリがシュート。ふかしてくれた。その後もサウジが攻める。20分、右SHバヘブリのミドルシュートはわずかにポストの右。助かった。日本は暑さのためか次第に足が止まり始める。一方的にサウジが攻めて、日本はひたすら耐える展開。26分、左IHムガフィのFKをCB吉田がはね返すも、CHオタイフが拾いクロス。CBブライヒがヘディングシュート。枠を外す。28分にも右サイドからのクロスに左IHムガフィがヘディングシュート。しかしこれも枠を捉えられない。

 なかなかゲームが切れず、選手交代もできない中、日本は必死に守る。ようやく32分、疲れ切ったFW南野に代えて右SH伊東純也を投入。堂安をFWに上げる。だがその後も守る時間が続く日本。それでもFW武藤が足を攣りながらも頑張る。42分、左SHドサリのパスから右SHバヘブリがシュート。CB吉田がブロック。はね返りをドサリがシュート。CH柴崎が身体に当てる。44分、FW堂安に代えてCH塩谷。さらに45+2分にはFW武藤に代えて北川。選手全員の気持ちと体力を一つにして、最後まで守り切った。1-0。日本が必死の守りで準々決勝進出を勝ち取った。よくやった、日本。

 冨安の守り、武藤のがんばり、吉田の統率力、長友が気合を入れる。最後まで走り切った原口。柴崎も遠藤も酒井も堂安も、みんな最後までがんばった。実にいいゲームだった。それにしても、数年前だったら日本とサウジの対戦は、日本が攻めてサウジが守りからカウンターを狙うという内容だった。それがこのゲームでは攻めるサウジに対して守る日本。まさに隔世の感。だがそれでも勝てるサッカーをしている。サッカーの内容自体が進化していると思いたい。

 さて、次の準々決勝の相手はベトナム。はっきり言って格下。そして勝ち上がればイランか中国が待っている。とすれば、当然、ベトナム戦はターンオーバーを考えるべき。武藤は出場停止だが、北川を始め、この日、ベンチを温めた選手に期待したい。日に日に集中力と団結力が高まっている。この勢いで決勝まで勝ち上がれ。

プレミアリーグ第23節 アーセナル対チェルシー

 前節、ウェストハムに敗戦し、4位チェルシーとの勝ち点差が6に広がった5位アーセナル。このところ勝ったり負けたりのゲームが続いている。対するチェルシーは第18節でレスターに敗戦して以降は3勝1分と好調だ。ビッグロンドンダービー。アーセナルにとってはこれ以上負ける訳にはいかない。絶対勝利が欲しいゲームだ。アーセナルの布陣は4-3-1-2。ラカゼットとオバメヤンの2トップに、ラムジーがトップ下に入り、チェルシーのCHジョルジーニョをマンツーマンでマークする。中盤はジャカをアンカーに右IHトレイラ、左IHゲンドゥージの3ボランチ。DFはベジェリンが先発復帰して右SB。左SBコラシナツ。CBはコシエルニとソクラティス・パパスタソプロスで組む。対するチェルシーアザールのワントップに、左WGウィリアン、右WGペドロ。IHにはカンテとコバチッチ。アンカーのジョルジーニョから後ろは不動のメンバーだ。

 序盤からアーセナルが積極的に攻めていく。4分、右SBベジェリンの縦パスにFWラカゼットが走り込み、クロスにFWオバメヤンが走り込む。右SBアスピリクエタが何とか付いてブロックする。8分、ショートCKからCHジャカのクロスにCBソクラティスがヘディングシュート。チェルシーも10分、右SBアスピリクエタのクロスにCFアザールボレーシュートを放つが、右に外す。しかしすぐにアーセナルが攻勢。13分、右IHトレイラのFKからCBコシエルニがヘディングシュート。GKケパがファインセーブ。続くショートCKから左SBコラシナツのクロスにFWラカゼットがヘディングシュート。そして14分、続くショートCKから右SBベジェリンがクロスを入れると、FWラカゼットがトラップから持ち出してシュート。ニアを抜いてゴール天井に突き刺した。アーセナルが先制点を挙げた。

