読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

J2リーグ第3節 ジェフユナイテッド千葉対名古屋グランパス

サッカー

 グランパスがJ2に落ちて、TV放送がめっきり減りそう。でもDAZNの月1750円は高いなあと思っていたら、「DAZN for docomo」なら月980円(税抜)で観られると知り、思わず加入してしまった。最初の1月は無料なので、価値がないと思えば解約すればいいと思いつつ、まず視聴1本目はグランパスのゲームを観ることにした。

 前節はFC岐阜に対して終了間際に追い付くドロー。しかしあれはFC岐阜がよかった。ジェフ千葉なら大丈夫だろうと思ったが、豈計らんや、ジェフもFC岐阜に負けないいいサッカーを展開した。グランパスがまだ熟成していないせいだと思いたいが、早くもJ2の洗礼を浴びているようだ。

 グランパスは右FWに押谷が初先発。大武も右CBで初先発。宮原をCHに上げた3-4-3。対するジェフは3-5-2。ラリベイと船山の2トップ。アンカーにアランダが入ってゲームを作る。左WBはサリーナス。新外国人選手がしっかりチームになじんでいる。5分、左CB西野がミドルシュート。6分、右IH町田がミドルシュート。ジェフが序盤から積極的に攻めてくる。グランパスも9分、右WB杉森のフィードにFW永井が走り込み、クロスにCF佐藤が抜け出してシュートを放つが、わずかにポストの右に外した。

 ジェフのDFラインが高く、プレスも早い。19分、右WB杉森のパスを右IH町田がカットして、FW船山、FWラリベイ、CHアランダとつなぎ、町田のクロスにFWラリベイがヘディングシュート。GK楢崎がファインセーブで弾き出す。21分には右IH町田のミドルシュート。GK楢崎がセーブするが、ジェフのペースでゲームが進む。

 グランパスはなかなかうまくパスが繋がらない。23分、カウンターで右FW押谷がドリブル。右に流してFW永井のクロスに押谷が走り込む。しかしシュートは枠を外す。ジェフは次第に外国人たちが活躍し始める。28分、左WBサリーナスのクロスは右IH町田が走り込むが、わずかに届かない。31分、左WBサリーナスからFWラリベイとワンツー。サリーナスが駆け上がりシュートを放つ。

 グランパスの攻撃は単発。34分、左FW永井がドリブルからミドルシュートを放つが、枠を捉えられない。前半も終了間際の43分、左サイドから左WBサリーナスのクロスに左CB西野がドンピシャのヘディングシュート。これが決まり、ジェフが先制点を挙げた。直後のアディショナルタイムグランパスもCKから左WB和泉のクロスにCB大武がヘディングシュートを放つが、GK佐藤がナイスセーブ。前半は1-0で折り返した。

 後半頭、グランパスは右WB杉森に代えてCHワシントンを投入する。宮原を右WBに回す。しかし後半になってもジェフのプレスが衰えない。4分、カウンターからFWラリベイの落としに右IH町田がクロス。FW船山がシュートを放つが、うまく合わせられない。11分には左IH熊谷がミドルシュート。直後、熊谷を羽生に交代する。

 グランパスは13分、CF佐藤に代えて玉田を投入。しかし玉田もなかなかボールに触れない。16分、カウンターから左WBサリーナスのクロスにFW船山がシュート。GK楢崎がナイスセーブを見せる。中盤でことごとくボールを拾うのはジェフ。グランパスは中盤で数が足りない。ジェフは21分、FW船山に代えて清武を投入する。すると23分、FW清武のドリブルからクロスに左WBサリーナス。DFと競ったこぼれ球を右IH羽生がクロスを入れると、FWラリベイがボレーシュート。しかしDFがブロックした。

 グランパスは直後の22分、FW押谷に代えてフェリペ・ガルシアを投入する。ジェフは31分、左WBサリーナスに代えて左CB大久保を投入。西野を左WBに上げて守備を固める。34分、左IH羽生のスルーパスに右SH北爪が走り込み、クロスに右IH町田がミドルシュート。GK楢崎がナイスセーブで弾き返した。グランパスはワンタッチでパスを繋げない。出し先を探す間にジェフのプレスがかかり、有効なパスも出せない。38分、右WB宮原もボールを持つが、パスを出し先がなく、ミドルシュートを放つが、大きく枠を外した。

 45分にはCHワシントンのクロスにFWガルシアがヘディングシュート。しかし枠を捉えられない。するとアディショナルタイム3分、グランパスのロングスローからボールを奪い、FW清武がドリブル。CB櫛引と競り合うと、右IH町田が抜け出してドリブルからクロス。清武が走り込みシュート。ダメ押し点。そしてタイムアップ。2-0でジェフが完勝した。

 ジェフもエスナイデル監督が新たに就任して新しいチームを作ったが、既に完成度は高い。前節のFC岐阜も大木新監督の下で、既にグランパスを上回る見事なパスサッカーを展開していた。それに対してグランパスはなかなか熟成してこない。解説の戸田和幸も風間監督が目指すサッカーは時間がかかると言っていたが、サポーターがいつまで我慢できるだろうか。既にゲーム後にはサポーターからブーイングが起こっていたという。次は水戸ホーリーホック。そろそろ可能性を見せてほしい。