とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

コンフェデレーション杯 グループB第1戦 オーストラリア対ドイツ

 コンフェデレーション杯のグループBはW杯前回優勝国であるドイツを中心としたグループ。だがそのドイツは今大会、若手を中心にメンバーを選考した。シャルケのゴレツカやバイエルンのキミッヒなど、ブンデスリーガでお馴染みの選手も多い。一方のオーストラリアは日本にとっては、8月のアジア最終予選での対戦に向けて、どんな選手・内容を見せるかが関心の的になる。右CBにはマリノスのデゲネクも出場している。

 序盤はオーストラリアが積極的に攻めていった。だが5分、ドイツは右IHゴレツカのスルーパスに右SHブラントが抜け出して、クロスに左IHスティンドルがシュート。あっさりと先制点を挙げる。ドイツの攻撃陣はバーグナーがワントップ、ルディがアンカーを務める4-1-4-1。残りの攻撃陣は自由にポジションをチェンジしてくる。15分、左SHドラクスラーのFKから右IHゴレツカがヘディングシュート。16分には右SBキミッヒの縦パスに走りこんだ右IHゴレツカのクロスにCFバーグナーがダイビングヘッド。若い選手が多いが、技術や連携はさすがだ。

 一方、オーストラリアは丁寧にパスをつないで攻めていくが、なかなかドイツのゴール前までは入っていけない。19分、右SBキミッヒの縦パスに走りこんだ右SHブラントのクロスから右IHゴレツカがミドルシュート。DFがブロックする。21分、右SBキミッヒの縦パスから右IHゴレツカが右に流し、右SHブラントが切り返してシュート。GKライアンがナイスセーブを見せる。さらに23分には右IHゴレツカのスルーパスに抜け出したCFバーグナーがシュート。わずかにポスト右に外す。

 ドイツは中盤の守りがしっかりしていて、オーストラリアの攻撃を自由にさせない。27分、ドイツは左SBヘクトールのショートCKから左SHドラクスラーの戻しを右SHブラントがミドルシュート。GKライアンがファインセーブではじき出した。オーストラリアの初シュートはようやく37分、左IHムーイのFKをCBセインズベリーがヘディングシュート。フリーだったが、外してしまった。

 サイドチェンジパスの正確さ、トラップの見事さ。若くてもドイツ代表のプレーはさすがだなと感心して観ていた。が、41分、オーストラリアはCHミリガンの縦パスを受けた右OHロギッチがドリブルでゴールに迫り、ミドルシュート。DFに当たったはね返りをもう一度シュートを放つと、GKレノのわきの下を抜けてゴールに飛び込んだ。なんとオーストラリアが同点に追い付いた。

 ところが前半はまだ終わらない。44分、左SBヘクトールのパスを受けた右IHゴレツカが左IHスティンドルとワンツー。PA内に入ったところでオーストラリアのCHルオンゴが倒してしまう。PKの判定。これを左SHドラクスラーが落ち着いて決めて、2-1。ドイツが再び1点をリードして前半を終えた。

 オーストラリアは後半頭からCHルオンゴに代えて左FWクルーズを投入。ムーイをボランチに下げる。オーストラリアの陣形は3-4-3。ユーリッチを中心にロギッチとクルーズがシャドー的に攻撃を作り、右WBのレッキー、左WBベヒッチがサイドから攻撃をする形。しかし3分、ドイツは右SBキミッヒのスルーパスに右IHゴレツカが抜け出しシュート。追加点を挙げた。3-1。7分にも右SHブラントのパスをCHルディが落とし、右IHゴレツカがミドルシュート。ゴレツカの積極的な攻撃参加が印象的だ。

 オーストラリアは右FWロギッチが積極的。11分、ロギッチのドリブルを右IHゴレツカが倒して得たFKをCHムーイが蹴る。壁に当たって跳ね返ったところを右FWロギッチがミドルシュート。GKレノがはね返すが、こぼれたところをCFユーリッチが詰めて押し込んだ。3-2。オーストラリアが1点を返す。主審がVARと交信するが、ゴールは認められた。

 ドイツは12分、CFバーグナーに代えてベルナー。18分にはブラントに代えて右SBズーレを投入。キミッヒを右SHに上げる。オーストラリアも26分、右FWロギッチに代えてトロイージを投入。オーストラリアがパスを回して攻めていく。28分、右FWトロイージがドリブルからミドルシュート。GKレノがナイスセーブを見せる。30分、CFベルナーのミドルシュートはポストにはね返される。33分、ドイツは左IHスティンドルに代えてエムレ・ジャンを投入した。34分、オーストラリアはCFユーリッチのポストから左FWクルーズがミドルシュート。GKレノが弾き出す。

