とんま天狗は雲の上

サッカー観戦と読書記録と日々感じたこと等を綴っています。

雑感

三方一両損

先日、同僚同士が「三方一両損」について雑談を交わしていた。聞いてみると、片や「いい話だ」。片や「訳がわからん」。ところで「三方一両損」ってどういう話だっけ。 何々、三両落とした大工と拾った左官。左官が拾った金を渡そうとすると、落とした大工は…

永六輔と中村八大

永六輔が亡くなった。このあいだ来、大瀧詠一を聞いているが、大瀧詠一と言えば「はっぴいえんど」。そしてそのメンバーであった松本隆との作詞作曲による楽曲が70年代・80年代に多く発表され時代を彩った。「風立ちぬ」、「探偵物語」、「冬のリビエラ」、…

イギリスのEU離脱を考える

先週末、イギリスでEU離脱の是非を問う国民投票があり、離脱派が過半数を占めて世界中に衝撃が走った。もっとも投票前には一時、離脱派優勢というニュースが流れ、その後で残留派の国会議員が射殺される事件があり、これで残留派が盛り返したという報道があ…

政治家が超楽観的なのは、将来に対して責任を感じていないからだ。

国会も閉会し、次は参院選を待つばかりとなっている。安倍首相は消費税増税を先延ばしするのに、リーマンショック並みという言葉を使おうとして、欧米諸国の猛反発を食らい、結局「新しい判断」という言葉を発明した。そのことの是非はおくにしても、当初は…

「お下がり」世代

私は昭和32年生まれである。人口ピラミッドを見ると、団塊の世代の後、次第に年代別人口が減少してゆき、いったん底を打った年である。出生数は昭和24年に約270万人とピークを迎え、その後減少。昭和32年に約157万人まで減少した後、再び上昇して団塊ジュニ…

構造スリットには耐震性はない

昨日の中日新聞朝刊一面に「熊本地震 マンション損傷 構造スリット有無で明暗」という記事が掲載されていた。所詮、地方紙なので全国的な実害はないだろうが、記者の建築技術に対する知識のなさと誤解が、場合によっては悪質リフォーム業者の登場を生み出す…

熊本地震の被災者を全国の公営住宅で受け入れるよりも先に、ホテル・旅館の活用はできなかったのか?

熊本地震が発生して2週間が経つ。14日夜の最初の地震に続いて16日未明に大きな地震が発生し、その後も震度5を越えるような余震が続いて、現地での支援活動がなかなか進まない状況があった。このところようやく余震も収まりつつあり、ボランティア活動など支…

被災建築物応急危険度判定は緑色(調査済)の紙を貼る勇気が大事

熊本地震の被災地に向けて愛知県からも被災建築物応急危険度判定士が向かうそうだ。既に被災直後から熊本県、そして九州などの建築士により判定作業が進められていると聞いていたが、ついに愛知県まで派遣依頼があったということは、それだけ多くの建物が被…

便座のない便器

ひと月ほど前に、ちきりんがトイレットペーパーをついて投稿していた。「放置されるペーパーホルダーが示すモノ:Chikirinの日記」。大きくて円形のペーパーホルダー(そしてペーパーの一巻きもでかい)の方が世界標準だ、という内容の記事だ。 先日、ある学…

九州地方の地震にびっくり。

一昨日夜の地震は名古屋では何の揺れも感じなかったが、TVが突然地震速報を始めたのでびっくりした。最初、震度7という数字に驚いたが、熊本県内陸部ということですぐに活断層型の直下型地震ではないかと推測。大きな被害にはならないだろうと判断した。翌日…

日本でダメならカンボジアで。

バドミントンの桃田選手と田児選手が違法カジノで遊んでいた件で昨日、記者会見が開かれた。正式には明日開催される緊急理事会で処分等が決定されるそうだが、これでリオ五輪出場は絶望と報道されている。 違法カジノが暴力団の資金源になっているとみられる…

紙マスクの正しい装着法

花粉症が次第にひどくなってきた。先日朝、娘がマスクをしようとすると、妻が「それは裏表逆だよ」と言う。妻は「耳紐がマスクに付く部分が外側になる方が正しいのだ」と言う。「えっ、でもかっこ悪いじゃん!」と娘。「プリーツが下を向くようにしないと、…

通勤経路が一緒の上司

最寄り駅から会社まで通勤経路が一緒の上司がいる。昨年までは同じ会社だということは知っていたが、同じ所属になったことはなかったため、顔を会わせてもお互い特にあいさつすることもなくすれ違っていた。それが今年から私の業務もその上司が所管すること…

逃げた自分に自己嫌悪

年が明けてから大きな問題もなく2ヶ月が過ぎようとしている。このまま今年は無事に過ぎてくれればと願う。先日、あるセミナーへの参加を余儀なくされた。特に聴きたいテーマでもなかったが、主催者への顔を立てるために参加した。前日に主催者からメールが届…

老後の生活を考える。高齢者の本望とは?

先週末、毎週土曜日の朝に放送している「サワコの朝」に中尾ミエが登場し、明るく元気な老後の過ごし方について話をしていた。朝食を作りながらの視聴だったのでしっかりとは観ていられなかったが、老後を明るく溌剌と過ごすために高齢者仲間と一緒にミュー…

金利のない世界 縮小経済化での金融政策とは?

