読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J1リーグ第1節 鹿島アントラーズ対FC東京

サッカー

 いよいよJ1リーグが始まった。今季はグランパスがJ2に落ちて、個人的にはやや寂しいが、J1チームの戦力を見るとどこも楽しい。ジュビロの俊輔、セレッソの清武、そしてCF大久保、左SH永井、CH高萩、左SB太田、GK林と加わったFC東京が、開幕戦でCHレオ・シルバ、FWペドロ・ジュニオール、GKクォン・スンテと補強をしたアントラーズと対戦する。アントラーズは先週のフジゼロックススーパー杯、そしてACLと公式戦で連勝してこのゲームを迎えた。この好調な昨季王者に対して、新生FC東京がどんな戦いを挑むのか。楽しみな一戦だ。

 序盤からお互い積極的に前に出ていく。FC東京は4分、右SB室屋のミドルシュートが初シュート。7分、右SB室屋のフィードを左SH永井が落とし、OH東が右に流して、CF大久保がシュート。GKクォン・スンテが弾き出す。FC東京が積極的に攻めていくが、アントラーズは早いプレスで対抗。がっぷり四つといった感じでゲームが進む。

 28分、FC東京のCH橋本をFWペドロ・ジュニオールが倒して得たFKを左SB太田が蹴るが、壁に当たる。前半は太田からのセットプレーが続く。37分、CH高萩のミドルシュートはGKクォン・スンテが正面でキャッチする。39分、右サイドから右SB室屋が絶妙なクロス。OH東、そして左SH永井が飛び込むが、わずかに届かない。アントラーズは43分、FC東京のCKからカウンター。左SH土居のスルーパスにFWペドロ・ジュニオールがドリブルで抜け出すが、ゴール前でDFがクリアした。前半はスコアレスで折り返した。

 後半に入るとアントラーズが積極的に攻め始める。FC東京は日本代表CBの守りからカウンター。左SH永井が走るが止められる。するとアントラーズも逆にカウンター。9分、CHレオ・シルバがドリブルでボールを運び、左SH土居が左に流すと、FW金崎がループシュート。しかし金崎の位置がわずかにオフサイド。11分、アントラーズは右SB西に代えて左SB三竿雄斗を投入する。山本が右SBへ。12分、FC東京のCKからゴール前でルーズになったボールをCB森重がシュート。GKクォン・スンテが弾き返す。

 アントラーズはFWペドロ・ジュニオール、そして左SH土居がいい。14分、左SB太田のCKにニアにOH東が飛び込み、左SH永井が落として、CF大久保がシュート。しかし枠を外してしまう。すると続くゴールキックからCH高萩が落としたところをFWペドロ・ジュニオールが奪って、左SH土居のスルーパスペドロ・ジュニオールがシュート。GK林がファインセーブを見せる。18分には左SB三竿のフィードにFWペドロ・ジュニオールが走り込み、クロスにFW金崎が飛び込むが、これもわずかに届かない。

 直後、FC東京は右SH河野に代えて左SH中島を投入する。永井が右SH。23分、PA右サイドでCF大久保をCHレオ・シルバが倒してFK。左SH中島が蹴るが、ゴール前を抜けていった。アントラーズはその直後、CH小笠原に代えて永木を投入。さらに31分、右SH遠藤に代えて鈴木優磨を投入した。FC東京も33分、OH東に代えてCF前田。大久保をトップ下に下げる。

 そして36分、FW前田とOH大久保でポストプレーの交換からこぼれ球をCH橋本が左に展開。左SH中島が深い位置から彼らしいミドルシュートを放つ。GKクォン・スンテが弾いたところに右SH永井が走り込み、その前に走り込んだ左SB三竿が痛恨のオウンゴール。ついにFC東京が先制点を挙げた。40分にはアントラーズも左SB三竿のCKからヘディングでつないで、CB植田がジャンピング・ボレー。だが枠は捉えられない。その後もFC東京がしっかりと守ってアントラーズを近づけない。1-0。開幕戦、FC東京が勝利して、幸先のいいスタートを挙げた。

 しかしいいゲームだった。お互い、メンバーも充実し、いいチームに仕上がっている。開幕戦ではレッズも敗戦し、今シーズンは何やら混乱の予感。面白いゲームがたくさん観られるといいな。

知らないと大変! 定年後のお金の知識

読書

 先日、会社で定年退職者向けのセミナーがあった。退職金や医療保険、年金など粗方のことは教えてもらえたが、念のため、本書も図書館で予約して読んでみた。こちらの方が一般的なことが書かれているので、対象は広い。

 男性は年金支給が経年的に遅れていくのに、なぜ女性は60歳から年金がもらえるのか疑問だったが、5年遅れで女性も支給年齢の遅れが始まるという話はこの本で初めて知った。その他にも、相続と贈与や投資、ふるさと納税なども記載されていて、関係する人にはうれしいかも。

 そして何よりマンガなので読み易い。もちろんマンガのページだけでなく、その後ろにその内容を解説するページも付いているので、それで内容的には十分だが、とりあえずとっつきやすいことは確か。何の役に立ったということもないが、それより何より、まずは再就職できるかどうかが最大の問題だ。

 

 

