とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

サッカー

キリンチャレンジ杯 日本 対 コロンビア

W杯ロシア大会では一人少ないコロンビアに対して辛勝した日本。その後初めての対戦となるゲームでコロンビアはファルカオとハメス・ロドリゲスの両エースが先発。CBにはミナとダビンソン・サンチェスとプレミアリーグで活躍する選手が並び、本気モードで勝利…

J1リーグ 第4節 北海道コンサドーレ札幌 対 鹿島アントラーズ

グランパスの次節の相手はコンサドーレ。開幕戦こそベルマーレに敗戦したものの、その後はレッズ、エスパルスと2連勝。特にエスパルス戦はアンデルソン・ロペスの4得点で大勝。都倉が移籍したものの入れ替わりに加入した鈴木武蔵も3ゴールして、その攻撃力は…

J1リーグ 第4節 大分トリニータ 対 横浜Fマリノス

グランパスがFC東京に負けて2位に落ちた。3位を見ると大分トリニータ。今季昇格したばかりのチームがここまで3勝1敗と上位につけている。どんなサッカーをしているのか、第4節、マリノス戦を観戦した。トリニータの布陣は3-5-2。右から岩田、鈴木義宜、福森…

J1リーグ 第4節 FC東京 対 名古屋グランパス

開幕3連勝で首位に立ったグランパス。第4節の相手は開幕戦フロンターレと引き分けた後は連勝して2位につけるFC東京。第4節にして首位決戦というカードになった。FC東京は4戦連続同じ先発メンバー。ディエゴ・オリベイラと永井の2トップに右SH久保、左SH東。…

UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16 第2レグ バルセロナ対リヨン

CLラウンド16第2レグの最後の2試合は共に第1レグを0-0のスコアレスで終えたゲーム。しかし第2レグではどちらも思わぬ大差で準々決勝進出チームが決まった。どちらを観ようかなと迷ったが、普段あまり観ないバルセロナのゲームを観ることにした。ラ・リーガで…

チャンピオンズリーグ ラウンド16 第2レグ ユベントス対アトレティコ・マドリード

第1レグをアトレティコが2-0で勝利して乗り込んだユベントス・スタジアム。第1レグではいいところがなかったユベントスだったが、ホームに帰ったらまるで違うチームになっていた。クリスティアーノ・ロナウドの活躍でユベントスが逆転勝利を挙げた。ユベント…

プレミアリーグ第30節 アーセナル対マンチェスター・ユナイテッド

いよいよプレミアリーグも残り9試合。トッテナムの不調で3位から6位まで勝ち点差がグッと縮まって、CL出場権内をめざした争いも熾烈になっている。4位マンCと3位トッテナムとの勝ち点差は3。5位アーセナルとはわずか1ポイント差。どちらも勝利が欲しいゲーム…

J1リーグ第3節 ガンバ大阪 対 名古屋グランパス

昨季は開幕2連勝の後、長いトンネルに入ってしまったグランパス。今年はその二の舞だけは避けたい。第3節の相手はガンバ。宮本監督になって昨季後半の連勝も印象深いが、今季も2試合で6ゴール。失点も多いが、抜け目ない攻撃力も侮れない。ガンバはファンウ…

チャンピオンズリーグ ラウンド16 第2レグ レアル・マドリード対アヤックス

CLラウンド16の前半は4組のうち3組で第1レグ劣勢だったチームが勝利するという意外な結果となった。結局、第1レグのリードを守り切ったのはトッテナムのみ。中でもレアル・マドリード・ホームのサンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル対アヤックスは、CL3…

シービリーブス杯 イングランド対日本

シービリーブス杯2戦を終えて1勝1分けで並んだ日本とイングランド。勝った方が優勝というゲームだが、高倉監督はあくまで若手の育成と試験の場としてこのゲームを利用した。先発はFWが遠藤と池尻という代表初招集コンビ。阪口萌乃を右SHで起用し、ボランチは…

プレミアリーグ第29節 トッテナム対アーセナル

連敗で足踏みしている間に4位アーセナルとの勝ち点差はわずか4となってしまった。伝統のノースロンドンダービーだが、トッテナムにとっては絶対負けられない、いや絶対勝利が欲しいゲームになってしまった。アーセナルはリーグ3連勝中だが、5位マンU、6位チ…

シービリーブス杯 ブラジル対日本

なでしこアメリカ遠征2試合目はブラジル。初戦アメリカに引き分けた日本に対し、ブラジルはイギリス相手に1-2で敗戦。連敗はできないと目の色を変えてきた感じ。対する日本はまたも若手を積極的に起用。CBに大賀と南を起用。ともに代表初招集だ。もっとも今…

J1リーグ第2節 名古屋グランパス対セレッソ大阪

開幕戦をサガン相手に4-0と勝利したグランパス。その勢いを持ってホーム開幕戦を迎える。相手は同じく開幕戦を勝利したセレッソ。それも相手はヴィッセル。堅い守備で守り切った。グランパスの攻撃対セレッソの守備。またはセレッソのカウンターに対するグラ…

J1リーグ第2節 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ

開幕戦、FC東京に引き分けスタートとなったフロンターレ。対するアントラーズはトリニータにまさかの黒星発進。昨季、JリーグチャンピオンとACLチャンピオンの対戦はお互いの特長がよく出たゲームだった。フロンターレは右SBに馬渡が先発した他は前節と同じ…

プレミアリーグ第28節 チェルシー対トッテナム

前節ブライトン戦はリーグ杯決勝のため延期になったチェルシー。来季のCL出場をかける4位争いの相手、マンUとアーセナルはこの間、順調に勝ち点を伸ばしており、チェルシーにとってホームでは負けられない。対するトッテナムはCLではドルトムントを寄せ付け…

