読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

高校サッカー準決勝 東海大仰星対青森山田

サッカー

 昨年の優勝校・東福岡を破った東海大仰星が今度は今大会最大の優勝候補青森山田に挑戦するゲーム。東福岡に対して堅い守備でノーゴールに抑えた東海大仰星青森山田の攻撃をいかに抑えるか。青森山田のサッカーも楽しみに観戦を始めた。

 しかし両チーム、堅い守備でなかなかゲームが動いていかない。12分、東海大仰星の右SH松井のミドルシュートがこのゲーム最初のシュート。青森山田が主導権を握ってパスを回すが、東海大仰星はしっかり守備ブロックを作ってはね返す。そして23分、中盤で競り合ってこぼれたボールを、青森山田の左SB三国が拾ってそのまま駆け上がると、切り返しからゴールを巻くきれいなミドルシュート。これが決まり、青森山田が先制した。

 しかし東海大仰星もすぐに反撃。24分、左SH見野の縦パスをCF藤山が左に展開。CH大崎がクロスを入れるが、これはGK廣末が抑えた。しかし直後の26分、ロングスローからのクリアをCH大崎が左サイドから大きなクロス。これに右SH松井が走り込み、ボレーシュートをゴールに叩き込む。ナイスシュート。すぐに東海大仰星が追い付いた。

 しかしゲームは青森山田が主導権を握る。34分、CH住永のフィードをCF鳴海がしっかり収めて、DFを背に前を向くとそのままシュート。わずかにポスト右に外す。36分には左IH郷家のロングスローのクリアを右SB小山がボレーシュート。これはGK宮本がセーブ。しかし41分、再び郷家のロングスローのクリアを同じように右SB小山がボレーシュート。GK宮本がナイスセーブで弾き返すが、これに走り込んだ右IH高橋がシュート。ゴールネットに突き刺し、再び青森山田が勝ち越した。前半はこのまま青森山田リードで折り返した。

 後半に入っても青森山田の勢いは止まらない。左IH郷家のロングスロー、CF鳴海の積極的なドリブル、そしてGK廣末からの正確なロングフィードも大きな武器だ。だが東海大仰星も集中した守りでゴールを許さない。19分には左SH見野の縦パスから右SH松井が前を向いてシュートを放つ。青森山田も23分、GK廣末の見事なフィードを左IH郷家がヘディングで落とし、CF鳴海が抜け出す。しかしCB玄がよく追い付いてクリアした。

 東海大仰星は19分左SH谷野、27分にはFW松山を投入し、見野との2トップにして攻める。28分、左SB面矢のロングスローから左SH谷野がヘディング。FW見野がボレーシュートを放つが、GK廣末がナイスセーブ。38分にも右SB大東のロングスローのこぼれを左SB面矢がミドルシュート。41分には右SB大東のクロスのクリアをCB吉田がフィード。CH大崎が抜け出してフリーになるが、シュートはバーを越えた。

 さらに攻め続ける東海大仰星は43分、CB吉田のフィードをFW松山が落とし、途中出場のMF矢野がシュート。しかしこれもGK廣末がファインセーブを見せる。アディショナルタイムの右SHキャプテン松井のシュートもGK廣末がセーブ。結局そのまま2-1。優勝候補青森山田が順当に決勝進出を決めた。

 しかし終盤の東海大仰星の反撃は迫力があった。その前に立ちはだかったのはGK廣末。FC東京への加入が内定しているそうだが、身体はそれほど大きくはないが、守備時の反応の良さ、そして何より正確で長い距離を通せるフィードが魅力的。また両チーム、ロングスローで何度もチャンスを作っていたのも特徴的。サッカーが変わる印象。GK廣末のロングフィードとMF郷家のロングスローという飛び道具を武器に見事優勝を飾るのか。前橋育英はどう対抗するか。明日の決勝戦も楽しみだ。