住宅ローンの繰上償還を申し込んだら、期日と振込口座が指定されてきた。期日まで2週間ほどあるが、忘れないうちにすぐ振り込もうと思って、「いや待てよ。ギリギリで振り込んだ方が少しでも手元の預金金利がつくかな」と考えた。でもよくよく考えてみれば、…

ニットベストはダサイ?

冬になると毎年、スーツの下にニットのベストを着込む。朝の自転車通勤での防寒対策でもあるし、職場は暖房が効いているとはいえ、上着なしでは寒く、でも上着を着ていると肩が凝る。ベストを着ればちょうど良い。それでもう十年以上も前から冬はベスト着用…

日本サッカーも右傾化?

一昨日の日本対韓国戦を観ながら、日韓のサッカーが逆になってしまったという印象を持った。韓国のサッカーがすごく技巧的でまるでかつての日本のサッカーのようになっていた反面、日本は堅い守りとカウンターでゴールを狙うまるでかつての韓国のサッカーの…

悠々自適の定年後生活

妻の友人夫婦が夫の退職を機に昨年末に伊豆の別荘へ引っ越していった。たまたま妻の実家が沼津近辺にあるので、正月に帰省がてら、その友人を訪ねていった。南箱根ダイヤランドという別荘分譲地で函南町にある。 函南町役場から熱海に向かう道路をしばらく行…

いわゆる従軍慰安婦問題

一昨日の夜、NHKのニュースを見ていたら、アナウンサーが「いわゆる従軍慰安婦問題」と言った。昨日の朝、ZIPを見ていたら、アナウンサーが「いわゆる従軍慰安婦問題」と言った。耳慣れぬ言い回しで一瞬、えっと思った。 「いわゆる」という言葉をわざわざ付…

プロの靴屋の店員は靴のサイズをピタリと当てる。

十数年前から仕事用の皮靴はハッシュパピーを愛用している。幅広で足に楽。10年ほど前に近くにオープンしたアウトレットモールにハッシュパピーのショップがあったのだが、最近閉店してしまった。それで近くに他のショップがないかと検索したら、市内のショ…

地の底からようやく戻ってきました。

とんま天狗は雲の上にいる。私は当然、地面の上にいるわけだけど、先日突然、地面が割れて、地の底に落ちてしまった。そのため、このブログもしばらく更新できなかったが、ようやく何とか地面の上に戻ってくることができた。ああ、よかった。 それでもいまだ…

自傷が一番傷つく。

このところ仕事で非常に厳しい状況が続いている。まず、社長から呼び出され、きついお叱りがあった。かなり罵倒されたが、本題はある意味きっかけで、その意図するところは理解できた。それで翌々日に再度社長報告。今度は一応納得してくれたのでよかったと…

デザインビルドとキールアーチと設計コンペ

建築屋の端くれのような仕事をしていると、例の新国立競技場のことについて感想などを尋ねられることがある。結局、ザハ案は撤回され、デザインビルド方式でやり直されることになった。それで先日は「設計してから工事なんて手間を踏まなくても、デザインビ…

スマート国勢調査

わが家にも国勢調査の調査員が来て、ネット回答のためのパスワード等が入った書類を配布していった。面白そうなのでさっそく回答をしてみた。思った以上に簡単に入力でき、送信をした。もっとも毎回、国勢調査のたびに思うのだが、勤め先の記入はいいとして…

結局、行政の責任?

北関東や東北における水害では、依然多くの方が避難を余儀なくされ、家屋が流された方も多く、心が痛む。今後、仮設住宅の建設なども始まるのだろうか? 個人的には職業柄、民間賃貸住宅を借り上げる、いわゆる「みなし仮設住宅」でどれだけ対応するのか興味…

忘れていたこと、将来の夢。

定年が近付くにつれて、退職したら何をしようかと考えることが多くなった。まずは妻と一緒に海外旅行だろうか。まだ一度も海外へ行ったことのない妻からはずいぶん前から催促がある。でも、健康に不安を抱えながら海外へ出かけるよりは、これまで2人で旅行…

生涯学習ということ

今読んでいるエマニュエル・トッドの「『ドイツ帝国』が世界を破滅させる」の中に、ロシアの男性優位主義やアンチフェミニズムの問題に関して、「ロシアの大学では男子学生100人に対して女子学生は130人を数える」と指摘する記述がある。ロシア社会が実際に…

組織をサッカーチームになぞらえる。

清水英斗の「サッカーは監督で決まる」を読んだ。サッカー監督にもいろいろなタイプがいて面白いなあ。サッカー監督の姿を見て組織のリーダー像を語るといった類のことは、これまでも岡田監督や佐々木監督を引用して多くの本が出ている。もちろんそれらを一…

いじめられた経験しか思い浮かばないが・・・。

自民党の国会議員が相次いで、学生時代に行ったいじめを武勇伝のようにブログに書いて批判を浴びた。私も同じように書けるいじめ経験がないかと記憶を探ったが、見当たらない。思い出すのはいじめられた経験だけだ。 まず保育園の頃、というから4歳くらいか…