 その後もほぼ互角のゲームが続く。41分にはCFユーリッチに代えてケーヒルを投入。しかしケーヒルも日本戦のような活躍はできなかった。終盤、右IHゴレツカやCFベルナーのシュートが見られたが、そのまま時間は経過。3-2。ドイツがグループリーグ初戦を勝利でスタートした。

 若手主体といってもさすがドイツは人材がそろっている。みんな技術や戦術面でもしっかりとしたものを持っている。これが日本だったらどうだったか。オーストラリアよりはもう少し善戦したんじゃないかと期待するが、ゲーム終盤で互角の展開に持っていったのは、さすがにオーストラリアも力がある。日本だったら逆の展開(終盤にゴールを入れられて力尽きる形)になっていたんじゃないかな。

 コンフェデレーション杯はどのチームにとってもW杯を見据えた準備的な大会だ。ドイツであれば若手の底上げ、オーストラリアであれば最終予選に向けたチームの成熟など、それぞれのテーマに合わせて大会に臨んでいる。オーストラリアなどは逆にこうした大会に出場することで日本に攻略の検討素材を与えている可能性もあるが、だからこそ日本もしっかりとスカウティングをしておきたい。日本にとって次のオーストラリア戦は絶対勝利が必要だ。

再就職

 今月になってようやく再就職ができた。就職活動をされている方には申し訳ないが、定年退職に伴う前の会社の紹介なので、事前に何度か足を運んで、様々な調整や書類を提出するなどの事務的手続きを経て、スムーズに再就職をさせてもらった。再就職後はしばらく関係会社等へ挨拶回りをし、ようやく一息ついたところ。前任者や回りの方から業務内容等について説明を受け、会社の状況もだいぶわかってきた。

 こうした具体の仕事を覚えることと並行して、職場環境を整えることにも時間を要した。書類や文具類の配置、服装、新たな生活リズム、そしてパソコン環境の整備。前任者はあまりパソコンが得意ではなかったようで、ほとんど初期設定のままで使用していたようだが、例えばメールの署名欄を作成したり、Wordなどのオプション設定を変えたり、メールのアドレス帳も差し替えた。

 そして昨日、足を運んでの挨拶ができなかった方や遠方の方に、再就職を連絡するメールを一斉送信した。すると今朝になって数人から返事が届く。今の会社には旧来からの知人は少ないので、こうして昔からの友人・知人たちと数ヶ月ぶりにメール交換できるのはうれしい。

 会社が抱える課題などもわかってきたし、自分の仕事内容の重要さや責務などもある程度は理解した。まだとてもそれらを十分にこなしていく自信はないけれど、できる範囲で努力して貢献するしかない。そしてその中で自分らしさを発揮していく。社内の同僚たちがみんな元気で、しっかりと主張し、また教えてもらえるので助かる。そして私という人間も少しずつ理解してもらいつつあるのではないかな。まだ2週間も過ぎていないし、今月の給料は来月まとめて支払うということなので、しばらくは預金を崩して生活する日々が続くが、早くこの環境にも慣れようと思う。がんばろう。

コンフェデレーション杯 グループA第1戦 ポルトガル対メキシコ

 コンフェデレーション杯が始まった。NHKは全試合生中継だそうだが、さすがにそんなには観られないが、面白そうなゲームはチェックすることにしよう。ということで、グループAの初戦の一つ、ポルトガル対メキシコのゲームから観始めた。ポルトガルはユーロで優勝した時と同様、クリスティアーノ・ロナウドとナニの1トップ。4-4-2で組んできた。対するメキシコはたぶん3-5-2。2トップはヒメネスを中心に、エルナンデスが自由に動く。

 序盤からメキシコが積極的に前からプレスをかけていく。6分、左IHグアルダードのFKは壁に当たって、CBレイエスがシュート。ポルトガルも17分、右SHクアレスマミドルシュート。ポスト右に外す。そして21分、右SHクアレスマが倒されて得たFKをFWクリスティアーノ・ロナウドが蹴るが壁にはね返される。これをCHモウチーニョがフワッと縦に入れると、CBペペが落として、ロナウドミドルシュート。バーを叩いてはね返ったボールを今度は左SHアンドレ・ゴメスがミドルシュート。これがゴールに転がり込んで、押されていたポルトガルが先制した。と思ったら、主審がVideo Assistant Refereeと交信。判定はモウチーニョのパスを受けたペペのポジションがオフサイド。ゴールが取り消された。昨年のクラブワールドカップから本格的に採用されたVARだが、だいぶスムーズになったし、何より正しい判定がされることはいいのではないか。あのペペでも文句は言えない。

