とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

キリンチャレンジカップ 日本対ベネズエラ

 森保監督就任以来3連勝と快調なスタートを切った日本代表。ウルグアイ戦の勝利はその内容ともども本当に感動した。ただし所詮親善試合。引き続き様々なチームとの対戦経験を重ね、強化を進めていくしかない。ベネズエラFIFAランク29位。W杯出場はないが、実力国だ。日本の先発はウルグアイ戦とほぼ同じ。左SBに佐々木、CBに冨安、GKにはシュミット・ダニエルが先発。大迫をワントップに、右から堂安、南野、中島。遠藤と柴崎の中盤も楽しみだ。一方のベネズエラは4-1-4-1の布陣。ワントップのロンドンはニューカッスルで武藤の同僚となる屈強なFW。アンカーを務めたリンコンも効いていた。

 開始3分、CH柴崎のスルーパスに右SH堂安が走り込み、クロスに左SH中島がシュート。序盤から日本が積極的に攻めていく。ベネズエラも11分、右IHエレラが右SHムリジョとのワンツーでPA内に仕掛けていく。左SB佐々木がヘディングでカットしたが、これがCFロンドンに渡る。GKシュミット・ダニエルが飛び出すが、ロンドンが浮かしたシュート。しかしCB冨安が飛び込んでナイスクリア。GKと入れ違いにゴールに向かって走った冨安の動きがすばらしい。

 しかしベネズエラはしっかりと日本のプレーを研究してきた様子。CHリンコンがOH南野を抑え、柴崎と遠藤のダブルボランチも両IHが自由にさせない。14分には左SHマチスのドリブルにPA手前でCH柴崎がファール。CFロンドンのFKは壁に当たったが、はね返りをもう一度ミドルシュート。わずかにポスト左に外れた。日本も16分、左SH中島がCH柴崎とのワンツーからスルーパス。右SH堂安が走り込み、ゴール前にクロスを送るが、OH南野がわずかに届かない。

 ベネズエラは24分、左SBマゴのサイドチェンジをCFロンドンが落とすと、右SBロサレスがミドルシュート。ポスト左に外れるが、ロンドンのポストプレーが強い。しかしCF大迫も負けてはいない。ベネズエラのCBのマークがきつい中、日本はCF大迫が中盤まで下がってポストプレーから攻撃を作っていく。そして26分、左SH中島のキープからCH柴崎が縦パス。OH南野が受けてさらに前に送ると、CF大迫がDFを3人引き付けて右に流す。右SH堂安がフリー。飛び出したGKロモの上を越えてゴールに流し込むが、わずかにポスト左に外れた。残念。

 28分、ベネズエラは右SBロサレスのクロスを左IHモレノが落とし、左SHマチスがシュート。枠を外す。日本も30分、CB吉田の長い縦パスにOH南野が走り込み、横パスにCF大迫が走り込むが、CBフェラレシがクリア。33分には右SB酒井宏樹のクロスにOH南野がヘディングシュート。34分、CF大迫のスルーパスにOH南野が走り込んでシュートを放つも、GKロモがナイスセーブ。そして39分、右サイド深い位置で得たFKを中島が蹴ると、ファーサイドに走り込んだSB酒井がボレーシュート。これがネットに突き刺さり、日本が先制点を挙げた。

 さらに44分にはGKシュミット・ダニエルからのフィードをCF大迫が収めると、すぐに反転。左に展開すると、左SH中島がミドルシュート。サイドネットにかかったが、大迫のプレーがすばらしい。またGKシュミット・ダニエルJリーグでは失点場面をみることが多いが、このゲームでは長く正確なフィードと余裕を持った足捌きを見せて存在感を示していた。前半は日本の1点リードで折り返した。

 後半になっても日本のペースが続く。6分、CH柴崎の縦パスを受けたCF大迫が右に展開。右SH堂安の右を回り込んだ柴崎に絶妙のパスが出て、CH柴崎がミドルシュート。GKロモがナイスセーブで弾き返した。8分にもGKシュミット・ダニエルのフィードをCF大迫が収め、左SH中島がドリブル。右SH堂安が受けると、CF大迫のスルーパスに走り込んでシュート。日本は大迫を中心によく攻めていった。すると20分、ベネズエラはCFロンドンに代えてマルティネス、右SHムリジョに代えてゴンサレス、右IHエレラに代えてアリストジェスを投入。日本も23分、CF大迫に代えて北川、左SH中島に代えて原口を投入した。

