とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

雑感

スマート国勢調査

わが家にも国勢調査の調査員が来て、ネット回答のためのパスワード等が入った書類を配布していった。面白そうなのでさっそく回答をしてみた。思った以上に簡単に入力でき、送信をした。もっとも毎回、国勢調査のたびに思うのだが、勤め先の記入はいいとして…

結局、行政の責任?

北関東や東北における水害では、依然多くの方が避難を余儀なくされ、家屋が流された方も多く、心が痛む。今後、仮設住宅の建設なども始まるのだろうか? 個人的には職業柄、民間賃貸住宅を借り上げる、いわゆる「みなし仮設住宅」でどれだけ対応するのか興味…

忘れていたこと、将来の夢。

定年が近付くにつれて、退職したら何をしようかと考えることが多くなった。まずは妻と一緒に海外旅行だろうか。まだ一度も海外へ行ったことのない妻からはずいぶん前から催促がある。でも、健康に不安を抱えながら海外へ出かけるよりは、これまで2人で旅行…

生涯学習ということ

今読んでいるエマニュエル・トッドの「『ドイツ帝国』が世界を破滅させる」の中に、ロシアの男性優位主義やアンチフェミニズムの問題に関して、「ロシアの大学では男子学生100人に対して女子学生は130人を数える」と指摘する記述がある。ロシア社会が実際に…

組織をサッカーチームになぞらえる。

清水英斗の「サッカーは監督で決まる」を読んだ。サッカー監督にもいろいろなタイプがいて面白いなあ。サッカー監督の姿を見て組織のリーダー像を語るといった類のことは、これまでも岡田監督や佐々木監督を引用して多くの本が出ている。もちろんそれらを一…

いじめられた経験しか思い浮かばないが・・・。

自民党の国会議員が相次いで、学生時代に行ったいじめを武勇伝のようにブログに書いて批判を浴びた。私も同じように書けるいじめ経験がないかと記憶を探ったが、見当たらない。思い出すのはいじめられた経験だけだ。 まず保育園の頃、というから4歳くらいか…

1日1日が無事過ぎていけばいい。

7月も終わった。6月は本当に悲惨だったが、そして7月の最初には衝撃的な事件もあったが、その後は何とか無事に過ぎている。昔、あるイベントを担当していた際に、開幕前は非常に忙しく、やり忘れたことはないかと気になったが、開幕してしまえば、多少のミス…

安倍首相はどうして正面からみんなの疑問に答えようとしないのだろう?

安保法案について私が何か意見を言うまでもなく、新聞、ネット、社会そして家庭でもいろいろな議論が巻き起こっている。そんな中で私の意見をこの場で表明したところで大した意味はないので書くこともないけれど、安倍首相がTVや議場で話す例え話があまりに…

同性婚から考える、結婚って何だ?

アメリカの連邦最高裁が同性婚を認めたということで日本でも話題になっている。LGBTなんて言葉も普通に使われるようになって、「Lはレズだよね、ホモはどこ?」なんて頭の中でバタバタとしている今日この頃。ちなみにGはゲイです。 同性婚というと性生活はど…

飛び降り自殺

その日は朝から雨で、いつもは地下鉄駅からいったん地上に出て会社に向かうが、直接地下から会社ビルに繋がる地下道を通り、地下階でエレベータを待っていた。するとビルの守衛さんが消防隊員2名を先導してエレベータ・ホールを通過し、中庭へ入っていった。…

悪夢の6月

4月になって役職が変わり、格段に忙しくなった。それでも4月・5月は慣れない仕事に緊張しつつも、大きなミスがないように慎重に行動し大過なく過ごしてきた。今思えば6月3日に投身自殺直後の現場を目撃。担架で運ばれる死者の姿を見たことが悪夢の始まりだっ…

なんで亀鑑って言うの?

