とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

クラブワールドカップ準々決勝 アルジャジーラ対浦和レッズ

 ACL王者の浦和レッズの初戦は開催国王者アルジャジーラACLでは準優勝のアルアハリと同じグループで敗退しているが、レッズにとっては完全アウェイな環境が怖い。レッズは左IHに矢島を入れた以外は、ACL勝戦と同じ先発。アルジャジーラオークランド・シティとの開幕戦とは違って、守備的な布陣。マブフートとロマリーニョの2トップに左SHアブドゥラ。ラファエル・シルバのいるレッズの左サイドには本来ボランチのアルゴサニを右SHで起用。ボランチは司令塔のブスファが下がって、アルアックスと組む4-4-2の布陣だ。

 前半序盤はお互い守備を固めて、相手を観察する構え。お互い守備からロングボールを前線に蹴り込んでいく。レッズ最大のチャンスは前半28分。CH青木の縦パスを右SH武藤が右に展開し、右SB遠藤の縦パスに武藤が走り込んでクロス。CF興梠がフリーでシュートを放つが、ふかしてしまう。これを決めていれば。結局、これが勝負を分けた。

 アルジャジーラも34分、CHブスファのフィードにCFマブフートが走り込み、クロスはGK西川がセーブ。走り込んだFWロマリーニョはCB槙野がしっかり抑えていた。さらに35分、CHブスファのクロスに右SBアルハムダニのヘディングシュートはGK西川がはね返した。その後はお互いチャンスは迎えるもののシュートまで至らない。44分、CHブスファのスルーパスにCFマブフートが抜け出すが、うまくトラップができずに流れて、GK西川がセーブした。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入るとレッズが積極的に攻めていく。だが7分、左SHラファエル・シルバの縦パスを左IH矢島が受けたところを後ろから右SBアルハムダニが突くと、こぼれたボールをCHブスファが受けて縦パス。FWロマリーニョのスルーパスにFWマブフートがDFラインを破って抜け出すと、GK西川をよく見て股下を抜くシュート。アルジャジーラが先制点を挙げた。

 反撃するレッズ。16分、柏木のCKにCB槙野のヘディングシュートはDFに当たってバーを越える。18分、右SH武藤のミドルシュートをGKハセイフがこぼしたところにCF興梠が詰めるが、GKハセイフが必死で手を伸ばして、うまくシュートを打てず。22分には武藤に代えて左SH高木、27分には右SB遠藤に代えて森脇を投入する。28分、右IH柏木の落としからCB槙野がミドルシュート。31分には柏木のCKに右SHラファエル・シルバがヘディングシュートを放つ。しかし枠を捉えられない。その直後、左IH矢島に代えて右SHズラタンを投入する。ラファエル・シルバはトップ下か。

 33分、左SH高木のクロスのこぼれをCH柏木がボレーシュート。しかしGKハセイフがキャッチする。40分、右SB森脇のミドルシュートはGKハセイフがパンチング。42分、CH青木の縦パスを受けたOHラファエル・シルバがうまく反転して右に展開すると、右SB森脇のクロスに右SHズラタンが走り込む。その手前でスライディングしたCBファレス・ジェマの手に当たったようにも見えたが、PKは取らない。VARも発動しない。44分、GK西川のフィードにCF興梠が走り込み、クロスにOHラファエル・シルバがシュート。しかしポストを叩く。万事休す。その後はアルジャジーラも時間を使い、4分のアディショナルタイムが経過。1-0。アルジャジーラが虎の子の1点を守り切って、レアル・マドリードが待つ準決勝進出を決めた。

 開催国のチームがレアル・マドリードと対戦できるのは、大会的にはいいこと。レッズにも準決勝へ進出してほしかったけど、仕方ないかな。次はアフリカ王者のウィダード・カサブランカと対戦する。ロシアW杯出場を決めたモロッコ代表が多く所属するチームだ。敗戦必至のレアル・マドリードと戦うよりも、モロッコ代表と対戦する方が槙野や長澤などのW杯をめざす選手には有益ではないか。5位決定戦にはなるが、こちらも十分注目に値する。

EAFF E-1サッカー選手権(男子) 日本対北朝鮮

 日本は海外組のいないJリーグの選手で組んだ代表。金崎のワントップにトップ下は高萩。右SH小林、左SH倉田。ボランチは井手口と今野のガンバのコンビ。CBは谷口と昌子で組んで、右SBは初召集の室屋。GK中村も代表では初出場だ。4-2-3-1の日本に対して北朝鮮は、カマタマーレのリヨンジをアンカーに置く4-1-4-1の布陣。ワントップにはキムユソンが入る。