 17分には右アスピリクエタからFWオバメヤンがボールを奪い、そのままドリブルからシュート。だがこれはGKケパがセーブした。CHジョルジーニョがOHラムジーに封じられて、なかなかゴール前でチャンスを作れないチェルシー。だが18分、CBダビド・ルイスからのフィードに右WGペドロが抜け出す。GKと一対一。だがループシュートは枠を外した。その後はチェルシーが攻める。24分、左SBマルコス・アロンソのクロスを右IHカンテが落とし、左WGウィリアンの戻しからCHジョルジーニョミドルシュートアーセナルもしっかりと守りながら、チャンスを狙う。29分、OHラムジーミドルシュートはGKケパがキャッチ。37分、左SBコラシナツのクロスにFWオバメヤンがオーバーヘッドシュートを狙うが、ポスト右に外した。

 そして39分、中盤右サイドからのFKを右IHトレイラが大きくサイドチェンジ。左SBコラシナツが落とすと、CBソクラティスがクロス。上げるDFラインと入れ替わるようにCBコシエルニがゴール前に飛び込むと、ヘディングは肩に当たってゴールに飛び込んだ。アーセナルが追加点を挙げた。チェルシーも45分、左WGウィリアンのCKに左SBアロンソがヘディングシュート。だがポストに嫌われる。前半は2-0、アーセナルのリードで折り返した。

 後半はチェルシーが攻める。しかしアーセナルもしっかりと寄せて、守る。11分、左WGウィリアンのクロスに右WGペドロがミドルシュート。だが枠を捉えられない。14分、左SBアロンソミドルシュート。16分には右WGペドロのサイドチェンジから左WGウィリアンがミドルシュートを放つも、DFに当たり、GKレノがセーブする。18分、チェルシーは左IHコバチッチに代えてバークリーを投入。19分、アーセナルチェルシーのゴール前に攻め込むが、チェルシーも守る。21分には右WGペドロが左に流すと、走り込んだ左WGウィリアンの戻しを左IHバークリーがミドルシュート。しかしCBコシエルニが身体を張って立ちはだかる。

 善戦の運動量が落ちてきたアーセナルは22分、OHラムジーに代えて左WGイウォビ、FWラカゼットに代えて右WGメイトランド・ナイルズを投入。オバメヤンをワントップに上げて、4-3-3の布陣。チェルシーも直後、左WGウィリアンに代えてCFジルーを投入。アザールを左WGに回す。しかし27分、アーセナルは右SBベジェリンが左膝を痛めて交代を余儀なくされる。メイトランド・ナイルズを右SBに下げて、中盤はダブルボランチ。トレイラを右SHに上げて、トップ下に交代出場のエルネニー。4-2-3-1の布陣に変更する。

 32分、CBリュディガーの縦パスから左WGアザールミドルシュート。その後もチェルシーが攻めるが、アーセナルが気持ちを前に出して守る。40分には左SHイウォビのドリブルからクロスにOHエルネニーがミドルシュートアディショナルタイムは6分と長かったが、最後まで守り切り、タイムアップ。2-0。アーセナルが勝利した。

 アーセナルは絶対負けられない中で、ホームで気持ちの籠ったプレーを披露。4位との勝ち点差を3に縮め、CL出場権に向けて粘りを見せた。6位マンUも勝利して後ろも勝ち点差なしは変わらない。7位以下と勝ち点差10以上を付けて、いよいよCL出場権をかけたトップ6の争いが熾烈になってきた。

自分のやり方を認めて、自分をほめること

 先日、前の職場の後輩から、「私のブログを読んだら『仕事は嫌いです』という記事があったけど、○○さんは自分では仕事をせずに、部下に仕事をうまく差配して成果を挙げるのだからすごい」といった趣旨のことを言われた。それを聞いて何か違うような気がしたので、翌日、自分のブログを検索して改めてその記事を読んでみた。