 23分、右SHクアレスマのダイナゴナルなパスから左SHアンドレ・ゴメスがシュート。はね返りをクアレスマがシュートするが、GKオチョアがセーブした。メキシコも30分、FWエルナンデスが倒されて得たFKを右WBベラがシュートするが、わずかに右に外れた。序盤はメキシコ・ペースだったが、次第にポルトガルも慣れてきて、互角の攻め合いが続く。33分にはCHウィリアンの縦パスを右CBサルセドがクリアしようとヘディングするが、これがゴールに向かって飛ぶ。GKオチョアがファインセーブで弾き返した。

 そして34分、右SBセドリックのフィードに右CBサルセドのヘディングはかぶって届かず。FWクリスティアーノ・ロナウドが拾ってドリブルで前に運ぶ。3人のDFを十分引き付けてから右へパス。フリーの右SHクアレスマがGKもかわしてシュート。今度こそポルトガルが先制点を挙げた。38分、右WBベラのクロスにFWエルナンデスがヘディングシュート。メキシコも全然気落ちしていない。40分にはFWナニのスルーパスをFWロナウドがヒールで落として、右SHクアレスマがシュート。これはポスト右に外す。

 すると42分、左に開いたFWヒメネスのクロスを左SBラファエル・ゲレイロがクリアミス。こぼれ球を拾った右WBベラのクロスにFWエルナンデスがダイビング・ヘッド。メキシコが前半のうちに同点に追い付いた。アディショナルタイムには右WBベラがドリブルで上がり、中へのパスをFWヒメネスがクロス。FWエルナンデスがシュートするが、ふかしてしまう。前半はメキシコが押していたが、お互いDFのミスから1失点ずつ。1-1で折り返した。

 後半もお互いに攻め合う互角の展開。メキシコは後半、サルセドを右SBに上げて、4-3-3。エレラをアンカー、CFヒメネス、右FWベラ、左FWエルナンデスの3トップ。13分には右FWベラをジャバンニ・ドスサントスに交代する。ポルトガルも同じく13分、FWナニに代えてジェルソン・マルティンス。CHモウチーニョに代えてアドリアン・シウバを投入する。ウィリアンをアンカーに下げ、ロナウドをワントップにする4-1-4-1の布陣に変更。さらにメキシコは22分、右SBサルセドをアラウホに交代した。

 24分、メキシコの左SBラジュンのFKはバーの上。34分にはCFヒメネスに代えてペラルタをCFに据える。35分、CFロナウドの落としから左SHクアレスマミドルシュート。GKオチョアが正面でキャッチ。直後、メキシコも右FWジョバンニ・ドスサントスミドルシュート。右に外す。37分にはポルトガルも3枚目の交代。左SHクアレスマに代えてFWアンドレ・シウバを投入し、再び4-4-2に戻す。

 40分、左SHアンドレ・ゴメスのクロスにFWアンドレ・シウバがヘディングシュート。GKオチョアがファインセーブで弾き出す。そして41分、FWロナウドの縦パスから右SHジェルソン・マルティンスが仕掛けると、クロスのこぼれを右SBセドリックがシュート。ついにポルトガルが勝ち越しに成功した。反撃するメキシコは43分、右SBアラウホのクロスをCFペラルタがポストになって、右FWジョバンニ・ドスサントスの落としをFWエルナンデスが受ける。が、トラップが長い。クリアされる。44分にはポルトガルもFWクリスティアーノ・ロナウドのドリブルから左に流して、左SHアンドレ・ゴメスのパスから右SHマルティンスが反転してシュート。わずかにポストの右。

 そしてアディショナルタイム1分。CHエレラのFKをCHウィリアンがわずかに触ってクリア。続くCKをジョナサン・ドスサントスが蹴ると、CBモレノがヘディングシュート。これが決まり、メキシコが同点に追い付いた。そしてタイムアップ。2-2。両チームの初戦は痛み分けで終わった。

 しかし面白かった。やはりJリーグよりは速さ・強さ・巧さで優っている。それでもまだまだ両チームとも余裕をもってプレーしていた。引分けは両チームにとって納得の結果。グループAの残りのチームはロシアとニュージーランド。開催国ロシアとの対戦が鍵になりそうだ。両チームの闘志に感服した。