とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

コパ・アメリカ グループB アルゼンチン対コロンビア

 いよいよコパ・アメリカが始まった。開幕戦、ブラジルはボリビアに3-0と快勝。そしてグループBでは第1戦からアルゼンチン対コロンビアの好カードが組まれている。アルゼンチンの布陣は4-2-3-1。メッシをトップ下で起用し、アグエロがワントップ。左SHにディマリアが入り、右SHはロチェルソ。ボランチにはパレデスとギド・ロドリゲス。DFは右から右SBサラヴィア、CBペッセッラ、CBオタメンディ、左SBタグリアフィコ。GKにはアルマーニが入る。対するコロンビアは4-1-4-1ファルカオをワントップに右SHハメス・ロドリゲス、左SHムリエル。中盤はバリオスをアンカーに右IHクアドラード、左IHウリベ。そしてDFは右から右SBメディーナ、CBミナ、CBダビンソン・サンチェス、左SBテッシージョ。GKはオスピナが守る。

 前半はお互いなかなか攻撃のスイッチが入らない。5分、OHメッシのクロスのクリアを右SHロチェルソが胸で落とし、CBオタメンディボレーシュート。コロンビアは14分、左SHムリエルがケガでマルティネスと交代する。すると16分、右IHクアドラードのクロスをCFファルカオが落とし、左SHマルティネスがシュート。右に外す。その後もお互いなかなか攻められず、膠着状態が続く。それでも全体的に組織的に戦っているのはコロンビア。一方、アルゼンチンはメッシの動きに対して、全体でどう動いていいかわからない感じ。

 30分、GKアルマーニからCBオタメンディへのパスにCFファルカオがプレスをかけて奪うと、中へパス。右SHハメス・ロドリゲスが走り込むが、プレースバックしたCHギド・ロドリゲスが何とかクリアする。35分には右SBメディーナが仕掛けて、こぼれ球を右SH編酢・ロドリゲスがミドルシュート。39分にはハメス・ロドリゲスのFKにCFファルカオがヘディングするが枠へは飛ばない。この時間、SHが左右入れ替わると、右SHマルティネスが仕掛けて、クロスにCFファルカオがシュート。DFがブロック。45+2分にはCHバリオスミドルシュート。前半はここで折り返したが、30分以降、コロンビアがペースを握って優勢に運んだ。

 アルゼンチンは後半頭に左SHディマリアに代えてデパウルを投入。ディマリアは前半、ほとんどボールにも触らず、消えていた。すると1分、CHパレデスがミドルシュートを放つ。コロンビアも8分、右SHハメス・ロドリゲスのFKのクリアを右IHクアドラードボレーシュート。しかしDFがブロックする。アルゼンチンも10分、CFアグエロのヒールパスからOHメッシがドリブル。しかしCHバリオスにクリアされる。コロンビアは守備面でバリオスが効いている。

 しかしその後もアルゼンチンの攻勢が続く。14分、OHメッシのCKのクリアをCHパレデスが拾い、左SHデパウルとのパス交換からパレデスがミドルシュート。GKオスピナがナイスセーブ。はね返りをメッシがボレーシュートするが、枠をは捉えられなかった。17分にもOHメッシのFKはGKオスピナがキャッチ。21分、CFアグエロのクロスにCBオタメンディがヘディングシュート。GKオスピナがファインセーブ。はね返りをOHメッシがヘディングシュートするが、これも枠を外した。

 コロンビアは19分、右IHクアドラードに代えて右SHレルマを投入。ハメス・ロドリゲスが右IHに下がる。アルゼンチンも22分、CHギド・ロドリゲスに代えてピサーロ。そして26分、右IHハメス・ロドリゲスからの大きなサイドチェンジが左SHマルティネスに渡ると、マルティネスがカットインからミドルシュートを放つ。これが見事に決まって、ついにコロンビアが先制点を挙げた。

 何とか同点に追い付こうと攻めるアルゼンチンだが、32分、メッシのFKはGKオスピナがキャッチ。アルゼンチンは34分、CFアグエロを下げて、アティアス・スアレスを投入。コロンビアも36分、CFファルカオを下げて、右SHサパタを投入。ハメス・ロドリゲスをCFに上げて、レルマが右IHに下がる。40分にはCFマティアス・スアレスの落としから右SHロチェルソがミドルシュート。だが枠を捉えられない。コロンビアの方が守りに余裕がある。

