読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J2リーグ第7節 名古屋グランパス対カマタラーレ讃岐

 3連勝で2位に進出したグランパス。前節ロアッソ戦でようやく気持ちのいいパスサッカーが披露できた。カマタラーレ相手にもその再現を期待した。一方、カマタマーレは5試合勝利がないスタートだったが、前節、ベルマーレを相手に3-0と快勝、初勝利を挙げ、勢いに乗っている。その勢いのままグランパスに挑んできた。

 前節、佐藤と和泉をケガで失ったグランパス。FWにはシモビッチと並んでフェリペ・ガルシアを起用。ボランチには今季初先発、ケガが癒えたばかりの田口を起用した。左WBには杉森が先発。カマタマーレは原と西の2トップ。左SH仲間、右SH馬場の4-4-2の布陣。

 開始1分、カマタマーレのCH永田がミドルシュートカマタマーレの選手の意気込みを感じる。グランパスは序盤こそ短いパスをつないで攻め込む場面も見られたが、次第にカマタマーレに押し込まれる展開。グランパスのパスのつなぎを予測して、早くプレスをかけてくる。その中でもグランパスは久しぶり出場のCH田口が落ち着いている。うまくプレスをかわし、確実にパスを展開できる。

 21分、左WB杉森が長躯ドリブルで仕掛けたが、PA手前で奪われ、逆にカウンター。CH渡邉から左に展開。左SB高木のクロスを右SH馬場が落とし、右SB市村が強烈なミドルシュート。サイドネットに突き刺さった。グランパスも23分、OH玉田から左に展開。左WB杉森のサイドチェンジに、右WB永井がクロスを入れるが、中で合わない。DFがクリアした。

 カマタマーレは28分、右SH馬場のミドルシュートはGK楢崎がセーブ。しかしGKから左WB杉森へつないだところでDFに奪われ、最後はFW原がミドルシュート。DFがブロックするが、カマタマーレのプレスが高い。30分、FW西のミドルシュートはGK楢崎がナイスセーブ。さらに31分、CH渡邉のCKにCBエブソンがヘディングシュート。CH田口がライン上ではね返す。32分には右SH馬場のクロスに左SH仲間、そしてFW西がヘディングシュート。ネットを揺するが、オフサイドの判定。カマタマーレが次々とグランパス・ゴールに迫っていく。

 イライラするグランパス。フェリペ・ガルシア、ワシントンとイエローカードをもらう。アディショナルタイム2分、原のFKが壁にはね返されたところを、左SH仲間がミドルシュート。GK楢崎がキャッチするが、前半はカマタマーレに押し込まれた。何とかスコアレスで折り返した。

 するとグランパスは後半頭から左WBの杉森に代えて杉本を投入する。3分、CH田口の縦パスをFWシモビッチが落とし、左SB内田がスルーパス。田口が走り込んでクロスを入れるが、右WB永井には合わない。7分にはFWシモビッチの落としから右WB杉本が左に展開。左WB杉本がミドルシュートを放つ。後半に入ると一転、グランパスがゲームを支配する。

 そして13分、左WB杉本の仕掛けからFKを得ると、OH玉田が直接決めて、グランパスが先制点を挙げた。ゴール右隅。GK清水が触ったが、ボールはゴールに吸い込まれた。玉田は今季初ゴールだ。18分には左WB杉本のスルーパスにFWフェリペ・ガルシアが走り込みクロス。しかしFWシモビッチと右WB永井が被り、永井のシュートは大きく枠を外す。カマタマーレは9分にFW原に代えて木島を投入すると、23分、そのFW木島がドリブルからシュートを放つ。

 余裕でパスを回し、チャンスを窺うグランパス。完全なグランパス・ペースの中、雨に落とし穴が隠れていた。24分、右CB宮原にFW木島がプレスをかけると、宮原が足を滑らせてコントロールミス。ボールを奪うと、FW木島はそのままドリブル。左に流して、CH渡邉のクロスにFW西が走り込む。シュート。あっという間にカマタマーレが同点に追い付いた。

 その後も必死で勝ち越し点を狙うグランパスカマタマーレは守りを固める。25分、右SH馬場に代えてCH山本を投入。31分、CH田口の絶妙な長いスルーパスに右WB永井が走り込み、クロスにFWフェリペ・ガルシアがシュート。しかしGK清水がセーブ。32分、守るカマタマーレがカウンター。右SH渡邉のクロスに左SH仲間がダイビングヘッドを見せるが、GK楢崎がセーブした。37分、左CB内田のFKからFWシモビッチがヘディングシュート。GK清水がセーブ。41分にはOH玉田に代えて押谷を投入する。

 そして43分、CH田口の縦パスに抜け出した左WB杉本が中に切れ込んで、さらに切れ込んで、ミドルシュート。これがゴール右隅角に決まる。劇的勝ち越しゴール。ついにグランパスが勝ち越した。カマタマーレはその後、二人のFWを前線に上げるパワープレーに出たが、グランパスがしっかりとボールを支配。カマタマーレの反撃を許さず、ゲームを閉めた。2-1。グランパスが劇的ゴールで4連勝を飾った。

 杉本のゴールはすばらしかった。後半から途中出場してすっかりゲームの展開を変えた杉本の功績は大きい。杉本に積極的な仕掛けにカマタマーレが守備的になって、グランパスが押し込む展開となり、結果的に2ゴールにつながった。しかも決勝点も杉本。風間監督の采配も光った勝利だった。次はアウェイのヴォルティス戦。この勢いで連勝を伸ばしてほしい。