いつも行く鍼灸院の待合室に何枚かの賞状や免状の類が飾られている。これまでは気が付かなかったので、どうやら最近自宅の整理をして、出てきたものを掲示することにしたらしい。鍼灸・マッサージ師の免許や薬剤師免許などと並んで、専修学校を優秀な成績で…

替え刃商法

2年ほど前に電気シェーバーを買い換えた。その時のことは、「電気シェーバーの性能は価格に比例する?」で書いている。 連休前にひげを剃っていたらチクッとして少し血が流れた。刃の装着の仕方が悪くて皮膚をはさんだかと思ったが、翌日も使ってみるとやは…

「女性は共感、男性は解決」というのは必ずしも当たらないんじゃないか

「女と男の違いに関する偏見について:Everyone says I love you」で、「女性は共感、男性は解決」という俗説は偏見だと訴えていた。冒頭にヤングコミックに掲載されたというマンガが載っていて、これが多くのリツイートを得て評判なのだという。いわゆるみ…

判断はするものじゃない、仰ぐものだ!・・・じゃなくて、やっぱり自分で判断してよ。

先日、ある部署から、依頼業者との価格に折り合いが付かず困っていると相談があった。経理担当へは既に昨年の価格で予算計上しており、今さら予算を上積みしてもらうのは大変とのこと。ならば別の業者に当たってみたらどうかと心当たりの業者を紹介した。 先…

出生率は未来への利回り

山下裕介氏の「地方消滅の罠」を読んだ。内容は、2040年までに全国半数の自治体が消滅する可能性があるとする「増田レポート」を批判するもので、レポートに伏流する基本的な思想である「選択と集中」こそ、地方を壊滅させるものだとし、対立概念として「多…

時代が動いた瞬間

今朝、イスラム国に拘束されていたジャーナリストの後藤氏が殺害されたという動画が公開された。早朝から菅官房長官そして安倍首相が会見をした。安倍首相は型どおり、イスラム国への強い非難と意志を示し、国際社会との連携強化を訴えた。全面対決だ。 日本…

腰が痛いので、小ネタでエレベータのボタン

今週に入ってから腰が痛い。原因は不明。日曜日に掃除機を使っていて、腰が少し重い感じがしたが、月曜日になって悪化した。そろそろと歩いて通勤し、椅子も座面が堅いものに交換してもらった。昼のウォーキングはがんばっているが、意外に立ち上がってよい…

「レッテルとは何か」、「ドラ猫の『ドラ』とは何だ?」から「人生を考える」の巻。

アジア杯に早く敗退してしまい、プレミアリーグはカップ戦のためリーグは中断。セリエAの放送はあるが、本田や長友は出場していないのでミランやインテルのゲームを観る気も起こらない。ということで、どうでもいいことを調べてみた。 まず、「レッテルを貼…

騙される行政、騙されない行政

シェアハウスに住むシングルマザーが同じ家に住む男性と事実婚の関係にあるとみなされ、児童扶養手当を打ち切られた問題で、厚労省大臣が新年早々の記者会見で国立市の対応に疑義を述べたという報道があった。これを新聞で読んだ時には、「国立市も酷いこと…

高倉健と安倍晋三

昨日衆議院が解散され、いよいよ年末選挙が現実のものとなった。今朝の新聞を読むと、首相自ら「アベノミクス解散」と呼び、原発や集団的自衛権、特定秘密保護法なども「当然、選挙で国民に訴えていきたい」と表明したそうで、ここにきて意外に男らしいじゃ…

表彰されたはいいけど

11月3日文化の日は秋の叙勲・褒章の受賞者が発表され、樹木希林や桑田佳祐らの名前が挙がっていた。ちなみに、樹木希林は勲章で、桑田佳祐は褒章。勲章は国家や公共に対する功労、褒賞は各分野での業績というが、どうやら勲章の方が格は上らしい。褒章はその…

全てを知りたい。専門分野って何?

子どもの頃は勉強にも得意分野や不得意分野があって、高校生になると、理系・文系に分けられ、次第に自分の専門分野が決まっていく。私の場合は数学や物理がそこそこできた一方、英語が壊滅的だったため、自然と「理系」に分類され、親の職業に近い専門分野…

フリクションボールは便利だけど、インクがすぐに無くなる。

フリクションボールって、こすると消えるボールペンだけど、会社では普通のボールペンしか買ってもらえないし、家では粗品でもらったボールペンがたくさんあるしで、わざわざ買ってまで使おうという気はこれまでしなかった。 それが4月にたまたま上京した際…

ある人の人生

先日、ある人から話を聞いた。その人は今でこそ街場の鍼灸院を開設し、裕福な生活を送っているが、今に至るまでの人生について。 その人の父親は、姉が国会議員の秘書を務め、後に県会議員になった人に嫁いでいた。その伝手で父親は、昭和30年代に海外渡航の…