 そして40分、自陣右サイドのスローインを右SHサパタが受けると、そこからピッチ中央に向けて力強いドリブル。左に流して、左SHマルティネスが受けると、さらにその外側をIHレルマが上がっていく。そしてクロスに右SHサパタがシュート。コロンビアが追加点を挙げた。アルゼンチンは44分、CHパレデスのFKはGKオスピナが正面でキャッチ。45+1分、メッシのFKのクリアをCBペッセッラがミドルシュートするも、これもGKオスピナが抑えた。そしてタイムアップ。2-0。コロンビアが初戦アルゼンチンを破って、好調なスタートを切った。

 もっともグループBは他にはカタールパラグアイ。アルゼンチンもコロンビアには負けても、他のチームには勝利して決勝トーナメントに進出するだろう。その間にもっとメッシやアグエロとの連携を高めていく必要がある。個々の能力は高いが、攻撃面で組織的なプレーができていない。一方、コロンビアはファルカオハメス・ロドリゲスを中心にチームワークが良く、アンカーのバリオスも効いている。そして途中出場したサパタの強さ・速さも脅威だ。十分優勝も狙えるチームに仕上がっている。

J1リーグ第15節 大分トリニータ対名古屋グランパス

 1週間の中断を置いてJ1リーグが再開された。4位グランパスは同じ勝ち点24で並ぶ6位トリニータと対戦。得失点差で5位に付くアントラーズは前日のゲームに勝利して先に抜け出した。両チームとも何とか勝利して首位についていきたい。しかし両チームともここ3試合1分けの後に連敗。中断期間にどこまで立て直すことができたのか。グランパスの変化に注目した。

 グランパスはようやく傷が癒えてFWジョーが先発。いつものように長谷川と2トップを組む。シャビエルが右SH、左SHは和泉。ボランチから後ろはいつものメンバーが並ぶ。対するトリニータは3-4-3の布陣。藤本とオナイウの2トップに、中盤は島川をアンカーに小塚と前田凌佑が並ぶ形。右WB松本、左WB高山。3バックは右から庄司、鈴木義宜、三竿優斗。GKは高木駿だ。

 いつものように序盤からグランパスがパスを回して攻めていく。しかしトリニータも4分FWオナイウ、5分FW藤本とカウンターで攻めていく。なかなかシュートまでいけないグランパスはようやく11分、左SH和泉がミドルシュートを放つと、12分、FWジョーの楔のパスを右SHシャビエルが落として、FWジョーが中へ送って左SB吉田がシュート。続くシャビエルのSCKからのクロスにFW長谷川がヘディングシュートを放つが、GK高木がナイスセーブで弾き出した。

 19分にはCB丸山のクロスをFWジョーが落として、FW長谷川のパスから最後はこぼれ球を右SHシャビエルがオーバーヘッドシュート。だがこれもDFがブロックする。グランパスがいつものようにゴール前に押し込んでパスを回すが、トリニータがブロックを作ってシュートコースを開けてくれない。そしてカウンター。22分、左IH小塚の縦パスをFWオナイウが戻すと、小塚が左に流して、FW藤本がシュート。23分にはCH米本からボールを奪ったFW藤本がドリブルで持ち込んで、クロスにFWオナイウがヘディングシュート。サイドネットに外れた。

 そして37分、右IH前田凌佑がドリブルで持ち上がると、右に流して、右WB松本のクロスに左CB三竿がミドルシュート。GKランゲラックが弾くが、弾いたボールをFWオナイウがシュート。トリニータが先制点を挙げた。FWオナイウは42分にもドリブルで持ち上がりシュート。これはCB丸山がブロックした。グランパスも45+1分、右SHシャビエルがドリブルで持ち上がりシュートを放つが、GK高木がファインセーブ。続くシャビエルのCKにCHシミッチがヘディングシュートするも枠を外す。前半はトリニータのリードで折り返した。

 後半に入ると、グランパスのパス回しにスピードが加わる。さらに7分にはFW長谷川に代えて前田直輝を投入する。すると8分、CH米本の縦パスをFWオナイウがカットしようとしたが、こぼれたボールはFWジョーが収めて、左SB吉田のスルーパスに左SH和泉が走り込む。クロスをファーから走り込んだ右SB宮原が押し込んで、グランパスがようやく同点に追い付いた。