 すると左SH原口は積極的なプレーを見せたものの、全体的には日本の攻撃が停滞。30分、左SH原口が左サイドを積極的に突破。DFを数人抜き去ってゴール際まで上がり、シュートを放つが、GKロモがセーブした。32分、日本は右SH堂安に代えて伊東、OH南野に代えて杉本を投入。FWを2トップにする。右SH伊東のドリブルなど積極的なプレーもあったが、FW杉本とFW北川の役割分担が不明確。なかなか攻撃の形を作れない。すると36分、ゴール前でルーズに弾んだボールに対して右SB酒井が競り合い、右SHゴンサレスを倒してしまう。PK。これをCHリンコンが決めて、ベネズエラが同点に追い付いた。

 37分にはCH柴崎のCKにCF杉本がニアに飛び込んでヘディングシュートを放つも、枠を捉えられない。アディショナルタイム1分には左SH原口のドリブルからクロスに、FW北口がうまく反転してシュート。続くCH柴崎のCKのこぼれを左SH原口がミドルシュート。さらにはね返りを右SH伊東がクロス。CB吉田がヘディングシュートを叩き込んで、日本が勝ち越し点を挙げたかと思ったが、これはオフサイド。だが最後まで積極的に攻めた日本。結果は1-1のドロー。代表監督初の就任4連勝はならなかったが、いいゲームをを見せた。

 大迫に堂安、南野、中島と絡んだ攻撃は相変わらず絶好調。だが、後半に選手交代すると、やはりこの4人には見劣りがする。大迫のプレーが肝だが、大迫がいない時の攻め方をもっと研究したい。伊東、原口の縦に速い両SHからのクロスにFW北川なども中で合わせるのは得意なはず。今回はケガで招集辞退をしたが、アントラーズの鈴木優磨のプレーも楽しみだ。今回は招集されていないが、久保や武藤もいる。さらに攻撃のバリエーションを増やしていきたい。また今回のゲームでは守備の粘り強さも評価したい。特に冨安がよかった。次のキルギス戦は三浦が先発だろうか。いろいろと試してさらなる底上げを期待したい。

外国人労働者と単純労働

 先週、いつもの床屋へ行って、主人といつもながらの話をした。先日は最初、格安理髪店について、主人が暴走。主人曰く「10分1000円の理髪ではまともな散髪はできない。10分1000円ということは時間6000円。これはうちよりも高い。だいたいそんな店でどれだけ働いても、将来、自分の店を持つだけの技術はつかない」。商売敵に対する悲憤は理解できるが、需要があるから商売として成り立っている側面は見落としてはならない。

 続いて、最近近くでオープンしたヘアカラー店の話題に移った。当初は「ヘアカラーも美容院ですべき」と主張していた主人だが、「美容院の回数が減るわけではなく、家で自ら行ってきたヘアカラー(白髪染め)の代替だ」と話したら、ようやく納得した。ただ、そうした店で働いているのは、おそらく子育てが一段落した美容院勤務の経験がある主婦。彼女らには将来的に自分の店を持つと言った希望はなく、暇な時間に少しでも稼げればいいという感覚だろうから、店舗経営者と労働者の需要はマッチしているが、先に書いた格安理容店の場合は少し違うかもしれない。

 いや、格安理容店で働く人にも、ヘアカラー店と同様の主婦や、スキーやサーフィンなどの趣味を持ち、季節的に働きたいというフリーターなどもいるかもしれない。そういう形で労働者のニーズとマッチした職場なら問題はないのだが、いま問題となっている外国人労働者の場合はどうなんだろう?

 企業側からすれば、誰でも替えの利く単純労働について、日本人の非正規労働者だけでは不足しているという状況に対して、代わりに単純労働を引き受けてくれる人材として外国人労働者に期待をしているということ。所得水準に差のある外国からの労働者であれば、単純に金儲けだけが目的で、ある程度カネが貯まれば離職してくれるという目算。しかし、外国人側にすれば、日本である程度の期間働けば、ある程度のコミュニティもできるし、母国よりも儲かるという思えば、家族を呼び寄せたりして、永住しようと考える人も出てくる。

 カネだけが目的であれば、母国と日本の労働条件を比較して、日本の方がいいと思って来日するわけだが、その過程で騙されたとか様々なことがあっても、最後は「母国へ帰る」という選択肢が残っている。でも「騙された」とかの点で、いろいろ問題も出てくる。また、長期間働きたいと考えたとすれば、日本での労働条件などの点での問題も発生する。永住したいとなればさらに問題は多い。

 といいことで、いま国会では、入管法改正の議論がされているが、外国人労働者の問題については、上記のような様々な問題が一緒くたに提起され、議論されており、一般国民には何が何だかさっぱり訳が分からない状況ではないか。そのあたりもう少し整理して議論をしてもらえないものか。

異端の時代☆

 筆者は神学者宗教学者であって、宗教としての異端を論じている。しかしそれは同時に現代社会における危機を論じることでもある。現代はまさに異端の時代であり、正統が消失してしまった(しつつある)時代だからだ。