 そこには確かに「いかに自分が仕事をせずに、成果を挙げるか。そのことを考えてきた」と書かれている。しかし、自分が仕事をしないからと言って、「部下や同僚に仕事を押し付けてきた」とは書いていない。いや、実際にはそういうこともあったかもしれないが、私の意識としては、「自分が嫌いな仕事は、他人も嫌いに決まっている。だから、みんな(少なくとも自分の部下は)して仕事をせずに成果を挙げるにはどうしたらいいかを考えてきた」つもりだ。

 そのためには、目標をしっかりと定め、それに向けてやらざるを得ないことを効率的に行う。もちろん仕事の進捗や時間の経過、環境や与条件の変化に伴い、やらざるを得ないことは変わるが、そこはしっかりと見定めていく。人誰しも得意分野や苦手分野があるので、適材適所、自分が担当した方がよければ自分でやるし、他の者の方が優れていることも多い。場合によって特定の者に作業が集中することもあるが、そこは別のことでフォローするなり、効率を求めずに担当を変更したりする。目標が共有できていれば、達成した時には、私だけでなく、それに関わった者全員にとって喜びとなるはず。その時にはみんなにしっかりと感謝の意を伝える。

 なんて書けば、整然として理想的だけど、実際には目標が達成できないことも多いし、無駄な作業ばかりして徒労感が募ることもある。一つの目標が達成されたと思っても、すぐに次の課題が浮かび上がる。そして連続的に達成すべき目標が現れ、結果的に仕事に追われ、疲れてしまう。そんな時は少し休養が必要だ。サッカーでも観るかな。最近はサッカーばかり観ているけど。

 先日、リアル版「下町ロケット」と言われる植松電機(株)代表取締役社長の植松努氏の講演を聞いた(ちなみに私と同じ講演を聞いたと思われる方がさっそくその翌日に感想をブログ「下町ロケットのリアル版がここにあった | 経営コンサルタント 毛利京申 事業再生 事業承継」にアップされていた。すごいね)。そのブログにも書かれているとおり、植松氏の話はもっぱら「夢をあきらめない」という内容で、もちろんその人間力はすごいと思う。一方で「『どうせ無理……』とは言わない」という話もあった。これは自分に対しても、他人や子供に対しても。その意味は理解するものの、やはり無理なこと、不得意なことはあるはずで、だから「自分の弱みは隠さず、人に話すことで、それが得意な人と連携する」とも言っていた。なんか、「ああ言えばこう言う」みたいだなと思って聞いていたけど、めげずに常に前向きに進む精神が植松氏の一番の長所であり、成功の鍵なのだろう。

 私はとても植松氏のようにはなれないけど、自分に対して、前向きかつ楽観的に生きていくことは重要だと思う。それともう一つ、これは最初に就職した時から思っていたことだけど、「鶏口牛後」。あまり遠い目標は定めず、「取り敢えず、鶏の口でいい」と思うこと。まずは少し手前の小さな目標を設定し、それが達成したら次の目標と段階的に目標を設定する。もっと具体的に言うと、毎朝、今日の目標を決めて、それが達成したら満足すること。そして他人に期待しないこと。他人が少しでも協力してくれたら感謝すること。その繰り返しなんだろうな。ちなみに、小さな目標の設定にあたっても、常により遠い目標、真の目標は忘れないようにしよう。これは難しいし、達成できないことも多いけど、少しでも近づけたと思えればよしとする。

 なんてことを考えたけど、Yさん、どう? 聴きたいこと、言いたかったこととは違うような気もするけど、あまり自分を卑下せず、また他人と比べることなく、自分のやり方を認めて、それができる自分をほめてやってください。人はみんな違うし、自分には自分のやり方でしかできないから。まずは「自分を卑下しない、自分をほめる」ということが大事かもしれないね。