 その後はグランパスの攻撃が続く。10分、右SHシャビエルのヒールパスにFW前田直輝が走り込み。中へつなぐと、最終ラインから走り込んだCB中谷がシュート。だがGK高木がキャッチする。18分、トリニータは左WB高山を下げて18歳高畑を投入する。20分、CH米谷のクロスをFWジョーとDFが競って、こぼれ球をFW前田がボレーシュート。バーに当たる。さらに22分には右SHシャビエルがミドルシュートを放つもDFがブロック。26分、左SH和泉のドリブルが倒されて、PA手前でFKのチャンス。吉田が横に流すと、CHシャビエルがミドルシュートを狙うが、トリニータDFの飛び出しも速い。すぐにブロックされる。

 31分には左SB吉田のクロスにFW前田がヘディングシュート。GK高木がナイスセーブ。トリニータは32分、右IH前田凌佑を下げて後藤を投入。すると35分、FWオナイウがドリブルで持ち上がり、左に流して、左WB高畑のクロスにFW藤本がヘディングシュート。だが枠に飛ばない。36分にはFW前田直輝が仕掛けてドリブルからクロス。左SH和泉の折り返しを右SHシャビエルがボレーで狙うが、バーに嫌われた。37分、グランパスはシャビエルを下げてFW赤崎を投入。前田直輝を右SHに下げる。

 トリニータも38分、右WB松本の仕掛けからクロスに左WB高畑がヘディングシュート。しかし右SB宮原がブロック。40分、右SH前田直輝がカットインからミドルシュート。DFに当たってあわやゴールもGK高木がナイスセーブ。42分には左SH和泉に代えて金井を投入。すると45+1分、SH金井のクロスをFW赤崎がヘディングでフリック。しかしFWジョーの手前でDFがクリアする。45+3分にはFWジョーのポストから左SH金井がヘディングで前に送ると、FW赤崎の落としを左SH金井がミドルシュート。しかしこれもGK高木がナイスセーブする。

 結局その後はどちらもゴールならず。1-1のドローで終わった。これで4戦勝ちなし。グランパスアントラーズに抜かれて5位に転落した。それでも上位チームも勝ち点を伸ばせず、次節の結果次第では2位まで上がる可能性もある。ここは正念場。このところ下位チームに対して勝ち点の取りこぼしが目立つが、そろそろ勝利が欲しい。次節エスパルス戦に久しぶりの勝利を期待したい。

女子ワールドカップ グループD 日本対スコットランド

 グループリーグ初戦をグループ最弱のアルゼンチンに守り切られて引き分け。第2戦は初戦イングランドに敗戦し、こちらも後がないスコットランドが相手だ。日本にとってもこのゲームに勝てなければグループリーグ敗退の恐れも高まる。絶対勝利が必要なゲームだ。先発は第1戦で気負いが目立ったFW横山と左SH長谷川に代えてFW岩渕と左SH遠藤が出場。CBには南に代えて市瀬が先発した。CB熊谷と組むには市瀬の方が安定感で勝ると思う。他は第1戦と同じメンバー。布陣は4-4-2。対するスコットランドも4-4-2。カスバートとロスの2トップに右SHエバンス、左SHアーノット。リトルとウィアがダブルボランチだが、ウィアの方が下がり目で、中盤の底でゲームを作る。DFは右から右SBスミス、CBコーシー、CBビーティー、左SHローダー。GKはアレクサンダーだ。

 序盤から日本が高い位置からプレスをかけて、積極的に攻めていく。1分、FW菅澤のクロスに左SH遠藤が走り込み、ヘディングするが、当たり損ねてGKアレクサンダーがキャッチ。7分には左SB鮫島の縦パスに走り込んだFW菅澤からのクロスを右SH中島がミドルシュート。ポスト右に外す。スコットランドも11分、左SBローダーのフィードにFWロスが走り込み、戻しを左SBローダーがミドルシュート。GK山下が正面でキャッチするが、スコットランドのFWとSHは足が速い。

 攻める日本だが、なかなかゴールが入らない。17分にはFW岩渕が仕掛けてシュートを放つが、GKアレクサンダーにセーブされる。このまま行ってしまったらアルゼンチン戦の二の舞と心配し出した23分、CH杉田のクロスがDFに当たってこぼれたところを左SH遠藤が拾い、DFの股下を抜く横パス。これをFW岩渕が豪快にミドルシュートを放ち、ゴールに突き刺した。日本、先制。