 「みんな違ってみんないい」。そんな多様性を認める社会は、一方で社会の健全性を損なっている。トランプ政権や反知性主義を例にして、いま、正統・異端論を考える意味を提示した上で、第1章では丸山真男における「L正統」と「O正統」を腑分けしながら、正統、特に日本における正統のあり方について考察する。

 第2章から第4章までは、正統は正典が作るのか、教義が定めるのか、聖職者が担うのかを順に検討していく。結論は、正統は大衆が担う。初めに正統があって、正典が作られる。そして教義は正統が先にあって定められる。その上で、異端の成り立ちを考えていくと、「正統あっての異端」ではなく「初めに異端ありき」、異端が現れ、初めて正統が明らかになる。それも正統でないものを否定して、最大外周を指し示すという方法でしか定義づけられない正統性。この第7章の考察から、自由の意味が立ち現れる。自由とは単に無制約であるのではなく、制約があってこそ創設される。しかしそれは苦しい。

 第8章「退屈な組織と煌めく個人」では、「宿命」から解き放たれて「選択」を余儀なくされた現代社会を「異端の普遍化」「異端だらけの時代」と喝破した。終章「今日の正統と異端のかたち」では、改めて民主主義とポピュリズムを取り上げ、正統性を僭称する政治家の存在や正統の信憑性構造の揺らぎを指摘する。そして次の正統となり得る真正の異端の登場を期待する。

 今まさに、正統なく異端もない時代。異端を唱える気概もなく、ただ口先だけでお上叩きがされる。だが真の意味で個人と社会をつなぐためには、その間をつなぐ宗教が必要とされる。それは現在の商業的な宗教ではなく、正統性を担うべき宗教。しかもそれは異端から生まれる。真正の異端から。宗教を論じて、社会を論じる。当初の想定以上に骨太な考察がされている。現代社会のあり方を問う好著であった。

 

異端の時代――正統のかたちを求めて (岩波新書)

異端の時代――正統のかたちを求めて (岩波新書)

 

 

○正統とは、人びとがその権威をおのずと承認せざるをえないような何ものかである。・・・理詰めで相手を同意させなければならないような結論は、正統ではない。ましてそれは、権力が何らなの強制によって受け入れさせることができるものでもない。・・・正統派、おのずと醸成され、知らぬ間に人びとの心に浸透する。そのようにして気づかれぬままに精神の支配を樹立したものだけが、正統たり得るのである。(P76)

○ペラギウス主義とは、善が勝利することへのほとんど宗教的な信頼のことである。その信頼は、現代社会のさまざまな局面にあらわれている。・・・だが人間・・・の決定は環境や社会に制約されてしばしば非合理的である。・・・民主主義は、各人の自由な決断という前提の上に成り立っているが・・・人間は、けっして自己の運命の支配者ではない。自由は制約の下でしか存在せず、善は暴走して悪に転化する。(P120)

憲法を制定するということは、単にある法律文書を作ることではない。それは、ある「状態」を作ることである。・・・それが実際に人びとの暮らしに根づき、社会の慣習となり、公共精神の基幹となっているような状態を作る、ということである。・・・憲法は、ある時代に優勢な一握りの政治家たちが制定した、ということだけでは機能しない。人びとがおのずと認めるような権威がなければならないのである。ここに、正統性の問いがある。(P175)

古代ギリシア人の考えたコスモスには、生命と秩序が内在していた。そこへ聖書的な創造観が登場し・・・世界は創造者によって外から目的や意味を与えられた・・・。その聖書的な創造観をも失ったのが、現代人である。その結果、人は・・・自然世界の中に放り込まれた「偶然的な存在」にすぎなくなった。/にもかかわらず、人はどこかに意味を求め続ける。もし客観的な世界の側に意味がないのなら、それは自己の主観の内に見いだされなければならない。・・・意味付与は、今や個人の主観や決断の問題となった。(P198)

○もし選ぶことが異端なら、そしてすべての現代人が選ぶことを強制されているなら、現代は異端が普遍化した時代である。異端だらけの時代に、正統の居場所がないのは当然だろう。・・・正統という明確な背景があってこそ、異端も生きる。だから、失われたのは正統だけではない。正統の消失とともに、異端もまたホームレスと化して大都会の裏通りを彷徨うことになったのである。(P202)

○権威はそれが真理として主張されるようになった時点で、すでに揺らいでいる。・・・人間によって作られた制度は、正統として本来的に機能している限り、自己隠蔽能力をもっているからである。つまり・・・誰もそのことに思いをいたさないところにこそ、正統は存在している。・・・正統は「どこでも、いつでも、誰にでも信じられている」かのように存在していなければならない。(P234)