 序盤からしっかりと守る北朝鮮に対してなかなか攻め込めない日本。15分、CH今野の縦パスをCF金崎がポストに入ってフリックするが、走り込んだ左SH倉田はオフサイド。17分、CH井手口のミドルシュートもうまく当たらず、GKリミョングクが簡単にセーブする。北朝鮮は長いボールを前線に放り込んでくる。22分、CBシンヒンジョンのフィードにCFキムユソンが走り込み、CB谷口が競り合って倒してしまうが、PKにはならなかった。25分には長いFKをDFがクリアしたところを、CHリヨンジが斜めのクロス。左SHチョンイルグワンがボレーシュートを放つが、GK中村航輔がナイスセーブする。

 北朝鮮は27分にも、右SHパクミョンソンのスルーパスにCFキムユソンが抜け出し、シュート。GK中村がはね返すと、CHリヨンジがダイビングヘッド。だがGK中村がキャッチした。日本も30分、左SB車屋のクロスにCF金崎がヘディングシュート。39分、左SH倉田の縦パスに走り込んだCF金崎のクロスにOH高萩が走り込むが、シュートは決まらない。北朝鮮の粘り強い守備の前に、日本は有効な攻撃が出せないまま、スコアレスで折り返した。

 後半に入っても攻めあぐねる日本。逆に北朝鮮が積極的に攻めてくる。1分、CFキムユソンを落としから右SHパクソンチョルがミドルシュート。6分、右SBチャングクチョルがミドルシュート。7分には左SHチョンイルグワンのクロスに右SHパクミョンソンがヘディングシュート。GK中村がセーブする。トップ下でほとんどボールに触れなかった高萩は11分、右SH伊東に交代。小林がFWに上がって4-4-2にする。

 すると13分、右SH伊東のクロスをファーで左SH倉田が折り返すクロス。FW小林が飛び込むが、DFがクリアした。伊東の投入で日本が攻勢になったと思ったが、しばらくするとまた北朝鮮が押し返してくる。20分、右SHパクミョンソンの落としからCHリヨンジがミドルシュート。24分、左SBカングクチョルのクロスに左SHチョンイルグワンがヘディングシュート。GK中村航輔がファインセーブ。さらに25分、左IHリウンチョルのフィードを右SHパクミョンソンがヘディングで落とし、左SHチョンイルグワンがダイレクトでスルーパス。右SHパクミョンソンが走り込んでフリーとなるが、シュートは枠を外した。助かった。

 日本は26分、FW金崎に代えて川又を投入。36分には左SH倉田に代えて阿部を投入する。38分、右SBチャングクチョルの右足アウトサイドのスルーパスに左SHチョンイルグワンが走り込んでシュート。だがこれもGK中村航輔がファインセーブ。41分には中盤深い位置からのFKをCBシムヒンジョンが走り込んでクロス。続くCKをGK中村がはね返すと、後方からミドルシュート。これもGK中村がセーブした。

 このままアディショナルタイムに突入。46分、左SB車屋の落としから左SH阿部の縦パス。FW小林が落とすと、CH井手口が左に流して、左SB車屋のクロスにFW川又がヘディングシュート。決まったかと思ったが、GKリミョングクがファインセーブ。ゴールが遠い。そして49分、右SB室屋が自陣から縦パスを送ると、FW小林が落として、左SH阿部がドリブルで運ぶ。左に流してFW川又のクロスをCH今野がていねいにヘディングで落とすと、CH井手口がミドルシュート。これが決まり、最後の最後でようやく日本がゴールを挙げた。そしてタイムアップ。日本がギリギリ、ゴールを奪って、何とか1-0で勝利した。

 それにしても厳しい戦い。北朝鮮はやはり気持ちが強い。日本は急造チームのせいか、連携が取れず、攻めあぐねた。最後はフロンターレ同士の連携、そしてガンバのCHコンビでゴールを挙げたが、同チームの選手がいない金崎や高萩は苦労していた。結局、このゲームで目立ったのは井手口と中村航輔。中村がいなければ、大敗してもおかしくなかった。ロシアW杯は川島が正GKだろうが、将来、中村が日本代表のゴールマウスを守る日が来ることを予感した。かつての川口みたいだ。次の中国戦はどんなメンバーで臨むのだろうか。国内組だけで戦うこの大会はかなり苦労しそうだ。