〇生活費については、遺族年金が支給されるため、死亡保障の必要性は低いと言えます。葬式代とお墓はそれこそ費用に幅がありますが、合計で少なくとも300万円程度はかかりそう。したがって・・・一人そのくらいは確保しておけばいいということになります。(P38)

〇支払った保険料に見合うだけの医療保障を得られるかどうか。一概には言えませんが・・・先進医療を受ける場合などを除けば、何度かたっぷり入院をしないと元が取れないケースが多いはずです。・・・つまり、よほど心配でなければ、新たな医療保障の必要性は高くないと言えるのです。(P39)

〇夫の死後、妻が15年生きれば、不足分のトータルは約720万円。実際の感覚として1,000万円あればさほど不安にはならないのではないでしょうか。(P69)

 

ブンデスリーガ第21節 ケルン対シャルケ

サッカー

 このところシャルケのゲームを続けて観ている。たまたま日本人選手がいるチームとの対戦が続いたためだが、肝心の内田はまだベンチ入りもしない。じっくりと治して復帰してほしい。このゲームの期待はケルンの大迫の活躍だ。このところトップ下での起用が続いたが、久し振りにモデストと2トップを組み、大迫らしいプレーが観られた。3月の代表戦が楽しみだ。布陣はともに3-5-2。シャルケはスタンブリがワンボランチで座るのに対して、ケルンはヘクトールとヘーガーのツーボランチ。とは言っても、ヘクトールは再三攻撃にも参加するので、ベンタレブが下がり気味のシャルケとほとんど同じ形だ。

 開始2分、さっそくシャルケが先制点を挙げる。CHスタンブリの縦パスを受けてFWカリジュリが左サイドをドリブル。あっさり振り切られた右CBソーレンセンの守備も軽かったが、クロスにGKケッスラーもうまく反応できず、右WBシェプフに押し込まれた。開始早々でケルンの守備陣がまだゲームに入りきれていなかった感じ。

 その後もアウェイのシャルケが積極的に攻めてくる。ケルンは15分、左WBラウシュのCKに右CBソーレンセンがヘディングシュートを放つが、これが初シュート。18分にはFWカリジュリのクロスを右CBソーレンセンがクリア。しかしこれが右IHゴレツカの正面に渡り、ミドルシュートを打たれる。シャルケが押し込んで、ことごとくルーズボールを拾い、またプレスをかけてボールを奪う。21分にはFWブルクシュタラーがミドルシュートを放つ。

 しかしシャルケの勢いも次第に治まると、25分過ぎくらいからはケルンがパスを回してペースを握り出した。シャルケはカウンター。33分、左WBコラジナツが左サイドを駆け上がり、クロスに右IHゴレツカがミドルシュート。ポストを叩く。ケルンも42分、中盤まで下がったFW大迫がボールを捌き、中へパスをすると、CHヘーガーがつないでOHヨイッチがミドルシュートを放つ。そして43分、右CBソーレンセンの縦パスを受けたFW大迫が左CBバトゥシュバーに身体を当てて前を向き、長いスルーパス。FWモデストがワントラップから早いタイミングでミドルシュートを放つと、ゴールに吸い込まれた。ケルンが同点に追いつく。

 45分にはFW大迫が長く正確な縦パスをFWモデストに通して、モデストが切り返すが、DFがブロックした。アディショナルタイムにもFW大迫の落としからCHヘクトールがフィード。FWモデストの落としをOHヨイッチが受けて前を向いたところで倒された。だがPKを取ってもらえない。前半は1-1で終了した。

 後半に入ってもケルンのペースが続く。10分、FW大迫のスルーパスがFWモデストに通るが、DFがクリア。13分にはシャルケも右IHゴレツカのドリブルからクロスに左WBコラジナツがヘディングシュート。枠を外す。23分、シャルケはFWカリジュリに代えてOHマイアーを投入。3-5-1-1に変更する。25分、ケルンは左CBハインツがドリブルで持ち上がり、FW大迫がロングシュート。わずかにポストの右に外れた。残念。30分にはOHヨイッチに代えてFWツォラーを投入。大迫はトップ下の位置に下がる。

 この時間辺りからシャルケがペースを握り出す。31分、左IHベンタレブのスルーパスにFWブルクシュタラーが抜け出しGKを巻いてシュート。しかし枠を捉えられない。33分にはFWブルトシュタラーに代えてシュポモティングを投入。35分、左IHベンタレブのスルーパスに走り込んだ左WBコラジナツがクロス。シュポモティングがシュートを放つが、うまく当てることができなかった。

 その後も攻めるシャルケ。36分、左WBコラジナツのクロスにOHマイアーがシュート。GKケッスラーがナイスセーブ。42分、左IHベンタレブのFKはGKケッスラーがキャッチ。ケルンもアディショナルタイム、左WBラウシュのFKに走り込んだCBハインツが腹で押し込もうとするが、ゴールには入らなかった。そしてタイムアップ。結局前半のまま。1-1でドローに終わった。

 しかし大迫はよく活躍していた。やはりモデストと2トップで出場した方がシュートも打てるし、モデストとの連携もよく、チャンスを作れる。まだELには手が届かない7位だが、3位との勝ち点差はわずかに4。3位から7位までは簡単に順位が入れ替わる状況だ。次節から2位ライプチヒ、首位バイエルンと続く。大迫とモデストの2トップなら十分攻撃も機能する。上位を脅かす勝利を期待したい。