シービリーブス杯 アメリカ対日本

いよいよ今年は女子サッカーW杯を迎える。3ヶ月後の本戦に向けて強化を進めるなでしこジャパンのアメリカ遠征。初戦は世界最強アメリカの胸を借りる。しかし高倉監督はこの段階においてもなお若手選手を積極的に招集。かつ、先発や途中交代で出場機会を作り…

プレミアリーグ第27節 マンチェスター・ユナイテッド対リバプール

CLのパリSG戦で初の黒星を喫したマンUだが、先週のFA杯ではチェルシーに勝利。依然好調は続いているようだ。リーグでは5位アーセナルと勝ち点差のない4位。首位リバプールとは言え、ホームで勝利を目指して戦う。対するリバプールはCLバイエルン戦、互角の…

J1リーグ 開幕戦 川崎フロンターレ対FC東京

開幕節から多摩川クラシコ。フジゼロックススーパー杯でレッズに寄せ付けない強さを見せてタイトルを得たフロンターレ。その時と同じメンバーが先発。完成度は高い。対するFC東京は若い17歳の久保が右SHで先発。ディエゴ・オリベイラと永井の2トップも健在。…

J1リーグ 開幕節 サガン鳥栖 対 名古屋グランパス

Jリーグ開幕。グランパスはアウェイでサガンと対戦した。サガンはフェルナンド・トーレスを中心としたチーム作りを進めるため、監督もスペイン人のカレーラス。さらにクエンカを補強した。昨季再三の好セーブでチームを救ったGK権田がポルトガルのポルティモ…

J1リーグ 開幕節 セレッソ大阪 対 ヴィッセル神戸

いよいよ今年もJリーグが始まった。開幕ゲームは他よりも1日早く金曜日開催でセレッソ対ヴィッセル。ダビド・ビジャも加入し、ますます戦力がアップしたヴィッセル。課題だった守備もセレッソから山口蛍を獲得。さらに両SB西と初瀬も開幕から高い位置を取っ…

UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16第1レグ アトレティコ・マドリード対ユベントス

依然セリエAでは無敗で首位を独走するユベントス。CLグループリーグでは2敗したが、それでも首位通過してアトレティコ・マドリードのホーム、エスタディオ・メトロポリターノに乗り込んだ。アトレティコもラリーガでは首位バルセロナに大きく差を付けられて…

UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16第1レグ リバプール対バイエルン

ブンデスリーガでは序盤こそ出遅れたものの、首位ドルトムントがここに来てやや停滞気味な中、勝ち点差3に迫ってきたバイエルン。CLではグループリーグを無敗で突破し、次第に調子を上げている。一方のリバプールは一時プレミアリーグを独走するかと思ったが…

フジゼロックススーパー杯 川崎フロンターレ対浦和レッズ

いよいよ来週にはJリーグが開幕する。その前に昨季Jリーグ王者と天皇杯王者が戦うフジゼロックススーパー杯。今季はJリーグの各チームとも積極的な補強に動いた。中でもレッズは杉本や山中など若い日本代表選手を獲得。今季はどんなサッカーをするのか、興味…

チャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ トッテナム対ドルトムント

快調にブンデスリーガの首位を走ってきたドルトムントだが、ここに来てリーグでは2戦連続の引分け。ボカールでは好調ロイスが負傷した上にPK戦で敗退と次第に調子が落ちてきたようだ。CLベスト16の初戦はトッテナム。トッテナムもケインとアリをケガで欠いて…

チャンピオンズリーグ ベスト16 マンチェスター・ユナイテッド対パリ・サンジェルマン

12月に暫定監督就任以来、未だ負けなし。プレミアリーグ第23節でバーンリーに引き分けたものの、その後はまた連勝。順位も4位に上げてきたマンチェスター・ユナイテッド。一方のパリ・サンジェルマンはついに先日のリーグ・アンでリヨンに敗戦。無敗記録が22…

フットボール批評 issue23

特集1は「イノベーションを可能にするチーム作りの新常識」。特集2は「ピッチレベルで読み解く真の戦術論」。そして特集3が「社長をアップデートせよ Jリーグ新時代に求められるリーダー像」。 風間監督へのインタビュー記事「完成図を描かないチームの作り…

プレミアリーグ第26節 マンチェスター・シティ対チェルシー

ミッドウィークに第27節のエバートン戦を先に消化して、暫定的にリバプールと勝ち点で並び、得失点差で首位に立ったマンC。そこから中3日。対するチェルシーは中6日。ハダースフィールドに5-0と圧勝。冬の移籍で加入したばかりのイグアインが先発で2ゴールと…

リーグ・アン第23節 オリンピック・リヨン対パリ・サンジェルマン

パリ・サンジェルマンのリーグ・アンでの無敗記録が止まらない。第22節まで戦って18勝2分。2試合消化が少ないのに、既に2位リールとの勝ち点差は13。3位リヨンとは16ポイントの差が付いている。それでもリヨンはCLグループステージを2位で突破したチーム。結…

東欧サッカークロニクル☆

筆者の長束恭行氏は「フットボール批評」でも内実に詳しい東欧サッカー事情を寄稿している。長くクロアチアに住み、リトアニアで暮らす中で、東欧だけでなくヨーロッパの中小周辺国のサッカー実情について実に詳しく、わかりやすくレポートしている。 本書で…

プレミアリーグ第25節 マンチェスター・シティ対アーセナル

前節ニューカッスル相手に敗戦した2位マンC。首位リバプールもレスター相手に引き分けたため、勝ち点差は5で収まっているが、優勝に向けては絶対負けられない。対するアーセナルはカーディフに勝利してようやく4位に浮上した。1試合で5位に戻るわけにはいか…