EAFF E-1サッカー選手権(女子) 日本対韓国

 韓国には2013年以降の3試合で1分2敗と勝てていないと言う。横山や熊谷といった海外選手がいない中で、高倉監督の下、初めての公式戦に臨んだ。鮫島が三宅とともにCBに入り、FWは田中と岩渕。中盤は宇津木と阪口のベテランで固めた。一方の韓国もベストメンバーではないと言うが、全体的に長身で細身。赤いルージュを引いているのがよく目立った。ユヨンアのワントップ、イヨンジュをアンカーに据える4-1-4-1の布陣だ。

 序盤、韓国が積極的にプレスをかけて攻めてくる。しかし7分、日本は左SH長谷川の仕掛けから左に流すと、左SB万屋が駆け上がって、クロスにFW田中美南がヘディングシュート。体制を崩し弱くなったが、コース良くゴールに転がり込んだ。日本が先制点を挙げた。その後は日本も高いDFラインを保ち、プレスをかけていくが、韓国も積極的に攻めてくる。そして14分、右SBチャンスルギのFKをGK池田がパンチングで弾くが、ファーサイドでこれを拾った左SHハンチェリンがクロス。チェックに行ったCH宇津木の手に当たり、PKを取られてしまう。これを右IHチョンソヒョンが決めて、韓国が同点に追い付いた。

 16分にはCB鮫島のバックパスがGK池田と合わず、あわてて鮫島が走ってクリア。続くCKからCFユヨンアがヘディングシュート。18分、左IHイミナから右に展開。右SHカンユミがドリブルで右サイドを突破。クロスに左IHイミナがボレーシュートを放つ。わずかにバーの上。日本は連携がまずく、パスミスが目立つ。32分、FW岩渕のCKにCH阪口がボレーシュート。DFの手に当たってコースが変わり、GKキムジョンミがキャッチする。しかし今度はPKを取ってくれない。

 前半終盤は日本も少しずつペースを取り戻していく。39分、右SH櫨はFW岩渕とのワンツーで抜け出すが、岩渕のスルーパスに届かない。45分、左SH長谷川のミドルシュートはバーの上に外した。1-1。前半を同点で折り返した。

 後半頭から韓国はCHイヨンジュに代えてイソダムを投入。チョソヒョンがCHに下がってイミナをFWに上げる4-4-2に見える。5分、FWイミナの縦パスに走り込んだ右SBチョソヒョンのクロスはCB三宅がCFユヨンアと競るが、こぼれ球をFWイミナが落として、FWユヨンアがシュート。外してくれて助かった。日本も9分、右SH櫨の落としからFW岩渕がつないで、FW田中がミドルシュート。しかしGKキムジョンミが横っ飛びファインセーブ。ゴールを許さない。逆に10分には、右SB大矢の横パスをカットしたFWイミナがミドルシュートを放つ。

 15分、日本はFW田中に代えて左SH中島を投入し、4-2-3-1に布陣変更。長谷川をトップ下に移す。韓国も23分、右SHカンユミに代えてチェユリを投入。24分、そのチェユリがFKからヘディングシュート。GK池田が抑えた。さらに日本は25分、左SB万屋に代えて高木を投入。するとその直後、右SB大矢のCKをCB三宅がフリックして、左SH中島がシュート。ネットに突き刺し、日本が1点をリードする。

 30分、日本は長谷川に代えてFW籾木を投入。籾木は高い位置に入り、4-4-2にする。韓国もCFユヨンアに代えてチョンソルビンを投入する。32分、右SHチェユリがミドルシュート。そして35分、CFチョンソルビンから右に展開すると、FWイミナのクロスに左SHハンチェリンがボレーシュート。これが決まり、韓国が同点に追い付いた。右SB大矢の頭を越されたクロス。大矢の守備にはやや問題あり。しかし38分、GKからのフィードをはね返した左SB高木のヘディングをFW籾木が受けて、FW岩渕につなぎ、左SH中島がミドルシュート。バーに当たったはね返りをFW岩渕が落ち着いてDFをかわしシュート。日本が三たび勝ち越しゴールを挙げた。その後は危ない場面もあったが、何とか守り切り、3-2。日本が勝利した。

 韓国相手に久しぶりに勝利を挙げた。しかし快勝というには遠い。連携ミスも目立つ。月曜日には中国との対戦。さらに連携を高めて中国を一蹴し、来週の北朝鮮戦へつなげたい。がんばれ、なでしこ。