 これで気が楽になったか、その後は日本選手の動きもよくなり、パスも回るようになってくる。27分、CH杉田の縦パスをFW菅澤が落とし、FW岩渕、左SH遠藤とつないで左に流すと、左SB鮫島がクロス。いったんはDFにはね返されたが、もう一度左SB鮫島がダイレクトで中へ折り返すと、FW岩渕がヘディングでつないで、FW菅澤の落としをFW岩渕がシュート。さらにはね返りを左SH遠藤がミドルシュートするが、DFに当たってGKにセーブされた。しかしCH杉田が攻撃参加すると、必ず日本にチャンスが訪れる。そして37分、右SB清水のフィードにFW菅澤が走り込むと、たまらずCBコーシーが肩に手をかけて倒してしまう。PK。これを菅澤がしっかり決めて、日本が追加点を挙げた。

 42分、FWカスバートのミドルシュートがバーのわずか上を通過しヒヤッとしたが、43分には右SH中島もミドルシュート。45+1分にはFW岩渕のスルーパスに左SH遠藤が走り込み、クロスにCH杉田がシュート。バーにはね返される。こぼれ球を右SB清水がミドルシュートを放つが、これは大きく枠を外した。前半を終えて2-0。何とかこのゲームはモノにできそうだ。

 後半に入っても日本がしっかりゲームをコントロールしている。6分、CHウェアのミドルシュートはGK山下ががっちりとキャッチした。逆に9分にはCH三浦の縦パスをFW菅澤が落とし、CH杉田がミドルシュート。11分、左SH遠藤のCKにCB熊谷がシュートを放つが、うまく当たらなかった。スコットランドも12分、FWカスバートのドリブルからスルーパスにSHエバンスが走り込むが、CB市瀬がしっかりと対応しクリアする。CB市瀬は小柄ながら読みが良く、相手のチャンスもしっかりと対応できる。

 13分、FW菅澤の落としからCH杉田が右斜めにパスを送ると、右SH中島が切り返してミドルシュート。GKアレクサンダーのファインセーブで弾かれた。スコットランドは15分、左SHアーノットに代えてエムズリーを投入する。21分、スコットランドのCKをGK山下が飛び出してパンチング。こぼれ球をDFが大きくクリアするが、右SHエバンスがミドルシュート。枠は外れた。その直後、日本は左SH遠藤に代えてFW小林里歌子を投入。岩渕を左SHに下げる。すると22分、左SB鮫島のパスにFW小林が走り込む。GKアレクサンダーがクリアするが、これを拾った左SB鮫島がミドルシュート。GKアレクサンダーがキャッチする。

 31分にもFWカスバートのシュートをCB市瀬がブロック。ここまで日本のDF陣が完璧に守って不安感はない。その直後、スコットランドはFWロスに代えてクレランドを投入する。33分、CHウィアのFKにFWカスバートがシュート。ポストに当たった。38分、右SHエバンスがミドルシュート。これはGK山下がナイスセーブ。日本は37分、左SH岩渕に代えて長谷川を投入する。だがスコットランドの攻勢が止まらない。そして43分、CB市瀬の横パスをFWクレランドに奪われ、ミドルシュートで1点を失い。その後もスコットランドの攻勢が続いたが、日本も45+2分、左SH長谷川のパスからFW小林がクロス。CH杉田がミドルシュートを放つが、GKアレクサンダーがファインセーブ。これ以上、追加点は奪えなかったが、そのままタイムアップ。2-1。日本がようやくグループリーグで勝利を挙げた。

 初戦と違ってダントツの出来。中でもCH杉田が攻撃に絡むと必ずチャンスになる。一方、左SHに長谷川を起用すると、スルーパスに走り込む選手がおらず、また長谷川自身もまだタイミングが合っていないのか、外国人選手の足に引っ掛かってしまうことが多い。左SH長谷川とFW小林のコンビならいいかもしれないが、CH杉田の存在を考えると、今はまだ遠藤の方が安心できる。そしてCBはやはり市瀬がいい。失点は市瀬のミスからだが、それで引き摺ることはないだろう。補って余りあるプレーを見せてくれた。

 もう一つ行われたイングランド対アルゼンチンはアルゼンチンの守備に手こずりつつもイングランドが1-0で勝利した。これでイングランドはグループリーグ突破が確定。第3戦、メンバーを落としてくれないだろうか。日本もスコットランド対アルゼンチンの結果次第だが、大敗しなければたぶん決勝トーナメント進出は可能だろう。決勝トーナメントにつなげるためにも第3戦イングランド戦には勝利をめざして思い切ってぶつかってほしい。ようやくなでしこのワールドカップが始まったような気分だ。