早過ぎたJR東海の決断。前日に運休を決めていなければ、もっと早く開通できたのではないか。

今朝の中日新聞一面に「鉄道の運休判断、各社で判断分かれる」と大きく掲載されていたが、JR東海に好意的な意見しか載せられていない。しかし反対意見も多くあったのではないか。新聞で書かないなら、とりあえず自分で書いておこう。 昨日の早朝に東海地域を…

もし朝日新聞が廃刊となったら

幼い頃、わが家は毎日新聞を取っていた。近所の家はみんな中日新聞だったので、親に「どうしてうちは毎日新聞なのか」と聞いたら、「新聞店の人に頼まれたから」と言っていた。よくよく聞いてみると、その地域では同じ新聞店が中日新聞も毎日新聞も扱ってい…

仕事が好きだ!

朝、就業時間が始まるとエアコンが動き出す。その後、一斉に廊下の窓を開ける音が響く。今朝、トイレに向かったら、ちょうど若い職員が窓を開けていたので、一緒に手伝った。こんなちょっとした作業は大好きだ。 「仕事」というと、給与と引き換えに労働を提…

子供は親からプレゼントを受け取る権利がある?

盆休みに妻の実家に行った。義弟夫婦が同居しており、小学1年生になる甥が待ち構えていたように「遊んで!」とせがみにくる。最初のうちは「学校は楽しいか」とか話をしていたが、そのうち相手も飽きてきて玩具で一緒に遊ぼうと言い出す。外でスポーツでもし…

ようやく氷の壁に異論が、って、みんな冗談でしょって思っていたんじゃないの?

昨日の原子力規制委員会で多くの意見があったことから、東京電力による福島原発の汚染水対策としての氷の壁作戦について疑問視する記事がマスメディアでも報道されるようになった。ネットではだいぶ前から凍らない壁に手作業で氷やドライアイスを放り込む作…

北爆と聞いて思い出すこと。

アメリカがイラク北部への空爆を開始した。「北部空爆」と言われて思い出すのはベトナム戦争だ。そしてそれは結局、アメリカにとってもいい結果を生まなかった。オバマ大統領は今回の北爆をヤジド派救出のための限定的な軍事行動としているが、アメリカ国内…

レジ袋をなくしてショック! 今やレジ袋は貴重品。

先日、1日遊んで疲れた夕方、ご飯は炊いてある。出来合いの総菜でも買って夕食にしようかと妻と二人で近くのスーパーに行った。最近はどこのスーパーもレジ袋が有料になって、エコバッグ持参が当たり前になっている。でも突然買物をしようとなった時に、みん…

男女関係はわからない。セクハラと男女交際の境目は?

今年から人事関係の仕事を担当することになった。とは言ってもそれがメインではなく、人事部の補助として私の部署の中でも技術職員に係る人事案件について相談に乗ったりするのが主な仕事だ。具体的には人事採用パンフレットの内容をチェックしたり、採用面…

チンパンジーはヒト科の仲間。人間とチンパンジーの違いは「想像するちから」

愛知県犬山市に京都大学霊長類研究所がある。当研究所の松沢哲郎教授による「想像するちから〜チンパンジーが教えてくれた人間の心」と題する講演会を聞く機会があった。気さくな語りや楽しい話に会場は大盛上がり。あまりに面白かったので、少しメモにして…

W杯観戦中に流れる「W杯優勝国決定」のNHK緊急速報は心底ムダ。絶対やめてほしい。

W杯ブラジル大会が閉幕した。南米開催の大会での欧州勢初優勝。へそ曲がりの私は最後までアルゼンチンの優勝を願っていたが、実力的には大方の予想通り、ドイツが総合力で上回っており、何度かあったチャンスをGKノイアーの攻守に阻まれた後にはついに力尽き…

激動の2週間の後、いよいよ感動の1ヶ月が始まる。

突然の退社発表から始まった激動の2週間が終わった。そして今週末からは感動の1ヶ月が始まる。そう、W杯のことだ。地球の裏側、ブラジルで開催されるW杯は日本との時差が12〜13時間。現地夕方のキックオフがちょうど日本では明け方位。最近は年のせいか、5時…

家族とは何か

わが社では毎年、年度初めに「自己申告シート」という名のプロフィール票を提出することになっている。そこには学歴や資格、特技、趣味、健康状態などと並んで、「家族の状況」という欄があり、続柄や名前・年齢・学校又は勤務先とともに同居か別居の別を記…

死んでみたら大したことなかった。

少し前に、某先生のお別れの会について報告をした。その中で、死の間際の言葉で、先生が「・・・気持ちよく死んでいきます。・・・死ぬのはどんなかと思っていたが、死んでみたら大したことなかった・・・」とおっしゃったことを書いた。 ここ数年、私自身も…

人類みな首狩り族

クールビスの話ではない。本当の首狩り族の話。いや、本当かどうかわからないけど。 連休前に入社当時に交流のあった社員と約10年ぶりに会った。GWを利用して明日からマレーシアに行くと言う。首狩り族の部落でホームステイするのだそうだ。マレーシアで首狩…

家族という特殊な人間関係

我々は必ず「母親」から生まれる。いや正確には自分を出産した人を「母親」と呼ぶ。我々には必ず「父親」がいる。母親と性交し、我々の誕生の一端を担った人。もちろん成長の過程で両親のいずれかがいなくなったり、時には全くの他人に育てられることもある…

夢の持てた時代を生きた人

先日、ある先輩の人生を振り返る話を聞いた。私が所属する某学会で毎年実施されているお楽しみ企画で、退職・退官した先輩諸氏に、「人生と○○」(○○にはその学会の名前が入る)と題して、いかに仕事をしてきたかを語っていただく企画だ。 先日、話を聞いた先…

若い人の見方が当たり前になる時代

日曜日の朝は、磯野貴理子らの「早く起きた朝は」を見て、「ボクらの時代」を見て、それからチャンネルを替えて「がっちりマンデー」を見て、「サンデーモーニング」に至る。時々「目にテン」や「時事放談」を見る。 「サンデーモーニング」は関口宏を始めと…

ストレス性五十肩

先週、ある呑み会があって、その朝から左肩が痛くなった。ある権力者の招きによる呑み会で、断るに断れず、いやいやながら参加した。とは言っても、招かれた側で私がトップではなく、上司に従って頭を低くしていればいいということは頭では理解していたし、…

ソチ五輪を振り返って

ソチ五輪が終わった。開催前はあまり盛り上がらず、何か突然始まった感もあったが、始まってみれば大いに盛り上がったような気がする。東京都知事選や国会も開催され、マスコミが国民の関心をオリンピックの方に向けようとしていたなんて陰謀論もあったりし…

青い目の不思議。「青」は不自然な色?

冬季オリンピックは北欧の選手が強い。メダルセレモニーなどで彼らの顔がアップにされると青い目の人が多いことに気が付く。どうして目が青いのだろう。これについては、メラニン色素の違いなど、色々と説明されているけれど、他の身体の部分、例えば青い皮…

記憶の3要素。「覚える」・「貯め込む」・「引き出す」。私には「貯め込む」能力が欠如しているようです。

先日TVのバラエティ番組で高齢期の記憶力の低下についてやっていた。東大生と高齢者が制限時間内に動物の名前をいくつ言えるか競ったところ、東大生の圧勝。ところが、直前の覚えたカードを別作業後に確認するゲームでは大差なかったという結果を元に、高齢…

早い者勝ちで職場の配席と役職を決める。

ゴースト社員なんてバカなことを思いついた続き。これも昔から思っていたんだけど、毎日同じ席で同じ仕事をするのはつまらない。どの席にすわるか、毎朝、早い者順で決めたらどうだろう。もちろん仕事も席に応じて担当するとしたら、誰も課長席に座りたがら…

ゴースト社員っていいかも。社員がゴーストじゃなくて、ゴーストが仕事をしてくれる社員

佐守河内守氏の作曲がゴーストライターによるものだったことが暴露されたニュースにはびっくりした。もっとも佐守河内守と言っても、フィギュアの高橋大輔が演奏曲に使用していたことで初めてその名前を知った程度で、作曲された楽曲がどれほどのものかはよ…

プライドと受容のはざま

先日、あるトラブルに巻き込まれた女性建築士から相談を受けた。彼女の設計した住宅が法律違反の可能性があると役所に指摘され、どうしようかという内容だ。彼女としては適法だという自信がある。詳細な話を聞かせてもらうと、確かに微妙な判断だ。「自信が…

言っていいゴメンといけないゴメン

アメリカではいくつかの州でアイムソーリー法が制定されていると聞く。事故などの際に安易に「I,m sorry」と言ったとしても、それで自らの非を認めたことにはならないとする法律だ。この法律が多くの州で制定されるようになったのはここ10数年のことで、それ…